ハラスメント調査相談サポート

Harassment support

公開日: 2021/05/30 最終更新日: 2021/05/26
ハラスメント調査関連記事 - ハラスメント調査相談サポート
 公開日: 2021/05/30 最終更新日: 2021/05/26

枕営業を要求する上司のパワハラ

枕営業とは商売を有利かつ円滑にするために性交渉をすることです。いわゆる人が本来持つ魅力によって有利に交渉をすすめる利点があったり、採用になる決めてとなるポイントの基準がない場合に、性交渉した人が選ばれて有利に事がすすむということがあるようです。

魅力のある人にはある意味有利な交渉事で、魅力の薄い人には話がこない厳しい世界でもあります。性交渉の場合、取引のうちどちらかが性交渉に関して苦痛であったり乗り気でないのに性交渉を強要されるとなったらそれはパワーハラスメントとして世間一般では認識されています。

目次│枕営業を要求する上司のパワハラ

男性上司と女性部下の場合

恋愛関係途上の上司と部下の関係

一般の会社では、既婚男性上司と独身の配属まもない20代女性部下のケースで人生相談として一昔前割と賑わっていた話題でした。1990年代や2000年代あたりでは上司から誘われて断れなくなるようで、独り暮らしをしている若い女性社員の自宅に既婚男性が泊まりにくるとか、現代にはないような奔放な上司と部下の関係などがメディアだけではなく実際に起きています。

特に何が目的というわけではなく、ただ恋愛対象としてお互いに好きになった場合に、既婚男性が未婚女性とお付き合いするケースがこの時代にはあったようです。この場合、資力がある既婚男性は未婚女性のためにマンションを買ったり部屋を借りて住まわせるというようなこともあったようです。

割り切りと欲望の関係

上記のケースは恋愛途上ですが、上司と部下といっても人事関係の都合、より野心家である部下の女性あるいは部下の男性が上司の男性あるいは女性と枕営業のような形で親密になり人事を有利にすすめるという目的が明確なケースもあります。

給料査定などにも響くでしょうから、何事も知らずに日々の職務をこなしていただけの方は、人事後発表などに、そんなものだろうと思うのと同時に、上司とやたらに親密だった同期が一番いい部署に配属されたとか、役職があがったがそんなに評価されることはあったのだろうか、と思ったかもしれません。

男性顧客と女性販売員の場合

契約成立と交換条件

今は時代の流れとともに保険営業は少なくなってきましたが、インターネットがない一昔前は保険とは保険営業員と契約する形をとっていました。保険営業は男性もいますが既婚女性でも家事や子育てと両立できるために女性が保険営業の仕事をすることが多かったようです。

保険営業の女性というとイメージとしては頼もしく色々と知識豊富で明るくハキハキしている女性をイメージします。保険営業はノルマが課せられているので定期的に毎月契約できない場合、退職されられるように給料設定されていると聞きます。

そのような中で男性顧客から求められるのか自分から声をかけるのかはケースバイケースですが、保険の契約のために枕営業する時代もあったようです。

取引先と風営法飲食店や風俗店で接待

会社が懇意にしたい取引先に風営法飲食店や風俗店で接待し、取引先との関係を有利に進めることがあります。枕営業に類似はしていますが取引先のタイプの女性を間に取り持つことで自らの商談を有利に進めようとする作戦でしょう。相手の異性のタイプや好きな傾向を理解したり共有することで連帯感が生まれ今後の取引も他社にはない個人的なおつきあいを展開できるのでよくとられる手法となります。

水商売で枕営業

キャストと顧客

水商売とはただ異性と飲食をするだけでなく、個人的な関係を築くことで相手と信頼関係を築き疑似恋愛を楽しむサービスです。店側としては可能な限り客に店での支払いをよくしてもらいたいので、キャストに枕営業を無理強いしたり、キャストが何かしらの働きを顧客にするように遠回しに指示することがあります。また、顧客がキャストに枕営業を求めるといったケースもあるようです。

ホストと女顧客の場合

ホストの場合、顧客というのは女性になるため一般女性よりも社長や役員、もしくは風俗店で働いているような女性になります。同伴傾向としては大口顧客となるので、大体の金額を使ってくれる女性にたいしてどこまでするのかの冷静な線引きは通常兼ね備えています。

女性のキャストもそうですが、売れっ子になるほど信頼できる多くの顧客との交流が頻繁になるので枕営業はなくなるかむしろ少なくなります。枕営業するのは売り出し時か毎月の売り上げが落ちているような女性や男性が大口顧客との駆け引きで行うことが多いです。

芸能界の枕営業

売り出し時のタレント

大きなイベントや何らかの出演のためのオーディションを受けたときにプロデューサーや業界関係者から枕営業を強要されることがあるようです。結局、問題となるのは枕営業を強要する立場の人に魅力がないため問題視されるといえるでしょう。枕営業はお互いの同意のもとで初めて成立します。

ですが、片方の人が嫌なら成立しません。枕営業を強要されるのは魅力があるから誘われるのですが、問題は枕営業を強要するほうが魅力がなく枕営業したとしても性上納する側にとってマイナスにしかならない場合は枕営業を強要されることは事件に相当するでしょう。

そのため枕営業が自分にとってデメリットにしかならないと考えられた場合、正統な人権侵害として成立していきます。

枕営業が先か

残念なことに人間的な魅力というのは、正直なところ誰もが持っているわけではなくやはり一部の人間にのみ限られてしまうため、魅力がある方は特に芸能界では性接待で関係がうまくいったり、メディアに出る頻度が高くなるという傾向にあるのかもしれません。

ただし、魅力がないような人にはやはり枕営業の話が来ないというのは事実でしょう。枕営業させたいというのは、枕営業をさせたい人が対象となる人に異性としての魅力を感じたり欲望を満たした代償として、欲しい物や事を叶えてあげたいということになります。

その気もないのに性上納を強要される人にとっては迷惑な話です。ですが、だからこそ人としての魅力やそこに惹きつけられる異性としての欲望を焚き付けることができる人が芸能界で成功するというのは理に適っていること、また人が放つ魅力以外で芸能界そのものが成立するというのは難しいのかもしれません。

枕営業は過去の遺物になる?

業界で枕営業は死語になる

枕営業というのが昨今、取り沙汰されるようになりおそらく今後は枕営業が全面廃止されていくのではないかと推測されます。特に芸能界で最近のニュースは枕営業に関して隠されもせずに顕著になっているのが特徴的です。今後は、芸能界を含めて社会的に枕営業が禁止になっていく傾向になると思います。

そうなると今まで枕営業で決定されていたポストの評価基準がどこになるのかが意見が分かれてくるところですが、金額の多寡などが限りなく平面へ近づいていくので、観客の好き嫌いで決まっていきます。

なにより見られる側がどれだけの魅せるものをもっているのかが真価を問われていた時代の評価基準が性的な魅力に富んだ人であったのが、そのシステムがなくなったので一時的に人数が集まってもそれがいつまで続くのか誰にも分からないところでしょう。

かつてのように人の魅力というもので集客しようとしても、プロデューサー力がうまく機能していない、売り出したい人のアピールがうまくいかない、であれば集客は難しいかと思われます。

更にプロデューサーは趣味の範囲で求められてくるという可能性が未来予想図としては極めて高いでしょう。それゆえ、真剣に人の魅力をプロデュースするなどの気概がない状態になると予想されます。

枕営業が無くなった後の世界

近未来予想では、どのような商取引からも枕営業がなくなった世界を想像してみましょう。おそらく無理に契約をとるという営業スタイルもなくなり、性活動そのものの奔放さが抑圧される世界に到達していくのではないでしょうか。

性活動や性生活というものが人と人が関わる世界から切り離されていくなかで、それでも人と人が交わる生活を選択する人たち、性生活を捨てる近未来の世界を選択する人たちと二極化が進むと考えられます。

人が仕事から解放されていくにしたがい仕事で無理強いされてきたことがなくなっていき、趣味の世界や自分のやりたいことに没頭するためそこで関わりのある人との出会い以外、人間関係そのものが希薄になっていくからです。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop