探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > ガスライティングの兆候|ガスライティングの実態と解決方法
公開日: 2018/11/02 最終更新日: 2021/10/07
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2018/11/02 最終更新日: 2021/10/07

ガスライティングの兆候|ガスライティングの実態と解決方法

《ガスライティングの被害でお悩みの方へ》
ガスライティング(Gas Lighting)の被害でお悩みの方からのご相談が多く、ここでは実際にお受けしたご相談内容と対策の一部を紹介しています。同じようなお悩みやご不安をお持ちの方、調査や解決方法をお知りになりたい方は参考にしてください。ガスライティングは狡猾な心理的虐待の一つなので、被害に遭っているかもしれないという方は一刻も早い対応が必要です。

目次│ガスライティング被害相談

ガスライティングについて

ガスライティングとは

ターゲットにした相手に、わざと誤った情報を提示し、ターゲットが見聞きしたことや信じていたことを勘違いだったと思わせたり、そうした「思い違い」が頻繁に起きることを責め立てたりして精神的に追い詰める心理的な虐待の一つと考えられています。

「ガスライティング」という言葉は、1944年にイングリッド・バーグマンが主演した映画『ガス燈(原題 Gaslight)』にちなんでいます。映画では、夜ごと屋根裏部屋を歩き回る靴が聞こえると言って怯える主人公を夫はことごとく否定し、責め立てます。

やがて主人公は「夫が言うように、わたしは正気ではないのかしら」と自分自身を疑うようになります。精神的に追い込まれていくイングリッド・バーグマンは、まさにガスライティングの被害者そのものです。

ストーカー行為とガスライティングの違い

ストーカーの加害者も同じような手法を用いることがありますが、ストーカー行為とガスライティングとでは大きな違いがあります。ストーカーは相手に好意があり、気を引こうとして執拗につきまとう行為を言いますが、ガスライティングは相手を貶め、精神的に追い詰めていくので、目的がまるで違います。

近年では、イギリスの人気リアリティ番組でガスライティングの手法を用いた演出があったことを出演者が告発して話題になりました。この問題を取り上げたアメリカの老舗女性誌『コスモポリタン(2020年4月29日掲載号)』によると、ガスライティングは欧米ではすでに深刻な虐待行為として認知されているとのことです。

また、同誌によれば、2019年3月までの1年間でガスライティングとみなされた犯罪は増加したとのことです(統計データは2019年11月発表)。

ガスライティングは「精神虐待の一種であり、ターゲットを心理的に操作して精神をおかしくする」ことなので、モラハラ、パワハラなどのさまざまなハラスメントの他、家庭内暴力などもガスライティングが使われることもあります。

ガスライティングの手口

  • 嘘の情報で惑わせる。
  • つきまといをして不安にさせる。
  • 音や臭いで不快感を与え続ける。
  • 日常生活に不自然なことが頻繁に起きているように見せかける。
  • 自分は間違ってると言われているような会話を聞かされる。
  • ネガティブなワードを故意に意識させる。
  • リラックスできない状態にする。

ガスライティングの兆候

日常に紛れた不自然なできごと

暗示にかけるかのように、誤った情報を何度も繰り返し提示してターゲットにした相手を混乱させたり、自信を喪失させたりして徐々に追い詰めていきます。

「私が信じていたことは間違いだったのかも」と思うようなことが何度も起きると、ガスライティングを仕掛けられている可能性があります。

長い年月をかけて「お前の考えは間違っている」「お前は間違っている」という意識を植えつけられるので、自己判断が鈍り、理解者の協力がないと暗示にかけられた状態からなかなか抜け出せないのが「ガスライティング」の恐ろしさです。

次のようなことが頻繁に起きていたら、ガスライティングを疑ってください。

  • 置き場所を決めている物の位置が移動している。
  • 精神疾患を疑われるようになった。
  • 「勘違いだった」と思うようなことが頻発する。
  • 「あなたは間違っている」というようなことを何度も言われる。
  • 誰かが家に入った形跡がある。
  • 偶然にしてはかなりの頻度で同じ人物とさまざまな場所で遭遇する。
  • 周囲の人間全員が嘘つきだと思わせる。
  • 周囲で起こること全てに意味があるもので加害行為であると錯覚させる。

このようにガスライティングは被害に遭っている人にしかわからないような迷惑行為を執拗に繰り返し、「自分は間違っていたのかもしれない」「他の人が言うように、自分はおかしいのかもしれない」と惑わせ、精神的に追い込んでいきます。

真実を知らなければ何も変わらない

ガスライティングに関連するQ&A

Q

ガスライティングの解決方法

A

ガスライティングは、ターゲットにした相手に「意識」させられればほぼ成功したことになるので、無視を決め込んでもその無視事態が「意識している」ことになり、すでに相手の術中にはまっています。対処するには「逆ガスライティング」が効果的です。「逆ガスライティング」をするには、誰がガスライティングを仕掛けているのか、主犯格及び実行役などの特定が必要になりますが、「尾行・張込・聞込み」などの調査で主犯格を突き止めます。

Q

偶然を装ったつきまとい行為に対しては?

A

ストーカー規制法により、偶然を装ったつきまといを証明することができれば、最寄りの警察署に相談し、警察署長等から禁止命令を行ってもらうこともできます。待ち伏せをされたり、帰り道によく会ったりするストーカーは、話しかけてこないので被害がわかりにくく、友人や知りあいに相談しても真剣に聞いてもらえないことがおおいのですが、待ち伏せなどはつきまとい行為に該当するので、対応は比較的安易です。

Q

警察に被害届を出したい

A

被害届を出すには、物理的な証拠が必要になります。映像や音声など、ガスライティングを証明できる証拠を入手できれば、警察に被害届を出すことができます。私ども対策専門窓口にご依頼いただければ、証拠入手のお手伝いをいたします。

Q

誰がやっているのか?

A

依頼人との連携で何件も特定していますガスライティングの目的は、正気を疑うように誘導することです。そのためにさまざまな仕掛けを施すので、身の回りに起きる不可解なことは自然に起きているわけではありません。ご依頼者との連携方法が不可欠になります。ここではどのような連携をするかは詳しくお伝えできませんが、「調査を依頼したあとはお任せ」では問題は解決できません。ガスライティングは、ご依頼者と私どもの協力があって解決に向かいます。

泣き寝入りの時代は終わった

まずは情報収集から

ガスライティングによる被害は、以前なら泣き寝入りで終わっていました。しかし、現在では法律の改正や調査のスキルが上がったことで対処できるようになり、解決も可能になりました。

不可解なことが頻繁に起こり、ガスライティングをお疑いなら、まずはその不可解なことがどのような状況下で起きているかなど、気づいた範囲内でまとめ、記録を残しておきましょう。

1人で抱え込まない

ガスライティング被害の仕掛け人は、ターゲットにした相手にしか気づかないような手を使って精神的に追い込もうとします。不特定多数の人間が加わることもあるため、誰がガスライティングを仕掛けているのかがわからず、ターゲットにされた人はよけいに混乱してしまうこともよくあります。

しかし、警戒しすぎて、周りにいる人全員を疑ってかかるのは禁物です。先述したように、気がかりなことがあったら、メモを取るなりして記録を残しておきましょう。大切なのは「一人で悩まない」ことです。

ガスライティング対策のプロに相談するなどして前向きにとらえれば、気持ちに余裕ができるのではないでしょうか。

コンシェルジュの意義

集団ストーカー・嫌がらせの被害に遭っている方々の理解者になるべく、対策専門窓口では新たに「コンシェルジュサービス」を立ち上げました。コンシェルジュは集団ストーカー問題の調査経験者が担当しているので、ご相談をいただいたら、被害状況に合わせ、どのような対応策を講じることができるかを一緒に考えます。

ご依頼者の負担が少しでも軽くなるように、また、1日も早く解決の糸口が見えるようにお手伝いをさせていただきます。もう1人で悩む必要はありません。理解者はあなたの隣にいます。

ガスライティング対策依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop