探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 浮気相手からの嫌がらせ【20代女性被害体験談】
公開日: 2020/04/28 最終更新日: 2020/04/29
探偵ニュース
 公開日: 2020/04/28 最終更新日: 2020/04/29

浮気相手からの嫌がらせ【20代女性被害体験談】

嫌がらせを仕掛ける相手は、身近な人間から間接的な関りがある人間などがいます。実際に被害に遭われてからでなければ、推測することは難しく、仮に分かったとしても、自分で解決することが困難な場合がほとんどです。今回は、夫の浮気相手に執拗に嫌がらせをされた女性についてご紹介します。

ずっと抱えていた
悩み無事解決!

当窓口担当スタッフの
ストーカー調査レポート!

ご依頼者様
40代 (女性)

失敗しない探偵興信所選び相談窓口

探偵興信所選びレポート

夫が浮気した女から嫌がらせを受けた

女性
ご依頼者様: 29才/女性 会社員
ご依頼内容: 嫌がらせ証拠収集調査
ご依頼理由: 夫の浮気相手から嫌がらせを受けているため
相談レポート: 『4年前に結婚した夫が3ヶ月前に浮気をしていたことがわかりました。そのことを知った当初は様々な感情に襲われ混乱するばかりでしたが、後々になって、浮気を知るきっかけになったSNSの投稿が、どうやら夫の浮気相手の仕業のようだと分かりました。浮気が発覚してしばらくすると、浮気相手の女の捨て垢とみられるSNSアカウントから私に対して執拗なDMを送るようになり、私が休みで自宅にいる間も、小石を窓に投げつけたりしてきます。浮気相手の仕業でほぼ間違いないのですが、すんでのところで逃げられてしまい、確証となるものがありません。今年で2歳になる娘もおり、心配でならないし許せません。なんとか証拠となる情報を調べてほしいです。』
調査レポート: ご依頼者様に対して、嫌がらせ加害者女性のSNSアカウントのIP追跡と、自宅での嫌がらせ行為の証拠撮影の双方のプランを提案しました。より証拠として確固たるものにするためには両プランでのアプローチをすべきでしたが、金額面と即効性のある証拠収集を優先し、自宅周辺での証拠撮影と、浮気相手女性の実態調査を行うことに決定しました。撮影班と尾行班に分かれた調査を2週間の間に日にちを分けて3日実施しました。調査の結果、ご依頼者様の自宅に対して石を投げたりポストにいたずらをするなどの撮影に成功、尾行により住所を割り出すことができました。早速調査結果で知りえた住所に内容証明を送り、損害賠償として示談金を支払うとともに、二度とご依頼者様の自宅に近寄らないことで和解が成立しました。加害者の動機は、ご依頼者様の旦那様を独占したいという気持ちによるものでした。

探偵選びで失敗しやすい5つのポイント

探偵選びの判断基準について

調査を依頼する場合、どんな探偵事務所を選んでも良いわけではありません!必ず「嫌がらせ調査に強い探偵事務所」を探して、依頼する必要があります。ほとんどの人は、知り合いに探偵はいないと思われますので、まず初めにインターネットで検索してみましょう。インターネットなどで検索した際や、電話で問い合わせる時に「これをクリアしておけばOK」と判断できるポイントを5つご紹介します。

調査プランを確認しよう

どのようにして調査を進めていくのかが曖昧だったり、調査プランに自信がないと感じたら、問題に対する経験値は少ないと判断して良いかと思います。一か八かで調査を依頼することは絶対あってはならないことです。仮に上手く証拠がとれたとしても、調査後にどうして良いか分からない方がほとんどです。経験不足の無知な探偵事務所に依頼すると、依頼人に不適切なアドバイスを行ない、かえって問題をこじらせてしまう場合があります。最後まで問題解決への的確なサポートができる探偵事務所に依頼しましょう。

過去の解決実績を確認する

「探偵は、全員調査の知識があるのだから、嫌がらせ調査に強い探偵じゃなくても良いのでは?」と思われるかもしれません。しかし、実際は探偵事務所にも得意不得意があり、自分の得意な調査以外の実績については、あまり解決事例がない探偵事務所が多いのです。例えば、浮気調査をメインに扱っている探偵事務所に嫌がらせ調査のことを相談しても有益な回答は得られない可能性があります。

調査費用がどれくらいかかるのか、事前に答えることができる

探偵に正式に依頼する前に相談の段階で「実際に調査費用はいくらぐらいかかるのか」を聞いてみることをおすすめします。「実際に調査してみないと分からない」などと答える探偵事務所は、嫌がらせ調査のプロではない可能性が高いので、避けた方がよいでしょう。調査経費が調査料金を上回るなんていう悪質なケースもありますので、「経費込み」の料金体系の事務所が安全です。

「大手の事務所だから安心」は間違い!

例えば「相談実績100件以上」という探偵事務所の広告があったとします。この広告を見たときに探偵業界を知らない一般の方なら「100件も相談実績があるならきっと立派な探偵事務所だから安心して相談できる」と思うでしょう。人は情報に乏しい時は、それが人気があるかどうかで相談先を選択する、という心理を利用したものです。それにネット広告には広告宣伝費がかかり当然、調査費用に反映され高額になります。

デメリットやリスクに関して説明する探偵事務所か

良い探偵事務所というのは必ず依頼者に対してデメリットやリスクの説明を行います。依頼者が「このようにしてほしい」と言われても、担当者が「それはこういうリスクを伴うので辞めたほうが良い」と依頼者のリスクを考えた上での発言があれば良い調査事務所と言っても差し支えないでしょう。一方、何に対しても「できます!大丈夫です!」という探偵事務所は少し注意をしたほうがよいかもしれません。

探偵費用は相手に請求できる?

慰謝料の事例

ストーカー慰謝料は、基本的には精神的苦痛および物質的な損害に対して、その被害を補償補填する目的で支払われます。探偵に依頼して確実なストーカー行為の証拠を掴んだら、探偵にかかった費用も慰謝料請求すればいいと思われている方もいるかもしれません。でも、実際はストーカー調査の費用が仮に百万かかっていたとしてもそれを全額慰謝料請求で認められる事例は意外に少なく、認められたとしても一部の金額になる事があります。

高額な慰謝料が認められたケース

  • 被害者にまったく落ち度がない
  • 被害者が精神疾患を負い日常生活に支障をきたしている
  • 継続的にストーカー行為を続けるなど、悪質性が高い
  • 職場の上司と部下の関係のように優越的な地位を利用している

ストーカー行為が軽微と判断される場合には、金銭面ではプラスになる可能性は低いでしょう。

嫌がらせに強い探偵選びQ&A

Q

調査力の判断はどこでするのですか?

A

経験こそが探偵の調査力と考えます。嫌がらせに関する調査をどれだけ「解決」してきたのか。数ばかりではなく、「難易度の高い案件」も解決してきたのかなど経験値こそが調査力と考えています。嫌がらせ加害者は、想定外の場所から現れたり、プロ顔負けの機材を使ったりなど年々レベルがあがっていますので、調査能力も現状維持では時代に置いて行かれてしまうでしょう。

Q

探偵の調査費用の違いは調査の内容次第でしょうか?

A

内容以外にも調査費用に違いがでます。嫌がらせ調査を考えている人が探偵事務所を訪ねたところ、担当者から「着手金は30万円」と言われた。その額が高いのか安いのかわからなくて、別の探偵事務所を訪れたら、「着手金は50万円」だった。さらに別の探偵事務所に行ったら、「着手金は20万」と言われたそうです。これは、独自の調査手法で嫌がらせ被害を調査するため、一概に調査費用を提示することができないという事情もあります。注意点としては、調査費用が「必ずしも調査力差を示すわけでない」ことです。

Q

相談内容が外部に漏れたりすることはないでしょうか?

A

はい、もちろんです。探偵事務所には、秘密の保持や個人情報保護法により守秘義務が課せられておりますので、ご相談内容が漏れることはありません。

Q

相談した場合、必ず依頼しなければならないのですか?

A

必ず依頼する必要はありません。ご相談の内容によっては探偵事務所に依頼せずに解決できることも多々ありますし、探偵事務所への依頼が必要であっても、当事務所にご依頼いただくか他の探偵事務所を探すかをご検討いただいて結構です。

嫌がらせ調査依頼は専門家に

嫌がらせ被害でお悩みの方へ

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、「専門のコンサルタント」として、嫌がらせ解決に全力で活動しております。依頼人と直接お会いし、お悩み・ご要望にしっかり耳を傾けることを重要視しております。依頼人に身近な「探偵事務所」として、家族に相談できない小さな悩みから本格的な調査まで、ニーズに合わせて皆様の隣に寄り添いながら問題の解決まで、法に基づいたノウハウや専門機材を屈して解決後のアフターフォローまで誠実に対応させていただきます。

ご相談は土日、夜間も対応可能

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口は、皆様の生活スタイルに合わせて、フリーダイヤルで24時間無料相談窓口を設置しております。また、盗聴の疑いがある場合は、メール・LINEでご相談が可能ですので、安心してお問い合わせください。デリケートな内容でもきちんと対応させていただきます。ご相談は、回数の制限なく応じますので、納得いただける解決方法が見つかるまで何回でもご相談ください。※ご面談にはご予約が必要です。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

嫌がらせ調査相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop