いじめ調査関連記事 - いじめ調査相談サポート

Bullying support

ホーム > いじめ調査関連記事 > いじめ調査相談サポート > 大人になってからも続くいじめに決着「北海道証拠収集相談」
公開日: 2022/05/12
いじめ調査関連記事 - いじめ調査相談サポート
 公開日: 2022/05/12

大人になってからも続くいじめに決着「北海道証拠収集相談」

いじめはいつの時代も深刻な問題であり、無くなることはありません。今回は、いじめの解決に必要な情報ついて解説します。北海道内にお住いの方で「いじめ」でお悩みの方は、当事務所の無料相談をご利用ください。

専門家
いじめ相談
2022年5月12日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、いじめでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

目次 北海道いじめ相談窓口

いじめ問題に強い探偵選び

いじめの調査で最も重要なポイントは、「アフターケアやその後の対策」となります。証拠の使い方やいじめをやめさせる交渉は、全て調査後となります。

経験不足の探偵に依頼すると、ご依頼者に不適切なアドバイスを行ない、かえって問題をこじらせてしまう場合があります。最後まで問題解決への的確なサポートができる探偵社に依頼しましょう。

1人でできることに限界を感じたら

そのようなときには、専門家に任せることをおすすめします。いじめの内容によって、対処法や証拠収集の方法が異なります。また、それぞれの調査会社によって得意不得意があるので、一度問合せをしてみて信頼性、調査料金、内容を確認してみてはいかがでしょうか?

大人のいじめについて

子どもの世界のいじめは非常にわかりやすく、遊び場での悪口、先生の見ていない場所で暴力を振るったり無視をしたりなど証拠隠滅まではしません。

大人のいじめはやり方がより巧妙で、たいていは誹謗中傷による嫌がらせですが、長期に渡る大人のいじめは精神的にとことん追い詰めることで、たとえ数ヶ月であっても、人は簡単に壊れてしまい、被害者の心身に深刻な影響を与えます。

いじめ調査料金と平均相場

いじめ調査にかかる費用については、現場に調査員を派遣する人件費、証拠収集に必要な車両や機材が必要となります。

いじめの被害内容にもよりますが、1日でその現場をおさえる調査であれば8万円~、長期的なサポート体制を敷く調査で50万円~となります。

探偵社に依頼した時の調査料金相場は20~50万円となり、平均の調査費用は30万円となります。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口でのいじめ調査料金は、132,000円~となり、証拠取得後の「示談交渉から民事訴訟」まで弁護士に一任できる「ワンストップサービス」が利用できます。

料金の比較ポイント
  • 基本料金以外にかかる費用はあるのか?
  • 時間帯による料金変動はあるのか?
  • アフターケアやその後の対策にかかる費用
裁判や調査でも認められる調査報告書

北海道エリアのハラスメント被害参考情報

過去にストーカー・嫌がらせ対策専門窓口が実施したいじめ・ハラスメント問題を紹介させていただきます。

知っていました?パワハラは「労災認定」されます

2020年、厚労省は精神障害に関する労災認定の基準を改定し、新たに「パワハラ」の項目が追加されました。

そして、2020年より「パワハラ防止法(労働施策総合推進法)」が施行され、現在、この新たな労災認定の基準が適用されています。精神障害の労災認定基準には「業務による心理的負荷評価表」というものが用いられます。

精神障害の労災認定基準には「業務による心理的負荷評価表」というものが用いられます。また、心理的負荷評価表には「出来事の類型」「具体的出来事」という項目があり、この中に「パワーハラスメント」の項目がが追加されました。

これまでは「達成困難なノルマ」「退職強要」などの項目が存在していましたが、改正により「上司等から、身体的攻撃、精神的攻撃等のパワーハラスメントを受けた」といった内容の項目が追加されています。

パワーハラスメントの定義としては、「優越的な関係を背景とした言動であって」「業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより」「就業環境が害されるもの」の3つの要素をすべて満たす言動とされています。

雇用している企業側(上層部、人事担当者、産業医)が認めない限り、これらを証明するためには、客観的第三者からの証明が不可欠です。

いじめを証明するためには、探偵・調査会社に依頼することによって証拠の収集が可能となり、個別労働紛争のあっせんを行っている都道府県庁労働委員会や、民事訴訟を提起することも可能となります。

