探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > あなたのお隣は大丈夫? 近隣で起こりやすい嫌がらせと解決方法
公開日: 2022/01/21
探偵ニュース
 公開日: 2022/01/21

あなたのお隣は大丈夫? 近隣で起こりやすい嫌がらせと解決方法

「玄関先や庭にゴミを捨てられる」「車に傷をつけられたり、落書きされている」「自宅ポストの手紙やハガキなどの郵便物が抜き取られている」…。些細なことから、こうしたトラブルに見舞われている人は少なくありません。ご近所との小さな食い違いや、生活習慣のズレがきっかけとなることもあります。

仮に、犯人が特定できたとしても、直接、文句を言うと、トボけられた上、逆恨みを買い、嫌がらせ行為がエスカレートすることもあるのです。

嫌がらせ被害調査相談窓口

相談者
嫌がらせ調査
2022年1月21日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、嫌がらせでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

体験談『小さな芽を摘むことの大切さ』

女性
ご依頼者様: 50代/女性 主婦
ご依頼内容: 嫌がらせの証拠収集調査
ご依頼理由:

 こちらのホームページに書いてある嫌がらせ被害よりは些細な事だと思うのですが、近所に住んでいる女性の行動に煩わしさを感じています。女性が車で外出する度に、私の自宅前でエンジンの爆音を響かせたり排ガスをまき散らしたりしてきます。一度や二度なら気にしないのですが、もう2週間近くずっと続けられているので、さすがに神経が参ってきてしまいました。

 その女性は近所でも変わり者という評判があり、他の住民の方々も腫れ物に触るような態度で接しているため、私も関わらないようにしてきました。けれどこの嫌がらせが始まる少し前に、私の趣味の楽器演奏について少し口論になった事があり…。音がうるさいという事でその場ではきちんと謝罪して、以後気を付けるように心がけてはいるのですが、恐らくそれが引き金になってしまったのだと思っています。

 でも、このまま泣き寝入りするのも癪に障りますし、こちらが一方的に我慢する謂れもありません。大ごとにしても結局は向こうが大騒ぎするのは目に見えているので、なるべく穏便に解決したいと思っています。どうするのが一番良いのでしょうか?

調査レポート:

 近隣住民とのトラブル事は、今も昔も変わりのない、ある意味伝統的な揉め事の代表ともいえます。何がきっかけでそのような状態になってしまったのか、その根本原因はそもそもどちらにあるのか、という問題はただの水掛け論になってしまいますが、かといって今起こっている嫌がらせ行為を見過ごして良いという話にはなりません。

 今回のご依頼内容に照らし合わせ、【調査対象者の嫌がらせ行為の証拠収集調査】を実施しました。ご依頼者自宅周辺で張り込み、調査対象者が意図的に騒音や悪臭をまき散らす行為を行っているのか、その頻度を映像と音声で収集。複数回の調査の結果、やはり明確な意思を持って行為に及んでいると判断できたため、作成した調査報告書を基にご依頼者と今後の対応について協議を開始しました。

 『なるべく穏便に』というご依頼者のご希望を汲み取り、最終的に当社調査プランナーが調査対象者と直に接触し交渉へ。変わり者という触れ込みの通り、こちらの話がやや通じない点もありましたが、調査で取得した証拠を提示する事で観念したのか、最終的に誓約書を取り交わす事で合意に至る結果となりました。『まさか探偵まで雇ったなんて』とかなり驚いていた調査対象者でしたが、被害者=ご依頼者からすればそれほど深刻な問題であったのだという事、誓約書を遵守すればそれ以上大ごとにはしない事を伝えると、最後にはかなり反省の念を見せているように思えました。後日ご依頼者から『あれ以来被害はぱったりと止んでいるし、外出する姿もほとんど見かけなくなった』とのご連絡が入った点からみても、今回の調査がある程度の抑止力となって働いていると言えるのでしょう。

 嫌がらせ行為の多くは、被害者側が何も抵抗をせずにいると、どんどんエスカレートする傾向が見られます。であるからこそ、今回のように些細な嫌がらせ行為の段階ですぐに手を打つ事が、被害拡大の防止と問題の早期解決に繋がるのです。

近隣で起こる嫌がらせの種類

近隣トラブル

被害状況を記録する

嫌がらせ行為にはさまざまな方法があります。『近隣であるからこそできる嫌がらせ』も存在し、ターゲットを追い詰めていきます。近隣で起きる嫌がらせの代表例に以下のようなものがあります。

  • 臭気
  • 自宅の周辺などに汚物や生ごみ、動物の死骸を置くことで、それから発せられる腐臭などの不快な臭いを意図的に発生させて嫌がらせを行なうものがあります。臭いは空気中を漂うため、こういった嫌がらせは第三者でも気づきやすいのが特徴です。

    ご自宅やその周辺に対して臭気測定を行い、数値化することによってその臭いが日常生活に支障をきたすものか、誰かが人工的に発生させている者なのか調べていきます。

  • 電磁波
  • 電磁波照射による過敏症により、皮膚の感覚に不快感を受けるといった被害が報告されています。ただし、電磁波過敏症は生活家電や電線から発せられる電磁波によって過敏症になるケースもあるため、全てが嫌がらせ行為から起こるものとは限りません。

    こちらも生活環境で発生しえない電磁波が発生しているか、故意に発生されたものでそれがどこから発せられているのか、数値化しながら特定していきます。

  • 騒音
  • 集合住宅の場合は壁を叩いたり、大音量で音を流すなどの迷惑行為がありますが、周囲の影響もあるのでターゲット以外にも被害が及ぶため、このような手法で嫌がらせを行なうことはほとんどありません。近年では、『パラメトリックスピーカー(指向性スピーカー)』を使ってさまざまな音を対象にピンポイントで送る方法が確立され、目に見えない嫌がらせのポピュラーな手法とされています。

    生活騒音は時間帯によって変化するため、最も被害の大きい時間帯に合わせ騒音レベルの測定を行います。上二つの調査にも言えますが、目に見えない嫌がらせの被害は数値化によって被害の内容を証明していくことが基本となります。

  • つきまとい
  • 近隣住人から村八分にされるケースの中には、ターゲットにつきまといあらゆる行動を監視することによって精神的に追い詰めようとするものがあります。こうしたつきまとい行為は個人で行なうことはほとんどなく、大抵の場合は複数人で行なわれることが多いです。

    つきまといは不特定多数で行なわれることが多いため、ご自宅周辺の監視をメインにつきまといをする人物が誰なのか調べていき、最終的につきまといを手引きした『黒幕』を突き止めることを目標に調査していきます。

  • 風評被害
  • ターゲットに対する根も葉もない噂を流すことにより、周囲からレッテルを貼られてしまう被害です。エスカレートしてしまうと『あそこの〇〇さんは悪者だ。』と思われるようになり上述の嫌がらせ行為を日常的にされてしまう事態に発展することもあります。

    噂には必ず出どころがあります。独自の聞き込みテクニックにより、その噂は誰がもたらしたものなのか、特定する調査になります。

警察も対処できない「陰湿な嫌がらせ」

犯人が特定できても…

嫌がらせ行為も犯人がある程度、特定できたとしても、身体的な暴力行為や、威嚇・脅迫行為、私有物の破壊などがない限り、警察では「住民同士の民事トラブル」として扱われ、捜査することはほぼありません。

嫌がらせ行為をしている当人は、その事実を知っているので、警察沙汰にならず、加えて、証拠をつかませないやり口で、嫌がらせしてきます。そして、その状態を放置すれば、調子に乗って、手口がエスカレートすることも多くあります。

まずは「独りで抱え込まないこと」

こうした嫌がらせを受け、そのストレスを受け続けていれば、精神的におかしくなってしまいます。まずは、家族や実家、友人、味方になってくれそうなご近所などに話すことで、気が休まると同時に、解決へのアドバイスを受けられるかもしれません。

また、集合住宅であれば管理人や管理会社、戸建てであれば町内会長や自治会長に相談することで、抑止力になる可能性もあります。

陰湿な嫌がらせに対処するには

被害状況を記録する

まず、自分でできる対処法の第一歩として、嫌がらせ行為を受けたら、その詳細をメモ書きとして、記録を残しましょう。被害に気付いた日時やその状況、その結果、どんな気分になったかなども記録しておけば、なおベターでしょう。

その記録が、後々、警察沙汰や裁判沙汰となった時、証拠になる可能性もありますので、保管しておくことが重要です。

「解決」を求めるなら専門家への依頼を

より効果的、かつ効率的に嫌がらせ行為をやめさせたいのならば、確実な加害者の特定と嫌がらせ行為の証拠を集める必要があります。それには、防犯カメラの設置や周辺の張り込みや聞き込み調査など、個人で行なうには困難な方法もあります。

そこで、嫌がらせ対策に対応した探偵・調査会社に依頼することで、証拠を揃え、警察への被害届の提出や示談・裁判、「法的措置を検討する」旨を伝える内容証明の送付などに持っていくことで、問題の根本的な解決に近付くことが可能となります。

裁判や調査でも認められる調査報告書

嫌がらせ調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

嫌がらせ被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、嫌がらせ被害の状況、嫌がらせ対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop