ホーム > ハッキング調査関連記事 > スマートフォン(スマホ)のハッキング被害の対策について
公開日: 2024/02/13
ハッキング調査関連記事
 公開日: 2024/02/13

スマートフォン(スマホ)のハッキング被害の対策について

現代のスマートフォンは私たちの生活の一部となっていますが、ハッキング被害には注意が必要です。

本記事では、スマートフォンのハッキング被害のリスクや一般的な攻撃方法について解説し、さらに対策としてのセキュリティの強化や個人の注意点についても紹介します。

大切な個人情報を守るために、適切な対策を講じましょう。

丸メガネに髭を生やしたハット姿の探偵

執筆者:藤井2024年2月13日更新

ストーカー・嫌がらせ調査歴5年。オンラインに関する嫌がらせ対策を専門とする。電子端末のデータを解析する「フォレンジック調査」では社内で右に出るものはいないと言われるために日々奔走中。

⇒ 監修者ページ

目次│

1- スマホのハッキングとは

スマートフォンのハッキング

スマートフォンのハッキングとは、外部の攻撃者がスマートフォンのセキュリティに侵入し、不正なアクセスやコントロールを行うことを指します。

ハッカーはさまざまな手法を使用してスマートフォンをハッキングし、個人情報の盗み出し、マルウェアのインストール、通信の傍受などを行うことがあります。

ハッキングによってスマートフォンのデータやプライバシーが危険にさらされる可能性があります。

セキュリティ意識を高め、適切な対策を講じることが重要です。

2- スマホハッキングの代表的な手口

スマートフォンのハッキングにはさまざまな手口がありますが、以下は代表的な手口の一部です。

 

フィッシング

攻撃者が偽のウェブサイトやメールを通じてユーザーの個人情報を詐取する手法です。ユーザーは偽のサイトやメールに誘導され、個人情報を入力してしまうことがあります。

 

不正アプリやマルウェア

信頼性の低いアプリやダウンロードされたファイルにマルウェアが仕込まれている場合、スマートフォンが感染する可能性があります。これにより、攻撃者はスマートフォンのデータや通信を盗み取ることができます。

 

ソーシャルエンジニアリング

攻撃者は人々の信頼や情報を利用して、スマートフォンのセキュリティを突破します。例えば、詐欺電話や偽のサポートセンターによる情報詐取などが挙げられます。

 

ソフトウェアの脆弱性

スマートフォンのオペレーティングシステムやアプリには脆弱性が存在する場合があります。攻撃者はこれらの脆弱性を悪用して不正なアクセスを行います。

 

パスワードの推測やクラック

弱いパスワードを使用している場合、攻撃者は推測やクラックによってパスワードを解読し、スマートフォンにアクセスすることができます。

 

ショルダーハッキング

ショルダーハッキングは、攻撃者が被害者の肩越しにスマートフォンを盗み見たり、操作したりする手法です。公共の場での使用時や人混みでの注意が必要です。

 

freeWi-Fiを使った乗っ取り

公衆Wi-Fiを利用した乗っ取りは、攻撃者が偽の無料Wi-Fiネットワークを提供し、接続したデバイスの通信を盗聴または操作する手法です。注意を怠ると個人情報が漏洩する可能性があります。

 

これらは一部の代表的な手口ですが、スマートフォンのハッキング手法は常に進化しています。

スマートフォンのセキュリティを強化し、注意深く行動することが重要です。

3- スマホハッキングの被害事例

スマートフォンの中にはさまざまな情報が入っています。

プライベートなことから仕事の内容まで、あなたの情報が、手のひらサイズの端末に詰め込まれています。

スマホはまさにあなたの分身なのです。その情報を盗まれた時の被害は甚大です。

  • フィッシング攻撃による個人情報の詐取:偽のメールやウェブサイトを通じて、ユーザーが個人情報を入力し、攻撃者によって詐取される。
  •  
  • マルウェアによる情報漏洩:不正なアプリやリンクからスマートフォンにマルウェアが侵入し、個人情報や通信内容が盗まれる。
  •  
  • ソーシャルエンジニアリングによるアカウント乗っ取り:攻撃者が詐欺電話や偽のサポートセンターなどを利用し、ユーザーのアカウント情報を騙し取る。
  •  
  • 不正なWi-Fiネットワークの利用:公衆Wi-Fiを装った偽のネットワークに接続させ、通信内容を盗聴または操作する。
  •  
  • ショルダーハッキング:公共の場でスマートフォンを盗み見られ、個人情報やパスコードが漏洩する。
  •  
  • SMSや電話を利用したフィッシング:SMSや電話で偽のメッセージを送り、ユーザーを騙して個人情報を入手する。
 

ハッキングという落とし穴にはまると、生活環境、位置情報から人間関係まで全ての個人情報を覗かれてしまいます。

まさに、あなた自身がハッキング加害者に丸裸の状態でさらけ出されてしまうことになりかねません。

深刻なのは、この被害が家族や友人、会社の関係者、知り合いにまで広がるリスクが潜んでいることです。

あなたのスマホがハッキングされると、連鎖的にあなたとかかわりのある人たちにまで被害が及ぶ恐れがあります。

4- スマホハッキングに気付けない時は

要注意ポイント

ハッキングの恐いところは、ハッキングされても気づかないことがほとんどという点です。

知らない間に個人情報を盗み見られるだけでなく、常に監視されているような状況におかれ、また知らない間に重要な情報を抜かれている可能性もあります。

以下のポイントに注意することで、早期にハッキングを検知することができます。

異常な動作や挙動の観察:スマートフォンの動作が以前と異なる場合、予期しないエラーやクラッシュが頻発する場合、アプリが勝手に起動するなどの異常な挙動に注意しましょう。

 

データの異常な消失や改ざん:重要なデータが突然消失したり、変更されたりする場合、ハッキングの可能性があります。ファイルやアプリの不正なアクセス履歴を確認することも重要です。

 

通信の異常をチェック:スマートフォンの通信量が突然増加したり、通信速度が著しく低下したりする場合、マルウェアやネットワークへの不正なアクセスがある可能性があります。

 

不審なメッセージやリンクに警戒する:怪しいメール、SMS、ソーシャルメディアのメッセージ、不審なリンクには注意しましょう。クリックや情報入力前に送信元やリンクの正当性を確認することが重要です。

 

セキュリティソフトウェアの導入:信頼できるセキュリティソフトウェアをスマートフォンに導入し、定期的にアップデートとスキャンを実施しましょう。

 

他にも、「スマホの動作が重い」「カメラのアプリが起動する」「通信量が増えた」「迷惑メールが増えた」などの症状が頻発する場合、要注意です。

ハッキングに気づいた場合は、セキュリティ専門家に相談したり、機器を専門的に調査してもらったりすることを検討しましょう。

また、定期的なバックアップを行い、重要なデータを保護することも大切です。

ご相談の際にはご自身のスマホではなく固定電話、知人に電話を借りる、公衆電話を使用してのお問い合わせをおすすめします。

5- スマホハッキングの調査レポート

夫からスマホハッキングを受けた40代女性

40代女性が夫からのスマートフォンハッキング被害に悩まされています。

長年の結婚生活で衝突が増え、夫は浮気を疑っているようで束縛が増えました。

プライバシー侵害を解消するため、専門家の助けを求めることにしました。

女性
ご依頼者様: 40代/女性 会社員
ご依頼内容: スマートフォンをハッキングされたかもしれない
ご依頼理由: わたしがどこで何をしているのかを夫が把握しており、その証拠が欲しいため
相談レポート:

最近、夫との関係が悪化し、夫からスマートフォンをハッキングされている可能性があります。夫は浮気を疑っているようで、無実なのに束縛されています。

最初はメールで行動を監視されていましたが、最近はスマートフォンを交換しても行動が把握されているようです。もしハッキングされているのなら、証拠を収集し、止めさせたいです。

行動が監視されるのは不快なので、場合によっては離婚も考えています。プライバシーを侵害されないようにするために、専門家の助けを借りることも検討しています。

調査レポート:

ご依頼者のスマートフォンに不正アクセスがあり、ご主人が関与している可能性が疑われました。ハッキング調査により、内部データを解析し、不正アクセスの履歴や情報漏洩の証拠を収集しました。

調査結果から、ご主人のスマートフォンやパソコンから不正アクセスがあったことが判明しました。

その後、依頼者は証拠をもとに離婚調停を行い、ご主人は慰謝料の支払いに応じて離婚が成立しました。依頼者は離婚後に元夫からのつきまといもなく、安心しているとのことです。

 

6- スマホハッキング対策

スマートフォンのハッキングから身を守るためには、以下の対策を実施することが重要です。

最新のソフトウェアを使用する

スマートフォンのオペレーティングシステムやアプリケーションを最新のバージョンにアップデートし、セキュリティの脆弱性を修正します。

 
強力なパスワードを設定する

複雑で予測しにくいパスワードを使用し、定期的に変更します。指紋認証や顔認識などのバイオメトリクスも有効です。

 
不正なアプリを避ける

信頼されたアプリストアからのみアプリをダウンロードし、不正なアプリやアプリの許可範囲に注意します。

 
公共Wi-Fiの利用に注意する

公衆のWi-Fiネットワークはセキュリティリスクが高いため、個人情報を含む重要な情報の送信や取引は避けましょう。

 
セキュリティソフトウェアを導入する

信頼できるセキュリティソフトウェアをスマートフォンにインストールし、定期的なスキャンとマルウェアの検出を行います。

 
バックアップを定期的に作成する

重要なデータを定期的にバックアップし、万が一の場合に備えます。不審なメッセージやリンクに注意する:不審なメールやSMS、ソーシャルメディアのメッセージ、リンクをクリックせずに削除しましょう。

 
スマートフォンの監視とロック

不用意にスマートフォンを他人に渡さず、盗難や紛失から守るためにパスコードや指紋認証を有効にしましょう。

 

これらの対策を組み合わせることで、スマートフォンのハッキングリスクを最小限に抑えることができます。

7- スマホハッキングに関する相談窓口

以下のような被害にお悩みの方は、ご相談ください。

  • スマートフォンの動作が不審に遅くなったり、異常になったりしている。
  • プライベートな情報が漏れたり、不正にアクセスされた可能性がある。
  • スマートフォンの設定やアプリが勝手に変更されたり、操作が制限されたりしている。
  • インターネット上での誹謗中傷に悩まされている。
  • メッセージや通知が不審な内容で届いたり、不正なリンクが送られてきたりしている。
  • スマートフォンのバッテリーが急速に消耗するなど、異常な動作を示している。

これらの問題に関して、プライバシーやセキュリティの懸念がある場合、専門家に相談することをおすすめします。

ハッキング被害や不正アクセスの疑いがある場合、適切な調査や対策を行うことで問題を解決することができます。

まず、現状について相談することから始めましょう。

スマホハッキング調査相談フォーム

スマホハッキング被害の状況、スマホハッキング対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談