いじめ調査関連記事 - いじめ調査相談サポート

Bullying support

ホーム > いじめ調査関連記事 > いじめ調査相談サポート > いじめの証拠収集なら相談「東京探偵相談室」
公開日: 2022/04/13
いじめ調査関連記事 - いじめ調査相談サポート
 公開日: 2022/04/13

いじめの証拠収集なら相談「東京探偵相談室」

いじめはいつの時代も深刻な問題であり、無くなることはありません。今回は、いじめの解決に必要な情報ついて解説します。東京都内にお住いの方で「いじめ」でお悩みの方は、当事務所の無料相談をご利用ください。

専門家
いじめ東京探偵相談室
2022年4月13日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、いじめでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

目次 東京都いじめ相談窓口

いじめの相談はこちら

いじめ問題に強い探偵選び

いじめの調査で最も重要なポイントは、「アフターケアやその後の対策」となります。証拠の使い方やいじめをやめさせる交渉は、全て調査後となります。

経験不足の探偵に依頼すると、ご依頼者に不適切なアドバイスを行ない、かえって問題をこじらせてしまう場合があります。最後まで問題解決への的確なサポートができる探偵社に依頼しましょう。

1人でできることに限界を感じたら

そのようなときには、専門家に任せることをおすすめします。いじめの内容によって、対処法や証拠収集の方法が異なります。また、それぞれの調査会社によって得意不得意があるので、一度問合せをしてみて信頼性、調査料金、内容を確認してみてはいかがでしょうか?

大人のいじめについて

子どもの世界のいじめは非常にわかりやすく、遊び場での悪口、先生の見ていない場所で暴力を振るったり無視をしたりなど証拠隠滅まではしません。

大人のいじめはやり方がより巧妙で、たいていは誹謗中傷による嫌がらせですが、長期に渡る大人のいじめは精神的にとことん追い詰めることで、たとえ数ヶ月であっても、人は簡単に壊れてしまい、被害者の心身に深刻な影響を与えます。

いじめ調査料金と平均相場

いじめ調査にかかる費用については、現場に調査員を派遣する人件費、証拠収集に必要な車両や機材が必要となります。

いじめの被害内容にもよりますが、1日でその現場をおさえる調査であれば8万円~、長期的なサポート体制を敷く調査で50万円~となります。

探偵社に依頼した時の調査料金相場は20~50万円となり、平均の調査費用は30万円となります。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口でのいじめ調査料金は、132,000円~となり、証拠取得後の「示談交渉から民事訴訟」まで弁護士に一任できる「ワンストップサービス」が利用できます。

料金の比較ポイント
  • 基本料金以外にかかる費用はあるのか?
  • 時間帯による料金変動はあるのか?
  • アフターケアやその後の対策にかかる費用
裁判や調査でも認められる調査報告書

東京エリアのいじめ調査相談事例

過去にストーカー・嫌がらせ対策専門窓口が実施したいじめ調査の事例を紹介させていただきます。なお本事例は、ご依頼者のプライバシーを保護する目的で、一部情報の変更をしております。

子どもが仲間外れにされている

時代が変わってもなくならないのが「いじめ」。以前の子どものいじめと言うと、暴力や脅迫、恐喝など、表立った行為が主でしたが、近年は、スマホの普及もあって、陰湿なものに変わりつつあります。LINEのグループチャットでコメントを無視したり、特定の相手に対してだけ連絡をしないなど“仲間外れにする”といったタイプのいじめが目立っています。このようないじめは、証明が難しく、いじめと認定しづらいのも実情です。一時的な仲間外れでは、いじめと認められにくいので、長期的な調査で証拠を集めることが必要となります。学校や教育委員会は、いじめの事実を隠ぺいする体質であることに加え、ケースによっては、教員や加害者の親がいじめに加担していることもあります。そうしたケースでは、損害賠償請求も可能であり、調査によって、有効な証拠も集めることも可能です。

パワハラ防止法によって何が変わるのか

2022年4月から「パワハラ防止法(労働施策総合推進法)」が中小企業も含めたすべての企業が対象とされ、職場内のパワーハラスメントの防止措置が義務付けられましたが、実際には「どう対策をしたらいいのか分からない」と感じている中小企業も多く、パワハラの根絶への道のりは遠いといわざるを得ません。事業者に課せられた義務としては「方針の明確化とその周知・啓発」「相談体制の整備」「事後の迅速かつ適切な対応とプライバシーの保護や不利益取り扱いの禁止」にとどまっており、却って、パワハラ行為の陰湿化が加速するのではないかとの懸念も広がっています。暴力・暴言やセクハラなど、明らかなハラスメント行為に代わって、集団での無視や仲間外れ、プライベートへの干渉といった、可視化の難しい案件が増えつつあります。このようなケースでは、会社の人事や社内の相談窓口、労働局などに相談したとしても、これらの機関は第三者の意見を聞くための窓口であり、職場でのいじめを直接、解決してくれるわけではありません。「いじめられている」と感じたら、まずはその証拠を集めることが重要です。その行為が違法であれば、加害者は、懲戒処分を受けたり、場合によっては法的に裁かれつことになります。いじめを証明するためには、探偵・調査会社に依頼することによって証拠の収集が可能となります。

いじめ解決に必要な情報

実態を把握する

いじめを行なっているのが単独なのか複数なのかを把握する必要があります。

単独で行なう感情的ないじめの場合、比較的容易に解決できる可能性がありますが、複数によるいじめの場合、一人で解決させることはかなり困難です。

また、複数でのいじめの場合、お互いに連携をとり合うので、証拠がないと口裏をあわせて反撃にでてくることもあります。

証拠を収集する

どのくらいの期間、どのような行為をされたかの証拠が必要になります。主観的なものではなく、客観的に本当にその行為がなされたのかを証明する必要があります。

物証があれば話は別ですが、無視や風評などはいじめられている本人が証拠を集めることはほぼ困難といっていいでしょう。

東京エリア調査対応地域

いじめでお悩みなら専門とした探偵に相談

ストーカー・嫌がらせ専門調査窓口では、定期的に東京内各地区において無料の出張相談会を開催しております。原則予約制となりますので、ご希望の地区、日時をお電話にてお申し込みください。

ご相談者の不安が解消するまで、何度でも一緒に考えますので、初めての方でもお気軽にご相談ください。

東京都調査対応地域

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では東京都内全域でいじめ調査を実施しています。

東京23区出張相談・調査対応地域(tokyo area)
千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区

東京市部出張相談・調査対応地域(tokyo city area)
青ヶ島村・昭島市・あきる野市・稲城市・青梅市・大島町・小笠原村・奥多摩町・清瀬市・国立市・神津島村・小金井市・国分寺市・小平市・狛江市・立川市・多摩市・調布市・利島村・新島村・西東京市・八王子市・八丈町・羽村市・東久留米市・東村山市・東大和市・日野市・日の出町・檜原村・府中市・福生市・町田市・御蔵島村・瑞穂町・三鷹市・三宅村・武蔵野市・武蔵村山市

公共機関相談先一覧

いじめや近隣による嫌がらせ問題、職場内の人間関係などを相談できる公的機関があります。いじめ相談と一口に言っても内容はさまざまなので、まずは公的機関を活用しましょう。

  • 厚生労働省こころの相談窓口
  • 文部科学省問い合わせセンター
  • 東京都いじめ相談ホットライン

まず、いじめについて知ることから始めましょう。

いじめ被害相談フォーム

いじめについて詳しくお聞きした方の専用相談フォームになります。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop