集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > なにが起きてる!?警備員や店員によるつきまとい
公開日: 2021/03/25 最終更新日: 2021/10/07
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/03/25 最終更新日: 2021/10/07

なにが起きてる!?警備員や店員によるつきまとい

集団ストーカーの被害にあったらそう簡単には解決できない!という認識を持たれている方は多くいます。集団ストーカー犯罪に遭うことは、何度も経験することはなく、おそらく初めての経験なはずです。初めてだからこそ、正しい情報収集を行ない自分なりに解決方法を模索することが必要なのです。

こちらでご紹介する記事は、集団ストーカー対策についてご説明していますので参考にしてください。

2021/10/7更新 集団ストーカー調査の記事作成者について

集団ストーカー探偵調査を10年以上の経験者の指導のもと、集団ストーカー相談専門スタッフが書きました。お悩みを打ち明けていただくことが、大きなトラブルへの発展を防ぎ、問題を解決する第一歩になります。

目次│つきまとい相談窓口

買い物中のつきまとい被害事例

警備員や店員によるつきまとい

普段からよく買い物するお店で、警備員や店員さんとよく出くわす機会が増えた程度と思っていました。若いバイト店員と何気に目があった時、すごく睨んで店長に報告した矢先に警備員からつきまとわれたり、いちいちカゴの中身まで見るようになりました。気味が悪く知人に相談したら「万引きがあって警戒するようになったんじゃない」と、あまり気にしないようにと言われました。

確かに気にしすぎかもしれませんが、結構な頻度でつきまとわれるので誰かが不審人物として認識されているはずです。先日は、大型ショッピングモールのイオンですれ違いざまに「万引き犯」と仄めかしされました。振り返ったらニヤニヤ笑っている女性が見ていたりと複数人絡んでいることは間違いありません。

もちろん、万引きをしたことは一度もありません。私の中では「偶然じゃない」とわかるのですが、人に伝えることが難しくてできれば証明していただければ「誰が関与して何を言いふらしたのか」がはっきりすると思うんです。この前までは心が折れて、ネットスーパーに替えて事なきを終えようか思っていましたが、やはり原因を突き止めたい気持ちが大きいです。

専門家のアドバイス

相談者は万引きはしてないでしょう。ですが、警備員や店員の不可解なつきまといは「情報操作」をされたか、組織的な嫌がらせの要素があります。店員に睨まれることや、お客さんから「万引き犯」と言われる時点で「集団ストーカー」の一種の嫌がらせの可能性を疑っています。

対策として、万引きしてないのであれば堂々と買い物してください。そわそわしたり、きょろきょろしたりすれば、どんどん怪しくなり「不審者」扱いされかねません。このようなケースは、「視点誘導」してつきまといを行なっているか確認する方法があります。「不当なつきまとい」として証明することは可能です。

どうしても気になって落ち着いて買い物ができない方は、しばらくネットスーパーを利用するのも対策の1つです。あと、警備員が本物の警備員かどうかも疑いがあります。1人のお客に対してしつこくつきまといをするため「コスプレ」をしながら紛れこんでいるケースもあります。店員に聞き込み調査で睨んだ理由を確認し、だれが情報操作をしているか突き止めることも可能です。

一種のガスライディングですので「気にしない」のが一番の対策ですが、しつこいつきまといにはバレない範囲で証拠収集するのも良いでしょう。もし、不安であれば対策専門窓口にご相談いただければサポートいたします。

行動監視を行う人間の心理

自分自身に満足していない

他人の行動を監視しようとする人には、自分自身に満足していない気持ちが強くあります。自分自身にコンプレックスを抱えているので、人のことばかり気になってしまいます。自分がいない場所で何かいいことがあるかもしれない、誰かが得をするかもしれないという考えが強く他人を監視してしまいます。自分に満足していない人ほど、他人のことが気になり監視したくてたまらなくなります。

相手を自分より下に見ている

他人を監視したがる人には、相手を自分よりも下に見る心理が働いているケースもあります。そのため自分の監視下に置きたくなってしまうのでしょう。格下だと思う相手には何かと口出しをしたくなります。相手のことを考えて、目をかけている気持ちもあります。自分のほうが上の立場にあるのだから、相手の全てを把握しておくのは当然だと考えてしまいます。

全てをコントロールしたいと考えている

他人の行動を監視したがる人には、ある種の「傲慢さ」があります。相手の全てをコントロールしたいと考えているので、他人の動向を把握しておきたいのです。そのため、ターゲットに対して無関心でいることができません。自分が知らないうちに、いろいろな物ごとが思ってもいないような方向へ進んでいくのが許せないのです。

また、こうなってほしいという勝手なビジョンが自分の頭の中にあり、それを実現しようという気持ちがあるので、誰かが勝手な行動をとろうとすると阻止しなければならないと考えているのです。全てを把握したいという気持ちがある人には、他人の行動を監視したがる傾向があります。

行動監視をする人には、勝手な傲慢さや自分の弱さををフォローするような心理が多く見られます。上記に該当するような人物が自分の近くにいたら、接し方を考え事前に対応することが大切です。

集団ストーカー被害について詳しく解説

集団ストーカーに巻き込まれていませんか?

集団ストーカーの特徴は、ターゲットにされた人が受けた被害が、それぞれ全く異なっている点です。電磁波を利用した攻撃を受けて身体的な被害を被った人もいれば、音波攻撃やつきまといなど複合的な手段を用いた嫌がらせをされた人もいるといった感じです。

集団ストーカーはずる賢く、被害者どおしの情報共有を妨害するなど、それぞれを孤立させて協力し合えないようにしながらターゲットにした相手を徹底的にプロファイリングし、どのような嫌がらせをするのが1番のトラウマになるかを調査・分析しています。

下記の事例は集団ストーカーの被害に遭った方々の声をまとめたものです。似たようなことが身の周りに起きていたら、集団ストーカーに巻き込まれている可能性を考えなければなりません。

  • 商業施設に入ると音楽が変わり、数人の警備員につきまとわれた。
  • 自宅前で大声をあげる男性がいる。
  • 動物の死骸を玄関先に置かれたり、監視カメラを壊されたりした。
  • 団地に住んでいいるが、まるで睡眠妨害をしているかのように、夜になると上下左右の部屋の騒音がうるさくて眠れない。
  • 歩道を立ち塞ぐように歩く集団に頻繁に遭遇したり、アンカリング(※1)のような言葉を囁かれたりする。
  • 家の真上でヘリコプターが低空飛行しているかのような重圧音が24時間続き、頭痛が治まらない。
  • 通勤途中や旅行先にまで後をつけてくるグループがいて、気がつくと駅の構内やサービスエリアでスマートフォンを使って盗撮している。

※1:アンカリング(認知の歪み):心理学やマーケティング分野で用いられる概念を悪用し、相手の思考を操作しようとする手法。監視していることや「お前を狙っている」という恐怖心を意識させる。

これらは被害事例のごく一部に過ぎませんが、集団ストーカーは一般の生活や習慣に紛れて嫌がらせ行為をしています。

例えば、配電施設の近くに住んでいるターゲットには電磁波を使って身体に影響や被害を与えようとしたりしますが、警察署の近くに住んでいたりすると、見た目が大柄で屈強そう、強面など「目立つ外見」の人が待ち伏せするような事例は極端に少なくなるなど、ターゲットにした相手の生活環境によって嫌がらせの手口を変える傾向があります。

集団ストーカーを早期に解決するには

実行犯の割り出しから

集団ストーカーに加わっているメンバーは、身元がバレるのを何よりも恐れます。そのため、誰が嫌がらせに加担しているのかをターゲットや世間に知られないように、数ヵ月ごとにメンバーを入れ替えたり、他の地域へ派遣させたりする集団もいます。

集団ストーカーは、徒党を組まなければ何もできない小心者たちの集まりと言っても過言ではありませんが、しかし、集団になったとき、組織的に動く彼らの結束力や団結力を甘く見てはいけません。

プロファイリングされている被害者

彼らはターゲットにした相手の家族構成や家庭環境、交友関係、職場環境などを徹底的に調べあげ、どのような嫌がらせをするのが最も効果的でダメージが大きいかを計算しています。他の人ならほとんど気にならないようなことでも、ターゲットが不快に感じたり苦手にしたりしていることを執拗に繰り返して精神的な苦痛を与えようとします。

そのような集団ストーカーに1人で立ち向かおうとするのは無謀であり、危険でもあります。つきまといやストーカー行為をやめさせようとして躍起になればなるほど、嫌がらせはエスカレートしかねません。多勢に無勢では太刀打ちできない場合がほとんどなので、私ども「対策専門窓口」をお頼りください。

集団に対抗する方法

ストーカー行為や嫌がらせをやめさせる第一歩として、対策専門窓口では、ストーカー集団を束ねている主犯格もしくは実行犯を割り出し、身元を特定します。そのうえで、警察に被害届を出す、精神的苦痛を被ったとして損害賠償請求をする、訴訟を起こすなどの措置をとることもできますが、いずれの場合でも被害の実態を証明する証拠が必用になります。

証拠の収集および警察署や裁判所に提出する書類の作成も私ども対策専門窓口がお手伝いします。1人で悩んだり、集団ストーカーに立ち向かおうとしたりせず、まずは私たちに話を聞かせてください。大切なのは集団ストーカーや嫌がらせをやめさせるだけでなく、二度とさせないことです。私どもと一緒に集団ストーカー問題を解決していきましょう。

5つの安心保障

以下の関連記事に答えがあるかもしれません!

自分にあった集団ストーカー対策探し

このページでは、集団ストーカー対策について調査・分析に関するより詳細な情報をご提供します。今後、随時レポートを更新し、集団ストーカー対策の最新情報をお届けしますので、ぜひご覧ください。

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、集団ストーカー被害の状況、集団ストーカー対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop