ホーム > ハラスメント調査関連記事 > ハラスメント調査相談サポート > ハラスメントの被害者になりやすい人の特徴
公開日: 2023/06/22 最終更新日: 2024/03/29
ハラスメント調査相談サポートハラスメント調査相談サポート
 公開日: 2023/06/22 最終更新日: 2024/03/29

ハラスメントの被害者になりやすい人の特徴

ハラスメントは、被害者の心身の健康や人間関係に深刻な影響を及ぼします。

しかし、被害者本人がハラスメントだと気づかなかったり、自責の念にかられて誰にも相談できずに抱え込む傾向が強いです。

泣き寝入りしないためには、どうすればいいのでしょうか。

この記事では、ハラスメントを受けやすい人の特徴と対策について紹介します。

丸メガネに髭を生やしたハット姿の探偵

執筆者:藤井2023年6月22日更新

ストーカー・嫌がらせ調査歴5年。オンラインに関する嫌がらせ対策を専門とする。電子端末のデータを解析する「フォレンジック調査」では社内で右に出るものはいないと言われるために日々奔走中。

⇒ 監修者ページ

ハラスメント被害者の相談窓口

モラルハラスメントを受けやすい人の特徴

ハラスメント

モラルハラスメントとは

モラルハラスメントとは、一般的に相手の言葉や態度によって心が傷つけられる被害を指します。

人間関係において、深層心理で相手にマウントを取りたい人がいるために、目に見えない上下関係やヒエラルキーが生じていることがあります。

マウントを取りたい人物がマウントしたい相手に行なう行為が、被害者にとってモラルハラスメントというわけです。

ハラスメントに遭いやすい人の特徴とは

ハラスメントの原因や責任は、加害者側にあるといって間違いありません。

しかし、それでも加害者側は被害者の隙を突いて、嫌がらせ行為を行ないます。

一般的に、以下のような特徴を持つ人は、ハラスメントを受けやすいと言われています。

  • 新しい環境に慣れない
  • 優しくて気が弱く、断れない
  • 素直で真面目で責任感が強い
  • 仕事や勉強に熱心で成果を出す
  • 他者とのコミュニケーションが苦手
  • 自己肯定感が低く、自分に自信がない
  • 性別や年齢、出身地などで差別されやすい

これらの特徴は、決して悪いことではありません。

むしろ、素晴らしい個性や能力です。

しかし、その素晴らしい部分に関して他人から嫉妬や敵意を持たれたり、利用されたりすることがあります。

また、自分の価値観や感情を主張しなかったり、抱え込んでしまうことで自分を守れなくなることも。

加害者のマウントを取りたいという思考を見抜き、毅然とした対応を取ることが解決の近道です。

ハラスメント被害の実態

ハラスメント状況

ハラスメントする側に左右される被害状況

ハラスメントの被害者になりやすい人は、会社では特に年収が少ない・年齢が若いなど立場が弱い方が集中的にマウント対象となることが挙げられます。

学校でも同級生同士で何かしらヒエラルキーや派閥がある場合も、ハラスメントは生じる可能性が。

マウントが多方から一方へ向くというのは、どんな職場・地域・国でもあまり大差はないかもしれません。

ハラスメントは色々な種類があり、すべてに共通なのは人が相手よりも「優位に立ちたい」「自分の立場を確かなものとするために相手を牛耳りたい」といった場合にハラスメントが生じます。

ハラスメントとは、する側の身勝手に過ぎないといっても過言ではないでしょう。

公益通報者保護法とは?

隠し事ができない社会へ

これからは隠し事のできない時代に

公益通報者保護法とは、企業などの内部告発者を保護する法律です。

企業の不正だけでなく、社内外で行なわれたハラスメントの告発者までも保護します。

これは事業に従事している場合に適用となる法律ですので、休日の揉め事などには適用されません。

しかし、その場合でも内容によっては公益通報者保護法ではなく刑法が直適用されることでしょう。

企業でハラスメントをしている現場を見た人のなかには、「通報したい」と必ず思う人はいるはずです。

ハラスメント被害者自身が声を挙げることが、被害を止めるために一番効果的です。

内部通報者にたいする不利益な取り扱いは是正されるように改正されていますので、これからは社会的弱者が声を出しやすい環境になるでしょう。

ハラスメント調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。

しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見えて困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので困ったときにはお気軽にご相談ください

流れ
無料相談

ハラスメント調査Q&A

Q

パワハラ防止法について教えてください!

A

パワハラ防止法は、大企業が2020年6月、中小企業は2022年4月から施行となります。「パワハラ防止法」について詳しく解説していますのでご確認ください。

Q

行動を起こして職場の雰囲気が悪くならない?

A

耐える行為はエスカレートするリスクが高くなります。自分さえ耐えれば「丸く収まる」では精神的にダメージを与えるだけではなく、ウツ病を引き起こすなど二次災害が起きやすいので、耐えるふりをして、その日に起きた行為の記録を取り、解決に向けて行動してみましょう。

Q

ハラスメントに負けて退職しようか悩んでいます。

A

ハラスメント問題に目を背けないでください!加害者が自らハラスメント行為をやめることを待つより、自分から行動を起こす勇気が少しだけ必要です。仮に、辞めて環境が変わっても、また同じような状況にもしなったら逃げ続けるのでしょうか?逃げ続けなくてもほんの少しだけ動いていただければ解決できる策はいっぱいあります。まずは、ハラスメントの相談ができる窓口にお電話だけでもしてみましょう!それでも解決が難しく、訴訟問題に発展しそうなほどのトラブルに巻き込まれたときは、ハラスメントの証拠収集の専門家である対策専門室にご相談ください。

まず、ハラスメントについて相談することから始めましょう。

ハラスメント相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、ハラスメント被害の状況、ハラスメント対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談