ホーム > 探偵コラム > 中国籍の男による24歳女性ストーカー殺人事件を探偵目線で解説
公開日: 2023/12/11
探偵コラム
 公開日: 2023/12/11

中国籍の男による24歳女性ストーカー殺人事件を探偵目線で解説

2023年11月29日、東京都世田谷区のマンション敷地内で24歳の女性が刃物で殺害される事件が発生しました。

容疑者である中国籍の男は女性の元交際相手で、口論の末に刃物で女性を刺したと見られています。

また、事件以前には女性が容疑者からのストーカー被害を警察に相談していたことも明らかになっています。

近年、日本では外国人の在留が増加していますが、異なる生活習慣が事件・トラブルの引き金になることも十分考えられるでしょう。

今回はこの世田谷区24歳女性ストーカー殺人事件を探偵目線で解説し、今後増加の可能性がある外国人によるトラブルに探偵がどう対処するのかもご紹介します。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2023年12月11日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、クライアントの安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

目次

1-当該事件の概要

東京都世田谷区で女性(24)が刺され死亡した事件で、殺人未遂容疑で逮捕された中国籍の職業不詳王雷容疑者(29)に対し、警視庁が過去2回、ストーカー行為をやめるよう警告していたことが29日、同庁への取材で分かった。

同庁人身安全対策本部は、対応が適正だったかなど、詳しい経緯を調べている。

同本部によると、死亡した職業不詳小島七海さんは2022年12月、王容疑者と交際を始めたが、今年7月に「彼氏と別れたい」と同庁に相談した。

8月には「部屋で暴力を受けた」と連絡があり、同庁は2度にわたり王容疑者に口頭で警告。以降は毎月、小島さんと連絡を取り、安全の確認をしていたという。

(引用:相談受け、過去にストーカー警告 24歳女性殺害、逮捕の中国人―警視庁:時事ドットコム

2-増え続ける在留外国人

3人の外国人技能実習生

外国人技能実習制度といった法律や、インバウンド事業など海外向けの経済施策の効果で、日本に訪れる外国人は年々増加傾向です。

しかし、それはこれまで日本では起き得なかったようなトラブルが発生する可能性が高まっていることも意味しています。

まずは外国人に関する日本の現状を把握しておきましょう。

在留外国人数は過去最多に

2022年末の集計では、在留外国人数は3,075,213人と過去最多を記録しています。

その内、永住者は863,936人とこちらも年々最多を更新しています。

滞在期間を問わず、日本に訪れる外国人はどんどん増えているのが現状です。

日本で最も多い外国人は中国人

国籍別だと、最も多いのは中国人で761,563人です。

中国はそもそも世界トップクラスで人口の多い国であり、位置関係としても日本にほど近いため訪れやすいという実情があります。

韓国も隣国であるために、同様に訪れやすい国として人気が高いです。

また、ベトナムやフィリピンからは技能実習生を数多く受け入れているため、人数も多くなっています。

さらに、20世紀初頭に日本からブラジルに移住した人の子孫が出稼ぎに戻ってくることもあり、日系ブラジル人の定住者も多いです。

その他の要素としては、有名自動車メーカーの工場がある地域には外国人労働者が多くなる傾向にあります。

世界に数多くある国の分だけ、日本にやってくる理由も多種多様になっていきます。

3-対策が求められる外国人の犯罪・迷惑行為

白人男性に銃を向けるフードを被った男

日本にいる外国人の数が増えるほど、高まるのが外国人による犯罪や迷惑行為のリスクです。

国ごとに性格の傾向や文化が異なるため、それが衝突の引き金になるケースも少なくありません。

窃盗は減少も傷害・暴行・強制わいせつは増加

法務省の2021年度の統計によると、外国人の犯罪において窃盗や文書偽造は減少傾向ですが、傷害・暴行や強制わいせつの件数は増加の流れにあります。

強制わいせつについては平成29年に被害者の性別を問わないと改正されたことも件数増加の一因ではありますが、認知されていない隠された被害はまだまだ多いといえます。

また、闇バイトの増加に関係してか強盗の件数も増加に転じる気配を感じます。

外国人の中には、日本人に比べて気性が荒い性格の人の割合も多いため、対人トラブルの増加が懸念されるでしょう。

犯罪に至らない生活トラブルも増加

外国人の来日数・居住者数が増えたことにより、日本人と外国人の生活習慣の違いによるトラブルが発生する可能性が高まります。

懸念される外国人とのトラブル例

  • 騒音
  • 声掛け
  • 恋愛関係のもつれ
  • 賃貸住宅の使用マナー違反
  • 宗教観の違いによるトラブル
  • など

日本人は規律を守る気質が強いですが、外国人の中には規律よりも自主性を重んじる人もいるため、こうした価値観の違いがトラブルの引き金になり得ます。

また性格も日本人より積極的な人も多い傾向にあり、外国人男性と日本人女性による男女間トラブルも起きやすいといえるでしょう。

今回の世田谷区での中国籍の男による殺人事件も、元々被害者の女性と加害者は恋愛関係にあったとされています。

外国人は日本人以上に恋愛に対して積極的な部分があるため、別れ話になっても簡単に引き下がらずに寄りを戻すチャンスを探る人もいます。

そうした気質がストーカー行為に発展してしまうことも考えられるでしょう。

国外に逃げる選択肢がある

もし外国人とのトラブルがこじれたとしても、外国人は最後の手段として「国外に逃げる」という選択肢が存在します。

日本は島国で他国と陸続きではないため、容易に国外に出ることができません。

そのため、一度国外に出てしまえば追いかけるのは一気に難しくなります

また、国際指名手配されない限りは日本での犯罪歴が海外に影響することはありません。

しかも事件が発覚する前なら、出国も問題なくできてしまいます。

さらに公用語が同じ国があれば、逃げ先となる国の選択肢も増えることに。

普通であれば、犯罪やトラブルを起こした外国人を追いかけるのは難しいです。

このような場合は、探偵など調査の専門機関に依頼することをおすすめします。

4-探偵による日本在住の外国人調査

ハットとトレンチコートを身に着ける男性

日本在住の外国人調査は、海外に強い専門知識を持つ探偵によって、より効果的に行わうことが可能です。

当探偵事務所の探偵は、国際的な文化や言語の違いを理解し、異なる法律や社会的背景にも精通しています。

外国人の生活様式、コミュニケーションの特性、地域社会での行動パターンを把握することで、調査の精度を高めることができます。

また、国際的なネットワークを活用し、日本国内だけでなく、必要に応じて海外の情報も収集する能力を持っています。

日本在住の外国人に関する調査を依頼する際は、このような経験豊富で多文化に対応できる探偵のサービスを利用することをお勧めします。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談