テクノロジー犯罪レポート

Technology report

ホーム > テクノロジー犯罪関連記事 > テクノロジー犯罪レポート > 「テクノロジー犯罪と集団ストーカー」二極化か同時進行か
公開日: 2021/04/07 最終更新日: 2021/04/13
テクノロジー犯罪関連記事 - テクノロジー犯罪レポート
 公開日: 2021/04/07 最終更新日: 2021/04/13

「テクノロジー犯罪と集団ストーカー」二極化か同時進行か

集団ストーカー被害で終わる人もいれば、テクノロジー犯罪に気づく人もいたりと、被害が二極化している可能性があります。「周囲の人が聞こえない音」を聞かせる、いつもより聞こえる音が大きい、しかも頻発する傾向が強い場合、もしかするとテクノロジー犯罪の加害が始まっているかもしれません。しかしその場合はまだ序の口かもしれません。

目次│テクノロジー犯罪/集団ストーカー

テクノロジー犯罪と集団ストーカーの二極化

なぜ?二極化するのか

テクノロジー犯罪と集団ストーカーの二極化になっているという報告があったのは、あるエリアで開催された「被害者の会」に参加された方から聞いたところ、ある被害者は集団ストーカー止まり、ある被害者は音声送信や電磁波による身体攻撃という被害にわかれていました。基本的に集団ストーカー被害が続く方は、「神経質で思い込みが激しい」「少しのことで敏感に反応する」仕草が、加害者側にとっても面白いのでしょう。

テクノロジーを駆使してまで嫌がらせをする「テクノロジー犯罪」は、「最後の手段」となります。テクノロジー犯罪は「電波」「音」「臭気」を屈した犯罪で、証明しずらい「見えない犯罪」です。現代では、電波の届く場所なら少なからず誰もが巻き込まれる可能性があるので、テクノロジー犯罪があるということは知って欲しいと思います。

そして、テクノロジー犯罪に巻き込まれた人は集団ストーカーにあまり動じない人が多く、不審車両を頻繁に目撃しても何も感じないタイプです。「人に興味がない」人がテクノロジー犯罪に巻き込まれやすい傾向があります。

面と向かってだと何かしら加害者側に不利になることを、「見えない犯罪」にすることが回避できるのです。最近では集団ストーカーの被害のひとつ「ノイズキャンペーン」も実は音声送信を利用して起こってるのではないかと疑いがあり、色々な可能性を追求することが必要があります。

テクノロジー犯罪は費用がかかる

テクノロジー犯罪では、集団ストーカーよりもお金が大分かかるのです。そのため加害側も長期的に仕事を確保できるよう注意深く犯行してきます。部屋にひとりでいるのにどこからか機械音がしてくる、もしくはラップ音が聞こえるといったものから、身体的に電磁波を撃ってくるなど多彩になってきます。

身体に電磁波を撃たれると他人には分からないが自分だけが感じることがあり、それは撃たれていると感じることはおかしいことではありません。また程度も人によって違うということもあるでしょう。自分の被害状況を忘れずにノートなどに書いておくことも調査に役立ちます。

理解されない犯罪

問題なのは、自分は電磁波によって撃たれているということを友人家族に相談しても、理解を示されないこともあるかもしれません。そのため相談する相手は身近な人からのほうがよいかと思います。学校や職場では、友人が委託を受けて加害側にもまわる可能性すらあります。そのため全員に加害されていることを伝える必要もありませんが、誰が加害側で誰が無関係かの見極めが必要になります。

テクノロジー犯罪は存在するのか

テクノロジー犯罪は存在するのか

結論から言えば、テクノロジー犯罪は存在します。加害側にとっては「全て統合失調症の妄想」と扱われるように仕向けます。故意で行なわれていることを証明するにはそれなりの知識や技術が必要で、専門家でないかぎり難しいでしょう。

何よりも恐ろしいのは「被害者」にしか聞こえないという状況を作り上げ、自宅周辺に誰かが井戸端会議をしてると思って窓をあけ周囲を見渡しても誰いない状況をつくるのが「テクノロジー犯罪」なのです。

ある事例は、音声送信の影響で「ブレインジャック」されて誰かに遠隔で操られているような感覚に陥り、怖くて運転ができなくなり交通警察に保護されたそうです。テクノロジー犯罪も最終的には被害者を自滅させて、周囲には精神疾患者扱いにするパターンは、集団ストーカーと何も変わりません。

「集ストのアンカリングで怯えてた時期が平和だった」と思わせるくらい精神的にきつい経験をされた方も存在します。

音声送信の問い合わせがあるたびにテクノロジー犯罪は存在すると認めざる得ない状況になっています。集団ストーカーやテクノロジー犯罪被害者のなかには、上記でも触れた「加害組織や予算の関係」で二極化してる説も考えられます。

人に理解されない嫌がらせ行為

最初は資料作りから

集団ストーカーもテクノロジー犯罪も人に理解されない犯罪です。今まで表にでなかったのは、被害者が精神疾患と診断され入院、治療、リハビリと時間に当てていたからです。最悪、自ら命を落としてしまったり、パワハラ、セクハラ、モラハラを立証されて別のカタチで解決していました。決してテクノロジー犯罪や集団ストーカーというカタチで表にでなかったのです。

しかし、テクノロジーを悪用してまで被害者を不幸にする犯罪が、この先隠しきれることはないでしょう。隠し通さないといけないこのテクノロジー犯罪が、どの嫌がらせよりも陰湿で、思い込みであってほしい幻聴であってほしいと被害者が思うのも納得できます。

軍事レベルのやり方で嫌がらせを行なう理由が未だに全て明らかにされていません。組織的犯罪と単なる嫌がらせ集団の2つが今日の不思議な現象を作り上げているということを覚えておいてください。

二極化に分かれず同時もある

テクノロジー犯罪と集団ストーカー二極化に分かれる場合と同時に受ける場合など、人それぞれの被害状況が違いますが、テクノロジー犯罪を受ける場合というのは基本的に集団ストーカーの被害も同時進行でうけることになります。そのため被害状況が激しくなっていく傾向にあります。

いずれにしても被害者ご本人がひとりで犯人を特定するのはかなりの困難さがありますので、証拠をとるための調査は私どもにお任せください。

はじめて相談する方へ

テクノロジー犯罪調査の依頼は必ず専門家に!

テクノロジー犯罪の相談・調査依頼をお考えの方は、当サイトのご利用をお勧めします。近年は探偵事務所が激増していると言われますが、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分だった」「高額な調査料金を請求された」など、調査のクオリティやサービスにご不満をお持ちの方も多くおられるようです。

テクノロジー犯罪調査は、犯罪手口の特殊性などから専門的な知識と経験が必要になるため、探偵社であればどこでも対応・解決できるわけではありません。他社で断られたご相談や、解決できなかった調査のご依頼を歓迎します。ご相談はメールまたはお電話をいただければと思います。私どもの経験と実績をご信頼ください。お力になれるよう尽力いたします。

1人で悩まない

集団ストーカーやテクノロジー犯罪は不特定多数が嫌がらせに加わっているため、誰が加害者なのかわからず混乱してしまいがちです。しかし、そのせいで家族や友人、会社の同僚など周囲の人がみな集団ストーカーに加担していると思い込み、関係を絶って孤立するようなことだけは避けるようにしてください。ターゲットの孤立は、集団ストーカー側を喜ばせるだけです。

そこで大切になるのが「1人で悩まない」ことです。嫌がらせが無視できないレベルにまでエスカレートしていたり、家族や友人に相談しても誰もわかってくれなくて「味方が1人もいない」と不安になったりしたら、嫌がらせ対策のプロに依頼することも考えてみてください。

私ども「対策専門窓口」は、コンシェルジュサービスも設けています。相談だけでも構わないので、悩みをお聞かせください。解決方法は1つではありません。私どもが力をお貸しするので、納得のいく解決方法を探していただければと思います。

テクノロジー犯罪対策が必要な方へ

テクノロジー犯罪対策

テクノロジー犯罪による嫌がらせをやめさせ、問題を解決するには徹底した「証拠収集」が必要です。損害賠償請求や訴訟をお考えの場合、証拠がない状況で被害を訴えても、周囲は理解してくれるどころか嘘つきとみなされて孤立が進むだけです。

問題を解決したい方は私どもにお任せください。誰が嫌がらせをしているのか、主犯格の特定や嫌がらせの実態を証明する証拠の収集など、専門的なことは私どもにお任せいただき、ご依頼者は普段どおりに生活してください。

解決には協力者が不可欠

テクノロジー犯罪の被害を訴えると、聞く耳を持とうとしない人は「統合失調症の妄想」や「思い込み」「ただの偶然」と決めつけることがあります。しかし、テクノロジー犯罪被害に遭った方の妄想や思い込みなどではなく、「れっきとした犯罪」行為です。

テクノロジー犯罪は複数のメンバーで嫌がらせやつきまといなどの行動に出るため、どのくらいの規模、人員で動いているのかわからないと、誤って無関係の人を犯人と名指ししてしまう危険を伴います。早計な判断は解決までの遠回りになるので、勢いに任せるなど根拠のない行動は慎むようにしましょう。怪しいと思った人がいても、専門家に確認するようにしてください。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop