ストーカー関連記事 - ストーカー解決事例

Stalker case

ホーム > ストーカー関連記事 > ストーカー解決事例 > お小遣い稼ぎで始めた「パパ活」│執着するストーカー男を撃退
公開日: 2021/12/27 最終更新日: 2022/01/19
ストーカー関連記事 - ストーカー解決事例
 公開日: 2021/12/27 最終更新日: 2022/01/19

お小遣い稼ぎで始めた「パパ活」│執着するストーカー男を撃退

昨今では、均質して稼ぐきっかけが少なくなってきたため、女性の中ではある程度男性相手に自信がある場合、「パパ活」を副業にすることがあります。しかし、一時的な副業だったつもりが相手の男性にストーカーされる被害も報告されています。

目次│ストーカー男を撃退する方法

相談者
ストーカー被害調査
2021年12月27日 新規
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「委託員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、ストーカーでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

ストーカー被害サポートの体験レポート

女性
ご依頼者様: 20代/女性 会社員
ご依頼内容: パパ活トラブル調査
ご依頼理由: 某サイトP〇〇〇yで、パパ活相手と会ってストーカートラブルに巻き込まれました。最初は、気前がよく紳士的な方だなぁと思っていたのでLINEだけ交換してやり取りを続けていました。何回か会うようになってから、相手の束縛と思われるLINE「返信まだ?」「次いつ空いてる?」などプライベートにまで入り込むようになって「終わりにしたい」と告げてからストーカーが始まりました。なぜか、住んでいる自宅を知っているかのような「ほのめかし」をされて、相手も金銭的に余裕があるから「探偵に依頼」したのかもと疑いました。おそらく「社会的地位」がある方だと思うので、警察に届けるのではなく、証拠をとってやめさせたいのが希望です。立場的にも「パパ活」で知り合っているためあまり大ごとにはしたくないのが本音です。
調査レポート: ご相談の内容は、よくある男女トラブルではあります。相手のしつこい「LINE攻撃」だけならブロックして解決するのですが、自宅を知っている可能性があるなら身の危険も含め考えなければなりません。自宅を知っているとの仄めかしですが、「嘘」かもしれないので必要以上に怖がることは避けましょう。このようなケースでは、相手は素性がバレていないから強気にでているケースが多く、「勤務先」「家族構成」を知られたら大概おとなしくなります。一回「話し合いしよう」と呼びだして、相手の素性を割り出し「対等」に話し合えるようにしましょう。

パパ活にはまる女性の生活

女性がパパ活をする心理とは?

パパ活は、身体の関係以外にも「食事をする・デートをするだけ」でお金がもらえるというメリットがあります。

そのためパパ活を気軽に副業とみなして活動をする女性が多く、女子大生がバイト感覚で始めることがあります。一般的なバイトは拘束時間が長く労働のわりには稼ぎが少ないと感じるため、一回の食事やデートだけでサクッと稼げるパパ活は女性からすると魅力を感じるようです。

また容姿に自信がある女性は、積極的に自己PRとプロモーションを行いますので、「太パパ」という毎月定期的にお金をくれる男性との出会いに期待できるようです。

人によっては自らネット検索で調べて副業するのではなく、風俗店のように業者関係者から声をかけられて始める人もいるようです。

最近では親が子どものために金銭的援助が厳しくなってきているため、年端のゆかない若者が風俗や水商売でお金稼ぎに流れる傾向が強く、業界の厳しさに嘆く人も多いのです。

そのため、パパ活のようなお金を払う人ももらう人も束縛も中抜きもない気軽な関係が流行しています。

パパ活する女性

パパ活の落とし穴

男性は偽情報で女性と出会う

パパ活をしている女性はとりわけ女子大生が多いですが、ならべく身元が分からないよううまくごまかして男性と会っている人も多いです。

風俗とは違うものの、時にはお金が欲しい理由で性的関係をもつと一回数万円をもらえるために、そちらをメインで行う女性も多いようです。

男性は女性と同じで身分証明書を業者に見せても、職業を偽ることも可能です。実際にはそうでなくても医者などと偽れば高確率で女性と会えることを知っているからです。

男性は色々な誘い文句を研究して一時的な女性とのバカンスを求めています。そのため、女性の方で男性と会ってみたところデートや性行為に及んだにも関わらずネット上でやりとりした実際の金額と違ってもっと低い額でがっかりしたなど、詐欺に近いという意見もあるようです。

パパ活でお金をもらう

パパ活によるストーカー被害の具体例

ストーカーの考えには共通点がある

パパ活でもなんでもインターネットの出会い系でストーカー被害に遭う人は多いです。

たとえば、男性が経歴を偽って女性と出会った際に、男性が女性に一方的に恋に落ちて女性の男性にたいする熱が冷めると、はじめて男性は女性へのストーカー行為を思いつきます。

女性の考えとしては事前のやり取りで、確認していた充分な金額をもらえないような男性とは素早く離れます。そして自分の金銭的および負担の少ない要望をのんでくれるような男性を待ち望んでいます。

結果、「太パパ」のような男性を女性同士で取り合いするため、女性にお金を払えない男性はあぶれてしまいストーカーという卑劣な行為に走ってしまうのです。

ネットで出会い系のストーカー被害例
  • 相手に前もって送った写真に自宅付近の映像を送ってしまいそれを元にパパ活した相手に自宅を気づかれた
  • 相手と会った際に、電話番号を交換したためそれで住所を特定されてしまった
  • パパ活で数日デートにつきあった男性と縁を切ったはずが、「会おう」と何か月も随分しつこく連絡が来て困っている
  • パパ活で出会った男性とデート後、自宅まで後をつけられたのかストーカーされていると感じることがある
  • パパ活で出会った男性が、お金を支払わないのにいつまでもつきまとってきて困っている

ストーカー被害に対処法はあるのか?

嫌がらせで訴えることが可能

出会い系サイトで出会った相手にストーカーをされた場合、証拠があれば嫌がらせや場合によってはストーカー規制法により訴えることは可能です。

特に住所を教えたわけでもないのに相手が自宅を知っているとすると、どういう経緯で調べてきたのか、後をつけてきたのか電話番号で住所を割り出したのか、写真から特定位置を割り出してきたのかいくつか考えられるでしょう。

しかしご自身で解決しようとすると相手に逆上されたり逆恨みをされ状況が酷くなる恐れがあります。私どものような専門家に依頼すれば泣き寝入りすることなく解決できます。

ストーカーや嫌がらせなどそれぞれ法的に解決できますので諦めることはありません。

流れ
無料相談

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop