探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 現状把握/被害確認調査【よくあるご質問Q&A】
公開日: 2019/01/15 最終更新日: 2019/01/06
探偵ニュース
 公開日: 2019/01/15 最終更新日: 2019/01/06

現状把握/被害確認調査【よくあるご質問Q&A】

現状把握/被害確認調査に関するQ &Aのページです。今起きてる被害状況と、皆さんに起きてる健康被害の因果関係を判断する目的で行います。家族がいない時を狙って騒音や罵声を起こし幻聴に見せかけようとする事例が増えており、慎重に物事を判断する目を持つことが必要です。ここでは、その対策などをまとめて見ました。

嫌がらせ専門対策室とは

現状把握/被害確認調査の依頼は必ず専門家にご相談ください。

嫌がらせ専門対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず当サイトの(無料相談)のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。現状把握/被害確認調査は、浮気調査とは違い現状把握/被害確認調査に関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵社であればどこでも解決できるわけではありません。

難しい事件を歓迎します。

他社で断られた相談、解決できなかった現状把握/被害確認調査を歓迎します。柔軟な思考と、証拠を発見する力に自信があるからです。ご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。きっとお力になれると思います。

現状把握/被害確認調査の相談ポイント

早めに相談しよう

どうしようもなくなってからの現状把握/被害確認調査相談では、対処法も少なくなり、解決が難しくなってしまいます。情報が古くなるなる前に、なるべくお早めに相談されることをおすすめします。調査相談はもっと身近な相談相手としてお考えください。

どうしたいのかを考えておこう

調査相談時間を有効に使うために、自分が何に悩んでいて、調査をしてどうしたいのかをできるだけ整理しておきましょう。相談する前に、メモにまとめておくのもよいでしょう。自分の気持ちを整理しておくことで、今後の方向性もはっきりとしてきます。

関係のありそうな書類は何でも持って行こう

良いアドバイスは正確な事案の把握から。自分ではあまり重要ではないと思っていた情報やメモも、調査アドバイザーが見ると解決につながる重要な手がかりとなったりします。まずは関係のありそうな書類を集めて持って行きましょう。

現状把握/被害確認調査に関連するQ&A

Q

健康な人を故意に不調にするのは何故ですか?

A

お金がかかっている。故意に人を体調不良にするということは、病院に行かせる行為が「相手側」にとって都合が良いと考えられます。お金絡みの問題が見え隠れしてることは間違いありません。

Q

自分はウツでもないのに、医者に連れていかれた!どうすればいい

A

なるべく薬は控えてください。調査してみなければ分かりかねることですが、健康な人がウツの薬を飲むと逆にウツを発症させるリスクがあります。飲みたくなければ無理に飲むことはありません。病院に連れ行く理由になった経緯を教えていただけば対応致します。

Q

風評被害も関係ありますか?

A

関係があります。故意にウツにさせるために、あえて悪評を流し職場や近隣での「嫌がらせ対応」を行い、家族には対応しない手法で、「被害妄想」を作らせて、家族が理解できないような手口を使うことがあります。ネガティブキャンペーンを行うことで、心の不調を作ることは簡単にできてしまうのです。

Q

過去の情報を調べられてる可能性はありますか?

A

自分がされて嫌なことを分析してる。過去に思い出したくない「嫌なこと」を調べられてる可能性はあります。例えばパワハラされた上司に似てる人をつきまといさせたり、出没する機会が増えるように工作する事例があるため、 情報の元を見つけることも視野に入れましょう。

Q

故意にウツにさせる理由は何ですか?

A

訴訟をさせにくくするため。ウツで入院歴があると、いざ訴訟を起こそうとすると、裁判で原告側の訴えが通らない可能性が高いのです。問題が起きても「あの人はウツだから」と理由で被害妄想で語ってると思わすための工作を行っているのです。

Q

調査を依頼にするにあたって

A

現状の背景をメモに書いてください。5W1Hで、いつ頃、どこで、どんなふうな被害もしくは加害行為があったのか、現状を作られた要素が隠されていますので、些細なことでも毎日メモを取るようにしてください。

Q

妄想か現実かどうかはっきりするには?

A

動画を撮る。実際に動画を撮ることをおすすめします。「自分の悪口を言う人がいる」ならどこからなく現れる証拠が撮れたら、その時点で妄想ではなく現実に起きていることが分かります。

Q

自分と同じものを持っている人とよく遭遇します。考えすぎでしょうか?

A

SNSで投稿した経緯があるか確認しましょう。SNSで投稿している場合、その情報をもとに第三者がアイテムを購入した可能性があると判断しましょう。そのアイテムはご自身とそっくりそのものか。アイテムのメーカーが同じだけでデザインが違うかもしれません。全てそっくりに揃えることは難しいので、意識過剰になる必要はありません。

Q

幻聴かどうか知るには

A

耳栓をつけて聞こえるかどうか。耳栓をつけて聞こえない・もしくは音が小さくなった場合、故意的に音を出してる可能性が高い。耳栓をつけたら耳鳴りも聞こえなくなった事例がありますので、参考にしてみてください。

Q

耳栓つけて音が聞こえたら?

A

テクノロジー犯罪の可能性があります。電磁波など長時間、頭を照射されると、小さい音からでも「声」に聞こえる症状が出てきます。部屋の電磁波の測定や静かな環境を作るなど対策が必要となってくるでしょう。

Q

近所から異様に音がするのも幻聴を作るためですか?

A

故意でなくても音を作らないと幻聴は作れません。車のクラクション、室外機や換気扇の音、ドアの開け閉めなど、幻聴を故意に作るには音を出し続けないと作れないケースが確認されています。対策として、耳栓やイヤーマフをつけて音を遮断したり、音に慣れる。慣れると反応しないということで幻聴を作るのをやめる傾向があります。

Q

1つ対応すると何かに妨害されてる気がする

A

故意的な嫌がらせ。病的なものであれば、治すための対応をすれば症状が改善するはずです。対応すればするほど状況が悪化するとなると故意的な嫌がらせを行い、むりやり病的な症状を作っている可能性があります。妨害されたことをメモを取り、証拠を残すようにしてください。

Q

自分でできる対策はありますか?

A

興奮状態にならないこと。ウツなどの精神疾患の特徴として、常に興奮状態にいることです。故意的に興奮状態にさせるために音をだしたり、不快な思いをさせようとします。対策として不快な思いが自分の命に危険を及ぼさない程度のものであれば、「その程度」と認識して、やりすごして別のことに集中できる環境を作りましょう。

Q

車が怖いとSNSて呟いたら不審車が増えた

A

トラウマを作ろうとしています。黒のワゴン車、ベンツなどいかにも不審車をあえて近くで走らせる事例があります。どんな状況で車が怖くなったのか、怖いという状況をどう解決すればいいかを模索することで、怖くない状況に戻せることができます。

Q

統合失調症を故意に作れるものですか?

A

機材とノウハウがあれば。統合失調症は遺伝的な要素があると考えられています。故意の場合、自分のトラウマ、欠点、そしてあえて興奮状態にさせるノウハウと機材があれば、簡単に故意に統合失調症にさせられるとことが分かりつつあります。それは違法行為でもあり大変危険なやり方を何も疑いもなく機材を渡されて加害行為を行ってると言われています。

Q

加害者の罠にはまらないために

A

同じ状況にあってる人と繋がりを持つ。Twitterを利用してる方が多く、そこから同じ現状の人と繋がりを作るケースが多いようです。妄想か幻聴なのか、同じ状況の人と交流すると実際に起きてる原因や対策が分かるメリットがあります。

Q

現状を把握するメリットとは?

A

自分の現状をはっきりさせて、落ち着いて行動できること。現状を知ることはある意味辛いかもしれません。しかし、故意的に病気させてることが分かれば、いろいろな対策を行い、もとの生活に戻ることができます。自分の状況を「受け入れる」勇気を持ってください。

Q

親を説得させたい

A

被害となる証拠が必要です。監視されているなら、「監視」してる状況の映像を残すこと。第三者が理解できるような証拠提示しない限りは、故意的な嫌がらせが原因という理由自体が妄想になってしまいます。時間はかかりますが、根気よく自分が今の状況でも普段通りに生活できるように工夫して、病気ではないことを証明することです。

Q

加害者が嫌がることは何ですか?

A

無反応になること。幻聴や幻覚を作り出しても、無反応であれば何も成果がでません。無反応になるためのノウハウは指示されてないため、加害者側も何をすればいいか分からず、同じような行為を繰り返し行うケースがあります。

調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop