探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 【集団ストーカー用語】アンカリングについて
公開日: 2018/11/08 最終更新日: 2021/04/13
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2018/11/08 最終更新日: 2021/04/13

【集団ストーカー用語】アンカリングについて

集アンカリングとは、心理学やマーケティングの分野で用いられる「認知バイアス(認知の歪み)」もしくは認知バイアスから転じた「偏見、先入観」「条件付け」という概念を悪用し、ターゲットにした相手の思考を操作しようとする手法を言います。集団ストーカーによる監視に気づくように仕向けたり意識させたりして恐怖心を植えつけようとします。アンカリングをすることによって、ターゲットの行動を制限する背景もあります。

目次│アンカリング相談

アンカリングについて

意識しだしたら止まらない負の連鎖

アンカリングとは「認知バイアス(偏見・先入観)」もしくは「条件付け」という意味です。例えば、ターゲットにした相手とすれ違う瞬間に何人もの人がわざとらしく咳き込んだり、ターゲットと目が合った途端、同じように何人もの人がスマートフォンを取り出し、ターゲットのほうをちらちら見ながら誰かに電話をしたりして、ターゲットに違和感を覚えさせます。

これらはいずれも集団ストーカーの仕業ですが、すれ違いざまに何人もの人がわざと肩をぶつける、あるいはすれ違うまでずっとターゲットを睨みつけるなどの方法を取ることもあります。このようなことをわざと繰り返し、ターゲットに「お前を監視している」「お前を狙っているぞ」と思わせ、恐怖心を植えつける嫌がらせがアンカリングです。

こうしてターゲットにバイアスをかけ(=先入観を持たせ)、誰かが咳き込むたびにターゲットが反応するようになるのでアンカリング(条件付け)と呼ばれるようになりました。

真実を知らなければ何も変わらない

「気付かないフリ」して意識しない

マニュアル通りのアンカリング

アンカリングは集団ストーカーが初期の段階で仕掛けてくる嫌がらせです。商店街を歩いていて、気がついたらマスクとサングラスをかける人たちに囲まれるようなかたちで一緒に移動していたなど、周囲に不自然な行動や仕草をする人が多くなるのが最初の印象です。

かつて集団ストーカーに加わっていた人の告白により、集団(もしくは組織)の規模が大きくなった集団ストーカーには嫌がらせの「マニュアル」があることがわかりました。ストーカー集団によってはアンカリングにもマニュアルを作成していて、そこには「お前はターゲットだと気づかせる」ことが最優先事項とあるようです。

闇バイトを使う組織もある

集団ストーカーは集団(もしくは組織)で行動するため、メンバーは指示を出す「主犯格」とその指示に従う「実行犯」とに分けられます。かつて集団ストーカーの仲間だったという人の告発によると、主犯格が監視するのはターゲットだけでなく、実行犯でさえも指示どおりに動いているかどうかを監視しているとのことでしたが、実行犯のなかには闇バイトなどの報酬目当てで集団ストーカーに加わる人もいるそうです。

主犯格にすればターゲットを苦しめる人員は多いに越したことはなく、また、報酬を得るためなら闇のバイトも厭わないという無責任な人もいるので、組織が膨れ上がるのは両社の利害が一致しているということなのでしょう。「ターゲットとすれ違うときにわざとらしく咳き込め」と指示されたら、実行犯は言われたとおりに行動し、アンカリングをしていることをターゲットに気づかせて報酬を得ているようです。

しかし、ターゲットがアンカリングに気づかなければ報酬は発生しないらしく、ターゲットが気づくまでアンカリングを繰り返すか、嫌がらせの内容がエスカレートしていく可能性はあります。アンカリングはあくまでターゲットに監視や集団でのつきまといを気づかせるのが目的なのと、各都道府県の迷惑防止条例およびストーカー規制法の改正で、集団ストーカーも処罰の対象になったことなどから、表立って危害を加えるようなことは滅多にありません。

エスカレートしても所詮「アンカリング」

わざとらしく咳き込むよう人たちと立て続けにすれ違ったら違和感を覚えるかもしれませんが、誰かに監視されていると思っても、恐がったり動揺したりする素振りを見せないように努めてください。過敏に反応すればするほど集団ストーカーはアンカリングの成功を確信し、次の嫌がらせに発展する可能性が高くなります。

アンカリングを仕掛けられていると察したときはできるだけ動揺を押し隠し、アンカリングに気づかないふりをすることです。アンカリングは「気づかない」のが実はいちばんの防御になり、集団ストーカーを落胆させます。集団ストーカーが次の手を画策したり、手をこまねいているあいだに、探偵社や興信所など、専門家に相談しましょう。

自暴自棄にさせる罠にかからない

意識しないようにしても難しい

アンカリングを受けていると、集団ストーカーとは全く無関係の人が嫌がらせに加わっているように思えることがあります。しかし、それは偶然の一致で、たまたま通りがかりの人がすれ違いざまに咳き込んだなど、集団ストーカーのアンカリングと同じ行動をしたに過ぎないのですが、嫌がらせが続いて不安になっていたり疑心暗鬼になったりしていると、身のまわりで起こる全てのできことが怪しく見えてきます。

集団ストーカーとは言ってもアンカリングに動員できる人数は限られています。通りを行く人、すれ違う人が皆集団ストーカーの仲間というようなことはなく、せいぜい数人いるだけだと思い、気持ちを楽にしてください。

肩やバッグなどの持ち物を故意にぶつけてくるようなこともありますが、嫌がらせが目に余ると感じたときは警察に連絡するなど然とした態度を取り、「嫌がらせには屈しない」という意思表示を見せましょう。それでも集団ストーカーは執拗にアンカリングを仕掛けてくることもあるので、嫌がらせをやめさせ、問題を根本的に解決したいときは私ども「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」にご相談ください。

集団ストーカーの犯罪が周知されつつある

手口が明らかになった集団ストーカー行為

集団ストーカーとは、集団で(もしくは組織的に)ガスライディングのような嫌がらせを仕掛ける、盗聴や盗撮をしなければわからないような個人の情報を「知っている」「秘密を握っている」と仄めかす、ターゲットにした相手が周囲や近隣住人に疎まれたり避けられたりするように仕向けて精神的に追い込んでいく犯罪を私たちは集団ストーカーと呼んでいます。

嘘の情報に惑わされないようにする

以前なら、集団ストーカーの被害を訴えても、ほとんどが統合失調症による幻覚・幻聴で片付けられてきました。しかし近年では、集団ストーカーは周知されようになり、「集団ストーカー」の調査を依頼される方が増えてきています。集団ストーカーはターゲットにした相手を陥れるため、「会社で不倫をしている」「万引で逮捕されたことがある」など嘘の情報を広めたり、近隣から不審人物と思われるような悪評を立てたりします。

根も葉もない噂や嘘が広がっていると感じたら、集団ストーカーによる嫌がらせを疑ったほうがいいかもしれません。彼らが流す「嘘の情報」に惑わされないように、冷静に対処しましょう。

集団ストーカーについては早期相談

集団ストーカーは統合失調症による妄想、思い込み、偶然などではなく「れっきとした犯罪」です。集団ストーカーは、嫌がらせに加担しているメンバーの身元がバレるのを極端に恐れるため、組織・集団の規模が小さいとネット上で誹謗中傷を繰り返す傾向があるので、どのような集団がネットストーキングをしているのかを探りたい場合は「オンライン調査」ができる探偵事務所を探す必要があります。

現地調査とネットを組み合わせる

オンライン調査には専門的な知識と技術が要るので、被害に遭った方が単独でストーカー集団の素性を暴こうとすると、全く無関係の人を「犯人」と決めつけるような誤りを犯しかねません。判断を誤ると解決までの道のりが遠くなることもあります。そのため、ネット上での誹謗中傷に気づき、誰かに批難されるようなことに心当たりがないときは、なるべく早い段階で専門家に相談し、アドバイスしてもらいましょう。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop