探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 職場での嫌がらせ「大人のいじめ相談窓口」
公開日: 2018/12/08 最終更新日: 2019/11/08
探偵ニュース
 公開日: 2018/12/08 最終更新日: 2019/11/08

職場での嫌がらせ「大人のいじめ相談窓口」

執拗な嫌がらせのなかで立証しにくいのが「いじめ」で、子供のいじめよりタチが悪い「大人のいじめ」についてご説明します。時には同僚だったり、同僚と見せかけて「いじめ」を行う第三者も存在します。執拗ないじめはどんな状況で起きているのか見てみましょう。

いじめが無料で相談できる窓口

いじめができる最適な場所

職場のいじめについて

職場のいじめは「セクハラ「パワハラ」「モラハラ」が多いと思います。被害者によっては転職するたびに似たような、いじめが起こると事例もあり、転職先の情報を加害者同士が共有してると言われています。このようないじめを「リストラストーカー」「モビング」と呼ばれ、職場の人間が団結して被害者を退職に追い込むように仕向ける嫌がらせの1つです。

モビングにあうと、退職してからが本格的な被害が起こり、被害者の悪評を社内に拡散して、転職先でも理不尽な仕打ちを受けるように仕向ける。それを繰り返して、被害者を経済的に追い込んだり、精神疾患を煩わせて精神科に追い込むという目的があるのです。そのモビングの1つとして「パワハラ」「セクハラ」「モラハラ」を利用してる可能性が強く、「仕事が長続きしないな?」「どうしてこうも嫌がらせが続くのか」という状況である場合は、モビングの被害が受けてる可能性があるでしょう。

いじめに巻き込まれた場合

勇気を持ってまずは相談から

いじめにも様々な被害がありますが、被害者の大半は孤立して悩んでる人と、SNSを駆使して情報を調べたり、被害がどの法律で立証できるのか調べたり、専門家に相談したりと積極的に行動する人と分かれます。大人のいじめは立派な犯罪であり、証拠を確たるものにすれば民法で損害賠償を加害者に請求することは可能です。また、暴力や罵声がひどい場合でも、刑事事件として立証することも可能です。

いじめの被害は誰も助けてくれない状況にさせるため、第三者が入りにくくするケースがあります。ですが、今はインターネットでいろいろ検索ができるので、いじめ問題に強い弁護士やいじめ調査が得意な探偵を探しやすくなっています。もし、仕返しが怖いと思い一歩前に進めない方には、お電話での無料相談が可能です。また、調査後のサポートが万全な探偵もありますので、安心して利用していただければ嬉しく思います。

いろいろな対処の仕方がある

被害者のなかで自分で証拠を見つけて、弁護士を見つけて訴えるという意気込む人もいますが、大抵は証拠がうまくとれなかったり、復讐されるのではないかと悩んでる人の方が多いのです。そこで、いじめ調査が得意な調査会社の力を借りて一緒に対応策を考え、解決する道を探す方法がより安全で、被害を受けていても証拠集めに専念できる気持ちが自然と生まれてくると思います。

まず、大切なことは今、被害を受けている状況に対して自分がどうしたいかです。いじめをやめさせすにはどうすればいいのか。刑事告訴、民事訴訟、示談など対処する方法は色々ありますが、まずは受けているいじめがどのような方法で解決できるのかを専門家と一緒に考えるのも、加害者に対抗する手段の1つです。

あとは、皆さんの行動次第です。どの調査会社でも無料の相談窓口がありますから、納得がいくまで相談してみてはいかがですか。話しただけで気が晴れるならそれはそれで解決の一歩となりますし、いじめの状況が悪化したらいつでも対処できるように整えていますから、安心して利用してください。

一人で悩まず相談することから始める

いじめの多くは「加害者の都合」で被害者を孤立させる

執拗な嫌がらせは第三者に気づかないように嫌がらせを行うと同時に、不特定多数の人が加害行為に加わっているため、誰が加害者なのか分からず混乱してしまうのが、被害者の辛さだと思います。それこそが、加害者の思う壺であり、心のよりどころを無くし完全な孤立にさせるために手段が選ばないのが加害者です。

あまり警戒しすぎて、被害者の近くにいる人全員が加害者と思い込み、暴力沙汰になるケースがあるので、被害らしきことが起きたら、メモをとるなりして記録しておくことが大事です。ここで大切なことは「一人で悩まない」ことです。

p>いじめ対策のプロに依頼するなど、心のよりどころを見つけると心に余裕ができると思います。だから決して1人で悩まないで相談だけでもいいので、皆さんの被害の状況を教えてください必ずお力になれると思いますし、納得が行くまでいじめ被害のことを話すだけでもすっきりすると思います。調査相談はもっと身近な相談相手としてお考えください。

いじめは様々な問題を引き起こします
  • いじめに協力する人物が増える
  • インターネットの掲示板などに個人情報が晒される
  • 実家や家族にまで悪影響が及んだ
  • 無口になったり、いじめが辛くて職場に行けない
  • 風評被害の加速、拡散

いじめ被害についてお聞かせください。

ひとりで苦しまず、まず相談を!

ストーカー・嫌がらせ専門対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず当サイトの(無料相談)のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。嫌がらせは、浮気調査とは違い嫌がらせに関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵であればどこでも解決できるわけではありません。

いじめ調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop