ホーム > 盗聴・盗撮発見調査関連記事 > 盗聴器の発見と対策方法|プライバシー保護のための対処法
公開日: 2023/06/12 最終更新日: 2024/03/29
盗聴・盗撮発見調査関連記事
 公開日: 2023/06/12 最終更新日: 2024/03/29

盗聴器の発見と対策方法|プライバシー保護のための対処法

知っておくべき盗聴器の基礎知識

盗聴器の発見と対策方法を知り、プライバシーを守るための対処法を学びましょう。

自宅やオフィス、個人のスペースで盗聴器が仕掛けられている可能性に不安を抱いている方にとって、適切な対策は重要です。

この記事では、盗聴器の見つけ方や専門家への相談、プライバシー保護のための対処法などを紹介します。

安心して生活するために、盗聴器に対する知識を身につけましょう。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2023年6月12日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、クライアントの安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

目次│

1- 盗聴のリスクとは

盗聴にはさまざまなリスクが存在します。

以下にいくつかのリスクを挙げます。

プライバシーの侵害

盗聴により、個人的な会話や機密情報が不正に収集され、プライバシーが侵害される可能性があります。個人の秘密やプライベートな情報が漏洩し、悪用される可能性があります。

 

機密情報の漏洩

企業や組織においては、機密情報や業務上の重要な情報が盗聴されることで、競争上の不利や経済的な損失が生じる可能性があります。

 

信頼関係の崩壊

盗聴により、信頼関係が損なわれることがあります。個人や組織間の秘密の共有や機密性の確保が困難になり、パートナーシップやビジネス関係に影響を与える可能性があります。

 

個人の安全の脅威

盗聴によって個人の行動や位置情報が監視されると、ストーカーや身体的な危険に晒されるリスクがあります。個人の安全と身体的な健康に深刻な影響を及ぼす可能性があります。

 

これらのリスクを最小限に抑えるためには、盗聴対策を講じることが重要です。

セキュリティ意識の向上、定期的なセキュリティチェック、専門家の助言を受けることなどが有効な対策となります。

1-2 有線式盗聴器と無線式盗聴器

有線式盗聴器は一般的に電源供給を必要としますが、電源供給が確保されている限りは基本的には半永久的に稼働することができます。

しかし、盗聴器の電池寿命やメンテナンスの必要性によって、長期間の稼働が保証されるわけではありません。

有線式盗聴器の発見や対策が定期的に行い、セキュリティを確保することが重要です。

無線式盗聴器とは

無線式盗聴器は、電波を利用して音声や情報を盗み聞きするための装置です。

一般的には、無線通信を傍受して情報を収集することが主な目的となります。

無線式盗聴器は、小型で隠しやすく、一般的な電波を利用して通信データを傍受することができます。

例えば、部屋や車両、オフィスなどに設置され、無線通信(Wi-Fi、Bluetooth、携帯電話など)を盗聴することが可能です。

2- 盗聴器の種類について

AC電源式盗聴器

AC電源式盗聴器は、交流電源を使用して動作する盗聴装置の一種です。

これらの盗聴器は、電源コードを接続することで動作し、音声や会話を盗み聞きすることができます。

一般的には、壁コンセントに接続されたり、電源ケーブルを目立たないように設置されたりします。

AC電源式盗聴器は、外部の電源供給に依存するため、バッテリーの交換が不要で長時間の盗聴が可能です。

電池式盗聴器

電池式盗聴器は、内蔵された電池を使用して動作する盗聴装置の一種です。

これらの盗聴器は小型で携帯性が高く、通常は目立たない場所に隠されて設置されます。

電池式盗聴器は、音声や会話を盗み聞きするために使用され、長時間の盗聴が可能です。

一般的には、無線通信を使用して収集した情報を送信することもありますが、一部の高度な盗聴器は内蔵された記録装置に音声やデータを保存し、後で回収されることもあります。

デジタル盗聴器

デジタル盗聴器は、デジタル技術を利用して音声や情報を盗み聞きするための装置です。

これらの盗聴器は、一般的には小型で隠しやすく、デジタル信号を傍受して情報を収集することが主な目的となります。

デジタル盗聴器は、部屋や車両、オフィスなどに設置され、通信データを傍受したり、機密情報やプライベートな会話を記録したりすることが可能です。

これらの盗聴器は、無線通信や電子機器の脆弱性を悪用し、データの不正取得やプライバシーの侵害などのリスクを引き起こす可能性があります。

リモコン式盗聴器

リモコン式盗聴器は、遠隔操作可能な盗聴装置の一種です。通常、小型のデバイスに内蔵され、リモコンを使用して起動や停止、録音の開始や停止などの操作が行えます。

リモコン式盗聴器は、盗聴のために使用される場合があり、例えば部屋や車両に隠された状態で音声や会話を盗み聞きすることが可能です。

リモコンを使うことで、盗聴者は遠くから装置を制御し、被害者が気付かないうちに盗聴を行うことができます。

スクランブル式盗聴器

スクランブル式盗聴器は、音声や通信を傍受しようとする盗聴器への対策として開発された装置です。

通常、スクランブル式盗聴器は特定の周波数範囲の音声や通信を一定のパターンで変調し、傍受することを困難にします。

これにより、盗聴者は傍受した音声や通信を正しく復号化することができず、情報を得ることができません。

スクランブル式盗聴器は、企業や政府機関、個人などのセキュリティを強化するために使用されることがあります。

ただし、技術の進化に伴い、スクランブル解除の方法を見つけることができる盗聴器も存在するため、常に最新のセキュリティ対策を実施することが重要です。

>2-1「非電波盗聴器」について

盗聴は外壁から取り付けるのをご存じでしょうか

コンクリートマイクについて

コンクリートマイクは、建築物や壁、床などの表面に取り付けられたマイクロフォンです。

これは、音声を壁やコンクリートの振動によって拾い上げ、盗聴するために使用されることがあります。

コンクリートマイクは一般的に非常に小型で、目立たない場所に設置されるため、被害者はその存在に気付きにくいことがあります。

コンクリートマイクは、特に機密情報を扱う施設や会議室、監視対象の場所などで使用されることが懸念されます。

IC録音機(ボイスレコーダー)について

IC録音機(ボイスレコーダー)は、主にビジネスでの会議録音や音楽の録音、文字起こしなどに使われています。

盗聴目的で使用される録音機は、録音機周囲で発生する音を高感度マイクで集音し、集めた音を録音する機器で、浮気調査などさまざまな場面で使用されています。

IC録音機(ボイスレコーダー)を仕掛ける場所
  • デスク周り(電卓型・ボールペン型ボイスレコーダ)
  • 車内(ダッシュボード・座席の下・お守りなどの小物)
  • 部屋(ベッドの裏・ソファーの裏・BOXテッシュの中など)
  • 所持品(通勤バック・スマートフォン※スパイアプリ)

3- 盗聴魔がすぐそばにいる場合も

ストーカーの可能性もある「直接式盗聴器」

壁などに設置して音の振動を拾うコンクリートマイクや、音声を録音してそれを回収するICレコーダー、スマホなど「直接式盗聴器」を使った盗聴もあります。

声に反応する自動録音機能や予約録音機能や、スマートフォンにスパイアプリとして仕込まれるケースもあります。

発見するのが困難な上に、犯人が配偶者など身近な人である場合や、ストーカーによる場合もあり、無線機を使用した盗聴器発見調査では犯人が見つからない場合が多いといえます。

「盗聴されている」と感じた時は

当事務所では、最新の盗撮事情に精通した調査員が探索機を用いて調査します。

また「有線式盗聴器」の場合、一般の方が取り外すには危険を伴う場合もありますので、当事務所などの専門家に任せるのが得策です。

「有線式」や「直接式」の場合は、盗聴犯が身近に迫っている可能性もありますので、聞き込みや張り込み調査なども行い、警察への被害届を提出する際の証拠や、裁判での証拠として使える報告書を作成した上で、再び同じ被害が起きないよう、アフターフォローいたします。

4- 盗聴器を仕掛けられる場所

室内で盗聴盗撮されてる?

盗聴器はさまざまな場所に仕掛けられる可能性があります。

一般的には、プライバシーを侵害したり、機密情報を盗み取ったりするために、以下のような場所に盗聴器が仕掛けられることが懸念されます。

一戸建て・集合住宅の場合
  • 郵便受けの裏(保安器が手の届かない場所に設置されている場合)
  • 壁の中(新築時やリフォームの段階で盗聴器を仕掛けられた可能性がある)
  • 固定電話の電話線
  • ぬいぐるみの中
  • ベッドの裏
  • エアコン
  • 新聞受け

一般家庭で盗聴器が仕掛けられることが多いのは、コンセントの裏、電話機の中、電気やガスのメーターの裏などです。

しかし、台所の換気扇の裏など、時として私たち探偵も思いもよらない場所に盗聴器が仕掛けられていた案件も発生しています。

お風呂の換気扇の中は水や湯気で盗聴器の故障の原因になるため仕掛ける側は一般的に避けますが、それでも可能性は十分にあります。

企業・店舗の場合

飲食店などの店舗では、半永久発信タイプの盗聴器を仕掛けられることが多く、コンセントの裏がよく使われます。

院などでは電話機を細工して、院内の内線を盗聴したり、患者のカルテや個人情報を盗み出したりするケースもあります。

企業は会議室に盗聴器が仕掛けられていることが多く、ホワイトボードの裏、時計、電卓、エアコン、額縁、コンセントの裏、延長コード、ゴミ箱、椅子、机の裏、ボールペンなど、あえて盗聴器を仕掛ける隙がなさそうな部屋を選んで仕掛けていることがあります。

車両の場合

自動車などの乗り物で盗聴器が仕掛けられることが多い場所は、ダッシュボード、ルームランプ、シートの下、ぬいぐるみの中などです。

また、GPSを車外に仕掛ける場合もあります。

稀に、バンパーの裏側にテープや磁石を取り付けるなど、一般の人が発見できないように細工しています。

洗車や定期点検、車検で「何か取り付けられている」と気が付くことがあります。

5- 盗聴を疑った時の対処法

盗聴を疑った場合、以下の対処法を検討することが重要です。

冷静になる:まずは冷静になり、パニックに陥らずに状況を客観的に評価しましょう。

 

不審な兆候を探す:部屋や場所を注意深く調べて、不審な装置や配線、異常な振る舞いを探しましょう。壁や家具の隙間、電源コード、通信機器などにも注意を払います。

 

専門家の支援を受ける:盗聴の専門家に相談し、専門的な盗聴探知機器を使用して状況を調査してもらうことを検討します。

 

パスワードやセキュリティ設定の強化:コンピュータやスマートフォンのパスワードやセキュリティ設定を強化し、不正なアクセスを防止します。

 

環境の変化を確認する:急に新しい装置や配線が現れたり、不審な人物が出現したりする場合は注意が必要です。環境の変化に敏感になりましょう。

 

重要な点は、自己判断ではなく専門家や関連機関のサポートを受けることです。

盗聴は法的にも重大な問題であり、適切な対処が求められます。

まとめ

盗聴器の発見と対策方法は重要です。

疑わしい場合は、冷静になり、部屋を注意深く調べ、発見できない時は専門家の支援を受けましょう。

また、パスワードやセキュリティ設定を強化し、重要な話は公共の場で行うようにしましょう。

環境の変化や不審な人物にも注意し、当事務所に相談することも検討してください。

盗聴はプライバシーに重大な影響を与えるため、早期発見と適切な対処が必要です。

まず、盗聴発見について相談することから始めましょう。

盗聴被害相談フォーム

盗聴被害の状況、盗聴対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談