集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 見えない集団ストーカーの真実
公開日: 2022/03/07 最終更新日: 2022/03/10
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2022/03/07 最終更新日: 2022/03/10

見えない集団ストーカーの真実

昨今では、集団ストーカーは被害者の数が多く声をあげる人も多くなり、知っている人は知っている存在として認知されてきましたが、さまざまな情報があって混乱されることもあるかと思います。

ここでは「集団ストーカーの真実」について触れていこうと思います。

目次│集団ストーカーの真実

専門家
集団ストーカー相談
2022年3月7日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、集団ストーカーでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

集団ストーカーの真実

集団ストーカーが見えないのは巧妙に仕掛けてくるから

世界に拡がる集団ストーカー

日本では「集団ストーカー」や「テクノロジー犯罪」など色々な言い方をされてきます。日本以外のアルファベット圏での同様の犯罪にたいして「Targeted Individuals(略してTI)」 、「Electronic Harassment」、「Gang Stalking」と言います。中国では「腦控」と言われています。

唯一、集団ストーカーが行なわれていない地域は中東で、集団ストーカーに遭遇するという話は聞きません。アメリカ・カナダ、ロシアやイギリス、中国、ヨーロッパ(北欧含む)、オーストラリア、韓国、東南アジアなど基本的に集団ストーカーの外国版があります。

それぞれの国には被害者の団体などがあり、同じ被害事例を訴えています。

本当の真実は1つ

日本の集団ストーカーはかなり徹底していると言われています。集団ストーカーを行っているのは海外では国相手に訴訟を起こしていることが多いことから、国家機関が関わっている説があり、その他にも宗教団体などが関与しているとされています。

現在ではコロナを利用した情報操作「陰謀論」はあっという間に人々に拡散され話題になっていますが、「集団ストーカー」も同じことが言えます。人々の不安に付け込む「情報操作」はいつの時代でも無くなることはありません。

本当の真実は、「今自分に起きていること」であり、ネットで起きている問題ではありません。事実を追及して解決する単純な作業であるはずが、「情報操作」で解決を難しくしてしまっていることがありますので、一度情報整理する時間を作ることが必要です。

なぜ集団ストーカーは暴露されないのか

暴露されないのは理由がある

集団ストーカーが表社会に出てこないのは、集団ストーカーに関する言論を統制し、真実を隠ぺいしているからに他なりません。

また日本だけではなく世界中のテレビ、新聞、雑誌、ラジオでも「集団ストーカー」に触れず、集団ストーカーは精神疾患との認識で真実解明を遅らせてきました。

被害者を装った加害者が「自分は精神科に通院している」などとし、自ら精神病持ちで集団ストーカーに遭っている妄想被害をブログで綴っているなどして情報工作をしていることすらありました。

特定が難しい犯罪

迷惑防止条例ギリギリの悪質な嫌がらせを行ない、不特定多数の人が特定の人に、ありとあらゆる手法で監視やつきまといを行なうケースもあります。しかも集団ストーカーをやってる人は、通りすがりの一般人で区別がつかないため、被害妄想でかたずけられてしまいます。

そんな精神状態だと、毎日が「盗撮されてる」「盗聴されている」「つけられている」と考え始め、どんどん不安が大きくなり、自分のことを見えない「誰か」に常に監視されてると植え付けられます。このように心理状態を利用した手法が集団ストーカーで使われます。

次に、集団ストーカーが仕掛けてくる罠についてご説明します。

集団ストーカーが仕掛ける罠について

「誰もかれもが敵である」錯覚を利用して陥れる

集団ストーカーの加害方法で顕著なのが、なるべく自分の手を汚さずに被害者に自滅してほしいと考えています。

そのため、被害者に過剰に受け止めてもらうための秘策が「プロファイリング・ガスライティング・エレクトロニクスハラスメント」です。

加害者は意味を知らなくても簡単にできる、「車両のカルトナンバーや数字」「指定の色やマークのものを着用、指定の言葉」などで、被害者の周囲の人すべての人が加害者であるように見せていくことがテーマです。

SNSで陥れられる罠

最近ではSNSで実際には知らない人同士でつながり、やり取りする機会が多く見受けられます。

大抵、ご自身が興味のある世界で発信コメントをすることがありますが、自分のアカウントのやり取りで、大量の否定的な意見「アンチ」、アカウントを見てくれる人の目をそむけたくなる「荒らし」があります。

このような方法も、集団ストーカーの加害行為のひとつで、SNSでの「アンチ」発言や「荒らし」活動は組織犯罪では常套手段といってもいいでしょう。

仕組まれた工作であることに気づかずに、被害者がひとつひとつ別のアカウントからの「アンチ」コメントを集団工作によるものと気づかず、実際に多くの他人に自分が否定されている、自分の生存を快く思っていないと勘違いして、精神的な不調や酷い場合には自殺する方もなかにはいらっしゃいます。

多くの「アンチ」に囲まれても「一律工作」であることを見抜けば動揺することはありません。

警察が全員加害者に見える罠

集団ストーカーの被害に遭遇すると、警察も集団ストーカーに加担しているか?という議題がつきまといます。インターネットでは「警察は加害のグルだから気をつけろ」というように考える傾向にあるようです。

しかし、こう考えてみることはできないでしょうか。警察を敵に思わせることで解決できないと思わせることができます。

警察組織もある意味指示直下型ですので、あなたの近くにいる警察官があなたを実質マークしているかははなはだ疑問です。「今日のこの時間はこの道路上で防犯活動をする」だけかもしれません。

警察関係者のカミングアウトがなければ解明できる話ではありません。あなたの周囲にいる警官があなたを意識しているとは断定できないのです。

業務としてひたすら見回っているだけかもしれません。近くに行っても警官はあなたをまったく意識していなかったりもします。

すべてを疑ってしまうと、冷静に判断・対応できなくなってしまいます。それが加害側の罠ということに気づきましょう。情報に振り回されることなく、警察は味方につけましょう。

加害者自身が陥る罠

加害者にも色々な立場の人がいます。なかには、加害についてカミングアウトをしたいと内心思っている人もいるでしょう。しかし、もしカミングアウトしたらどうなるかわかっており、なかなか集団ストーカーの実態について明るみになっていません。

もし加害側がカミングアウトしても代償をともなわなければ既に明るみになり社会問題として解決していたかもしれません。

あるいはカミングアウトで誰かに話したことで消される、カミングアウトをしようとして何か悲劇に遭遇した人もいるかもしれません。

いかがでしたでしょうか?集団ストーカーが仕掛ける罠について知っていれば恐れることはありません。

ただし、そのことを情報共有しようと集団ストーカーの被害者が集まると、必ず加害側がいて「離縁工作をする」という話をよく聞きます。

次に、集団ストーカーが仕掛けてくる分断工作についてご説明します。

集団ストーカーが仕掛ける分断工作について

孤立化現象工作

学校、職場、地域などで人が集まる場所に毎日行く人が多いため群像意識を利用することで分断工作をされます。集団ストーカーの被害とは「人が集まる空間」での工作が多いです。

人間関係があまりない引きこもり気味の人はエレクトロニクスハラスメントが主体となってきます。しかし、引きこもりの人たちでも最初は何らかの団体に所属しており、色々な人間関係の工作があったことでしょう。

公の場で人間関係を工作するのは、ターゲットの人間関係を断ち、ターゲットを孤立させようとします。そのために必要な工作はいじめだったり、人間関係の諍いや、人と人をいがみ合わせたりさせることです。

要は、ターゲットだけを孤立させたいために、大人数対ひとりの図式となります。孤立させるためには集団ストーカー側ではなんでもやるといっても過言ではないでしょう。

距離感が大切

リアルな人間関係では、実際に相手のことを実はよく知らないということがよくあります。

たまたま学校・職場・地域で顔を合わせているだけであり、その人が大事にしていること・信念・宗教・政党・何に興味を持っているのかまで肩書上で知ることができません。

そのため、容易にターゲットにたいしての誤解を周囲にさせる工作が可能であるというわけです。

SNSで分断される工作

リアルな人間関係だけではなく、SNS上で人が集まるところもまた分断される工作をされます。

YouTubeのライブ配信でリアルなチャットのやり取りが行なわれますが、たとえばターゲットがチャットを視聴していることが分かっていれば、ターゲットしか分からない単語やアカウント名をわざわざ作成して仄めかしをしてきます。

あるいは、ターゲットの交友関係やSNSでのやり取りを調べ、嫌がらせを行なうことがあります。「この人に関わるといいことない」と思わせることができるのです。

分断工作は脅威に感じている証拠

これらは加害側が自分たちにとって脅威となる発言や繋がりを持っていると判断すれば、簡単に可能なことのようです。

しかし、SNSで同じ志や趣味嗜好を持っている人たちの繋がりは心によるもので、そう簡単には分断できません。

被害者同士を分断させる工作心理とは?

集団ストーカーの被害に遭遇して、分断工作をされていることを共有している人たちは強く繋がります。それが加害者にとっては脅威となります。小さな集まりも繋がっていけばやがて大きくなり、社会現象として表舞台へ出て加害側の計画が終わります。

中には、人に嫌がらせを行なうことで生計をたてている人が世間にはいることを知ってください。嫌がらせはすべて人の手で行なわれているのです。

そのためにはターゲットを社会から分断し、情報弱者にして孤立させなければならないのです。ターゲットが社会的に分断され、人間関係を断たれ、生きる術を失っていく人は振り回されてしまっている被害者なのです。

集団ストーカーに関連するQ&A

Q

近所の人も加害してきますが理由がわかりません…

A

委託されて加害しているケースがあります。被害者の近隣住民が最も加害委託をされやすい環境ですが、被害者に個人的に恨みがあるわけではありません。近隣住民に「もう加害したくない」と思わせる行動をとることが重要で、敵対しても相手の思うつぼです。

Q

SNSの「アンチ」が自分に攻撃されるように工作してくることはある?

A

工作である可能性は充分あります。最近では、「アンチ」として自分が攻撃するのではなく、相手に攻撃させて印象を悪くする操作をしてきます。冷静に観察することで対処できることもあります。

Q

悪夢は終わる?

A

必ず終わりがきます。集団ストーカーの加害行為は、ネットでも広く拡散され自分でも対策ができるようになりました。証拠を撮り、相手側に話し合いをすることで集団ストーカーの被害が終焉します。示談や裁判で損害賠償を請求することも可能です。

Q

集団ストーカーの被害者と仲良くなっても、なぜか相手を嫌いになることが多い

A

被害者同士で分断させられる工作の可能性があります加害側は被害者同士が被害内容を拡散し、仲間を増やし声を大きくされ社会の表舞台に立たれることを最も嫌がります。そのため被害者同士が繋がりをもつと、なるべく早い段階で分断しようとしてきます。

Q

SNSの「アンチ」が巧妙で、自分と同じような被害者を分断する工作をしてきます

A

工作で充分あるでしょう「アンチ」は「自分はこういうことを知っているよ、こういうことを持っているよ」などと仄めかしをすることで反射的にあなたに反感を買わせ、自尊心をくすぐってきます。あなた自身を攻撃させる方向へ立ち回ることが多いです。自分が攻撃するのではなく、被害者に攻撃させて印象を悪くする「印象操作」をしてきます。冷静に状況判断することで加害側の罠にはまらぬように充分気を付けましょう。

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、集団ストーカーの被害内容、集団ストーカーに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop