探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > ガスライティングの兆候|ガスライティングの実態と解決方法
公開日: 2018/11/02 最終更新日: 2020/06/09
探偵wiki探偵用語
 公開日: 2018/11/02 最終更新日: 2020/06/09

ガスライティングの兆候|ガスライティングの実態と解決方法

《ガスライティングの被害でお悩みの方へ》
ガスライティングの被害でお悩みの方からのご相談が多く、ここでは実際にお受けしたガスライティング対策の一部をご紹介しています。同じようなお悩みやご不安をお持ちの方、調査や解決方法をお知りになりたい方は参考にしてください。ガスライティング被害に遭っている方、被害に遭っているかもしれないという方は一刻も早く対応する必要があります。

ガスライティング被害対策相談窓口

ガスライティングについて

ガスライティングとは

ターゲットにわざと誤った情報を提示し、ターゲットが自身の記憶、知覚、正気を疑うように誘導する手法のことをいいます。個人あるいは集団のストーカーを問わず、ターゲットを追い詰めるための手段のひとつとして使われてきました。一般的なストーカーは相手に行為があり気を引くために実行されますが、ガスライティングは相手を貶めることが目的なので、なるべくターゲットに悟られないように実行されるのが大きな違いと言えます。

ガスライティングの手口

  • 嘘の情報で惑わせる
  • 付きまといをして不安にさせる
  • 音や臭いで不快感を与え続ける
  • 日常生活に不自然なことが頻繁に起きる

ガスライティングの兆候

日常に紛れた不自然な出来事

連続した誤情報の提示により、徐々にターゲットを追い詰めていきます。「気のせいかも」という状態が何度も発生していると、ガスライティングを受けている可能性があります。

  • 決まって置いている物の位置が移動している。
  • 第三者から精神的な病気だと思わせる。
  • 勘違いと思う程度の事を頻発させる。
  • 自分以外の誰かが家に入った形跡がある。
  • 偶然を装っているが意図的に同じ人物と遭遇する。
  • 周囲の人間は誰もが嘘つきだと思わせる。

被害者にしか気が付けないようなちょっとした迷惑行為を長期間繰り返し、周囲がおかしいのか自分の感覚がおかしいのかと疑心暗鬼にさせる手口です。

ガスライティングに関連するQ&A

Q

ガスライティングの解決方法

A

ガスライティングを成功させるには「被害者に意識させる」ことで、無視する行為も意識していることになり相手の罠にはまってしまいます。解決方法としては「逆ガスライティング」が効果的でしょう。この、「逆ガスライティング」は犯人及び実行役など特定することが必要ですが、探偵が行う「尾行・張込・聞込み」などの調査より効果的であると判断しています。

Q

偶然を装ったつきまとい行為に対しては?

A

本当に偶然かどうか証明することができ、禁止命令を行うこともできます。待ち伏せしたり、帰り道によく会うストーカー行為は、話しかけたりしないので被害がないため、相談しても「気のせいじゃない」などあまり真剣に聞いてもらえないケースが多いのですが、このギリギリの接触にとどめる行為もつきまといでありストーカーになります。

Q

警察に被害届を出したい

A

物理的な証拠を突きつけましょう繰り返し行われている証明として、映像や音声など、物理的にガスライティングを証明できる証拠を入手し加害者に突きつければ、嫌がらせを止めるように忠告したり、警察に被害届を出すことができます。被害届が出て初めて認知されることが多いため、捜査を開始して欲しい場合は、被害届を出す必要があります。

Q

誰がやっているのか?

A

依頼人との連携で何件も特定していますガスライティングの目的は、正気を疑うように誘導する仕掛けを行います。当然、自然に起きているわけではありません。依頼人との連携方法を詳しくお伝えできませんが、「探偵の丸投げ」では解決できないことだけははっきりと言えます。※連携方法を書くと対策されてしまうためご理解ください。

泣き寝入りの時代は終わった

まずは情報収集から

ガスライティング被害は、以前まで泣き寝入りで終わっていた嫌がらせですが、時代とともに解決へつながるまで対処できるようになりました。それは、法律の改正や調査のスキルが上がってる背景があるからです。まずは、ガスライティング行為がどんな状況で行われ、どのように仕掛けているかなど、自分なりにわかる範囲で被害状況をまとめて、どんな対処が必要なのか記録しましょう。

一人で悩まない

ガスライティング被害は第三者に気づかないように行うと同時に、不特定多数の人が面白がって加害行為に加わっているケースもあるため、誰が加害者なのか分からず混乱してしまうのが被害者の辛さだと思います。そこが、加害者の思う壺であり、心のよりどころを無くして孤立にさせるために手段が選ばないのが加害者です。

あまり警戒しすぎて、被害者の近くにいる人全員が加害者と思い込み、暴力沙汰になるケースがあるので、被害らしきことが起きたら、メモをとるなりして記録しておくことが大事です。ここで大切なことは「一人で悩まない」ことです。ガスライティング対策のプロに相談するなど、心のよりどころを見つけると心に余裕ができると思います。

ガスライティング対策依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop