いじめ調査関連記事

Bullying

ホーム > いじめ調査関連記事 > 子どものいじめについて
公開日: 2021/01/07 最終更新日: 2021/04/07
いじめ調査関連記事
 公開日: 2021/01/07 最終更新日: 2021/04/07

子どものいじめについて

あなたはどこまで気づいていますか?

2018年の調査で、子どもの自殺数が過去最多となりました。
「いじめ」が原因の自殺は2.7%に留まりましたが、これは「明確に遺書に記載されている」、「学校で行われたいじめを教育委員会が認めている」などの場合で、自殺の原因の6割が「不明」となっています。

昨今ではかつてのような暴力や恐喝のようなわかりやすいものではなく、SNSやスマートフォンの普及によって気軽に年齢や顔を公開した情報発信が不特定多数の目に留まってしまい、加害者がわからない「誹謗中傷」を受けたり、身に覚えのないデマ情報の拡散されるといったいじめが子どもたちの心のストレスとなっています。

子どものいじめを解決するには│目次

陰湿化する現代の子どものいじめ

近年の子どものいじめ事例

  • 「LINEで自分だけグループから外される仲間外れを受けた」
  • 「友達同士で流行っているオンラインゲームに参加しなかったら、身に覚えのないウワサを流された
  • 「Instagramで写真をアップしていたら執拗な嫌がらせコメントが届く」
  • 「掲示板に以前の交際相手にしか送っていない写真が貼りつけられた」
  • また最近ではSNSで簡単に顔出しが出来てしまったり、モデルやアイドルなどの芸能活動をするハードルが下がっているため、まったく知らない第三者からの誹謗中傷、明らかに近い人物が掲示板で誹謗中傷をしているが誰だかわからない、など案件が陰湿化しています。

    特に誹謗中傷がSNS上やオンライン上で行われている場合は、保護者が気付くことが難しくなっています。

    私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

    あなたの子どもが被害者になってしまったら

    子どものいじめに気付いたら

    • LINEのスクリーンショット、SNSでもDMのやりとりなど自分で集められるの証拠は保管しておく
    • 壊された物や汚された物があれば、保管をしておく
    • 悪口が書かれたプリントやノート、教科書、落書きなどがあれば写真に撮って現物を保管しておく

    学校や警察に相談する場合必ず必要になるのは「証拠」なので、いじめに気が付いたら子どもの話をよく聞き、証拠となるものがないかを確認してください。自力で集められるものや残っている証拠は、必ず保管するようにしてください。

    いじめで学校や警察が動く証拠とは

    • 相手の顔が映った、いじめを行っている画像、動画
    • 相手の名前が入った、いじめを自白する録音データ
    • 相手の本名でのメールやLINE、DMでの文書
    •  ※本名ではないアカウントやアドレスの場合、相手の者であるという証拠が必要

    このように、証拠として確固たるものは自力で集めることが難しかったり、高価な機材が必要になる場合が多いです。 ほかにも、自力で聞き込みを行うと学校と保護者や、保護者間の関係悪化が懸念されたり、子どもの友人関係にも影響する場合が多く細心の注意が必要になります。

    探偵事務所では「高画質なカメラでの撮影」や、「人間関係を壊さない聞き込み」などの証拠収集が可能です。

    子どものいじめ被害の証拠収集相談窓口

    一人で悩んでもなにも解決しません…
    是非ご相談を!

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の相談室をご紹介します。

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、相談員との打ち合わせでご利用する相談室は、周囲に会話の内容が漏れないよう完全個室をご利用になれます。また、完全個室は防音対策済みで、どんな些細な情報も外部に洩れることの無いよう、細心の注意を払っていますのでご安心下さい。いじめ対策のご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。

    新型コロナウイルス感染症対策について

    相談室のご利用の際は正面入口にて「検温」「手指の消毒」「マスクの着用」をお願いしており、「検温」で37.5度以上の発熱があった場合や、「手指の消毒」「マスクの着用」に応じていただけない場合は、ご面談日を変更させて頂くことがあります。

    恐れ入りますが、皆様のご理解・ご協力の程、お願い申し上げます。

    まず、いじめについて相談することから始めましょう。

    いじめ被害相談フォーム

    現在お持ちのお悩み事、いじめの状況、いじめ対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい

    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop