ホーム > ストーカー関連記事 > ストーカー相談サポート > 集団ストーカー被害者への支援「初めての相談ガイド」
公開日: 2024/01/15
ストーカー関連記事 - ストーカー相談サポート
 公開日: 2024/01/15

集団ストーカー被害者への支援「初めての相談ガイド」

迷いを力に変える、被害者の最初の一歩へのガイド

集団ストーカーの被害に遭い、どこに相談していいのかわからない方へ。

この「初めての相談ガイド」は、被害者が抱える疑問や不安に対応し、信頼のおける専門家への道をしっかりと案内します。

あなたの声を無視することなく、一歩ずつ前に進むための具体的な支援を提供します。

安心して最初の一歩を踏み出しましょう。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2024年1月15日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、クライアントの安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

※犯罪の性質上、未成年者及び現在心神耗弱状態の方は、「保護者の同意」および「親族の立ち合い」をお願いすることもあります。

目次

1- あなたが集団ストーカーの被害者になったら

集団ストーカー相談先

集団ストーカーは、人間関係や近隣トラブルから恨みを買うことが多いきっかけとなります。

また、組織の利益や利権を守るために、特定の個人を陥れることもあります。

最近増えているケースには、「複数人によるつきまとい」「オンライン上での風評被害」「スマートフォンの監視」といったものがあります。

これらの事例に共通するのは、ある人物やグループが自分たちに都合の悪い人間を排除しようとする動機です。

エスカレートする前に

集団ストーカーの攻撃は、外出先だけでなく自宅にまで及ぶことがあります。これにより、心が休まる場所がなくなり、精神的に追い詰められることもあるのです。

そのような困難な状況に陥る前に、「集団ストーカー対策専門窓口」へお気軽にご相談ください。

2- 集団ストーカーから身を守るために

まずは被害の「記録」から

集団ストーカーの被害に遭遇すると、平常心ではいられないかもしれません。

しかし「気にしない」「動じない」ふりをして、被害状況を細かく記録しておくことで、調査を依頼した際の大きな手掛かりとなります。

被害を根絶するまでサポート

当事務所では、集団ストーカーの解決を全力でサポートします。

主犯格の特定や証拠の確保から始め、必要であれば、直接交渉の場にも同席します。

そして、再発防止までを視野に入れたアフターフォローも提供いたします。

3- 信頼できるアドバイスを求める

集団ストーカーの被害に苦しむと、周囲の人々全てが敵に見えるような精神状態に陥ることがあるのです。

このような状態になると、関係のない人物まで敵だと感じ、不必要なトラブルを引き起こしてしまうことがあります。

集団ストーカーの目的は「被害者を追い詰める」ことなので、被害者が『全て敵に見える』状態は、実際にはストーカーにとって都合の良いことなのです。

感情に流されず、冷静に第三者の意見を取り入れることが重要です。

専門家は、被害者に対して『誰が実際の加害者で、どのように集団ストーカーが影響を及ぼしたのか?』といった視点から、公平で適切なアドバイスを提供することができます。

警察に相談する

集団ストーカーの被害に対して警察が『警告』を行うと、被害が落ち着くことがよくあります。

この警告を受けた時点で罰則が科されるわけではないので、加害者が集団ストーカー行為をしていたとしても、無実だったとしても、被害者との接触を避ければ今後の処罰は回避できます。

このため、リスクを冒してまでしつこく続ける加害者はほとんどいないのです。

警告だけで被害が収まる場合があるため、この手段を考慮するのも有効な対策の一つと言えるでしょう。

弁護士に相談する

弁護士に相談する内容としては、「犯罪として成立するのか?」「慰謝料請求することはできるか?」「慰謝料の相場や弁護士に依頼した時の費用は?」などといった相談が可能です。

集団ストーカーに関していえば、依頼事例や相談件数は少ないと思われます。

理由としては、人に危害を加えてくるような「わかりやすい嫌がらせ」ではないため、明確な証拠がないと負けてしまう可能性があるからです。

弁護士に相談するときは、勝てる証拠を揃えてから相談することが理想ですが、今お持ちの証拠で勝てるのか相談することもお勧めします。

探偵に相談する

まずは相談してみよう

集団ストーカーによる嫌がらせをやめさせ、問題を解決するには「証拠収集」が必要です。

しかし、集団ストーカーは複数のメンバーでつきまといなどの行動に出るため、どのくらいの規模、人員で動いているのかわからないと、誤って無関係の人を犯人と名指ししてしまう危険を伴います。

早計な判断は解決までの遠回りになるので、勢いに任せるなど根拠のない行動は慎むようにしましょう。

誰が嫌がらせをしているのか、主犯格の特定や嫌がらせの実態を証明する証拠の収集など、専門的なことは私どもにお任せいただき、ご依頼者は普段どおりに生活してください。

4- 探偵社の選び方

集団ストーカー調査選別の決め手

ここでは、「集団ストーカー調査」で失敗しないために、探偵事務所を選ぶ際に必ずチェックしておくべき3つのポイントをご紹介します。

この3つのポイントが調査に大きく影響するので是非最後までお読みください。

解決へ向けた責任の重み

最近、悪質な嫌がらせや集団ストーカー調査を扱う探偵事務所が増加しています。

しかし、中には判断能力が低下している人に対して強引に調査を進める無責任な探偵社も存在しているのが現実です。

集団ストーカーの調査は非常に複雑で、ケースごとに異なる調査方法が必要です。

被害の状況が変化することもあるため、時には長期的な調査プランの構築が求められることもあります。

「長期保証」の重要性

集団ストーカー問題の解決は簡単なものではありません。

一緒に悩み、考え、答えを見つけるためには1日では到底足りません。

この問題の複雑さが、時間がかかる「リスク」として存在します。

だからこそ、調査や対策を進めるにあたって「長期保証」が不可欠なのです。

確実な解決へと導くためには、専門的な支援と共に、時間と持続的な努力が必要なのが現実です。

無駄な時間と費用を省く

集団ストーカーの調査には、単に「時間」と「費用」を投じるだけで良い結果が得られるわけではありません。

もちろん、投入すれば犯人と遭遇する確率は上がりますが、失敗すると「精神的ダメージ」や「金銭的ダメージ」が大きいのが現実です。

しかし、犯人の動きが読めず、調査に時間をかけるだけの調査は、プロとして適切ではないと言えます。

具体的な解決策は?

それは実にシンプルで、無駄な時間を削減し、結果が得られない日は素早く切り上げ、次回への時間を繰り越す方法です。

集団ストーカーの調査プランでは、1日の料金ではなく、「時間料金システム」の採用が効率的であるといえるでしょう。

まとめ

この文章に挙げられている3つのポイントは、「集団ストーカー」に関するものでありながら、基本的な側面も多く含まれています。

集団ストーカー調査において最も重要なことは、「解決力」です。

解決力は、無料相談の段階でも一定程度は評価できます。

無料相談を活用して、自分自身の「情報をアップデート」することで、情報弱者に陥らないよう努めましょう。

探偵の選び方は情報収集が重要ですが、それ以外の部分では直感に頼ることも多いです。

解決まで一緒に取り組んでくれる探偵事務所を選ぶことが基本となります。

集団ストーカーの問題は1日で解決することは稀で、中長期の対応が求められることが多いです。

そのため、被害者に最後まで寄り添い、責任感をもって解決へと導く能力を持つ事務所を選ぶ必要があります。

会社全体の姿勢もチェックして、信頼できるパートナーを見つけるよう心がけましょう。

集団ストーカーについて詳しい解決方法や調査のご相談を希望される方へ。

集団ストーカー相談フォーム

集団ストーカー解決の専用相談フォームになります。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談