探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 埼玉県でストーカー・つきまとい被害に遭っている方へ
公開日: 2020/11/10
探偵ニュース
 公開日: 2020/11/10

埼玉県でストーカー・つきまとい被害に遭っている方へ

ずっと抱えていた
つきまといの悩み無事解決!

埼玉県担当スタッフの
つきまといお悩みサポート!

埼玉県つきまとい対策専門窓口の相談のページになります。つきまとい被害者がインターネットを活用した探偵の選び方、探し方の問題点、依頼する時の料金などをできる限りわかりやすく解説しています。つきまとい対策を専門とする弊社では、つきまといの解決事例も豊富であり、依頼人それぞれのお悩み・トラブル内容に沿った解決プランをご紹介することで、つきまとい問題解決の最後までスムーズに進めることを目指しております。埼玉県内でつきまとい対策をお考えの方は、埼玉県調査専門の相談員が24時間対応しておりますのでお問い合わせください。

つきまとい被害相談のご案内

目次

1-つきまといについて

つきまといとは

つきまといはある人物に対して、嫌味や挑発して神経を逆なでするようなことを言ったり、笑い者にしたり、わざとぶつかってきたり、無言電話をかけてきたり、ネットで自分のことと思われる誹謗中傷を書かれたりと、不快感を与えるよう、色々な方法で嫌がらせをすることです。

近年目にする「集団ストーカー」や、それに近い小規模なつきまといや、個人の恨みなどから来るつきまといなど様々ですが、「いつもの生活と何か違う」と何かしら不快感を感じたら「つきまとい」かもしれません。

つきまといは、証拠がないと第三者に訴えても「妄想」「考えすぎ」と理解してもらえないリスクが高いので、専門家に必ずご相談ください。

つきまといを行う人の特徴

なぜつきまといをするのか?

つきまといの事例のなかで加害者の特徴を4つの項目でまとめてみました。男女とも共通してることは「承認要求」が強い点です。「自分は~をやった」「ここまでやった」という気持ちが強いため、被害者に認めてもらおうとあの手この手を使い、どんどんエスカレートをしてきて、そこから抜け出せなくなる状況に陥っている可能性が高いのです。

  • 嫉妬深い
  • 自己否定が強い
  • 承認要求が強い
  • 社会や家庭で認められない環境にいた
つきまといは様々な問題を引き起こします

大切なことは「一人で悩まない」ことです。つきまとい対策のプロに依頼するなど、心のよりどころを見つけると心に余裕ができると思います。

  • つきまといに協力する人物が増える
  • 新しい交際相手を探しずらい
  • 勤務先に悪い噂が拡散されている
  • 親戚や家族にまで悪影響が及んだ
  • 外出するのが怖くなり孤立してしまう
  • リベンジポルノによる風評被害加速、拡散
  • 騒音や嫌がらせによる健康被害の悪化

一人で悩まない

執拗な嫌がらせは第三者に気づかないように嫌がらせを行うと同時に、不特定多数の人が加害行為に加わっていることもあるため、誰が加害者なのか分からず混乱してしまうのが、被害者の辛さだと思います。

それこそが、加害者の思う壺であり、心のよりどころを無くし「完全な孤立」にさせるために手段が選ばないのが加害者です。あまり警戒しすぎて、被害者の近くにいる人全員が加害者と思い込み、「誰も信用できない」状態が続き孤立してしまうのです。

ここで大切なことは「一人で悩まない」ことです。つきまとい対策のプロに依頼するなど、心のよりどころを見つけると心に余裕ができます。だから決して1人で悩まないで相談だけでもいいので、皆さんの被害の状況を教えてください。

2-埼玉県つきまとい被害内容チェック

自宅周辺で起きるつきまとい

自宅を加害者に知られてしまうと郵送物の盗難や盗聴など、執着のひどい嫌がらせをされる可能性も高く、非常にやっかいです。つきまとい行為をエスカレートさせない為には、「自宅の防犯対策を徹底する」ことを行おすすめします。防犯対策は、想定されるつきまとい犯の動線上に防犯カメラの設置し、補助錠や防犯フィルム、人感センサーなどでつきまといしにくい環境を作ることです。

埼玉県内でのつきまとい被害事例
  • お風呂やトイレに入ると必ず人が通る。
  • 自宅周辺を大声で話す人が通る。
  • 無言電話が何回もかかって来る。
  • 人がいない真夜中にも監視されてる気配がある。
  • もしかしたら盗聴器や盗撮器をしかけられているかもしれない。

勤務先周辺でのつきまとい

身に覚えのない風評被害はありませんか?

勤務先では、同僚にプライベートを仄めかされたり、職場の外で待ち伏せされるたり、上司への評価を下げる行為を行い居場所を奪うために嫌がらせを行います。職場の責任者への相談は必須ですが、相手は部外者なので侵入は防げても周辺をうろつくことは禁止できないので、何かあったときに駆け込める場所を確保しておいてください。

  • なぜか新しく働く職場でも自分のプライベートを仄めかされる。
  • 噂が大きくなり、なぜか職場を追い出される形で辞めさせられた。
  • 携帯電話を向けてくる人物が増えた気がする。
  • 帰宅時尾行されてる気配を感じた。
  • 会社の同僚の態度が急変した。

駅・電車・バスでのつきまとい

偶然を装ったつきまといに騙されない

通勤に電車を使っていれば毎日のことなので、何か対策をとろうとしても限られてきます。今後つきまとい行為がエスカレートしたときのために早い段階から自分でしておかなくてはならないのが、「被害の記録」になります。被害の記録とは、「被害を受けた日時」「被害の詳細な内容」「相手に関して知っている情報・特徴」になります。

  • 公共の場の職員が初対面なのになぜか知っているそぶりをする。
  • 乗車する車両を変えると付いてくる人物がいた。
  • 意識した咳払いや仄めかしをうけたことがある。
  • 満員電車の揺れを利用して故意にぶつかり、出入り口付近を占領される。
  • 相席になった人からスマートフォンのカメラで撮られていた。

3-つきまといに関連するQ&A

Q

つきまとい被害で警察は動いてくれる?

A

警察に実際に動いてもらうためには、どのような被害なのか、相手は誰なのかを正確に伝える必要があります。警察署では、相手方に対して「つきまとい行為をやめなさい」と警告したり、「その行為はやめなさい」と禁止命令を行うこともできます。「つきまとい行為」の被害にあっている場合は、警告や禁止命令以外に、処罰を求めることもできますので「警察総合相談室」に確認してみてください。

Q

偶然を装ったつきまとい行為に対しては?

A

本当に偶然かどうか証明することができ、禁止命令を行うこともできます。待ち伏せしたり、帰り道によく会うつきまとい行為は、話しかけたりしないので被害がないため、相談しても「気のせいじゃない」などあまり真剣に聞いてもらえないケースが多いのですが、このギリギリの接触にとどめる行為もつきまといになります。

Q

引っ越したのにどうやって家がわかったの?

A

自宅を割り出す手段として、「尾行」「GPS」「SNS」「IPアドレス」「交友関係」など様々です。上記は一例ですが、これらの情報が積み重なるほどに身分・活動範囲・住所などを高い精度で割り出すことができるのです。インターネット上に個人情報があふれる現代は、簡単に住所情報を割り出すことが可能なのでSNSなどは特に注意が必要でしょう。

4-つきまといに対処する際の3つの注意点

相手の情報を十分に得ること

あなたが不安感や恐怖心を抱いている相手は、本当にそこまでのつきまといができる人でしょうか?相手の情報を把握すれば、その相手が「できること」「できないこと」を、ある程度は予測することができます。相手の情報を多く把握することは、あなたの漠然とした不安や恐怖をぬぐい去ってくれるはずです。

感情的に反応しない

つきまといをしてくる相手に対して、感情的に反応するのは逆効果です。相手はそれに対してまた更なるつきまといをしてくる可能性が高くなります。なぜなら、つきまとい行為者はあなたのその感情的な反応によって、更なるつきまといをする口実を得るからです。つきまとい行為者の思考は、何があっても「自分は正しくてあなたが悪い」のです。

第三者による介入に注意する

つきまとい被害を誰かに相談した場合、その相談相手がつきまといからなんとか守ってあげたいという信念のもと接触するかもしれません。第三者が安易に介入してしまうことによって、「直接的な被害者を増やす」「つきまとい行為がエスカレートする」恐れがあることを知りましょう。

もちろん相談することは悪いことではありませが、つきまとい行為者に対して自己判断は危険性を伴いますので、一人で問題を解決しようとせず、専門家や公的機関などに早めに相談することが大切です。

5-探偵費用は相手に請求できる?

つきまとい慰謝料の事例

つきまとい慰謝料は、基本的には精神的苦痛および物質的な損害に対して、その被害を補償補填する目的で支払われます。探偵に依頼して確実なつきまとい行為の証拠を掴んだら、探偵にかかった費用も慰謝料請求すればいいと思われている方もいるかもしれません。でも、実際はつきまとい調査の費用が仮に百万かかっていたとしてもそれを全額慰謝料請求で認められる事例は意外に少なく、認められたとしても一部の金額になる事があります。

高額な慰謝料が認められたケース

  • 被害者にまったく落ち度がない
  • 被害者が精神疾患を負い日常生活に支障をきたしている
  • 継続的につきまとい行為を続けるなど、悪質性が高い
  • 職場の上司と部下の関係のように優越的な地位を利用している

つきまとい行為が軽微と判断される場合には、金銭面ではプラスになる可能性は低いでしょう。

6-つきまといに関する被害事例

毎日のように知らない人につきまとわれる

つきまとい被害は自覚があっても他人に相談しづらいという点も、解決できず悩み続けてしまう要因の一つです。解決の秘訣は、自分の悩みは誰も信じてくれないと思わずに思い切って一歩を踏み出すことです。

男性
ご依頼者様: 川越市 47才/男性 
ご相談内容: つきまとい調査
ご相談理由:

突然こんなことを言っても信じてもらえないかもしれませんが、現在、複数の人間からつきまとわれているような気がします。“気がする”と言うのが私も正直不思議に思っているのですが、会社へ向かうときにいつも通る道だったり、乗っている電車でいつも私の私生活に関連したことを、知らない人たちがすれ違いざまだったり電車に乗り合わせたりしているときに言ってくるんです。もう気持ち悪くて・・・。

知らない人と言ってもどこか見覚えのある人たちなので、もしかしたら服装や印象を変えて集団でつきまといをしている人たちなのかもしれません。相手を突き止めないとつきまといを止めさせることは難しいと思うのですが、調べるこはできるのでしょうか?

専門家のアドバイス:

実は、こういった『知らない人からのつきまとい』は、全国から被害のご相談が寄せられています。しかも、年々その数は増加傾向にあるのです。すれ違いざまや近くを通った時にターゲットにしか分からない情報を仄めかす行為を「アンカリング」といい、ターゲットを精神的に追い詰めたり、疑心暗鬼に陥れることが主な目的とされています。お調べするにあたって、最も有効なのは『ご依頼者本人を尾行』し、周辺にアンカリング行為をする人間がいないか、調査を行うこととなります。

偶然? それともわざと?

偶然を装ったつきまとい行為は立証が難しいため自力での解決が困難です。だからと言って、被害をそのまま放置しても、加害者によっては行為をエスカレートさせてくることも考えられるのです。

女性
ご相談者様: さいたま市 30才/主婦 
ご相談内容: つきまとい調査
ご相談理由:

気味の悪い出来事が半年ほど続いていて、もしかしたらと思って相談しました。わたしは専業主婦をしており普段は家事をこなして過ごしています。最初に起こった気味の悪い出来事というのが、洗濯物を干すためにベランダの窓を開けると決まって間にその様子を確認したかのように歩き始める帽子をかぶった男性? が現れたことです。まるで私が窓を開けるまで、その場を動かずに待っていたような印象がありました。

それからというもの、買い物に出かけたり、子供を迎えに行ったりしても、同じような人が私が外出をするために家を出たと同時に動きだすのです。毎回服装は違いますが、帽子だけは似ています。一度尾行しようと考えたことがあるのですが、もしただの偶然だった場合や、万が一危険なことに巻き込まれるんじゃないかと考えると怖くて断念しました。わたしの代わりに正体を探って頂くことは可能でしょうか?

専門家のアドバイス: つきまとい行為の厄介なところは『偶然を装うことができる』点です。もしも加害者に対して直接言及するような場面になったとしても『証拠はあるんですか?』と言われてしまうでしょう。逆に加害者自身から名誉棄損として訴えられてしまう可能性もあるため、非常に危険です。また、警察への相談も同じようなことが言えます。こういった被害事例を警察に相談しても『実害がなければ対処のしようがなく、証拠がなければ動けない。』と門前払いされてしまうのです。つきまとい被害の解決は、それまでの過程が非常にデリケートであるため、調査や被害に遭った時の対処手段については専門家に一任することが最善と言えます。

ある出来事がきっかけでつきまとわれた

つきまとい被害はどのようなことがきっかけで起こるのか予測が困難です。しかし、被害に遭うことに備えることが難しくても解決することは十分可能です。

女性
ご相談者様: 鴻巣市 32才/保育士 
ご相談内容: つきまとい調査
ご相談理由:

保育士の仕事をしているのですが、教育実習という形で現役の大学生が実習にやってきました。それが始まった時期から、私が帰宅する時になると、何人かの見知らぬ若者がヒソヒソ話しながらつきまとって来るようになりました。さらに仕事中、実習生たちが私の事をチラチラと観察してくるようにも見えるのです。ストーカー行為か何かに巻き込まれてしまったのでしょうか?

専門家のアドバイス:

日常生活のちょっとした変化をきっかけに、つきまとい行為や集団ストーカー行為は突然に始まるものです。その原因が何なのか、加害者が誰なのか、がはっきりしないまま状況を放置しておくと、事態はますます悪化の一途を辿ってしまいます。少しでも違和感を覚えたら、できるだけ早期に、かつ確実に対応する事。この対応が被害を最小限に食い止め、事態の早期解決を図る一番の道のりと言えます。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

7-つきまとい対策依頼は専門家に!

埼玉県にお住まいの方へ

つきまとい・嫌がらせ対策専門窓口では、「専門のコンサルタント」として、嫌がらせ解決に全力で活動しております。ご依頼人と直接お会いし、お悩み・ご要望にしっかり耳を傾けることを重要視しております。ご依頼人に身近な「探偵事務所」として、家族に相談できない小さな悩みから本格的な調査まで、ニーズに合わせて皆様の隣に寄り添いながら問題の解決まで、法に基づいたノウハウや専門機材を屈して解決後のアフターフォローまで誠実に対応させていただきます。

ご相談は土日、夜間も対応可能

つきまとい・嫌がらせ対策専門窓口は、皆様の生活スタイルに合わせて、フリーダイヤルで24時間無料相談窓口を設置しております。また、盗聴の疑いがある場合は、メール・LINEでご相談が可能ですので、安心してお問い合わせください。埼玉県特有のデリケートな内容でもきちんと対応させていただきます。ご相談は、回数の制限なく応じますので、納得いただける解決方法が見つかるまで何回でもご相談ください。※ご面談にはご予約が必要です。

埼玉県つきまとい被害の相談先一覧

埼玉県についての紹介

警察 住所:埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目15−1 県庁第二庁舎
男女共同参画 住所:埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目15−1 本庁舎1階
法テラス 住所:埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目17−15 さいたま商工会議所会館 6F

埼玉県つきまとい被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop