集団ストーカー解決事例

Group-Stalker case

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカー解決事例 > 職場の同僚や上司がグルになって嫌がらせに遭っている
公開日: 2021/05/07
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー解決事例
 公開日: 2021/05/07

職場の同僚や上司がグルになって嫌がらせに遭っている

新しい職場で働き始めて周囲となじめず孤立したり、新入社員時から「この職場合わないな」と思うことがあります。色々な嫌がらせを行う人物の特徴や嫌がらせをされる方の特徴というのも分析されており他サイトで探せばでてきますが、一般論はここでは他に譲ります。

また嫌がらせをする側に寄り添い両親や家族関係からの心の欠損により嫌がらせをするという一見真実そうな話に聞こえますが、では家族の人間関係に恵まれていなくても嫌がらせをしない人はどうなるのかといった問題に答えられないような心理学もここでは敷衍しません。あくまでも現実直視よりの分析を試みたいと思います。

目次|会社での嫌がらせ被害について解説

職場の同僚からの嫌がらせ

自分だけ嫌がらせに遭う

新入社員でも転職組でも一度入った会社には忠誠を尽くし、奉仕しないといけないというのが日本という企業文化の基本といえるでしょう。つまり企業風土的に言って横並びもできない人はいらないという論理になります。そうであれば、横並びで自分たちと性格や嗜好が合わないと思われた人にたいして周囲からの言動が強いのはあるかもしれません。

面接突破して入社したとはいえ、面接にたいするマニュアル化が現代では横行しているので一律企業風土に合う人をチェックしているものの、実際には違うと入ってから思うかもしれません。しかし、自分はこの会社に馴染めないと思っても当然です。

生きるうえで仕方なく加担する場合も

生きるためにお金が必要でお金を稼ぐためにはどこかに所属して働かないといけない。そのためには自分を企業に合わせないといけない、そのような仕組みに社会が成立しているのです。実際には本音と建て前を使い分けている人たちが集まっているため実際に働く人たち同士が折り合いが合わないと思うのは至極当然のことでしょう。

自分だけが嫌がらせに遭うというのも「この人に嫌がらせしても自分は安全だ」と相手に思わなければ充分成しえない野望になります。つまり加害側が自らの安全確認をして大丈夫だと思うのであるからこそ、嫌がらせというのは行われるのでしょう。

中立の立場の人を探す

大多数の同僚から嫌がらせを受けていると思っていても自分の話を聞いてくれそうな中立の立場の人がいると思ってください。但し、中立の立場の人は嫌がらせをおこなっている人にもそこそこな付き合いをしますし、嫌がらせを受けている側にもそこそこな付き合いをします。

組織関与や何かの意図がある嫌がらせでなければ、中立の立場の人に相談すればまた違った展開になったり、他の第三者的立場の人たちが間に入って収めてくれる場合もあります。

ただ期待しても改善されないことがありますから、嫌がらせをしてくる人たちが何を理由で嫌がらせをするのか原因に耳を傾ける必要もあります。自分が小さいミスを何度もするのであればそれを直していった結果、嫌がらせがなくなったのであれば問題は解決します。やっかいなのは理由なき嫌がらせというものです。

職場の上司からの嫌がらせ

上司からの嫌がらせとは

現代ではパワーハラスメントは社会の弊害として一時期よりも減少傾向にあるかもしれません。パワーハラスメントは一般的に権力がある側が従う側を一方的に言葉などの暴力を使い虐げることを意味しています。

最近では言動の暴力だけでなく飲食などにつきあわせて、個人の自由な時間を奪うこともパワーハラスメントのひとつと定義されるようになりました。一昔前では人間関係を築くために、また楽しいひと時を皆で過ごすというポジティブな意味あいでの合同飲み会が時が過ぎると極めて面倒なものという個人主義の時代に代わってきたというのもまた真実です。

ほかに、上司からの嫌がらせの原因はたとえば学歴がひとりだけ違うというのもあります。特に男性の場合に周囲が高卒で自分だけが大学院出身というのもあるかもしれません。

立場が上だからこそできる嫌がらせ

一昔前と違って現代での嫌がらせは暴力的な言動は少なくなりました。昨今の上司からの嫌がらせというのは、たとえば部下が周囲から嫌がらせにあっているという報告を真に受けとめて解決せずうやむやになってしまうかもしれません。

立場が上であるからこそ、第三者として聞くことができるのに、何らかの組織が介入している場合には、加害側に加担したりすることがあります。

もしくは組織介入していないただの嫌がらせであったとしても嫌がらせをしている人たちが嫌がらせをされている人たちよりも仕事ができたり重要な役割をしている場合、どうしても意見が通るのは嫌がらせをしている方になってしまうことは否めないでしょう。

相性そのものの問題もあるかもしれません。

職場の同僚と上司からの嫌がらせ

グルになってひとりをターゲットにしてくる

職場の上司と同僚がどうも通じ合っていると感じられる場合、その感は間違っていないかもしれません。嫌がらせの原因が自分のミスなら直すしかありませんが、自分のミスではなく一方的な嫌がらせの場合自分とは関係ないところで嫌がらせの原因が進行しているかもしれません。その場合は何が原因か分析してみましょう。

次の項目の「職場の嫌がらせは組織が関与している可能性はあり?」の組織関与の見分け方で、自分の身に起こっている嫌がらせの原因を分析しましょう。自分で嫌がらせの対策としてすることは、嫌がらせの根本原因を失くすことですが、自分ではどうしようもない理由の場合、変えられないのであれば会社を変える必要もあるかもしれません。

嫌がらせの原因が理不尽であれば上司に「嫌がらせがひどいので会社に出勤することができません」と明白に伝えて休むことです。上司が拒んでも実際の事情なので最後まで貫くことが重要ですし、電話口での会話を録音しておくなどもお勧めします。

嫌がらせを共有して連帯感を高める

同じことをすることでたとえ悪事であっても連帯感を高めようとするのが集団ストーカーですが、集団ストーカーの特徴はどんなに上司に報告しても一向に改善されないのが今までの流れでした。もし集団ストーカーでなければある程度改善されたり第三者の立場の人が間に入ってくれることがあります。

嫌がらせの相手の心理としては「この人に皆で嫌がらせをしても何も言わないからおとなしいから大丈夫だろう」などと思わせる隙を与えてしまうことが原因かもしれません。心当たりがあれば、逆の自分を周囲に表現して、もう少し自分のことを主張してみるなどの強さが必要です。

言わなくても分かるというのは誠実な人間関係の中にあるのであって、それが通用しない相手にはきちんと自己表現しなければ相手には何も伝わりません。相手に嫌がらせを考える隙を与えてはいけないのです。しかしどうしても嫌がらせを行ってくる相手については以下をご覧ください。

職場の嫌がらせは組織が関与している可能性はあり?

組織関与の見分け方

職場の嫌がらせが組織関与をしているかどうか見分け方があります。それは、上司に相談したり話が分かりそうな同僚に相談しても何も解決しないばかりではなく、むしろ敵対しているように見受けられる場合です。嫌がらせにあっている事実を少しも解決するばかりではなく会社で隠蔽しようとするのは何かあるかもしれません。

仮に社内で嫌がらせがあったとしても上司に心があれば何らかの解決策や嫌がらせの人たちのチームから違うチームへ移動してくれたり部屋を変えてくれたり動きが何かしらあるはずです。しかし、嫌がらせに組織が絡んでいるかどうかもっと分かりやすい目安をご紹介しましょう。

帰宅時や自宅で何か今までとは違う動きや近所の人たちがいつもと違うと感じる場合、組織犯罪の集団ストーカーが絡んでいる可能性は大きいです。組織犯罪の集団ストーカーは利権やビジネスが絡んでいるために予算の都合上、ターゲットの人によっては会社での嫌がらせのみにとどまっている可能性もあります。

職場の嫌がらせが組織関与の気がする場合

もし、職場以外でも不振な動きが周囲にあるように感じる、もしくは職場内のみの嫌がらせに限定されているものの職場内や関係各所で理解がなく嫌がらせそのものの継続性が見込まれる状況にあるとあなたが感じるのであれば次の行動をとってみてください。警察は事件が起きてからでなければ動いてくれません。その場合、原因を調査する実績のある探偵事務所へご連絡ください。

原因を調査してから会社を辞めてからのほうが圧倒的に有利だからです。会社を退社したくない場合は、あなたが遭遇している嫌がらせの主犯者が今まで他の人にも同じように嫌がらせをしていなかったどうか周囲にヒアリングしてみてください。常習犯である場合、気にする必要はありません。

また誰でもできそうな仕事内容で通常よりも高く給料が設定されている場合、原因は人間関係料としてお給料が高く設定されている可能性もあります。

会社が嫌がらせを見て見ぬふりをする理由

会社に訴えたのに解決に至らない

嫌がらせは時代とともに手口が変わっていき、一昔前の分かりやすい嫌がらせとは質が異なります。しかし、解決ができない問題ではありません。スマートフォンを利用して嫌がらせのような嫌味を書いてくる場合はそれを証拠として持っておきましょう。

LINEのグループで中に入れないなど、些細な無視を受けたり、自分だけが仕事に必要な情報を知らなかったというのも昨今では形を変えた嫌がらせになります。信頼できる上司がいれば相談することも可能ですが、嫌がらせの組織犯罪が関与していると何故か周囲に相談できるような相手がいそうもない、という特徴があります。

この特徴はビジネスで集団ストーカーをしている場合には顕著のため今自分が置かれている状況がどのようなものであるのかをよく見極めることが必要なのです。

会社が嫌がらせに期待している?

会社が人員削減のために集団ストーカーを利用して必要な人数分退社させるために自己都合退社をさせようと動く場合もあります。自己都合退社であれば会社の責任ではなくなるからです。

そのため会社が組織犯罪にお金を支払って嫌がらせ工作をすることも少なくはないのです。どうしても嫌がらせ工作の原因を突き止めたい、もし会社が人員削減のためにどうも自分を選んだのではないかと心当たりがあり自己都合することに抵抗があれば私たちに一度ご連絡ください。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop