集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 店員や警備員によるつきまとい被害対策-集団ストーカー相談事例
公開日: 2022/09/30
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2022/09/30

店員や警備員によるつきまとい被害対策-集団ストーカー相談事例

警備員や店員もストーカーに加担?

集団ストーカーの被害にあったらそう簡単には解決できない!という認識を持たれている方は多くいます。

集団ストーカー犯罪に遭うことは、何度も経験することはなく、おそらく初めての経験なはずです。初めてだからこそ、正しい情報収集を行ない自分なりに解決方法を模索することが必要なのです。

こちらでご紹介する記事は、店内や警備員によるつきまとい被害対策についてご説明していますので参考にしてください。

専門家
集団ストーカー調査
2022年9月30日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、集団ストーカーでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

目次

買い物中のつきまとい被害の相談事例

女性
ご依頼者様: 40代/女性 個人事業主
ご依頼内容: 集団ストーカー調査
ご依頼理由:

普段からよく買い物するお店で、警備員や店員さんとよく出くわす機会が増えた程度と思っていました。

若いバイト店員と何気に目があったとき、すごく睨んで店長に報告した矢先に警備員からつきまとわれたり、いちいちカゴの中身まで見るようになりました。

気味が悪く知人に相談したら「万引きがあって警戒するようになったんじゃない」と、あまり気にしないようにと言われました。

確かに気にしすぎかもしれませんが、結構な頻度でつきまとわれるので誰かが不審人物として認識されているはずです。

先日は、大型ショッピングモールのイオンですれ違いざまに「万引き犯」と仄めかしされました。振り返ったらニヤニヤ笑っている女性が見ていたりと複数人絡んでいることは間違いありません。

もちろん、万引きをしたことは一度もありません。私のなかでは「偶然じゃない」とわかるのですが、人に伝えることが難しくてできれば証明していただければ「誰が関与して何を言いふらしたのか」がはっきりすると思うんです。

この前までは心が折れて、ネットスーパーに替えて事なきを終えようか思っていましたが、やはり原因を突き止めたい気持ちが大きいです。

専門家のアドバイス:

相談者は万引きはしてないでしょう。ですが、警備員や店員の不可解なつきまといは「情報操作」をされたか、組織的な嫌がらせの要素があります。

店員に睨まれることや、お客さんから「万引き犯」と言われる時点で「集団ストーカー」の一種の嫌がらせの可能性を疑っています。

対策として、万引きしてないのであれば堂々と買い物してください。そわそわしたり、きょろきょろしたりすれば、どんどん怪しくなり「不審者」扱いされかねません。

このようなケースは「視点誘導」によって、つきまといがいるか確認することができ、「迷惑防止条例」として被害証明することが可能です。

どうしても気になって落ち着いて買い物ができない方は、しばらくネットスーパーを利用するのも対策の1つです。

あと、警備員が本物の警備員かどうかも疑いがあります。1人のお客に対してしつこくつきまといをするため「コスプレ」をしながら紛れこんでいるケースもあります。

店員に聞き込み調査で睨んだ理由を確認し、だれが情報操作をしているか突き止めることも可能です。

一種のガスライディングですので「気にしない」のが一番の対策ですが、しつこいつきまといにはバレない範囲で証拠収集するのも良いでしょう。もし、不安であれば対策専門窓口にご相談いただければサポートいたします。

つきまとう「洗脳攻撃」被害の相談事例

女性
ご依頼者様: 50代/女性 
ご依頼内容: 集団ストーカー調査
ご依頼理由:

自分の身に起こっている出来事が集団ストーカーなのではと意識してから3ヶ月くらいが経ったので、意を決して調査を依頼することを決めました。

外出する度に、黒いスーツや黒いパーカーを着た男女の姿が目立つようになりました。仕事での打ち合わせの時や、買い物、友人との外出の際にも、とにかく『黒色』の何かを纏った連中があちこちにいるのです。

最近では、黒が嫌いであることがわかったのか、家の前に黒色の軽自動車が停車したり、黒いワゴン車がたびたび周辺に路駐するようになってきました。

警察に相談しても、「考えすぎ」といわれまともに取り合ってくれないので、以前一度、勇気を出して彼らの一人に声をかけてみたのです。

でもそのときの男性の、無表情にこちらを見つめる目があまりに気持ち悪くて、もう外出するのさえ嫌になってきています。

黒色は不吉なものを連想させますよね?喪服とか、霊柩車とか…。これは私に何かの暗示をしているのでしょうか?

私がここまでやってきた事に対して、誰かが恨みを持ってこのような行為に走っているのでしょうか?真相の究明に、お力添えをお願いします。

専門家のアドバイス:

1990年代~2000年代初頭にかけて、『カラーギャング』と呼ばれた集団が日本に存在していた事を覚えている方も多いのではないでしょうか。

チームカラーとして服装やアクセサリーをある一色に統一させる事で、自身のグループを誇示していたりしていた集団のことを指します。

現在ではその流行も過ぎ去ったようですっかりなりを潜めているようですが、集団ストーカーにおいても、『被害者にしか認知できないある統一された身なりや仕草』をあえて被害者に見せつけることで、『お前はいつも狙われているぞ』『どこへ行っても俺たちからは逃げられないぞ』等といった恐怖心を植え付ける行為が見られます。

この行為は『アンカリング』と呼ばれています。この嫌がらせは「洗脳攻撃」といわれ、「集団VS一人」であることを認知させる目的で行なわれます。

この嫌がらせは正直「無視」が一番得策といえます。感情的になったら相手の思うツボで、自ら洗脳攻撃にはまってしまいます。

調査も可能ですが根気が必要となり、「継続したつきまとい」「同一人物」「故意に行なっている」などの証明をしなくてはなりません。

時間や費用がかかる調査にはなりますが、我慢の限界であれば専門家を利用してください。くれぐれも反撃にでて不利になるようなことだけは避けてください。

集団ストーカーは逮捕できる?

集団ストーカーを罰することはできるのか

ストーカーには「つきまといをする人」という意味があります。

平成12年に桶川ストーカー殺人事件がきっかけとなり「ストーカー規制法」が成立たことにより、それ以前では警察に対処できなかったストーカー行為を取り締まることができるようになりました。

また、罰則の強化や非親告罪化などを盛り込んだ改正法が平成29年に施行されています。

改正前の法律では親告罪でしたが、改正により非親告罪となり被害者が訴えなくても警察が事件を捜査し、検察が控訴提起できるようになりました。

ただ、ストーカー行為に該当すると認められても、すぐに逮捕されることはほとんどありません。

通常はその前に警察が加害者に警告を行ない、加害者がそれに従わなかった場合は逮捕されます。

集団ストーカーを罰することはできる?

通常のストーカーは単独で行なわれますが、不特定多数の人物がひとりに対して行なう嫌がらせでは、どのようなときにストーカー行為として扱われるのか?

例えば、ひとりのターゲットに対して、複数人が共謀し自宅や職場などそれぞれ担当する場所を分けて監視する行為や、「いつも見ている」などとSNSやネット掲示板を通じて告げる行為も同法の規制対象となり、逮捕される可能性があります。

また、ターゲットを誹謗中傷する内容をネット上に書くことも対象になりますので、加害者同士がお互いに面識がない場合でも同様に罰せられる可能性があります。

ただし、これらの行為は複数回にわたり行なわれて、初めてストーカー行為として認められるため、一度では対象となりません。

ストーカー行為で逮捕された場合

逮捕され起訴された場合、有罪が決定されれば前科が付きます。同法では懲役刑が規定されているため刑務所での懲役を科せられる可能性があります。

初犯、或いは犯罪の内容が軽度とみなされれば、執行猶予や刑期が最大になることはほぼありません。

しかし、ストーカー行為によって被害者がうつ病を患ってしまった場合においては、傷害罪が適用されるという可能性が考えられ、ストーカー行為の他にそのような罪状が加わると、刑罰が重くなる可能性は高くなります。

刑法では併合罪加重といって、2つ以上の罪を犯したときはそのなかでもっとも重い法定刑の1.5倍の量刑が科されるため、ストーカー規制法自体の刑期は短くても、その他にも罪が適用された場合は、より重い量刑が言い渡される可能性があるのです。

過去に起きた集団ストーカー関連事件

オリンパス敗訴により明るみになった、女弁護士の集団ストーカーを使った手口(2011年9月11日)


精密機械大手のオリンパス(東京都新宿区)の社員Hさんが、上司の非合法行為を内部通報したために配置転換されたと訴えた裁判で8月31日、東京高裁がオリンパス社の配置転換を無効とし、同社の行為は違法として220万円の損害賠償を命じた。


今回、敗訴となったオリンパス社を弁護した「森・濱田松本法律事務所」(東京都丸の内)は、日本の「四大法律事務所」のひとつと称されるほどの大手である。担当をしたT谷というベテラン女性弁護士は、労働法のエキスパートとしてメディアにも登場した経歴を持つ。ところが、このT谷弁護士がかねてから産業医とグルになり、陰湿な手口で社員を社会的に抹殺してきた疑いがあるという。

出展:日刊サイゾー(リンク)

集団ストーカーは一般市民が行なう嫌がらせだけでなく、こうした大手企業が悪徳行為に手を染め利益を得るために行なわれる場合もあります。

真実を知らなければ何も変わらない

集団ストーカーを早期に解決するには

実行犯の割り出しから

集団ストーカーに加わっているメンバーは、身元がバレるのを何よりも恐れます。

そのため、誰が嫌がらせに加担しているのかをターゲットや世間に知られないように、数ヵ月ごとにメンバーを入れ替えたり、他の地域へ派遣させたりする集団もいます。

集団ストーカーは、徒党を組まなければ何もできない小心者たちの集まりと言っても過言ではありません。

しかし、集団になったとき、組織的に動く彼らの結束力や団結力を甘く見てはいけません。

プロファイリングされている被害者

彼らはターゲットにした相手の家族構成や家庭環境、交友関係、職場環境などを徹底的に調べあげ、どのような嫌がらせをするのが最も効果的でダメージが大きいかを計算しています。

他の人ならほとんど気にならないようなことでも、ターゲットが不快に感じたり苦手にしたりしていることを執拗に繰り返して精神的な苦痛を与えようとします。

そのような集団ストーカーに1人で立ち向かおうとするのは無謀であり、危険でもあります。

つきまといやストーカー行為をやめさせようとして躍起になればなるほど、嫌がらせはエスカレートしかねません。

多勢に無勢では太刀打ちできない場合がほとんどなので、私ども「対策専門窓口」をお頼りください。

集団に対抗する方法

ストーカー行為や嫌がらせをやめさせる第一歩として、対策専門窓口では、ストーカー集団を束ねている主犯格もしくは実行犯を割り出し、身元を特定します。

そのうえで、警察に被害届を出す、精神的苦痛を被ったとして損害賠償請求をする、訴訟を起こすなどの措置をとることもできますが、いずれの場合でも被害の実態を証明する証拠が必用になります。

証拠の収集および警察署や裁判所に提出する書類の作成も私ども対策専門窓口がお手伝いします。

1人で悩んだり、集団ストーカーに立ち向かおうとしたりせず、まずは私たちに話を聞かせてください。

大切なのは集団ストーカーや嫌がらせをやめさせるだけでなく、二度とさせないことです。私どもと一緒に集団ストーカー問題を解決していきましょう。

集団ストーカー調査項目の事例

  • おとり調査
  • 張り込み調査
  • 聞き込み調査
  • 尾行調査
  • 風評調査
  • 証拠収集調査
  • 実態調査
  • 盗聴・盗撮調査
  • ハッキング調査
  • オンライン調査
  • 加害者の特定調査
  • 加害者の身辺情報の収集
  • 潜入調査
  • 各種測定調査
5つの安心保障

集団ストーカー調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。

しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え困難と思える問題でも、必ず解決の道はあります。

最短で当日の面談が可能です

事務所にお越しになることができない方の為に、集団ストーカー調査の専門家が無料にてご自宅またはご指定の場所へ伺います。各エリアの出張相談は、全て予約制です。

また、他社で断られた案件についても対応いたしますので、まずは無料相談をご利用ください。

集団ストーカー調査に関するご相談・お見積もり・面談予約は、お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間(土日・祝日問わず)お受けしています。

被害の状況によっては、無料相談で解決する問題もあります。緊急性の高い方は、フリーダイヤルをご利用ください。集団ストーカー調査の担当者が対応いたします。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop