ホーム > GPS発見調査関連記事 > GPSを悪用した犯罪と対処法
公開日: 2023/06/21
GPS発見調査関連記事
 公開日: 2023/06/21

GPSを悪用した犯罪と対処法

GPSを悪用した犯罪は増加傾向にあり、盗難やストーキングなどの被害が報告されています。

本記事では、GPS悪用犯罪の一部と、それに対する対処法について解説します。

プライバシー保護と安全確保のために必要な対策を知りましょう。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2023年6月21日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、クライアントの安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

目次│

1- GPSを悪用した犯罪について

誰かにつけられている GPS

GPSを悪用した犯罪は、近年増加している深刻な問題です。

主な悪用例としては以下があります。

不在を確認する目的: 犯罪者が車両や貴重品にGPSトラッキングデバイスを取り付け、被害者の不在を確認し、自宅侵入を試みます。

 

ストーキング: 嫌がらせや追跡のために、ストーカーが被害者の車両や携帯電話にGPSデバイスを取り付けることがあります。

 

監視・スパイ行為: 監視やスパイ行為として、GPSトラッキングが使用されることがあります。

 

2- GPS規制法改正の動きとその意義

GPSのストーカー行為への利用について、今までのストーカー規制法では裁判においてストーカーとはならないと、2021年1月に法廷で否決されました。

ところが、2021年5月18日に改正ストーカー規制法が衆院本会議で可決成立するようになりました。

規制法改正の内容は、無断で人の車にGPS機器を取り付ける行為や、アプリケーションで位置情報の取得行為の規制です。

このような行為には警察から禁止命令・警告を出せるようになりました。つまりGPSでストーカーをすると逮捕などの対象となります。

ストーカー規制法の規制場所

従来のストーカー規制法では、犯行者が見張りや押しかけなどにする居場所が「通常いる場所」でした。

そのためストーカーが移動中の中間地点で利用する店は適用範囲となりませんでした。

新しい法改正では、加害側があらゆるところで立ち寄るような店や施設等の現在いる居場所も対象領域に含まれるようになりました。

ストーカーは放っておくとエスカレートする行為のため警察当局では2021年8月にかけて段階的に施工されていきます。

3- 犯罪になるGPSの使い方

PSの使い方によって犯罪になる可能性があります。

具体的な例としては以下があります。

  • 盗聴やストーキング目的でのGPSの無断取り付けや監視。
  • 個人のプライバシー侵害やストーカー行為による被害。
  • 不正な監視活動やスパイ行為による情報収集。

これらはGPSの使い方が不正行為に結びつく一部の例です。

法的な観点からは、他人のプライバシー権や個人情報保護法に抵触する行為や、所有物への無断侵入が犯罪とされます。

夫婦間でも合意が得られなければ違法

たとえ、夫婦間などでも相手の同意がなければ合法となりません。

よくあるストーカー行為に「夫婦間の浮気問題」があり、相手が判明しているときに理性を抑えきれず、不倫相手の車両にGPSを取り付ける人がいます。

また、浮気している妻あるいは夫のスマートフォンに追跡アプリを入れて居場所を探るなどする行為も、相手の同意がなければ犯罪行為になることがあります。

事件性があれば契約者名義割り出しも

GPSを使用した犯罪は誰でも簡単にデバイスやアプリを入手できますが、発見できれば契約者名義人までたどることができ、「誰が付けたか」わかります。

許可なく他人の物にGPSをつけて相手を追跡すると違法となりますので、正当な目的や法的な要件を守ってGPSを使用することが重要です。

4- GPS犯罪の対策方法

GPS犯罪に対する対策方法をいくつかご紹介します。

■車両や貴重品の点検

定期的に車両や所有物を点検し、不審な配線や装置、異常な部品を確認します。

 

■GPS発信機探知機の使用

GPS発信機探知機を使用して、車両や所有物に不正なGPS発信機があるかどうかを確認します。

やってはいけない対策
 

■GPS無効化対策

GPS信号をブロックする装置やGPSジャミングを使用しないようにしましょう。これらは法的に制限されており、使用は違法です。

 
GPS発信機探知機について

GPS発信機探知機は、周囲に設置されたGPS発信機を検出するための装置です。

これらの探知機は、一般的に電波を受信し、GPSの発信周波数を監視して検知します。

GPS発信機探知機は、プライバシー保護や盗聴防止の目的で使用されます。

特定の場所や車両に不正に設置されたGPS発信機を発見することができます。

特殊なGPSや自分では難しいときは、私どもにお任せいただければきちんと発見いたしますのでご相談ください。

5- GPS対策を専門家に相談

GPS対策を考える場合、探偵に相談することも一つの選択肢です。

探偵はプライバシーや盗聴の問題に関する専門知識を持っており、適切な対策や調査を提案してくれます。

探偵に相談する際には、以下の点に注意しましょう。

ライセンスと信頼性

探偵にはライセンスが必要ですので、相手が正規の探偵事務所であることを確認しましょう。また、信頼性や評判も確認することが重要です。

 
専門知識と経験

GPS対策やプライバシー保護に関する専門知識を持つ探偵を選びましょう。過去の成功事例や経験を参考にすると良いでしょう。

 
相談の内容と目的

目的に合わせた相談内容を明確にし、探偵に対して具体的な要求や期待を伝えましょう。これにより、適切なアドバイスや対策を受けることができます。

 

専門家に相談することで、GPS対策や盗聴対策に関する専門的な助言や調査が提供されます。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談