現状把握調査関連記事

Current-State

ホーム > 現状把握調査関連記事 > 現状把握調査【よくあるご質問Q&A】
公開日: 2019/01/15 最終更新日: 2021/07/06
現状把握調査関連記事
 公開日: 2019/01/15 最終更新日: 2021/07/06

現状把握調査【よくあるご質問Q&A】

現状把握/被害確認調査に関するQ &Aのページです。今起きてる嫌がらせ被害と、皆さんに起きてる健康被害の因果関係を判断する目的で行います。家族がいない時を狙って騒音や罵声を起こし幻聴に見せかけようとする事例が増えており、慎重に物事を判断する目を持つことが必要です。ここでは、その対策などをまとめて見ました。

正しく理解しなおすためにも「現状把握」の必要性を知る

Q

自分は病気でもないのに医者に連れていかれた!どうすればいい?

A

現状を把握するまでなるべく薬は控えてください。調査してみなければ分かりかねることですが、健康な人が必要のない薬を飲むと本当に病気になるリスクがあります。飲みたくなければ無理に飲むことはありません。病院に連れ行く理由になった経緯を教えていただけばご対応させていただきます。

Q

妄想か現実かどうかはっきりするには?

A

自己判断ではなく、冷静に見れる第三者の協力が必要です妄想と決めつける前に、今起きていることが現実に起きていることである証明をご依頼者にお渡しすることが可能です。悪意のある第三者は、妄想と決めつけて病院に送ることしか考えてないのでまずは「家族」「親友」に相談することから始めましょう。

Q

家族に「集団ストーカー被害者」であることを説得したい

A

集団ストーカー被害をうけている証拠が必要です。第三者が理解できるような証拠を提示しない限り、被害をうけていることが「妄想」と疑われてしまいます。集団ストーカーの狙いに1つに「統合失調症」に仕向ける工作があります。わたしどもは、被害者であれば状況がわかるレポートをご家族に提出することが可能です。

Q

現状把握調査を依頼にするにあたってどうしたらよいですか?

A

今までに起きたことメモにまとめておいてください。いつ、どこで、どんなふうな被害もしくは加害行為があったのか、些細なことでも毎日メモを取るようにしてください。現状を把握するための調査は、ご依頼者から頂いた情報を基に組み立てますので、できるだけ情報は多いほうが良いです。

Q

現状を把握するメリットとは?

A

少しでも疑ってしまう自分の現状をはっきりさせてさせることで、次に進むべき道がはっきりとします現状を知ることはある意味辛いかもしれません。しかし、故意的に病気させてることがわかれば、いろいろな対策を行ない「もとの生活」に戻ることができるのです。自分の状況を「受け入れる」勇気を持ってください。

Q

統合失調症にさせることができるのでしょうか?

A

故意に病気にすることは難しいですが、思い込ませる洗脳なら可能です統合失調症は遺伝的な要素があると考えられています。「統合失調症工作」は、被害妄想と思われるような出来事を故意に行ない、被害者を不安に陥れ現実か妄想か判断が付かないぐらい追い込む嫌がらせです。そのような状況で誰かに相談すると「考えすぎ」「病院にいきなさい」と言われ、病院に行けば精神病扱いされてしまいます。/p>

Q

自分と同じものを持っている人とよく遭遇します。考えすぎでしょうか?

A

物にもよりますが、同じものを何人ももっている状況は偶然ではなく作られた可能性があります同じもの、同じ色などを持った共通した人を何度も見せることで、常に意識するように仕向ける「嫌がらせ」が存在します。意識するようになると「常に狙われている」心理状況が作り上げられ、落ち着いて考えることができずパニック状態になります。

Q

集ストの罠にはまらないためにはどうすればよい?

A

同じ状況や同じ被害にあってる人の話を聞いてみましょう集ストの被害者はSNSを利用してる方が多く、そこから同じ状況の人と繋がりを持つケースが多いようです。妄想か幻聴なのか、同じ状況の人と交流すると実際に起きてる原因や対策が分かるメリットがあります。

Q

風評被害も嫌がらせと関係ありますか?

A

どの程度の被害なのか現状を把握する必要性が高いです故意に悪評を流し職場や近隣での「嫌がらせ」を行なうことがあります。ネガティブキャンペーンを行うことで、心の不調を作ることは簡単にできてしまうのです。

Q

自分でできる対策はありますか?

A

「興奮状態にならないこと」できるだけ冷静になるようにしましょう。ウツなどの精神疾患の特徴として、常に興奮状態にいることです。故意に興奮状態にさせるために音をだしたり、不快な思いをさせようとします。対策として不快な思いが自分の命に危険を及ぼさない程度のものであれば、「その程度」と認識して、やりすごして別のことに集中できる環境を作りましょう。

Q

過去の情報を調べられてる可能性はありますか?

A

故意に行なわれている場合、過去をプロファイリングされて「嫌がること」を把握されている可能性があります過去に思い出したくないことを調べられ、現在でも思い出すようにわざと仄めかしたりする嫌がらせがあります。

Q

現状を把握するまでにできることを教えてください

A

起きていること全てに過剰に反応しないでください現実に起きている場合は冷静に判断できますし、幻聴や幻覚を作り出していても、無反応であれば何も効果はありません。基本的には私どもの分析結果が終わるまでは「無視」で過ごし、過剰に反応したり、やり返したりしないでください。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop