ホーム > 探偵ニュース > 車の嫌がらせ対策を知りたい!犯人を特定する方法
公開日: 2024/02/02
探偵ニュース
 公開日: 2024/02/02

車の嫌がらせ対策を知りたい!犯人を特定する方法

なぜマイカーが狙われるのか

車にまつわる嫌がらせを受けた場合に、犯人を特定する方法や、どんな罪に問われるのかなど詳しく解説しています。

悪質なイタズラから車を使った嫌がらせ行為など、嫌がらせに関する幅広い嫌がらせトラブルの解決策をご紹介していますので、お困りの方の参考になれば幸いです。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2024年月日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、クライアントの安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

目次

車の嫌がらせとは?

パンクしたタイヤ

車に嫌がらせされた経験がある人は意外と多いのではないでしょうか。

  • それはどんな嫌がらせなのか?
  • なぜ車でなければならないのか?

具体的に挙げてみましょう。

車に関する具体的な嫌がらせ行為

車に関する嫌がらせに関するトラブルは、さまざまなケースが報告されています。

それは車体に損傷を負うこともあれば、交通上のトラブルが元で煽るような嫌がらせ行為をしてくるパターンもあります。

  • 石や小銭を使って車体を傷つける
  • 泥や落書きで車を汚す
  • 運転中、道を遮ったり付け回すなどの危険運転
  • 車のクラクションによる嫌がらせ

車で嫌がらせする目的

車の嫌がらせ行為をする犯人の心理背景とは一体どんなものなのでしょうか?

これは人の車にイタズラする目的を探ることで知ることができます。

嫌がらせ行為をする犯人には、主に以下のような目的や動機があることが考えられます。

  • イライラを発散するための憂さ晴らし
  • 車の持ち主への嫉妬心によるもの
  • 車の持ち主への仕返しや報復
  • 交通トラブルによる逆恨み
  • ご近所トラブルによる逆恨み

なぜ車が嫌がらせの標的になるのか?

上に挙げた、嫌がらせの動機の事例から、加害者は相手の車を自分の歪んだ感情のはけ口にしていることがわかります。

車はときに、人のステータスを表す象徴的な存在にもなるため、その嫉妬心や妬みから嫌がらせに走るケースも少なくないのでしょう。

また生身の人間ではなく所有している車に危害を加えることで、加害者の罪の意識が甘くなり、何の気なしに行なっている可能性もあります。

車の嫌がらせ対策

コンビニ駐車場

大切なマイカーに嫌がらせされることは、非常に不愉快で簡単に許せるものではありません。

ここでは、自分でもできる予防対策と、現在進行形で嫌がらせに悩まされている方の効果的な対処法をご紹介いたします。

自分でできる5つの予防策

大切な愛車を自分の手で守りたい、そんな人のために取っておくべき予防対策を5つ紹介いたします。

  • 駐車場に監視カメラを設置する
  • 車にボディカバーを被せる
  • ドライブレコーダーを取り付ける
  • 駐車場にセンサーライトを設置する
  • 防犯グッズ(警報装置など)を取り付ける

 

ただし、この5つの方法に予防方法には以下のような注意点があります。

  • 監視カメラの設置場所は、他人のプライバシーを侵害しないように
  • カーセキュリティはアラート音に加えスマホと連動させる
  • 相手に警報するだけでなく被害実態の証拠を取れる工夫をする

相手の個人的な恨みや嫉妬心でターゲットにされている場合は、車への嫌がらせを回避しても、それ以外の場面で狙われる可能性があります。

嫌がらせの証拠は、後に警察への通報や保険の手続きをする際に必要になる可能性があるので、しっかり監視カメラに収めておくようにします。

嫌がらせ行為への対処方法

では、実際に自分の車が嫌がらせ被害に遭ったとき、どのような対処法を取ればよいのかをみてきましょう。

すでに被害を受けている段階において以下の処置は、嫌がらせへの防御、および加害者と被害者という立ち位置をはっきりさせる目的で行なうものとなります。

防犯カメラを設置して証拠をつかむ

防犯カメラには2つの効果があります。 防犯カメラを設置しておくことで、加害者が「カメラがあるから悪いことはもう止めておこう」となる可能性が高いこと。また、いつ被害に遭うか分からないときもカメラが24時間作動していることで、証拠をつかみやすくなります。

駐車場を変える

とにかく嫌がらせさえ回避できればいい、相手と関わりたくないという人は駐車場の場所を変えることをお勧めします。ただし、嫌がらせする相手とは執念深いタイプが多いので、場所を突き止めて再度嫌がらせしてくるパターンも考えられます。

警察に相談する

警察に通報したからといって、ただの即対応してくれるわけではありませんが、届け出しておくことで、後に証拠を提出して実際に悪質な行為を受けている認められた場合に、スムーズに捜査に進む毛脳性が高くなります。 また、被害届は保険を適用するためには被害届が必ず必要になります。保険会社に連絡する

保険会社に連絡する

車体を汚されたり傷を付けられる被害を負った場合は、保険適応が適応になる場合があるので、加入している自動車保険会社へ連絡しましょう。 保険の担当者に確認を取り補修手続きなど、必要な手続きの確認をしてください。 先述の通り、保険を適用するには、警察への被害届と嫌がらせの証拠が必要になりますので、準備しておきましょう。

重要な証拠を入手するため調査してもらう

警察の捜査も保険適用にも、決定的な嫌がらせの証拠が必要になります。 嫌がらせが続いているのに、警察に対応してもらえないような場合は、探偵事務所を頼っていただくという手もあります。また、修理代の請求を行う際も、証拠とともに犯人の特定する必要があるため、証拠収集を専門としている探偵の力を借りることが有効です。

車の嫌がらせはどんな罪になるのか

車の嫌がらせは、法律によって規制される可能性が高いです。

加害者が出来心でついやってしまったと主張したとしても、それが不法行為に該当すればそれはもう立派な犯罪になります。

器物損壊

他人の車に傷をつける行為は「器物損壊罪」にあたる立派な犯罪であり、3年以下の懲役、または30万円以下の罰金に処せられる可能性があります。

ただし、犯罪と立証するには犯人を特定するとともに決定的な証拠を示さなければなりません。

その他の車での加害行為

交通法違反:  煽り行為などの危険運転が交通法規に違反する場合、速度違反、信号無視、危険運転などの罪に問われる可能性があります。

威嚇・脅迫:  車の嫌がらせが他の運転者や車の所有者に対する威嚇や脅迫になる場合、これは刑事的な罪に問われる可能性があります。

ストーキング:  車を使った執拗な追跡や監視がストーキング行為に該当する場合、これも法的に問題となります。

嫌がらせする犯人を特定する方法

駐車場の車

防犯カメラを設置して犯人を特定できれば何よりですが、上手く撮れていなかったり、認識のない相手で自分では身元特定不可能ということもあります。

犯人を正確に特定したいときは、どうすればいいのでしょうか?

付近の防犯カメラを徹底的にチェックする

防犯カメラを設置している近隣宅に事情を話し、協力を仰げば映像を見せてくれる可能性があります。

ただし、コンビニなどの商業施設のカメラは、プライバシー上の関係で関係者以外への映像公開は不可であるところが多いようです。

またすべてが本物のカメラではなく、イタズラ抑止目的でつけているダミーということも考えられます。

心当たりを自分で探ったり調べる

犯人のなかには、車の所有者を妬んだり恨んだりして、困らせることを目的にイタズラをする確信犯もいます。

なぜ嫌がらせされるのか?誰から恨みを買っていないか?など、客観的視点で考え自分なりに犯人を分析してみることも大切です。

もし被害に遭ったのが最近買った新車なら、それを妬んでいる認識のある人間かもかもしれませんが、近所で同じ被害事例が何件もある場合は、高級車ばかり狙った単なる愉快犯という可能性もあります。

ただし、直接現場を取りに行くことは危険なので止めましょう。

犯人が激高し、思いもよらぬ危害を加えられる恐れがあります。

自分の身を守ることを一番に考え、見つからないよう注意しながら証拠を撮影するだけにとどめておくべきです。

探偵に調査依頼して犯人を特定する

探偵に調査を依頼すると、確実に犯人を特定してくれるので損害賠償責任を追及できる可能性は格段に上がります。

探偵の調査の目的
  • 車への被害を止めさせる
  • 嫌がらせ行為の決定的な証拠を押さえる
  • 犯人を突き止める
探偵独自の調査の手法

探偵は探偵業法に基づき、独自の調査を実地します。

  • 周辺での張り込み、聞き込み調査
  • 精度の高いカメラで犯行を撮影
  • 犯人の素行調査、身元調査

以上のことは調査のプロだからこそなせる業と言っても過言ではありません。

車の嫌がらせ被害相談窓口

車を所有していれば、車にまつわる嫌がらせなどの不快な出来事に遭遇することが、誰でも一度はあるのではないでしょう。

嫌がらせを行なう犯人は事の重大さを自覚せず、感情のままに行なっている傾向が多いので、犯人に1人で立ち向かうことは危険です。

それでも大切な自分の車を守りたい!代償を支払わせたい方は、一度私どもにご相談ください!

探偵であれば、一般人では掴めない証拠も手に入れることができます。

調査結果だけでなくアフターフォローまで嫌がらせ全般の調査において、経験豊富な探偵が全面的にサポートします。

まずは無料相談をご利用ください。出張でのご面談も可能です。(完全予約制)

ご相談は24時間365日受け付けていますので、お気軽にご連絡ください。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談