集団ストーカー関連記事

Group-Stalker

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカータイプ別対策方法
公開日: 2021/04/12 最終更新日: 2021/09/01
集団ストーカー関連記事
 公開日: 2021/04/12 最終更新日: 2021/09/01

集団ストーカータイプ別対策方法

集団ストーカーの加害者には、いくつかのタイプが存在しており、そのどれもが対策別にプロファイリング可能です。嫌がらせというのは、被害者の”されたくないこと”や”弱点”を浮彫にして攻撃していくことを目的としているため被害者別にいくつかの加害者のタイプがあることが確認できています。

加害側が被害者を監視し、被害者のあらゆる情報を知っているとアピールして、精神的苦痛を与えるためにさまざまな役を演じて接触してきます。被害に遭っている自覚があるようでしたら、ご自身の身の回りにいる加害者のタイプを冷静に観察して分析してみてもよいかもしれません。

このページでは加害者のタイプをご紹介していますが、嫌がらせも常に進化しているため、当てはまらないタイプも存在します。下記タイプに当てはまらない場合、情報提供いただければ更新し、皆さんの被害解決までお手伝いさせていただきます。

目次│集団ストーカーのタイプ別対策

調和型の加害者

被害者に当たり障りない加害者

調和型の犯行者は、被害者には何かするわけではなく「嫌がらせの参加」という命令を忠実に行う加害者の人たちになります。ほとんどが委託であり、表情や動きは自然ではあるが「ターゲット」の確認で一瞬現れます。近所の人や通行人に多く、一見判別しづらいが指示通りの動きをしており、加害者自身の行動が見られていることがわかっているのか、忠実に動いています。

調和型加害者は、何らかの団体の一員として事なかれ主義的に犯罪に加担したり、易々と引き受けてしまう人が多く、弱みを握られていたり、もしくはバイトとして稼ぐために行っている者が増えています。昨今のコロナ禍で簡単なバイト感覚でむしろ人気が高いかもしれません。

調和型加害者への対策

調和型加害者に効果的な対策は、「気にするレベル」ではないので無視が効果的な対策でしょう。むしろこのタイプの人たちは事なかれ主義でもあり、被害者に興味を持つということはほぼ皆無です。

被害を受けていても調和型加害者は相手にしないでください。証拠収集もさほど難しくはないので撃退することも可能ですが、「継続性」を証明するのに時間がかかることもあるので無視できる範囲なら放っておきましょう。

アンカリング型の加害者

被害者への脳の認識誘導

集団ストーカーは被害者に、自分たちが加害を行っているとアピールしてきたりします。なぜ、アピールするのか?その目的は、初期段階では気が付いてもらうことが必要だからです。

集団ストーカーのアンカリングサインは、初めはわざとらしく被害者にアピールしてきます。その後、意識づけされた被害者本人のみが分かるように段階的にサインを減らします(なくすわけではありません)。あるいは一定以上のアピールは日々積み重ねていきます。

そうして、被害者が日常生活で見るもの・聞くものすべてを加害行為と思うように心理的に誘導します。偶然の範囲におさまるように装っているため、周囲に気づかれることなく本人のみが確実にわかる方法をとります。これは嫌がらせというビジネスが歴史的に訓練・発展していった結果の証でしょう。

“カスタマイズ”と”共通要素”のアンカリング対策

アンカリングはターゲット用にカスタマイズされたものと、どのような被害者にも共通させる方法の2パターンがあります。”カスタマイズ”というのは被害者が日々気にしていること・気になることを割り出していき、被害者が人からされて嫌なことを、「偶然を装い」行っていくことです。

“共通要素”はどのような被害者でも行われていきますが、例えばカルト的と考えている数字やゾロ目をナンバーにした車が走行していったり片目ライトの車の走行だったりします。他にも色々ありますが、ご自身の問題を解決するためにも踏み込みすぎないということも大事です。

アンカリング対策としては、気にしないことを加害者たちに見せつけてください。気にしたり怯えたりすることを加害側は期待していますので、無視に徹することが大切です。

ほのめかし型の加害者

自分だけが知っているはずの情報漏洩

“ほのめかし”とは、自分だけが知っているはずの情報、あるいは家族と会話した内容など他人が知っているはずがない情報を、他人の会話やちらつかせ等で聞かせてくることをいいます。盗聴や盗撮やつきまといで情報収集して、仄めかしをしてくるので「こんなことまで」と思う情報を選んで行ってきます。

被害者の給料や銀行口座の中身や振り込み先・振込金額でさえ調べてきたりします。そこまでするかと思いますが、これはひとりやふたりの被害者ではなく世界中で行われている犯罪ですので、ターゲットとされた被害者がどれくらいの資産をもっているかや、家庭内事情などあらゆることを分析した上で被害者を追い詰めていく作戦をとるためここまで行っていくのです。

つまり仄めかしというのは、「被害者を最終的に自滅させるため」に必要な情報を抽出・分析をして、本人しか知り得ない情報をほのめかすことにより被害者を精神的に追い詰める手口としても利用されているのです。

ほのめかしの対策

ほのめかしは、犯罪組織が専属の委託を雇い、更に下請けの委託へ依頼し被害者へ仄めかす台本を配布して犯行を行わせています。あるいは会話だけではなく何らかの意味づけとして紙や通行上で何かに配置されているかもしれません。

仄めかし対策で大切なことは、仄めかされても驚かず、加害側の仄めかしの内容を分析して「入手ルートの分析」「加害者側がなぜそのキーワードを選んだのか」分析に利用することです。

仄めかしは犯罪組織の末端が担い、犯罪調査は犯罪組織の中枢(下~中あたり)が担っていると言えるでしょう。被害者がまったく関係ない人に怒り出したり不可解な行動をとることを加害側は待っていますので、気を付けてください。

“笑い”型等の加害者

“笑い”や”悲鳴”を演じる犯行

何かの拍子で被害者の周囲で不振な”笑い”や”悲鳴”をする人が出てきます。自宅付近や通勤中でも故意に”笑い”あるいは”悲鳴”もして意識させることがあります。これらは児童の時があれば”笑い”専門として犯行している人もいます。不自然にならないように”悲鳴”は女学生や女の子が多い傾向です。

何の脈絡もなく”笑う”ときや、被害者の言動にあわせて”笑う”ケースがあります。何の脈絡もなく”笑う”というケースは、例えば被害者が自宅にいるとします。あたりが静かなときに公園で”笑い”や”叫び”が響きます。この笑い声や叫びというのは被害者が不快に感じるように調整されています。

被害者の言動にあわせて「笑ったり叫ぶ」場合は、被害者がいる場所が監視中であることも同時に示唆しています。被害者の言動の一挙一動がわかっており、被害者が電話で話しているときや、パソコン作業している内容についてのリアクションとして”笑い”や”悲鳴”が入ります。酷い時には被害者が眠るタイミングで叫んだり笑ったりしてきます。

“笑い”型等の加害対策

“笑い”や”悲鳴”の加害というのは、指導者が必ずいるということです。深夜や自宅で起きる場合、近隣住民の中に加害組織に取り込まれているケース、もしくは被害者周辺の近所住人が加害側に委託されて指導を受けてから行っているケースのいずれかになります。 このケースはまだ被害として軽度であるといえますので、不快と感じないよう閉心し気にしないように努めるしかありません。

 

コリジョン型の加害者

軽微な衝突をおこしたい人たち

現在の集団ストーカーの犯行には、基本的に周囲に知られないようにそれとなくするため「人が意図的に衝突してきているように見る」のは少し違うのでは?と全く知らない人は考えるかもしれません。しかし人の深層心理をついてくるのに長けているのがこの犯罪の特徴です。

またコリジョン被害も女性より男性の被害者のほうが多いように見受けられます。もちろん女性にもコリジョンキャンペーンはあります。女性は軽微な衝突というのはそこまで気にしませんが、男性の方が他人が自分の縄張り範囲に入ってくるのを不快と思う心理をついた作戦だともいえます。

被害が大きいと、車の衝突なども考えられます。しかし令和2年に、「妨害運転罪」という厳しい煽り運転規制法が制定されたため車による被害者への衝突は幾分緩和されていくかもしれません。

コリジョン(衝突)型対策

被害者へのコリジョンは軽度であるがゆえに頻度が多いこともあります。車が偶然を装い衝突はしてこないものの偶発性を利用し被害者を不快にすることを意図します。被害者の人間関係において、被害者の何らかの行動を阻止するために被害者の知人に軽度な事故工作を行い被害者の行動を阻止することもします。

特に普段から運転する被害者には車によるコリジョン工作が多く、注意深く周囲を確認しないといけない状況を被害者につくらせたりします。問題なのは、対人によるコリジョンにしても対車によるコリジョンにしても日々の頻度が高いということです。習慣にしている通勤・通学路や非習慣にしている行動でも同じようにコリジョンを行ってきます。

コリジョン対策は、対人なら歩幅や歩く速度を計算されているので予想外の動きをする、車なら減速し相手が自分と距離をとるか見定めるのも効果的と思われます。こちらがゆっくりであれば相手はそれに合わせるしか方法がありません。

被害者分析型の加害者

個人を分析したい人たち

加害側のなかには、被害者と親しくなることで被害側の詳しい背景やどのようなことで感情的になるのか、また性格や嗜好性など分析するために近づいてきます。この時の分析役は例えば親しくなることに長けているものや、職場では同僚もしくは上司という立場を利用していることもあります。

どのような場合でも、この犯行の目的は被害者を最終的に不幸に陥れようと工作する点に変わりありません。この犯行の盲点としては、人と親しくなることにいかに長けていようとも、人を分析することに長けているかどうかは同義ではない点です。それは分析型の加害者だけではなく報告先の指示者に対しても同じことです。

結局のところ、人間関係を破綻工作するとか目的としては限定されているため被害者を分析するということが終われば例えば仲間外れにする工作になるなど、被害者分析といえども集約されるのは相手を攻撃することになります。

被害者分析型対策

近づいてくる相手には、分析型&陥れるために近づいた加害側であることを心の片隅におき、適度に距離をとり用心しましょう。そうすれば急に仲間外れや、いじめなどにあうことになっても想定していることから、必要以上に心の中に侵入されることを防ぐことができます。

加害側がどのように近づいてきて、会話の内容を自分からヒアリングしていきどういうタイミングで村八分がはじまったかメモする癖をつけましょう。

被害者観察型の加害者

タイプはさまざま

被害者観察型というのは、被害者分析型役がもってきた被害者資料を分析して被害者を陥れるための工作を練る作業でもあります。「仕込み」作業ともいいます。主に観察型は攻撃的な視線は送ってきません。

あくまでも観察して記録することをメインにしているので、仄めかすこともつきまとうこともしません。集団ストーカーの証拠収集では、この「観察型」に絞って調査すると、無知な探偵社は加害側に振り回されてしまい、目的の証拠どころか「被害妄想」と決めつけてしまうかもしれません。

被害者観察型対策

被害者観察型は、なにもしてこないで「見ているだけ」で、気持ち悪い存在ですが、基本的には「調査対象外」にします。ここに「時間と労力」を使うことが得策とは言えないからです。当然、依頼する側としても「無駄な時間や費用」となるわけですから、この手の提案をする探偵社に依頼しないようにしなくてはなりません。

集団ストーカーのタイプ分けの意味

多重入れ子構造の加害形式

集団ストーカーの手口というのは、今まで挙げた代表的な方法以外にも他にまだ種類があります。これらはいくつかに犯行を分散することで犯行をわかりづらくすることにもつながっています。そして、加害側は周囲に知られることを恐れています。

理由は次のような実話があります。集団ストーカー被害者がかなりの根気を費やして近所の人たちに粘り強く集団ストーカーについて啓蒙活動を行った際、周囲の人たちが理解してくれて協力するようになったのでが、その反面、近所周辺で多くの方が同じように集団ストーカー被害に遭い始めたというケースです。

この状況は、他にも似たようなことが起きている事例が数多くあります。被害者だけではなくその周辺も監視対象に入っていることはあるのですが、監視されていることに気が付かないまま生活している人が思ってる以上に多いことには驚かされます。

※情報提供:調査依頼者の体験談

いじめはなくならない…

組織犯罪の集団ストーカーは、被害者をターゲットとしていますが、加害加担者もまた監視され、次のターゲットにするような体制をとる多重入れ子構造(マトリョーシカ構造)となっております。結局のところ、不幸にするのはもはや誰であってもいいのではないかという状況を危惧するところがこの集団ストーカーの特徴といっても過言ではありません。

負の連鎖を断ち切るために

探偵事務所に求められているのは「解決力」ですが、集団ストーカーの特性上、解決までお付き合いできる探偵以外依頼しても費用の無駄になります。1日で解決できる問題ではないことから、中長期になっても最後まで被害者に寄り添う責任感が解決に導くので、会社の姿勢も含め見極める必要があります。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop