テクノロジー犯罪関連記事 - テクノロジー犯罪レポート

Technology report

ホーム > テクノロジー犯罪関連記事 > テクノロジー犯罪レポート > テクノロジー犯罪と集団ストーカーの関係│二極化か同時進行か
公開日: 2022/02/04 最終更新日: 2022/03/11
テクノロジー犯罪関連記事 - テクノロジー犯罪レポート
 公開日: 2022/02/04 最終更新日: 2022/03/11

テクノロジー犯罪と集団ストーカーの関係│二極化か同時進行か

集団ストーカーの被害が終わったと思いきや、テクノロジー犯罪が始まったりと加害行為が二極化している可能性があります。しかし、集団ストーカーによるテクノロジー犯罪があるため区別することが難しく、加害側の規模によっても違いがあります。

この記事では、「テクノロジー犯罪」と「集団ストーカー」について解説していますので参考にしてください。

目次│テクノロジー犯罪/集団ストーカーの相談窓口

専門家
テクノロジー犯罪調査
2022年2月4日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、テクノロジー犯罪でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

テクノロジーを駆使して行なう加害行為

集団ストーカーがテクノロジーを駆使してまで嫌がらせをする「テクノロジー犯罪」は、「最後の手段」となります。テクノロジー犯罪は「電波」「音」「臭気」を屈した犯罪で、証明しずらい「見えない犯罪」です。

現代では、電波の届く場所なら少なからず誰もが巻き込まれる可能性があるので、テクノロジー犯罪があるということは知って欲しいと思います。

そして、テクノロジー犯罪に巻き込まれた人は集団ストーカーにあまり動じない人が多く、不審車両を頻繁に目撃しても何も感じないタイプです。いい意味で「鈍感」な人がテクノロジー犯罪に巻き込まれやすい傾向があります。

最近では集団ストーカー被害にテクノロジー犯罪を利用されていることがあり、区別するよりも1つ集団ストーカーの加害行為として認識されています。

理解されない犯罪

問題なのは、自分が電磁波による攻撃をされていることを家族や友人に相談しても、理解されないことがあります。理解者をむやみに探すよりも、信用できる人にだけ相談することをおすすめします。

理由としては、加害側がどこまで近寄ってきているのか見極めることが難しく、友人だと思っていた人が加害側なんてことがあれば、情報は筒抜けになってしまいます。

テクノロジー犯罪は洗脳ゲーム

集団ストーカー テクノロジー犯罪 二極化

洗脳ゲームの特徴

常に「自分」の時だけ、おかしな現象を目撃する機会が作り上げ、自意識過剰な人を演出させて、家族や友人に相談しても「気のせい」「神経質」と理解を求めることが困難な環境を意図的に作られてしまいます。洗脳するためには、「弱らせる必要」があるのでなかなかやめません。

しかも、洗脳ゲームをやってる人は通りすがりを装い、自分のことなど知る由もない人物である以上、知らないうちに「思考まで読まれている」と不安が大きくなり、自分のことを見えない「誰か」に常に監視されてる状況を作り上げ更に追い詰めていきます。

「私は大丈夫」と思う人ほどハマる罠

このように日々、洗脳ゲームが行なわれる状況を作り出す「集団ストーカー」行為が一般的に使われただけではありません。エスカレートすると、仕事の妨げとなる迷惑行為をしたり、インターネットを利用して誹謗中傷を拡散し、近所のから「奇人変人」扱いされるように仕向けます。

もし、今の状況が「洗脳ゲーム」に当てはまる場合、自力で解くことは至難の業です。なるべく早い段階で専門家に相談し、アドバイスしてもらいましょう。

洗脳ゲームにテクノロジー犯罪が利用されることも…

「集ストのアンカリングで怯えてた時期が平和だった」と思わせるくらい精神的にきつい攻撃をされた方も存在するテクノロジー犯罪。

テクノロジー犯罪に気が付いた時は、感情的に決してならないように注意してください。冷静になれば洗脳ゲームの罠に引っかかることはありません。

思考盗聴という名の洗脳ゲーム

男性
ご依頼者様: 40代 男性 会社員
ご依頼内容: 思考盗聴調査
ご依頼理由: 仕事中だけでなく普段の生活の中でも私が考えていることを、なぜか人に知られており気味が悪いです。例えば、道で私が昼ご飯に食べたいもののメニューを思い浮かべたときに、全くの他人がそのメニューを言い出すという、要するに私が思い浮かべたことに関連したことを誰かが言っているのです。最近はどんどんひどくなり、私が行く場所のことまでバレてしまって、ストーカーのようにつきまとわれています。誰がそんなことを仕組んだのか根拠も分からず、自分がおかしいだけなのかもわかりません。一生このままだと考えると怖くて仕方がありません。

思考盗聴にはカラクリがあり、完璧に思考を盗み取る技術を加害側が持っている可能性は低いです。事前に収集した情報やパターン化した行動に照らし合わせて仄めかしをしているレベルだと思ってください。「敵はなんでもできる」と思い込んだら洗脳ゲームの始まりだとわかっていれば、思考盗聴の技術はなんも意味がないことが見えてきます。

テクノロジー犯罪が周知されつつある

思考盗聴 勘違い?

隠せなくなっている犯罪

集団ストーカーもテクノロジー犯罪も人に理解されない犯罪です。今まで表にでなかったのは、被害者が精神疾患と診断され入院、治療、リハビリと時間に当てていたからです。

最悪、自ら命を落としてしまったり、パワハラ、セクハラ、モラハラを立証されて別のカタチで解決していました。決してテクノロジー犯罪や集団ストーカーというカタチで表にでなかったのです。

しかし、テクノロジーを悪用してまで被害者を不幸にする犯罪が、この先隠しきれることはないでしょう。隠し通さないといけないこのテクノロジー犯罪が、どの嫌がらせよりも陰湿で、思い込みであってほしい幻聴であってほしいと被害者が思うのも納得できます。

軍事レベルのやり方で嫌がらせを行なう理由が未だに全て明らかにされていません。組織犯罪と単なる嫌がらせ集団の2つが今日の不思議な現象を作り上げているということを覚えておいてください。

二極化に分かれず同時もある

テクノロジー犯罪と集団ストーカー二極化に分かれる場合と同時に受ける場合など、人それぞれの被害状況が違いますが、テクノロジー犯罪を受ける場合というのは基本的に集団ストーカーの被害も同時進行でうけることになります。そのため被害状況が激しくなっていく傾向にあります。

いずれにしても被害者ご本人がひとりで犯人を特定するのはかなりの困難さがありますので、証拠をとるための調査は私どもにお任せください。

現状について相談することから始めましょう!

テクノロジー犯罪と向き合う

テクノロジー犯罪の被害を訴えると、聞く耳を持とうとしない人は「統合失調症の妄想」や「思い込み」「ただの偶然」と決めつけることがあります。しかし、テクノロジー犯罪被害に遭った方の妄想や思い込みなどではなく、「れっきとした犯罪」行為です。

テクノロジー犯罪は複数のメンバーで嫌がらせやつきまといなどの行動に出るため、どのくらいの規模、人員で動いているのかわからないと、誤って無関係の人を犯人と名指ししてしまう危険を伴います。

早計な判断は解決までの遠回りになるので、勢いに任せるなど根拠のない行動は慎むようにしましょう。怪しいと思った人がいても、専門家に確認するようにしてください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

テクノロジー犯罪相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、テクノロジー犯罪被害の状況、テクノロジー犯罪対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop