ホーム > 盗聴・盗撮発見調査関連記事 > 盗聴・盗撮発見調査解決事例 > 不法侵入せずに盗聴するコンクリートマイクやレーザー盗聴について
公開日: 2023/06/15 最終更新日: 2023/08/23
盗聴・盗撮発見調査関連記事 - 盗聴・盗撮発見調査解決事例
 公開日: 2023/06/15 最終更新日: 2023/08/23

不法侵入せずに盗聴するコンクリートマイクやレーザー盗聴について

コンクリートマイクやレーザー盗聴は、盗聴の新たな手法の一部です。

これらの技術を使用することで、不法侵入せずに盗聴が可能になります。

「最近どうも自分の住居は盗聴されている気がする」「誰かが立侵入した形跡は見当たらないのに…」このように感じることがあったら盗聴を疑ってみてもよいでしょう。

この記事では、コンクリートマイクやレーザー盗聴の仕組みや具体的な手法について解説し、不法盗聴から身を守るための対策をご紹介します。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2023年6月15日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、クライアントの安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

目次│

1- コンクリートマイクとは

コンクリートの壁

コンクリートマイクは、音を伝える性質を利用して、建物のコンクリートや壁などの表面から発せられる音を盗聴するための装置です。

通常のマイクでは聞こえない微弱な振動や音を拾い上げ、それを増幅して聞くことが可能です。

コンクリートマイクは、他の盗聴器とは異なる構造を持ち、壁に耳を当てて隣の部屋の会話や生活音を盗み聞くというイメージです。

コンクリートマイクは不正な盗聴や情報漏洩の手段として悪用されることがあります。

被害を防ぐためには、建物や会議室のセキュリティ対策や定期的な監視などが重要です。

一般的には集合住宅で起こる盗聴行為で、コンクリートマイクの盗聴は防音壁に加工することよって防げますが、相手に気が付かれる可能性があります。

コンクリートマイクを使用した盗聴を疑っている場合、専門家と連携して対策・撃退するようにしてください。

コンクリートマイクの特性

コンクリートマイクは、特定の場所や構造物に取り付けられ、壁や床などの表面から伝わる音を拾い上げる特性があります。

その特性により、隣の部屋や建物の内部の会話や音を盗み聞くことができます。

コンクリートや他の堅固な素材によって音が伝播されるため、通常のマイクよりも高い感度で音を受信できます。

1-1 コンクリートマイクの使い方

音波

コンクリートマイクは、特定の場所や構造物に取り付けて使用されます。

以下は一般的なコンクリートマイクの使い方の手順です。

選定した監視対象の部屋や建物の近くにコンクリートマイクを設置します。通常、壁や床の表面に取り付けられます。

 

コンクリートマイクには専用の受信機が必要な場合があります。受信機を設置し、コンクリートマイクからの信号を受信します。

 

コンクリートマイクが壁や床からの振動を感知し、それを音として受信機に送信します。

 

受信機で受け取った音声を聞き取ることができます。一部のコンクリートマイクは、受信機に直接接続して音声を録音する機能も備えている場合があります。

 

ただし、コンクリートマイクを使用して盗聴することは法的に違法です。

プライバシーの侵害となるため、適法な使用方法を守ることが重要です。

1-2 コンクリートマイクの対策

コンクリートマイクと電極板

コンクリートマイクの弱点を知る

コンクリートマイクは、窓や壁などの物質へ伝導する音の原理を利用して集音しているので、防音材など音を遮るものを壁に付けることで無力化できます。

防音材には吸音材・遮音材・防振材・制振材の4種類があり、用途によって使い分けられます。

壁の防音をする場合は吸音材と遮音材が使われます。

どちらも通販サイトで購入でき、自分で取り付けることが可能です。

取り付けにも順番があり、遮音材を先に付け、吸音材を重ねることで効果的な防音壁に仕上げることが可能です。

電波の妨害装置

コンクリートマイクは音を感知するための振動を利用しますが、電波の妨害装置を使用することでコンクリートマイクの正常な動作を妨害することができます。

2- 盗聴犯を特定したい

コンクリートマイク盗聴の犯人を特定するためには、以下の手段を検討することが重要です。

専門家の協力を得る

盗聴調査や対策に精通した専門家や探偵に相談し、犯人の特定に役立つ情報や証拠の収集方法を尋ねることが重要です。

 

証拠の収集

盗聴の痕跡や不審な行動を記録し、証拠を集めることが重要です。例えば、異音や不自然な音が聞こえる場合は録音しておき、建物の点検や設置場所の調査を行うことも有益です。

 

技術的な専門家の協力

コンクリートマイク盗聴の特定には、専門的な技術的な知識や機器が必要となる場合があります。電波探知機や周波数分析機などの装置を使用して、盗聴装置の発信源を特定することができます。

 

重要なのは、自身で犯人を特定しようとせず、専門家や関係機関の支援を受けることです。

法的な手続きを遵守し、適切な方法で犯人の特定と対処を行うことが重要です。

3- レーザー盗聴とは

自宅に盗聴器

レーザー盗聴器は、レーザー光を使用して遠距離から音声情報を盗聴する装置です。

一般的な仕組みは、音声が発せられる場所の窓などにレーザー光を照射し、音声が振動として窓ガラスに反射することで、振動を検知し音声情報を復元するものです。

この方法により、壁や窓ガラスを通じて会話や音声が盗聴される可能性があります。

レーザー盗聴器は高度な技術を必要とし、一般的にはプロフェッショナルなスパイや情報収集機関などが使用することがあります。

一般の個人が容易に利用することは困難です。

3-1 レーザー盗聴の距離

レーザー盗聴の距離は、使用される機器や環境によって異なります。

一般的に、レーザー盗聴は比較的遠距離で行われることがあります。

一部の高性能なレーザー盗聴器では、数百メートル以上の距離から音声情報を盗聴することができる可能性があります。

しかし、レーザー盗聴の有効な距離は様々な要素に影響を受けます。

建物の素材や窓の状態、環境の騒音レベルなどが盗聴の距離に影響を与えます。また、気象条件や光の散乱なども影響を及ぼすことがあります。

一般的には、レーザー盗聴は遠距離で行われることが多く、特定のターゲットの盗聴や情報収集を目的とした高度なスパイ活動などで使用されることがあります。

ただし、個別のケースによって異なるため、具体的な距離については一概には言えません。

3-2 レーザー盗聴の対策

レーザー盗聴に対する対策はいくつかあります。

以下にいくつかの一般的な対策方法を示します。

窓や壁の防御

レーザー盗聴は通常、窓や壁を介して行われます。窓には遮光フィルムやカーテンを使用してレーザーの透過を防ぐことができます。また、建物の壁にはレーザーを反射させる特殊な素材を使用することも考慮できます。

 
レーザー探知機

レーザー盗聴の存在を検知するために、レーザー探知機を使用することができます。これらの探知機は、レーザーの発信を検知し、警告を発することで盗聴の可能性を知らせます。

 
音のマスキング

盗聴者がレーザーを使用して音声を盗聴する場合、音のマスキング(ホワイトノイズや他の音源の使用)によって盗聴を困難にすることができます。

 

重要なことは、レーザー盗聴は法的に違法であり、プライバシーの侵害行為です。

盗聴行為に遭った場合は、速やかに適切な法的措置を取ることが重要です。

4- 盗聴が犯罪になるケース

ボイスレコーダーとイヤホン

盗聴自体を取り締まる法律はありませんが、犯罪にならないわけではありません。

盗聴した内容を公開・販売することも個人情報保護法違反として警察が関与します。

他にも、盗聴した内容を相手にほのめかし脅迫するケースは脅迫罪、盗聴した内容をほのめかして「言わない代わりに」などと何かを強要させるのも強要罪となります。

盗聴罪という刑罰はありませんが、上述のように盗聴行為を犯罪に利用した場合は例外なく逮捕されます。

盗聴器の取り締まりはできない?

盗聴器を使うことは罪にならないものの、盗聴器を取り付けるために他人の敷地に侵入することは不法侵入になり、家屋に侵入すると住居侵入罪になります。

また、賃貸物件を退去する際に盗聴器を備え付け家具や電気系統に仕掛けた場合は器物損壊罪になります。

5- まとめ

レーザー盗聴やコンクリートマイクによる盗聴被害に悩んでいる方へ。

プライバシー侵害や情報漏洩のリスクを抱えているかもしれません。そんなときは専門家に相談しましょう。

レーザー盗聴やコンクリートマイクの発見や対策に精通した専門家が、あなたの問題に対応します。

プライバシー保護や安心な生活を取り戻すため、早めの対応が大切です。

まずは一歩踏み出し、専門家に相談してみましょう。

まず、現状について相談することから始めましょう。

盗聴被害相談フォーム

盗聴被害被害の状況、盗聴被害対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談