“恋バナ”をしつこくきいてくる「ラブハラスメント」とは

相手が嫌がっているにもかかわらず、プライベートの恋愛の話や性的な話を執拗に聞き、精神的苦痛や不快感を与えるハラスメント行為を「ラブハラスメント(ラブハラ)」といいます。

主に職場において、上司が部下にコミュニケーションを図り、距離を縮める目的で、気軽に聞いてきますが、エスカレートすると、プライバシー侵害にあたります。

シチュエーションとしては、男性上司女性の部下に対して行われるケースが多いですが、女性上司による行為、および、同性同士による行為も当てはまります。

世代の違いからくる価値観のズレによることも多く、悪気がないケースもありますが、嫌がっていることを態度で示し、周囲にも相談し、それでも改善の兆候が見られなければ、会話を録音するなどをし、一連の言動が「セクハラ」にあたることを証明する必要があります。

また、加害者でも被害者でもない“傍観者”の立場でも、態度によっては加害者に含まれてしまうことがあります。ラブハラ言動をしている人が周囲にいた場合、同調や共感の態度を見せると加害者の仲間と思われます。

被害者から見れば、その場でその発言に対して笑った人は自分の味方と思えません。その人も加害者と同じ気持ちで自分を傷つけたと思うでしょう。そのような場面に居合わせた時には、その場は無関心を心がけましょう。

被害者の味方として加害者に向き合うと、二次被害の恐れがあります。被害の状況を第三者の視点から冷静に記録し、その後の対応に活かせる証拠を残すことが役目です。

また、こうしたハラスメント行為を証明するためには、探偵・調査会社に依頼することによって証拠の収集が可能となります。

いじめ解決に必要な情報

実態を把握する

いじめを行なっているのが単独なのか複数なのかを把握する必要があります。

単独で行なう感情的ないじめの場合、比較的容易に解決できる可能性がありますが、複数によるいじめの場合、一人で解決させることはかなり困難です。

また、複数でのいじめの場合、お互いに連携をとり合うので、証拠がないと口裏をあわせて反撃にでてくることもあります。

証拠を収集する

どのくらいの期間、どのような行為をされたかの証拠が必要になります。主観的なものではなく、客観的に本当にその行為がなされたのかを証明する必要があります。

物証があれば話は別ですが、無視や風評などはいじめられている本人が証拠を集めることはほぼ困難といっていいでしょう。

北海道エリア調査対応地域

いじめでお悩みなら専門とした探偵に相談

ストーカー・嫌がらせ専門調査窓口では、定期的に北海道内各地区において無料の出張相談会を開催しております。原則予約制となりますので、ご希望の地区、日時をお電話にてお申し込みください。

ご相談者の不安が解消するまで、何度でも一緒に考えますので、初めての方でもお気軽にご相談ください。

北海道調査対応地域

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では北海道全域でいじめ調査を実施しています。

道央エリア
札幌市・石狩市・小樽市・岩見沢市・江別市・千歳市・苫小牧市・夕張市・伊達市・登別市・室蘭市・美唄市・芦別市・滝川市・砂川市・歌志内市・深川市・南幌町・ニセコ町・倶知安町・えりも町・新ひだか町

道南エリア
函館市・北斗市・鹿部町・七飯町・森町・ せたな町・乙部町・厚沢部町・江差町・上ノ国町・松前町・福島町・木古内町・知内町・長万部町・奥尻町・今金町

道北エリア
旭川市・稚内市・名寄市・士別市・稚内市・留萌市・利尻町・和寒町・中川町・幌加内町・増毛町・小平町・苫前町 羽幌町・礼文町・利尻富士町・ 幌延町

道東エリア
帯広市・釧路市・根室市・北見市・網走市・紋別市

公共機関相談先一覧

いじめや近隣による嫌がらせ問題、職場内の人間関係などを相談できる公的機関があります。いじめ相談と一口に言っても内容はさまざまなので、まずは公的機関を活用しましょう。

  • 厚生労働省こころの相談窓口
  • 文部科学省問い合わせセンター
  • 子どもホットライン – 北海道

まず、いじめについて知ることから始めましょう。

いじめ被害相談フォーム

いじめについて詳しくお聞きした方の専用相談フォームになります。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop