盗聴・盗撮発見調査関連記事 - 盗聴・盗撮発見調査解決事例

Eavesdropping case

ホーム > 盗聴・盗撮発見調査関連記事 > 盗聴・盗撮発見調査解決事例 > コンクリートマイクやレーザー盗聴|不法侵入せずに盗聴する方法
公開日: 2022/01/22 最終更新日: 2022/02/19
盗聴・盗撮発見調査関連記事 - 盗聴・盗撮発見調査解決事例
 公開日: 2022/01/22 最終更新日: 2022/02/19

コンクリートマイクやレーザー盗聴|不法侵入せずに盗聴する方法

「最近どうも自分の住居は盗聴されている気がする」「誰かが立侵入した形跡は見当たらないのに…」このように感じることがあったら「不法侵入しないで盗聴できる方法」があるので疑ってみてもよいでしょう。

目次│不法侵入しない盗聴被害

自宅に盗聴器

専門家
盗聴調査
2022年1月22日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、盗聴被害でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

コンクリートマイクとは

不法侵入なしで盗聴ができる

コンクリートマイクとは、住居内に侵入せずで外壁にマイクを取り付け、住居内の音を盗聴するデバイスのことを言います。電波を発信する他の盗聴器とは構造が違い、壁に耳を当てて隣の部屋の会話や生活音を盗み聞するイメージです。

一般的には集合住宅で起こる盗聴行為で、コンクリートマイクの盗聴は防音壁に加工することよって防げますが、相手に気が付かれるので可能性があります。コンクリートマイクの盗聴を疑っている場合、専門家と連携して撃退するようにしてください。

コンクリートマイクの特性

音は空気の振動によって伝わりますが、壁も同様に音が当たると振動し広がります。コンクリートマイクは集音性が非常に優れており、円柱状の集音マイクを壁に当てることで、振動で伝わる音声を壁越しに鮮明に聞くことができるのです。

コンクリートマイクの使い方

壁に機器を当てる

コンクリートマイクの販売は集音機とアンプ、マイクとイヤホンのセットになっており、集音マイクと本体を接続し使うことができます。

本体は録音可能なタイプもありUSB接続もできます。高性能なコンクリートマイクの場合、イコライザやフィルターが搭載され集音した音をより聞き取りやすいクリアな音質へと変えます。

コンクリートマイクの使用目的

コンクリートマイクの本来の目的は、水道管や土木調査などで配管の破裂などをチェックするために使用されまですが、盗聴の道具として悪用するケースが増えているのです。

音波

コンクリートマイクの対策

コンクリートマイクの弱点を知る

コンクリートマイクは、窓や壁などの物質へ伝導する音の原理を利用して集音しているので、防音材など音を遮るものを壁に付けることで無力化できます。

防音材には吸音材・遮音材・防振材・制振材の4種類があり、用途によって使い分けられます。壁の防音をする場合は吸音材と遮音材が使われます。

どちらも通販サイトで簡単に購入でき、自分で取り付けが可能です。取り付けにも順番があり、遮音材を先に付け、吸音材を重ねることで効果的な防音壁に仕上げることが可能です。

盗聴の犯人を見つけたい場合

コンクリートマイクは盗聴電波を放っているわけではないため、盗聴発見器では見つけられません。一軒家であれば誰かが住居侵入した可能性があるため、外壁に取り付けた犯人が回収にくる可能性があります。

集合住宅では階下、階上、隣室など、コンクリートマイクをどこで使用しているのか不明な場合が多く、どこが盗聴しているのか各部屋の動向を探るなど地道な方法になります。

盗聴が犯罪になるケース

盗聴した情報が犯罪に触れる

盗聴自体を取り締まる法律はありません。しかし、犯罪にならないわけではありません。

嫌がらせなどを目的に盗聴を行なった場合、ストーカー規制法違反になります。また盗聴した内容を公開・販売することも個人情報保護法違反として警察が関与します。

他にも、盗聴した内容でそれを相手に仄めかし脅迫するケースは脅迫罪、盗聴内容を仄めかして盗聴した相手を代償として何かを強要させるのも強要罪となります。

盗聴罪という刑罰はありませんが、上述のように盗聴行為を犯罪に利用した場合は例外なく逮捕されます。

盗聴器の取り締まりはできない?

盗聴器を使うことは罪にならないものの、盗聴器を取り付けるために他人の敷地に侵入することは不法侵入になり、家屋に侵入すると住居侵入罪になります。

また、賃貸物件を退去する際に盗聴器を備え付け家具や電気系統に仕掛けた場合は器物損壊罪になります。盗聴は気軽にできる類のものではないことをよく覚えておきましょう。

レーザー盗聴と集団ストーカー

レーザー盗聴器とは?

レーザー盗聴器とは、レーザー光線を当てて盗聴する技術です。盗聴の対象となる部屋の窓に向けてレーザー光線を照射し、跳ね返るレーザーの振動を解析し音声に変換することで盗聴ができます。波長を可視光線の範囲外の値にするとレーザーを視認できず、相手に悟られることなく盗聴ができます。当然、証拠も残りません。

射程距離は性能にもよりますが、最大で約1kmまで盗聴できます。値段にもばらつきがあり、数百円で自作できるものから、数百万円以上する高性能ものもあります。このことから、集団ストーカーでの使用が非常に適していると言えます。

レーザー

レーザー盗聴の対策

レーザー盗聴器のデメリットは、反射するレーザー光線の捕捉が難しいことです。レーザーは完全に垂直な状態で窓に発射できなければ、まっすぐ跳ね返らないからです。しかし、人員を導入すればこのデメリットを解消できます。

レーザー盗聴の主な対策は窓ガラスに光を当てないことす。遮光カーテンやブラインドなどでレーザーを遮ることも有効ですが、窓ガラスに反響した声をレーザーで解析される可能性もあるため、窓ガラスにレーザーが当たる前に遮るのが最も有効です。ブラインドやすだれを付けるなどして防ぎましょう。

犯人特定

集団ストーカーそのものを調査する探偵が必要になってきます。SNSでは何でも被害者自身が解決しよう、あるいは探偵は全員加害側といった話が書いてあるのを見かけます。しかし集団ストーカーの被害者に扮した加害側が言論統制を自演しているだけかもしれません。

もちろん、被害者の方が自分自身で被害の詳細分析や集団ストーカーを受けた最初の原因は何かを考えることは重要です。ある程度の材料があるほうが探偵も動きやすいのです。

犯人探しは実績のある探偵の調査により確実な証拠を得なければ、根本的な犯行の終焉にはつながりません。当事務所では集団ストーカーとテクノロジー犯罪について長年の実績があります。ぜひ当社へご相談ください。

まず、現状について相談することから始めましょう。

盗聴被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop