集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 集団ストーカーの「遠隔操作」「思考操作」「洗脳攻撃」について
公開日: 2022/03/11 最終更新日: 2022/03/16
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2022/03/11 最終更新日: 2022/03/16

集団ストーカーの「遠隔操作」「思考操作」「洗脳攻撃」について

自分だけが集団ストーカーの被害者と思われせるこの犯罪は決して「1人の被害者」ではありせん。最近の被害者ブログやご相談の中で「遠隔操作をされてる」「思考操作されている」という内容があり、実際に遠隔操作をされてるのか判明できずに悩んでいる被害者も多いです。今回は実際に、遠隔操作や思考操作は可能かどうか考えてみましょう。

目次│集団ストーカー専門相談窓口

ターゲットへのいくつかのアプローチ方法 集団ストーカー

専門家
集団ストーカー調査
2022年3月11日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、集団ストーカーでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

遠隔操作や思考操作は可能なのか?

遠隔操作の実態

集団ストーカーの被害者で、「思考までもが操られている」「洗脳を使った陰謀論」などの間違った情報が被害者同士で共有し、被害を大きくしてしまっていることがあります。

現在の日本の技術でも、軍事兵器を使っても人の思考や行動を遠隔操作することは不可能でしょう。仮に可能であっても被害を証明することは難しいかと思います。

集団ストーカーの被害者は、アンカリングや仄めかしで不特定多数の人に監視されてることを意識づけられていることで、どんな状況でも集団ストーカーを意識してしまうようになるのです。

そんな状況で「遠隔操作」の被害者ブログなどを見てしまうと「遠隔操作かも」と思い込んでしまいます。

例えば、乗りたかったバスが遅れたのも「全て加害者の遠隔操作」だと思うようになり、冷静に考えればよくあることが、集団ストーカーのことを頭によぎってしまうため、意図的に行なわれたと思い込んでしまうことがあります。

自己暗示をかけている

実際に、情報を操作して遠隔操作を行なってるかもしれませんが、ほとんどが「偶然に起きたことを意図的にされた」と思ってしまう、「洗脳」が一番近い言葉かもしれません。

遠隔操作を演出するために大勢の人を使い、あたかも被害者が操られてると「ストリートシアター」をして見せつけるぐらいが限界でしょう。

集団ストーカーの情報収集として、集団ストーカーの被害者ブログを見ているだけの生活をしてると、「自己暗示」をかけてしまう可能性もあるので、難しいとは思いますが「被害と離れる」ことを心がけてください。

遠隔操作をされてるのは加害者側

リスクが高い加担者

「遠隔操作をされてるのは加害者側ではないか?」という意見をよく聞きます。タイミングよく被害者の前に現れたり、つきまとったりする行動を、罪悪感の感じないで指示通り忠実に従う加害者が、集団ストーカー組織に洗脳されているのです。

遠隔操作という「洗脳」を加害者側で実験し、思考停止状態の加担者を配置させていることを意識しておく必要があるかもしれません。

思い込みが自分の中で真実となることも

集団ストーカーの被害者は「被害」だけをフォーカスしてしまうため、自分が遠隔操作をされていると思い込んでしまいます。

「遠隔操作」という洗脳を解くには、遠隔操作や思考操作について「疑ってみる」ことから始めましょう。集団ストーカーの被害を中心とした生活をしていると、冷静に判断することが難しいかもしれませんが、「疑うきっかけ」になれば幸いです。

繰り返し行なう洗脳攻撃とは

集団ストーカーがターゲットにしてきた人に多角的に洗脳をしようとしてきます。それも徹底的に洗脳されるまで繰り返し行なってきます。どのような洗脳をするのか、なぜ洗脳をするのか、その目的はなにかについてお伝えしていきます。

数字の仄めかし

集団ストーカーでよくある仄めかしに、「数字のゾロ目」があります。たとえば8絡みですとか、特定の数字が3つ4つ揃っているものですが、宗教的に意味があると考えられている数のようです。

18・666も非常に重要なようでターゲットにされている人がご自身の身の回りに起きた不審な出来事や世界で起きる事件のなかには年月日や日付の合計数が18もしくは666が多いと考えられている方もいるようです。

数字の仄めかしをしたい理由

数字には神秘的な理由が宿ったり数字で何かを象徴したりするのは、古代から宗教儀式やシンボルとして用いられてきたことです。良い意味で使用される分にはよいですが、悪い意味を暗示するために意図して数字を仄めかしてくるのが本当の狙いです。

加害側が数字に関して特別な思い入れがあって仄めかしてくるだけであり、意識しないようにすれば自然と無視できるようになります。

パトカー、救急車、消防車のサイレン

集団ストーカーの洗脳活動の一種に、車のサイレン音を鳴らして近くあるいは遠くを通るというものです。内部の事情を知る者のなかには、ターゲットにしている人の周辺地域で、「嘘の通報 119番」を行なうこともあります。騒音に敏感になっている夜が多いのですが、ターゲットの精神状況によっては日中行なうこともあります。

とはいえ、すべてが「意図的な騒音」でもありません。仄めかしは「気にさせる」ことが達成できれば、あとは偶然通った緊急車両にも疑いを持つようになりますので、繰り返し行なうことはありません。

サイレンの音を仄めかしたい理由

被害者の方に、意図的に「こうなる」ことを仄めかしているだけのようです。つまり、そのうち救急車を呼ぶようなことがあったりパトカーを呼ばれることになったり消防署を呼ぶことになると「音で伝えたい」のかもしれません。

それは加害側の自作自演であり、事故や病気も被害者の方に人工的に起こさせて不幸にしようとする意図の現れに他なりません。 気にしないことが一番の対策になります。

脳の洗脳方法

科学技術では人の思考や感情を意図的に周波数などを変えて操作することも可能です。脳の洗脳方法には2パターンあります。被害者が洗脳されていることがわからないように洗脳するケース、洗脳していることが本人にはっきりとわかるように電磁波を撃ってくるケースです。

たとえばひとりのターゲット(勝手に決められた)の人がいるとします。ターゲットにされた人の周辺には関わっている人がさまざまいます。この人たちがターゲットの人にたいして否定的な感情をもつように意図的に操作することが可能です。個人だけでなく集団洗脳も可能にします。

脳を洗脳する理由

勝手にターゲットにされた人の人間関係の分断や孤立を狙っており、社会から隔離し成功した場合に恒久的に洗脳と実験対象へ陥れようとしている可能性もあります。

これが組織犯罪の闇であり、目的は人を不幸にし、不幸の輪の連鎖、ネガティブな状況へと人の輪を拡げていく活動を何らかの意図をもって行っている可能性が高いです。

しかし、人がやっていることですので確証を掴めればあっけなく終焉します。

「何かが変」と違和感を感じたら

不調が続いて悩んでいる方へ

「最近、やる気がでない…」「もしかしたら何か自分に問題があるのでは?」ストレス社会の現代では、一度はそう感じることがあるでしょう。このストレスの原因が、会社の問題ではなく「誰かが故意に行なわれていたら」気が付くことができるでしょうか?

身体の不調や不安は、精神的な大きな影響をあたえ、回復に時間がかかることが多いので自分の中だけで解決しようとせず、専門家に相談することをおすすめします。

集団ストーカーが関与してたら

集団ストーカーの特徴は、日常でよく見かける普通の通行人を演出して精神的に追い詰めます。どんな時でも「自分」だけ、おかしな現象を目撃する機会が多くなり、「自意識過剰な人」とまわりから思われてしまいます。

家族や友人に相談しても、「考えすぎ」「そんなことはありえない」と理解を求めることが困難な環境を作られます。

特定が難しい犯罪

迷惑防止条例ギリギリの悪質な嫌がらせを行い、不特定多数の人が特定の人に、ありとあらゆる手法で監視やつきまといを行なうケースもあります。しかも集団ストーカーをやってる人は、通りすがりの一般人で区別がつかないため、被害妄想でかたずけられてしまいます。

そんな精神状態だと、毎日が「盗撮されてる」「盗聴されている」「つけられている」と考え始め、どんどん不安が大きくなり、自分のことを見えない「誰か」に常に監視されてると植え付けられます。このように心理状態を利用した手法が集団ストーカーで使われます。

メンタル崩壊する前に行動を

どういう犯罪なのか理解する

ストーカー集団が何よりも嫌がるのが、「嫌がらせを気にしない」「動じない」ことです。そのようにするには、反発したり、嫌がらせに負けまいとしてストーカー集団に立ち向かおうとうとしたりしても、その闘いは不毛で、何も生まれないことを理解しておく必要があります。

また、一人で集団に挑むのは無謀なだけでなく、多勢に無勢という不利な状況に置かれるので、勝てる見込みはほとんどないと言ってもいいでしょう。仮に相手を打ちのめすことができたとしても、相手は一人ではありません。別の仲間が報復行動に出れば嫌がらせはエスカレートし、また消耗戦が続くことになります。そうなれば無駄なエネルギーを使っていることに気づいて途方に暮れるだけです。

悪いことが起きても全て嫌がらせに結びつけない

集団ストーカーは「偶然」を装った嫌がらせを繰り返します。しかし、「誰かに嫌がらせをされているのかも」と考えてみても、まったく答えが見つからないこともよくあります。メンタルが弱っていると周りで起きていることの全てが怪しく感じて不安になったり、必要以上にストレスを溜めたりする状況に陥りやすくなります。

嫌がらせを無視できるようになれば、冷静な判断力を維持することができ、自分の周りで起きていることが偶然なのか、それとも誰かが故意にやっていることなのかの違いを簡単に見分けられるようにもなります。

洗脳と孤立から自分を守ること

一人の力では必ず限界がくる

集団ストーカーは、ターゲットにした相手の職場やふだん買いものをしているスーパー、趣味や習い事で通っている教室など全ての行動範囲を網羅し、先回りをして嫌がらせをします。

まるで「いつも監視している」「お前には安らげる場所などない」と言わんばかりに、どこに行っても集団ストーカーが待ち構えていれば、「どうしていつも行き場所を知っているのか」と疑心暗鬼になり、最悪の場合は家族や友達でさえも「集団ストーカー」に加担しているのではないか疑うことになるかもしれません。

このように、ターゲットを不安にさせ、精神的に弱らせていくのが集団ストーカーの卑劣で狡猾なところです。

家族や友人を疑うようになったら「孤立」が待っているだけです。そのような状況に陥らないようにするためにも、あなたを孤立させようとする集団ストーカーから身を守る方法を私ども「対策専門窓口」と一緒に考えて対応しましょう。

洗脳の始まりは「孤立」から

孤立して弱ったところに入り込む洗脳技術は、宗教やセールスでも幅広く使われる方法です。もし、理解者が見つからず、心細くて不安な方は、当対策専門窓口の「コンシェルジュサービス」をご利用ください。

コンシェルジュは集団ストーカー被害の苦しみやつらさをともに理解したうえで対応策を講じ、今の状況を変えるお手伝いをお約束します。

集団ストーカー調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、集団ストーカーの被害内容、集団ストーカーに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop