盗聴・盗撮発見調査関連記事

Eavesdropping

ホーム > 盗聴・盗撮発見調査関連記事 > 盗聴器が仕掛けられているかもしれない
公開日: 2021/01/16 最終更新日: 2021/06/11
盗聴・盗撮発見調査関連記事
 公開日: 2021/01/16 最終更新日: 2021/06/11

盗聴器が仕掛けられているかもしれない

知っておくべき盗聴器の基礎知識

「盗聴器が仕掛けられているかもしれない」と感じるきっかけは、個人情報が漏れていると知ったときです。会社の同僚や交際相手との会話の中で、「知るはずのない情報」を無意識にしゃべっていたり、元交際相手に「居場所などを仄めかす」メールやLINEがきたら、追及せずに自宅や生活環境を一度調べた方がよいでしょう。

盗聴器の仕掛けについて│目次

盗聴器はどんなところに仕掛けてあるのか

盗聴器を仕掛けられる場所

盗聴器には「半永久発信(電池不要)タイプ」と「時限(電池の交換が必要)タイプ」の2種類があり、ぬいぐるみのなか、テーブルの裏、電話機の内部、配電盤の中に設置される可能性があります。

一戸建て・集合住宅の場合
  • 郵便受けの裏(保安器が手の届かない場所に設置されている場合)
  • 壁の中(新築時やリフォームの段階で盗聴器を仕掛けられた可能性がある)
  • 固定電話の電話線
  • ぬいぐるみの中
  • ベッドの裏
  • エアコン
  • 新聞受け

一般家庭で盗聴器が仕掛けられることが多いのは、コンセントの裏、電話機の中、電気やガスのメーターの裏などです。しかし、台所の換気扇の裏など、時として私たち探偵も思いもよらない場所に盗聴器が仕掛けられていた案件も発生しています。お風呂の換気扇の中は水や湯気で盗聴器の故障の原因になるため仕掛ける側は一般的に避けますが、それでも可能性は十分にあります。

企業・店舗の場合

飲食店などの店舗では、半永久発信タイプの盗聴器を仕掛けられることが多く、コンセントの裏がよく使われます。病院などでは電話機を細工して、院内の内線を盗聴したり、患者のカルテや個人情報を盗み出したりするケースもあります。企業は会議室に盗聴器が仕掛けられていることが多く、ホワイトボードの裏、時計、電卓、エアコン、額縁、コンセントの裏、延長コード、ゴミ箱、椅子、机の裏、ボールペンなど、あえて盗聴器を仕掛ける隙がなさそうな部屋を選んで仕掛けていることがあります。

車両の場合

自動車などの乗り物で盗聴器が仕掛けられることが多い場所は、ダッシュボード、ルームランプ、シートの下、ぬいぐるみの中などです。また、GPSを車外に仕掛ける場合もあります。稀に、バンパーの裏側にテープや磁石を取り付けるなど、一般の人が発見できないように細工しています。洗車や定期点検、車検で「何か取り付けられている」ときにしか気づかれないようにしています。

盗聴器の種類

AC電源式盗聴器

AC電源式盗聴器はアナログ式盗聴器ともいわれ、盗聴された音声を電波で飛ばす送信機を備えている電波の盗聴器となります。AC電源式盗聴器は主にコンセントプラグやコンセント内部に備え付けるかいずれかの方法がとられます。家庭用コンセントAC100Vを利用するため半永久的に電波を放射することになります。但し、コンセント内部やコンセントそのもの、あるいは家電内部への細工設置が必要なため内部に侵入しなければ取り付けることができません。

電池式盗聴器

電池式盗聴器の場合、小物など日常品として擬態された盗聴器の中にはあらかじめ電池が入っています。電池の持ちは盗聴器によってまちまちですが、最近では音声活動がある時のみ起動するVOXタイプの場合、録音だけで1000日は持つ電池もあるようです。とはいえ、電池式盗聴地は必ず回収しなければ仕掛け人は音声を聴くことができません。ボイスレコーダーと原理は同じですが、最近ではボイスレコーダーというとボイスレコーダー式盗聴器を指すことが多いようです。一般的に安価で最も入手しやすいのがこのタイプです。

デジタル盗聴器

デジタル盗聴器の最大の特徴は電波をほとんど発しない日常品に擬態した盗聴器で周辺の音声を仕掛け人のスマートフォンから傍受できるというものです。しかも世界中どこに仕掛け人がいようとも、盗聴音声を聴くことができるのです。日本の居宅内に置かれた小物が盗聴器でアメリカやイギリスなどで傍受することができるのです。盗聴器にはバッテリーだけでなくSIMも一緒に接続されており電波ではなくそのバッテリーやSIMと関連した番号に仕掛け人が接続することで世界中にいても傍受できる原理になっています。

リモコン式盗聴器

リモコン式盗聴器は盗聴器の電源を遠隔操作でき、その点が会話など音が流れているときのみ起動するVOXとは異なります。電源を遠隔操作できるということは、電源が入っていないときは音声などがないときになりますので、必然的に無言で盗聴器発見機で見つけようとしても発見は困難になります。ラジオやテレビなどを流して継続的に盗聴器の電源を起動しないと発見は困難な点があります。

スクランブル式盗聴器

スクランブル盗聴器とは、4種類の周波数が一定の間隔でランダムに切り替わっていく特徴をもつ盗聴器のことです。切り替わり速度は周波数が1秒間に約20回程度切り替わりますが、パターンは6パターンあり、市場で出回っている一般的な盗聴器発見機では見つけることができません。これには専用のスクランブル方式受信機が必要になってきます。他にリモコン式盗聴器とスクランブル盗聴器のそれぞれの機能を合わせたリモコンスクランブル式盗聴器があります。専門家でないと発見するのは困難ですので、もしご自身で調べてみてもよく分からないがまだ盗聴されていると感じるのであれば知見と実績のある探偵などに依頼した方がいいでしょう。

盗聴器についてもっと詳しく知りたい!

盗聴器発見調査で解明したこと

このページでは、盗聴器発見調査について結果・対策に関するより詳細な情報をご提供します。今後、随時レポートを更新し、盗聴器発見の最新情報をお届けしますので、ぜひご覧ください。

盗聴相談サポート

一人で悩んでもなにも解決しません…
是非ご相談を!

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の相談室をご紹介します。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、相談員との打ち合わせでご利用する相談室は、周囲に会話の内容が漏れないよう完全個室をご利用になれます。また、完全個室は防音対策済みで、どんな些細な情報も外部に洩れることの無いよう、細心の注意を払っていますのでご安心下さい。個人情報の漏えい対策のご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。

新型コロナウイルス感染症対策について

相談室のご利用の際は正面入口にて「検温」「手指の消毒」「マスクの着用」をお願いしており、「検温」で37.5度以上の発熱があった場合や、「手指の消毒」「マスクの着用」に応じていただけない場合は、ご面談日を変更させて頂くことがあります。

恐れ入りますが、皆様のご理解・ご協力の程、お願い申し上げます。

まず、盗聴発見について相談することから始めましょう。

盗聴被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、盗聴被害の状況、盗聴対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop