ホーム > ストーカー関連記事 > ストーカー解決事例 > 闇に蠢く影│ストーカー男に翻弄されたパパ活の実体験
公開日: 2024/02/29
ストーカー解決事例ストーカー解決事例
 公開日: 2024/02/29

闇に蠢く影│ストーカー男に翻弄されたパパ活の実体験

お金を稼ぐために「パパ活」に身を投じましたが、知らぬ間に闇の影に取り込まれていきます。

執拗なストーカー男に翻弄され、彼女の生活は地獄へと変貌していきました。

この実体験は、ストーカー被害の恐ろしさと、彼女が勇気を振り絞って立ち向かう姿勢を浮き彫りにします。

闇に蠢く影が描く現実の恐怖を垣間見ることで、私たちは警鐘を鳴らさねばなりません。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2024年2月29日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、クライアントの安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

目次|

1-パパ活から起きたストーカー被害体験レポート

女性
ご依頼者様: 20代/女性 会社員
ご依頼内容: パパ活トラブル調査
ご依頼理由:

某サイトP〇〇〇yでパパ活相手との出会いから、ストーカートラブルに巻き込まれました。最初は紳士的で気前がよく思えた相手とLINEのやり取りを続けましたが、何回か会うようになってから相手の束縛が始まりました。「返信まだ?」や「次いつ空いてる?」といったメッセージがプライベートにまで入り込むようになり、終わりにしたいと伝えた後、ストーカー行為が始まりました。

驚くべきことに、相手は私の住んでいる自宅のことまで知っているかのような「ほのめかし」をしました。相手の金銭的な余裕から、「探偵に依頼」した可能性も疑われます。相手はおそらく社会的地位がある方だと思われますので、警察に届けることよりも証拠を収集し、ストーカーをやめさせることが希望です。

立場的にも「パパ活」で知り合った関係ですので、あまり大ごとになりたくありません。

調査レポート:

ご相談の内容は、男女間の一般的なトラブルによく見られるものです。相手のしつこいLINE攻撃に対してはブロックすることで解決できますが、自宅を知られている可能性があるという点は身の危険を考えなければなりません。

ただし、相手が自宅を知っているとのほのめかしは嘘かもしれませんので、過剰に恐れる必要はありません。このような場合、相手は素性がバレていないために強気な態度を取ることが多く、「勤務先」や「家族構成」を知られるとしばしばおとなしくなります。

一度「話し合いしよう」と呼び出し、相手の素性を明らかにして対等に話し合えるようにすることをおすすめします。

2- 女性がパパ活をする心理

パパ活する女性

パパ活は、身体の関係以外にも「食事をする・デートをするだけ」でお金がもらえるというメリットがあります。

そのためパパ活を気軽に副業とみなして活動をする女性が多く、女子大生がバイト感覚で始めることがあります。

一般的なバイトは拘束時間が長く労働のわりには稼ぎが少ないと感じるため、一回の食事やデートだけでサクッと稼げるパパ活は女性からすると魅力を感じるようです。

また容姿に自信がある女性は、積極的に自己PRとプロモーションを行いますので、「太パパ」という毎月定期的にお金をくれる男性との出会いに期待できるようです。

パパ活の主な目的

経済的な動機:パパ活は経済的な利益を得る手段として選択されることがあります。経済的な困窮や生活費の足りなさを解消するため、自立や贅沢を実現するためにパパ活に参加することがあります。
自己実現や成長の欲求:パパ活を通じて自分自身の目標や夢を実現するための経済的なサポートを得ることがあります。例えば、学費や起業資金を得ることで学びや成長の機会を得たり、自分の趣味や興味に時間や資源を注ぐための資金源として利用することがあります。
経験や人間関係の多様化:パパ活を通じてさまざまな人と出会い、異なる経験や人間関係を築くことができます。新たな視点や知識を得たり、社会的なネットワークを広げたりすることで、自己成長や人間関係の豊かさを求めることがあります。

3- パパ活に潜む落とし穴

パパ活でお金をもらう

パパ活にはいくつかの落とし穴やリスクが存在します。

以下にいくつかのポイントを挙げます。

 

安全性の問題

パパ活に参加する際、相手の素性や意図を正確に把握することが困難な場合があります。信頼性のない相手に遭遇する可能性や、詐欺や性的暴行などの危険性が存在します。自己防衛のために相手の背景調査や初めて会う場所の公共の場所での会合など、安全対策を重視することが必要です。

 

心理的な負担

パパ活は金銭や贈り物を提供する代わりに、相手との関係や要求に応えることが求められる場合があります。これにより、ストレスやプレッシャーを感じることがあります。また、感情的な依存やトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

 

社会的な影響

パパ活は一部の社会的規範や倫理的な価値観と相容れない行為とされることがあります。他人の批判や偏見にさらされる可能性や、プライバシーの侵害などの問題も発生する可能性があります。

 

これらのリスクを考慮し、自己の安全と心理的な健康を最優先にすることが重要です。

自己防衛意識を持ち、信頼できる相手との関係を築くために慎重に行動することが必要です。

4- パパ活によるストーカー被害の具体例

ストーカーの考えには共通点がある

パパ活も含め、インターネットの出会い系でストーカー被害に遭う人は多いです。

たとえば、男性が経歴を偽って女性と出会った際に、男性が女性に一方的に恋に落ちて女性の男性にたいする熱が冷めると、はじめて男性は女性へのストーカー行為を思いつきます。

女性の考えとしては事前のやり取りで、確認していた充分な金額をもらえないような男性とは素早く離れます。

そして自分の金銭的および負担の少ない要望をのんでくれるような男性を待ち望んでいます。

結果、「太パパ」のような男性を女性同士で取り合いするため、女性にお金を払えない男性はあぶれてしまいストーカーという卑劣な行為に走ってしまうのです。

ネットで出会い系のストーカー被害例

 
自宅の特定という恐怖

私はあるパパ活相手とのやり取りで、誤って自宅付近の写真を送ってしまいました。その後、彼から驚くべきメッセージが届きました。彼は自宅を特定しており、私が住んでいることを知っていました。

自宅のプライバシーが侵害されたことで、安全面に対する懸念も生じました。怖さから、今後の行動に制約を感じるようになりました。パパ活を始めた目的である経済的な支援と自己成長を求める一方で、今回の出来事によって自分自身を守ることが最優先となりました。

 
執拗な連絡攻撃

数日間デートをしたパパ活相手とは別れることになりました。しかし、それから何か月も経っても彼は私に対して連絡をし続けました。彼は「会おう」というメッセージをしつこく送り続け、私のプライバシーを侵害してくるようになりました。

最初は丁重に断りを伝えましたが、彼の執拗な連絡は止まることがありませんでした。彼は時には威圧的な態度を取り、私に対して強い圧力をかけてくることもありました。パパ活で会っているとき「盗撮した」、「探偵に自宅割出を依頼する」など関係を求めてきます。

縁を完全に切るためにしたこと

 

コミュニケーションの断絶:私は彼との連絡手段を完全に切りました。彼のメッセージや電話には一切応じず、ブロックすることで彼との接触を遮断しました。

探偵サポートの活用:私は彼と連絡し再度会うことで、彼の素性を暴きました。話し合いするときは恐怖でしたが、探偵のサポートにより、この困難な状況に立ち向かう勇気を持つことができました。

5- ストーカー被害の対処法

嫌がらせで訴えることが可能

出会い系サイトやパパ活サイトで出会った相手にストーカーをされた場合、証拠があれば嫌がらせやストーカー規制法により訴えることは可能です。

特に住所を教えたわけでもないのに相手が自宅を知っている場合、どういう経緯で調べてきたのか、後をつけてきたのか電話番号で住所を割り出したのか、写真から特定位置を割り出してきたのかいくつか考えられます。

しかし、ご自身で解決しようとすると相手に逆上されたり逆恨みをされ状況が酷くなる恐れがあります。

最も重要なのは、自分自身の安全を最優先に考え、ストーカーに対して断固とした態度を示すことです。

ストーカーや嫌がらせなどそれぞれ解決方法がありますので、困ったときは専門家にご相談ください。

流れ
無料相談

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談