現状把握調査関連記事

Current-State

ホーム > 現状把握調査関連記事 > 被害妄想と決めつけられてお悩みの方へ
公開日: 2023/06/08
現状把握調査関連記事
 公開日: 2023/06/08

被害妄想と決めつけられてお悩みの方へ

常に疑心暗鬼になってしまう状況を打開します!

現状を把握する事が人生においていかに大切なのかを説明します。現状把握ができるからこそ、次の目標に向けて具体的行動ができるようになります。今の現状に悩んでいる方は参考にしてください。

  • 真実と思い自分や周囲を傷つけてしまっていることも…
  • 誰も味方がいない…被害を信じてもらえない…
  • 家族など身近な人に相談しても理解してもらいない…

このような状況では孤立が加速し、どんどん深みにはまっていきます。こうした時に必要なことは、「今、自分に何が起きているのか」を調査する「現状把握調査」が必要なのです。

自分が納得できないと次に進めない…

自分の経験を理解し、適切な支援を受けることで、心の安定と問題解決に向けた一歩を踏み出しましょう。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2023年6月8日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、クライアントの安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

目次│

1-「妄想ではない」ことを証明するために

「現状把握調査」とは、テクノロジー犯罪や集団ストーカーなどの嫌がらせ被害が、「妄想」や「気のせい」といった心の病ではないことを証明したり、病気が原因で起きている被害妄想を科学的に証明し、現状を正確に把握する調査となります。

もし、家族や身近な人が突然、「集団ストーカーの被害に遭っている」「嫌がらせ行為を受けている」と相談されても、困惑するばかりか、精神疾患を疑い、精神科への通院を勧めることもあるでしょう。

しかしながら、それは嫌がらせ被害者にとっては、「現実に起きていること」であり、精神疾患扱いされることによって、身近な人との信頼関係にもヒビが入る結果となります。

「現状把握調査」によって、嫌がらせ被害者にいったい何が起きているのかを調査することで、周囲にも理解させ、被害者の孤立を防ぐ役割を果たします。

第三者的目線で客観的な調査

現状把握調査においては、“結果ありき”とした調査は一切行いません。

当然のことながら、ご依頼者の言い分を全て聞き入れた上で、必要な調査を行いますが、結果「異状なし」というケースも考えられます。

一方で、第三者的目線から客観的に調査することで、ご依頼者とその周辺からすれば、心の安寧を得ることができます。

2- 現状把握調査の目的

現状把握の必要性とは?

現状把握調査は「被害者の理解者であり公平な立場で行なう調査」であるべきと思いこの項目を新設いたしました。

嫌がらせ被害者と接してわかったことは、被害者がネットの情報を鵜呑みにしてしまい、被害と関係のないことでも「これは加害行為だ!」と思い込んでしまう傾向になりやすいのです。

当然、実際に被害に遭っていれば陥る状況なのですが、「第三者の冷静な現状把握」がとても大切で、一人の力で解決できない問題は無理をしないで相談するべきなのです。

自分を見つめる貴重な時間

誰も理解されない状況がながく続いた状況では、「自分がおかしくなってしまったのか」と疑いたくなるでしょう。

実際に、なにかしらの病が原因で妄想してしまっているのであれば、妄想を抑えることができるでしょう。

今の自分を客観的に見るために、第三者の力を借りてみるのも選択肢の一つとして検討してみるのはいかがでしょうか?

3- 現状把握調査が必要な事例

嫌がらせを受けているのに、自分の被害状況を周囲に理解してもらえないといった事例は多くあります。

自分にも当てはまる点があったり、被害状況を家族や友人に知ってもらいたい方はお気軽にお問い合わせください。

  • 嫌がらせ被害を家族に訴えたら精神疾患を疑われ精神科の病院に連れていかれたが、結果は異常なしだった。
  • 家族に相談しても嫌がらせに遭っていることを信じてもらえない。
  • 自分でも嫌がらせなのか被害妄想なのかわからなくなってきている。
  • 嫌がらせを誰に相談しても信じてくれず困っている。
  • このままでは強制的に入院させられてしまう。

嫌がらせ被害だった場合

調査の結果、嫌がらせ行為が確認された場合は、嫌がらせ被害の実態や加害者の特定を行います。

ここで重要なことが、ご依頼者は、自身に起きている事象に過剰に反応することなく、淡々とやり過ごすことと、どんな些細な情報でもご提供いただくことです。

そして、周囲の方に関しては、被害者に寄り添い、精神病院に連れていくなどの対応を避け、嫌がらせ被害に対して共感し、ともに戦う姿勢を見せることが必要となります。

被害妄想だった場合

本人が不調を感じていない場合、病院を受診することが難しいことがほとんどです。

しかしながら、こうした場合も、「周囲から見て疲れているように見える、心配だから一度受診してもらったら嬉しい」と理由も含めて、率直に伝えるといいでしょう。

断じて、騙して病院に連れていくことはやめましょう。騙された気持ちで受診したとしても、不信感を感じたままでは治療がうまく進みません。

どうしてもお困りの場合は、保健所などの精神相談に家族が相談に行かれるのも一つの手です。

あと、治療を選ぶかどうかは「本人が決める」ことであって、被害妄想だとしても「薬に頼らない生き方」も存在するのであくまでも本人の意思を尊重しましょう。

4- 決めつけることで見えなくなる真実

嫌がらせを専門に調査を11年間行なってきた実体験をお伝えします。

テク犯や集スト被害者には実際に嫌がらせ被害に遭っている方と被害妄想の方がいます。

被害に遭われている方であれば、犯人を特定して解決できるのに対して、後者の妄想のケースは「被害妄想」であることを認めさせるだけの証拠を必要とします。

注意していただきたいのは、「全て被害妄想と決めつける」行為は、孤立するだけで解決策にはなりません。

不安を煽る探偵に正義はない

テク犯や集スト被害者であれば、当然不安な状態になります。

不安を解消するつもりで相談したのに、相談したことで更に不安になり、冷静に判断ができない状況で契約を煽る探偵社も少なからず存在します。

「現状を把握するまで不安になる」必要がなく、現実か妄想か判断できない状況ではいくら考えても答えはでてきません。

一旦深呼吸をして、冷静になってから今起きていることを整理してみてはいかがでしょうか?

5- 妄想ではないことを証明したい

調査しましょう

自分が病気ではないと証明するために

現状把握調査とは『妄想によるものではないと証明するための調査』でもあります。

自分の身に起きている状況を家族や友人といった助けてもらいたい人たちに相談をしても「気のせい」だったり「妄想」「心の病気」として扱われ『理解してくれない』ことがあります。

現状把握調査は周囲に理解を示してもらうための調査であり、妄想と決めつけられて孤立しまう被害を防ぐ役割を持った重要な調査でもあるのです。

6- どちらにしても簡単ではない現実

身辺の現状把握が必要

「自分が絶対正しい」でも証明が必要

自分の主張が正しくて周りが理解しない場合、理解しない理由の一つは「主張」だけで裏づけがないからです。

また、自分の主張が正しいと思っているため、周りからアドバイスされても聞く気が持てないでしょう。

あなたにとって、非常に大切な意見や指摘であったとしても、聞く耳を持たないことで結果として「孤立」することが多くなります。

現状把握調査は答え合わせを事前に行なうことができるので、人間関係が破綻や孤立を防ぐ役割を持った重要な調査でもあるのです。

受け入れなくても自分を疑うきっかけを

現状把握調査で「自分が正しい」と思っていた状況と違っていた場合、あなたならどうしますか?素直に受け入れることができるでしょうか?

わたしたちが行なう現状把握調査はもちろん「真実」をお伝えしますが、全て受け入れる必要はございません。

ただ、自分が正しいと思っていることに「少しでも疑いを持つきっかけ」になれば、調査の意味があると信じています。

7- 正しい解決方法を選択するために

正しい解決方法であれば、このページに訪れる前に問題を解決できている可能性は高いと思われます。

間違った方法や手段を選べばいつまでたっても解決に至らないのは当然です。

自分の間違いを知ることは精神的なショックを伴いますが、違った方向へ進むことほど不幸なことはありません。

わたしたちは、現状を正しく把握していただくことで、本当の解決に進むことを知っています。

周りに理解されないなら「孤立」を選ぶ?

家族や親友に理解を得られず「妄想扱い」されても、孤立する必要はありません。

なぜなら、今起きていることが「嫌がらせ」であれば、相手の望む形こそが孤立であり、相談する人がいない状況に陥れば加害者側からしたらやりたい放題の状況となります。

それを自ら進んでいくことは、一種の洗脳に近い行動でなんのメリットもありません。

真実を知らなければ何も変わらない

8- 辛く自分の思い通りにならなくてもその先に…

思い通りにならないときは、家族や友人など周囲の人に相談に乗ってもらいましょう。

「信じてもらえないのではないか」など不安を感じると相談する勇気が出てこないかもしれません。

しかし、ひとりで抱え込むよりも相談した方が効率良く前に進めるので、勇気を出して相談してみましょう。

身近な人に相談しづらい場合は、わたしたち経験豊富な専門家に相談してください。

その先の未来へ

ストーカー・嫌がらせ対策相談窓口では現状把握の相談に時間制限を設けていません。なぜなら、現状把握は人生の大事な分岐点であり重要だから。

疑問が解決するまで、何度でも無料で相談を承っています。

無料相談は、調査終了後まで続き「問題が解決するまで」お付き合いさせていただいております。

『明るく前向きに、そして笑顔を絶やさず明るい未来へ』そのような想いからスタッフ一同、日々取り組んでまいります。

まず、現状把握について相談することから始めましょう。

現状把握相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、現在の状況に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 English