集団ストーカー関連記事

Group-Stalker

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーの被害相談から始める方へ
公開日: 2020/12/28 最終更新日: 2022/11/25
集団ストーカー関連記事
 公開日: 2020/12/28 最終更新日: 2022/11/25

集団ストーカーの被害相談から始める方へ

集団ストーカーの専門家がサポート!

集団ストーカーとは、複数人の加害者がグループとなり、ターゲットにした相手に監視、つきまといなどの嫌がらせをすることを指します。

四六時中、執拗に嫌がらせ行為が行なわれ、自宅や職場の周辺で待ち伏せしたり、つきまといを繰り返し、時には、根も葉もない嘘や悪口を広める嫌がらせをすることもあります。

⇒ 執筆者 / 監修者ページ  / 2022年11月21日 更新

※犯罪の性質上、未成年者及び現在心神耗弱状態の方は、「保護者の同意」および「親族の立ち合い」をお願いすることもあります。

集団ストーカー専門家への相談について│目次

1- 集団ストーカー被害に遭ったら

集団ストーカー相談先

集団ストーカーは、ちょっとした人間関係のトラブルや近隣トラブルから一方的に恨みを買うことがきっかけとなるケースが多く、また、会社や組織の都合や利権を守るために、ターゲットを陥れる目的で行なわれることもあります。

加えて、増えてきているケースが「宗教への入信勧誘を断った」「新聞の購読などの営業を断った」「別れ話を切り出した」などで、どれにも共通していえることは、ある人物やグループにとって都合の悪い人間を排除しようという目的です。

自宅でも外出先でも気が休まらない

集団ストーカーによる嫌がらせ行為がエスカレートすると、外出先のみならず、自宅に対しても攻撃を仕掛けてくるため、気の休まる場所がなく、精神的に追い詰められ、本当に精神を病んでしまうこともあります。

そのような状況になる前に、「集団ストーカー対策専門窓口」にぜひご相談ください。

2- 集団ストーカーから身を守るために

まずは被害の「記録」から

集団ストーカーの被害に遭遇すると、平常心ではいられないかもしれません。しかし「気にしない」「動じない」ふりをして、被害状況を細かく記録しておくことで、調査を依頼した際の大きな手掛かりとなります。

被害を根絶するまでサポート

当事務所に集団ストーカーの解決を依頼される場合、主犯格の特定や証拠の確保を通して、警察への被害届の提出や、損害賠償請求、場合によっては直接交渉の場に同席するなどのお手伝いをし、アフターフォローを通じて、再発防止までサポートいたします。

3- 集団ストーカーに対する責任追及

集団ストーカーを絶対に許さない

追いついていない法整備

ストーカー規制法や、各都道府県は制定している迷惑防止条例により、集団によるストーカー行為は恋愛感情の有無を問わず処罰の対象になったものの、「集団ストーカー」の手口は、さらに巧妙になった感があり、その被害者も増えているのが現状です。

あらゆる嫌がらせ行為への対処法

集団ストーカー対策の第一歩は「無視」することです。しかしながら、その加害行為を放置することで、加害者の行為がエスカレートすることもあり、危険度が増します。

よって、集団ストーカーの被害を感じた時点で、対処法を考え始める必要があります。

4- 第三者の意見を取り入れる

集団ストーカー被害を受け続けていると周りのすべてが敵に見えるといった精神状態におちいることがあります。

この状態になると『無関係な人』も敵だと思い込んでしまい、余計なトラブルを招いてしまいます。

『被害者をおとしいれる』ことが目的の集団ストーカーにとっては、被害者自身が『全て敵に見える』ことはかえって好都合なのです。

主観で判断せず、第三者の意見を取り入れることが大切です。

集団ストーカー専門家は、被害者に対して『誰が本当の加害者で、どのような事態が集団ストーカーによってもたらされたのか?』といった第三者として適切なアドバイスをすることができます。

孤立を防ぐことができる

集団ストーカー被害は、家族や友人に相談しても『妄想』や『精神病』と扱わてしまい、誰にも理解してもらえないことがあります。

理解者がいないと味方が誰もおらず孤立してしまいます。集団ストーカー専門家は、被害者に寄り添い味方となることで被害者の孤立を防ぎます。

さらに、孤立を防ぐことは精神的不安の軽減につながります。

5- 一人で立ち向かう前に

集団ストーカー被害を解決できず一人で抱え込み、味方がいないなか一人で集団ストーカーに立ち向かうことは、はっきりと申し上げると勝ち目はないに等しいです。

集団ストーカーの恐ろしい点は、数の有利さにあります。人数が多いということは、それだけ実行できる手段の幅が広がるため、より巧妙に嫌がらせをすることが可能です。

もしも一人で集団ストーカーに挑んだ場合、仮に加害者を特定することができたとしても、加害者側が『名誉を傷つけられた』と訴え、ほかの加害者がその証人になることで、一気に不利になります。

集団ストーカー被害を証明するために必要な証拠収集も、被害者がするよりも効率的かつ的確に行なうことが可能です。

集団ストーカーには決して一人で対抗しようとせず、まずは専門家に相談することが大切なのです。

集団ストーカーについて詳しい解決方法や調査のご相談を希望される方へ。

集団ストーカー相談フォーム

集団ストーカー解決の専用相談フォームになります。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop