ハラスメント調査相談サポート

Harassment support

ホーム > ハラスメント調査関連記事 > ハラスメント調査相談サポート > ハラスメントの被害者になりやすい人の特徴
公開日: 2021/11/17 最終更新日: 2021/11/12
ハラスメント調査関連記事 - ハラスメント調査相談サポート
 公開日: 2021/11/17 最終更新日: 2021/11/12

ハラスメントの被害者になりやすい人の特徴

どのような種類のハラスメントを受けるのも弱者であるのは間違いないでしょう。しかしこれからの時代は「弱者であることに誇り」を持つ時代が来るかもしれません。

ここではハラスメントの被害者になりやすい人と企業で被害者が声を出しやすくなった近況情勢をお伝えします。

ハラスメント被害者相談窓口│目次

モラルハラスメントを受けやすい人の特徴

ハラスメントに遭いやすい人の特徴とは

モラルハラスメントとは一般的に相手の言葉や態度によって心が傷つけられる被害を指します。モラルハラスメントを受ける兆候として相手にマウントをとる態度の人がいるために目に見えない上下関係やヒエラルキーが発生しています。

マウントを取りたい相手がマウントをしたい相手にたいして行う行為が被害者にとってモラルハラスメントというわけです。ハラスメントは嫌がらせやいじめの意味があります。

モラルハラスメントは学校・会社・家庭・所属団体・近隣住民・国籍との関係で、どこでも顕著に出ていることはよく知られていますよね。

モラルハラスメントの加害者は相手をマウントしたい心があるためにマウントを取りたい相手を冷静に観察します。そして、どこでマウントを取ればいいのか判断してからマウントをとります。

よってハラスメントの被害者になりやすい人というのは加害者がマウントしたい人と言えるでしょう。

ハラスメント

ハラスメント被害の実態

ハラスメントする側に左右される被害状況

ハラスメントの被害者になりやすい人はマウント対象として見られる人だと前章で述べました。

会社では特にその傾向は年収が少ない・年齢が若いなど立場が弱い方が集中的にマウント対象となることが挙げられます。

学校という場所で同級生同士でも何かしらヒエラルキーや、あるいは派閥とが各グループにある場合もハラスメントはあります。マウントが多方から一方へ向くというのは職場でも地域でも国籍の違いでもあまり大差はないかもしれません。

ハラスメントは色々な種類があり、ここでは違いについて述べませんが、たとえどのようなハラスメントであったとしても人が相手よりも「優位に立ちたい」、「自分の立場を確かなものとするために相手を牛耳たい」、といった場合にハラスメントとは生じます。

被害が発生する問題所在は、まずマウントとりたい相手にとって相手が気に入らなかったり自分の立ち位置を危うくする人物にたいして、あるいは集団でひとりをいじめたりする場合に発生します。ですからハラスメントとは、する側の身勝手に過ぎないといっても過言ではないでしょう。

ハラスメント状況

公益通報者保護法とは?

これからは隠し事のできない時代に

公益通報者保護法とは、企業などの内部告発者を保護する法律です。企業の不正だけでなく、社内外で行われたハラスメントの告発者までも保護します。パワハラやセクハラなどは場合によると刑法に抵触する可能性があります。

事業に従事している場合に適用となる法律ですので、休日の揉め事などには適用されません。しかしその場合でも内容によっては公益通報者保護法が適用されなくても刑法が直適用されることでしょう。

企業でハラスメントをしている現場を見た人のなかには、「通報したい」と必ず思う人はいるはずです。もちろんハラスメントを受けている人も「これはないな」と思ったら声を挙げてみるといった行動も必要です。

内部通報者にたいする不利益な取り扱いは是正されるように改正されていますので、これからは社会的弱者が声を出しやすい環境になるでしょう。

隠し事ができない社会へ

ハラスメント調査相談はこちら

無料出張相談も可能!

お住まいの場所や電車移動が不安・コロナウイルス対策で相談ルームまで行くのが不安な方のために、出張相談を実施しております。初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せ&ご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-506-862)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談&ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼&調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

ハラスメント調査Q&A

Q

パワハラ防止法について教えてください!

A

パワハラ防止法は、大企業が2020年6月、中小企業は2022年4月から施行となります。「パワハラ防止法」について詳しく解説していますのでご確認ください。

Q

行動を起こして職場の雰囲気が悪くならない?

A

耐える行為はエスカレートするリスクが高くなります。自分さえ耐えれば「丸く収まる」では精神的にダメージを与えるだけではなく、ウツ病を引き起こすなど二次災害が起きやすいので、耐えるふりをして、その日に起きた行為の記録を取り、解決に向けて行動してみましょう。

Q

ハラスメントに負けて退職しようか悩んでいます。

A

ハラスメント問題に目を背けないでください!加害者が自らハラスメント行為をやめることを待つより、自分から行動を起こす勇気が少しだけ必要です。仮に、辞めて環境が変わっても、また同じような状況にもしなったら逃げ続けるのでしょうか?逃げ続けなくてもほんの少しだけ動いていただければ解決できる策はいっぱいあります。まずは、ハラスメントの相談ができる窓口にお電話だけでもしてみましょう!それでも解決が難しく、訴訟問題に発展しそうなほどのトラブルに巻き込まれたときは、ハラスメントの証拠収集の専門家であるファミリー調査事務所にご相談ください。

まず、ハラスメントについて相談することから始めましょう。

ハラスメント相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、ハラスメント被害の状況、ハラスメント対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop