いじめ調査関連記事

Bullying

ホーム > いじめ調査関連記事 > 大人のいじめについて
公開日: 2022/03/15 最終更新日: 2022/08/31
いじめ調査関連記事
 公開日: 2022/03/15 最終更新日: 2022/08/31

大人のいじめについて

大人のいじめは「絶対に許さない」

近年、日本経済の悪化を背景に、会社などの職場で起こる「大人のいじめ」が増加。職場での嫌がらせ行為やパワハラなどを受けて、精神障害を発症した件数が、この10年で10倍になったともいわれています。

また、「無視される」「仕事が与えられない」などは、一見、パワハラにはあたらないと思われがちで、独りで悩みを抱え込むケースもありますは、こうした行為も全て、パワハラ防止法(改正労働施策総合推進法)による「ハラスメント行為」に該当します。

会社側が必要な防止措置を取らない場合、是正指導の対象になります。加えて、隣近所やママ友などのコミュニティーにおいても「大人のいじめ」は存在します。こうした悪質な「大人のいじめ」に遭ったら、どう行動すべきでしょうか。

大人のいじめ被害を根絶するためには│目次

専門家
大人のいじめ調査
2022年3月15日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、大人のいじめでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

1-1 職場における「大人のいじめ」

いじめ 大人

人がいるところに「いじめ」あり

大人は、ほとんどの時間を職場で過ごします。つまり、大人のいじめの大半は、職場で行われます。この場合、加害者は職場の上司にバレないように嫌がらせをしてきます。

さらに、上司にいじめられるケースもあります。若い社員をターゲットとされることが多いですが、40代以上の社員に対して行われるケースも増えています。

さまざまな手口

手口として、悪意ある無視や人前で恥をかかせる、ありもしないハラスメント行為をでっち上げられる、能力を疑問視されるような悪い風評を流すなど、悪質なケースも見受けられます。

加えて、ネット上での不特定多数による誹謗中傷・バッシングや、近隣住人、ママ友の間でのいじめ、地方におけるムラ社会での過剰な監視・干渉なども「大人のいじめ」といえます。

2-1 シチュエーションにより異なる「大人のいじめ」対処法

職場でのいじめへの対処法

職場でのいじめは、加害者の性格などに加え「相談窓口がない、あるいは機能していない」「ハラスメント研修が不十分」「年功序列による上下関係」といった要因に加え、経営者が短期的な利益追求の手法として、非効率な社員、異質とみなす社員を退職に追い込むことによって、“見せしめ”として他の社員を律することに利用する会社がいじめを容認する悪質極まりないケースもあります。

このような組織に属してしまった時には、日頃の周囲の行動や言動をチェックし、必要とあれば、メモを取ったり会話を録音するなどして、自衛することが必要です。

生活コミュニティーにおけるいじめへの対処法

職場以外でも、近隣住民やママ友などの閉ざされたコミュニティーや、SNSなどのネット上のコミュニティーなどでも、「大人のいじめ」は存在します。

きっかけはちょっとしたトラブルや、生活環境や貧富差がもたらすやっかみであったりしますが、誰しもが被害者になり得るものです。

こうしたケースでは、放置すればエスカレートする傾向にあるので、一刻も早く、当事務所などの探偵・調査会社に依頼することで、いじめの証拠の確保し、加害者に対抗する姿勢を見せることが重要です。

また、警察への被害届提出をすることで、二次被害を防ぐことにもつながります。

2-2 話し合いの準備や対応しない時の対処法

職場でのいじめへの対処法

職場いじめの代表的なものとして、集団での無視や仲間外れ、仕事を与えないなど、より陰湿化して行われるケースがほとんどでしょう。

こうした手法で、従業員をうつ病などの精神疾患に罹患させ、自主退職に追い込む悪質なコンサル会社も存在します。

こうしたブラック企業では、「面談」と称し、仕事上の能力を蔑む以上に、人格を否定するような言葉を浴びせることも多く存在します。

この場に、会社側が用意した悪質弁護士も同席していることも多く、いじめの被害者に精神的苦痛を与えるだけではなく、“訴えられるものなら訴えてみろ”といったプレッシャーを与えます。

このような、会社ぐるみのいじめについては、社内での解決は望み薄といえます。

かといって、感情的になり、会社の内情をネットで流したり、会社の守秘義務のある情報を流すなどに不法行為を犯すことで、いじめ加害者に有利となってしまいます。

一度、自分の置かれた立場を見つめ直して、証拠の確保に努め、必要があれば、労働基準監督署への通報や告訴を検討しましょう。

3-1 大人のいじめ相談窓口

一人で悩んでもなにも解決しません…
是非ご相談を!

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の相談室をご紹介します。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、相談員との打ち合わせでご利用する相談室は、周囲に会話の内容が漏れないよう完全個室をご利用になれます。また、完全個室は防音対策済みで、どんな些細な情報も外部に洩れることの無いよう、細心の注意を払っていますのでご安心下さい。

いじめ対策のご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。

新型コロナウイルス感染症対策について

相談室のご利用の際は正面入口にて「検温」「手指の消毒」「マスクの着用」をお願いしており、「検温」で37.5度以上の発熱があった場合や、「手指の消毒」「マスクの着用」に応じていただけない場合は、ご面談日を変更させて頂くことがあります。

恐れ入りますが、皆様のご理解・ご協力の程、お願い申し上げます。

まず、大人のいじめについて相談することから始めましょう。

大人のいじめ被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、大人のいじめの状況、大人のいじめ対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop