集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 見えない集団ストーカーの真実
公開日: 2021/08/02
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/08/02

見えない集団ストーカーの真実

昨今では、集団ストーカーは被害者の数が多く声をあげる人も多くなり、知っている人は知っている存在として認知されてきましたが、さまざまな情報があって混乱されることもあるかと思います。

ここでは「集団ストーカーの真実」について触れていこうと思います。

目次│集団ストーカーの真実

集団ストーカーの真実

世界に拡がる集団ストーカー

日本では「集団ストーカー」や「テクノロジー犯罪」など色々な言い方をされてきます。日本以外のアルファベット圏での同様の犯罪にたいして「Targeted Individuals(略してTI)」 、「Electronic Harassment」、「Gang Stalking」と言います。中国では「腦控」と言われています。

唯一、集団ストーカーが行われていない地域は中東で、集団ストーカーに遭遇するという話は聞きません。アメリカ・カナダ、ロシアやイギリス、中国、ヨーロッパ(北欧含む)、オーストラリア、韓国、東南アジアなど基本的に集団ストーカーの外国版があります。それぞれの国には被害者の団体などがあり、同じ被害事例を訴えています。

本当の真実は1つ

日本の集団ストーカーはかなり徹底していると言われています。集団ストーカーを行っているのは海外では国相手に訴訟を起こしていることが多いことから、国家機関が関わっている説があり、その他にも宗教団体などが関与しているとされています。

現在ではコロナを利用した情報操作「陰謀論」はあっという間に人々に拡散され話題になっていますが、「集団ストーカー」も同じことが言えます。人々の不安に付け込む「情報操作」はいつの時代でも無くなることはありません。

本当の真実は、「今自分に起きていること」であり、ネットで起きている問題ではありません。事実を追及して解決する単純な作業であるはずが、「情報操作」で解決を難しくしてしまっていることがありますので、一度情報整理する時間を作ることが必要です。

真実を知らなければ何も変わらない

なぜ集団ストーカーは暴露されないのか

暴露されないのは理由がある

集団ストーカーが表社会に出てこないのは、集団ストーカーに関する言論を統制し、真実を隠ぺいしているからに他なりません。

また日本だけではなく世界中のテレビ、新聞、雑誌、ラジオでも「集団ストーカー」に触れず、集団ストーカーは精神疾患との認識で真実解明を遅らせてきました。

被害者を装った加害者が「自分は精神科に通院している」などとし、自ら精神病持ちで集団ストーカーに遭っている妄想被害をブログで綴っているなどして情報工作をしていることすらありました。

特定が難しい犯罪

迷惑防止条例ギリギリの悪質な嫌がらせを行ない、不特定多数の人が特定の人に、ありとあらゆる手法で監視やつきまといを行なうケースもあります。しかも集団ストーカーをやってる人は、通りすがりの一般人で区別がつかないため、被害妄想でかたずけられてしまいます。

そんな精神状態だと、毎日が「盗撮されてる」「盗聴されている」「つけられている」と考え始め、どんどん不安が大きくなり、自分のことを見えない「誰か」に常に監視されてると植え付けられます。このように心理状態を利用した手法が集団ストーカーで使われます。

集団ストーカーの犯罪が周知されつつある

手口が明らかになった集団ストーカー行為

集団ストーカーとは、集団で(もしくは組織的に)ガスライディングのような嫌がらせを仕掛ける、盗聴や盗撮をしなければわからないような個人の情報を「知っている」「秘密を握っている」と仄めかす、ターゲットにした相手が周囲や近隣住人に疎まれたり避けられたりするように仕向けて精神的に追い込んでいく犯罪を私たちは集団ストーカーと呼んでいます。

嘘の情報に惑わされないようにする

以前なら、集団ストーカーの被害を訴えても、ほとんどが統合失調症による幻覚・幻聴で片付けられてきました。しかし近年では、集団ストーカーは周知されようになり、「集団ストーカー」の調査を依頼される方が増えてきています。

集団ストーカーはターゲットにした相手を陥れるため、「会社で不倫をしている」「万引で逮捕されたことがある」など嘘の情報を広めたり、近隣から不審人物と思われるような悪評を立てたりします。

根も葉もない噂や嘘が広がっていると感じたら、集団ストーカーによる嫌がらせを疑ったほうがいいかもしれません。彼らが流す「嘘の情報」に惑わされないように、冷静に対処しましょう。

集団ストーカーについては早期相談

集団ストーカーは統合失調症による妄想、思い込み、偶然などではなく「れっきとした犯罪」です。

集団ストーカーは、嫌がらせに加担しているメンバーの身元がバレるのを極端に恐れるため、組織・集団の規模が小さいとネット上で誹謗中傷を繰り返す傾向があるので、どのような集団がネットストーキングをしているのかを探りたい場合は「オンライン調査」ができる探偵事務所を探す必要があります。

集団ストーカー相談から解決までの流れ

まずはお気軽にご相談ください

2010年の創業以来、当社は一貫して、「問題解決に必要な情報提供」という考えのもと、事業を展開してきました。そのため、独自の情報収集方法に徹底的にこだわり、多種多様な調査方法でご依頼者に求められる情報を提供しています。この市場のとらえ方が、当社の成長と多種多様な情報サービスが生み出される源泉となっています。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、経験豊富なスタッフを各エリアに配置し、ご依頼者の悩みに沿った「問題」を解決する調査体制を整備しています。調査が終了した後も問題解決までスタッフがサポートするので、最後まで安心してご利用いただけます。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

集団ストーカーに関連するQ&A

Q

集団ストーカーは解決できる?

A

解決できます。方法は2通りあって、1つは警察に被害届を出すことです(状況によっては所轄の警察署長から「警告」「禁止命令」を出してもらうこともできます)。もう1つは主犯格を突き止め、嫌がらせをやめてもらうよう直接交渉することです。いずれの場合でも嫌がらせを証明する証拠が必要になります(ご依頼をいただければ私どもが証拠の入手、被害届を提出する際の書類の作成もお手伝いいたします)。また、主犯格と直接交渉する際は、被害に遭った方が単独で交渉に臨むのは危険なので、警護を兼ねて私どもの調査員が「立会人」として同席いたします。その他にも集団ストーカーによる嫌がらせが理由で体調を壊した、精神的な苦痛を被ったとして主犯格を訴える、損害賠償を請求するなどの方法もありますが、こちらは弁護士に訴訟準備等の依頼をしていただくことになります。

Q

集団ストーカーの被害にあっていますけど、信じてくれますか?

A

もちろんです!まずは現状をお聞かせください。集団ストーカーの嫌がらせや被害を訴えたとき、「気のせい、考えすぎ」「被害妄想」といったように受け流されたり、場合によっては精神疾患を疑われたりするケースが多く見受けられますが、気のせいで片づけようとする人は「集団ストーカー」を知らないからだと思っていいかもしれません。家族や友人に苦しみを打ち明けたいのであれば、あなたの話を信じてくれる人にしましょう。もし、誰も話を聞いてくれそうにないときは、私どもの「対策専門窓口」をお頼りください。無料相談およびコンシェルジュサービスを設けております。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop