探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > スマートフォン(スマホ)のハッキング被害|確認すべき5つの事
公開日: 2020/01/11 最終更新日: 2020/11/04
探偵ニュース
 公開日: 2020/01/11 最終更新日: 2020/11/04

スマートフォン(スマホ)のハッキング被害|確認すべき5つの事

ハッキングとは、コンピューターシステムへ不正にアクセスし、データを改ざんしたり、個人情報を入手したりする犯罪行為(サイバー犯罪)です。ハッキングによって大規模な被害が発生するケースもあります。このページでは、ハッキングとはどのような行為なのか、また被害に遭ったらどのように対応すればいいのかを説明します。

スマートフォンのハッキング被害対策について

スマホハッキングの代表的な手口

フィッシング(個人のネットワークに入り込む)

不正に改ざんしたサイトやメールなどを使用し、アクセスしてきた個人のネットワークへ忍び込み、ID、パスワード、カード情報などを盗み出します。被害者を偽のサイトに誘い込むことから「釣り(フィッシング詐欺)」と呼ばれるようになりました。中には悪質なプログラムが仕組まれたフリーソフトなども存在します。Webサイトの改ざんなどもフィッシングの一つとされています。

ショルダーハッキング

SNS等などにログインする際、ターゲットのキーボード上の動きや画面を盗み見て、パスワードやアカウント情報を盗み出します。ターゲットの背後から、肩越しに覗き見るのでショルダーハッキングと呼ばれるようになりました。原始的なやりかたですが、これもフィッシングに含まれるハッキング行為とされています。

freeWi-Fiを使った乗っ取り

freeWi-Fiは公共の場やお店などで無料で使うことができる通信システムで、フリースポットが多くあります。ハッカーは独自に作ったWi-Fiを流し、利用者がそのWi-Fiに接続するように意図的に仕向け、スマホをハッキングします。所要時間は2分もかからないと言われています。

このように、一口にハッキングと言ってもさまざまな手段があり、ターゲット(被害者)のスマホが手元になくても簡単に情報を盗み取ることができます。繁華街や電車など日常生活に危険が潜んでいるため、細心の注意が必要であり対策が必要です。

スマホハッキング被害事例

  • 個人情報の漏洩
  • 遠隔操作で盗撮や盗聴される
  • アカウントの乗っ取り、不正利用
  • 位置情報の漏洩
  • 端末にロックをかけられて金銭を要求される
  • データの改ざん
  • 機器の動作不良

スマートフォンの中にはさまざまな情報が入っています。プライベートなことから仕事の内容まで、あなたの情報が、手のひらサイズの端末に詰め込まれています。スマホはまさにあなたの分身とも言えるでしょう。

しかし、ハッキングという落とし穴にはまると、生活環境、位置情報から人間関係まで全ての個人情報を覗かれてしまいます。まさに、あなた自身がハッキング加害者に丸裸の状態でさらけ出されてしまうことになりかねません。

深刻なのは、この被害が家族や友人、会社の関係者、知り合いにまで広がるリスクが潜んでいることです。あなたのスマホがハッキングされると、連鎖的にあなたとかかわり合いのある人たちにまで被害が及ぶ恐れがあります。

さらにハッキングの恐いところは、ハッキングされても気づかないことがほとんどという点です。知らない間に個人情報を盗み見られるだけでなく、常に監視されているような状況におかれ、また知らない間に重要な情報を抜かれている可能性もあります。

ハッキングする側からすれば、無防備なスマホはまさに『入れ食い状態』です。次に紹介する項目ではスマホがハッキングされているときに起きる症状についてごせつめいします。ぜひ参考にしてみてください。

真実を知らなければ何も変わらない

スマホハッキングによる症状

スマホの動作が重い

最近スマホの動作が重くなったというようなことはありませんか?アプリを開く際にフリーズしてしまうなどの症状が頻発する場合には、注意が必要です。自分で何かのアプリを入れたせいで動作が重くなっているのであれば問題はありませんが、アプリもインストールしていないし、バックグラウンドで動作するアプリを複数起動しているわけでもないのに動作が重い場合は、ハッキングのプログラムが動いている可能性があるので、注意が必要です。

勝手にカメラのアプリが起動する

操作した覚えがないのにいつの間にかスマホのにカメラが起動している、ということはありませんか?そのようなときは遠隔操作で写真や動画の撮影をして、あなたの行動を監視している可能性が考えられます。このような遠隔操作は簡単にやることができるので、ストーカー被害に遭われている方は特に注意が必要です。

見覚えのないアプリがある

ホーム画面やアプリ一覧画面に、見覚えのないアプリはありませんか?知り合いに設定を頼んだり、スマホから目を離したりした隙に、ハッキングをするためのアプリをインストールされている可能性があります。不正アプリを使うとアイコンが表示されず、ディスプレイ上では気がつかないケースもあるので、注意が必要です。

通信量が増えた

特に動画等などを見たわけではないのになぜか通信料が増えた・使用可能な容量が減っている、ということはありませんか?ハッカーが、被害者のスマホから自分のPCなどにデータを送信するときに、通信量は増加します。月々の通信料がいつもより多くなっていたり、やたらと残りギガ数が減ったりしている場合には注意が必要です。

謎のメールが届いた

身に覚えのないメールは届いていませんか?迷惑メールの可能性も考えられますが、ハッキングツールの中には、被害者とハッカーのスマホをリンクさせる内容のものがあります。添付ファイルやURLが添付されている場合は、絶対に開かないように注意してください。うっかりタップすると、ハッキングされることがあるので、気をつけてください。

ハッキングによる主な症状についてご紹介しましたが、このような症状に心当たりのある方は注意が必要です。早急な対応がご自身の情報を守ります。不審な点や思い当たることがある方は、まずはお気軽にお問い合わせください。ご相談の際にはご自身のスマホではなく固定電話、知人に電話を借りる、公衆電話を使用してのお問い合わせをおすすめいたします。



スマホハッキング対策

スマホをハッキングさせないための環境作り

FreeWiFiに接続しない

近年日本でもFree Wi-Fiのスポットが増えてきましたが、誰でも接続できる利便性を狙い、悪意のあるユーザーも入り込んでいる可能性が十分考えられます。Free Wi-Fiは暗号化されていないため、あなたがお使いのIDやパスワード、どのようなことを検索しているのかまで簡単に割り出すことができてしまいます。

常にWiFiの設定をオンにしている人は要注意です。 Free Wi-Fiの中には、パスワードを入力せずに自動で接続してしまうこともあるため、悪意あるユーザーはあえて誰でも接続できる状態のスポットに構えている場合があります。知らない間に悪意あるWiFiスポットにアクセスし、そこで通信を行なったことで、大事な情報を盗み取られる危険もあるので、できるだけ外出時はWiFiをオフにしておきましょう。

見覚えないのアプリは削除

ホーム画面やアプリ一覧に、見覚えのないアプリがある場合は削除しておきましょう。 不正アプリを用いて遠隔操作をしている可能性も考えられるので、定期的にアプリのチェックをする必要があります。見覚えのないアプリがあったら、悪意のある人物があなたの知らないうちにスマホに触っているかもしれません。そのような事態を防ぐためにも、スマホにはパスコードを設定し外出先では極力肌身離さず持ち歩くことが大切です。スマホはあなたの分身・あなた自身であることをお忘れなく。

パスワードを統一しない

スマホにはパスワードをつけたロックを掛けましょう。またパスワードもサイトごとに変更するようにします。設定したパスワードがどれも同じだと、パスワードを見破られたら全てのサイトへの侵入を許すことになってしまいます。また名前や生年月日をパスワードにすると簡単に見破られるので、できるだけ複雑なパスワードの設定をおすすめいたします。

大勢人がいる場所で重要な情報は記入しない

繁華街や電車内など大勢の人がいたり、他人と密接したりしていても不自然でない場所ではパスワードや重要な情報ショルダーハッキングされる危険があります。パスワードを知られるとさまざまなサイトに侵入され、個人情報を覗かれるので十分な注意が必要です。横からは見えない画面フィルム貼るなどで予防することもできます。

スマホは連絡先や住所、写真等など他人の情報も入っています。大切かつ重要な情報が詰まったスマホをハッキングされないようするには事前の対策が必要不可欠です。ハッキング被害に遭った方は、同じような被害に遭わないようにするためにも、ご自身でできうる限りの対策を施しましょう。ハッキング対策について、さらに詳しく知りたいという方は当社へお気軽にお問い合わせください。

スマホハッキングに関する相談窓口

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop