探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 【集団ストーカー用語】アンカリングについて
公開日: 2018/11/08 最終更新日: 2019/05/14
探偵wiki探偵用語
 公開日: 2018/11/08 最終更新日: 2019/05/14

【集団ストーカー用語】アンカリングについて

集団ストーカーの被害者が理解できない手法「アンカリング」。アンカリングは心理用語で「条件付け」服装 靴、光、音、バッグなど集団ストーカーの被害者に意識させて、自分が何かに追い込まれていくような演出を行い、自分しかわからない加害行為を行うことです。このアンカリング行為をすることで、被害者の行動を制限する背景もあります。

アンカリング被害対策相談窓口

アンカリングについて

集団ストーカーの被害者であることを意識づける心理を悪用したもの

アンカリングとは「条件付け」という意味です。日常的に存在する人の仕草、音等の条件を被害者の意識に植えつけ、その条件によって「狙われている」という意識を被害者に与えます。集団ストーカー被害でも多く見られる手口で、ターゲットを不特定多数の人が監視してると植え付ける目的で行われています。

アンカリングはほぼ全国共通

集団ストーカーに気づかせるために行う初期段階で行われます。マスクとサングラスをかける人に囲まれたなど、不自然な行動や仕草をする人が多くなったなど「変な人がいるな」というのが最初のアンカリングの印象ではないでしょうか。

アンカリングは、とにかく「あなたはターゲット」と思わせるマニュアルが統一されており、全国的にワザと咳をする事例が多いです。アンカリングも無視をできる範囲であれば無視して構いません。夜、サングラスをかけて車を運転する場面を見ても気にせず、見過ごしてください。

加害者は、「指示」でアンカリング行為を行っています。なかにはアンカリングを気づかせるだけで、報酬をもらう仕組みになっていますが、無視すれば無報酬で終わります。しかし、気付かせるまでアンカリング行為がエスカレートしていく傾向もあり、時にはレジャー施設に加担者を大量に待機させてアンカリングを一斉に行う事例があります。

常識を超えた手法で被害者をアンカリングさせますが、「中身は空っぽ」で危害を加えることはありません。この手法は、被害者の行動範囲を縮めるために行います。時には趣味や生きがいも奪われてしまいますので、アンカリング行為を行う人がいても、無視してください。

複数人で行う理由

意識させるまで行う行為

集団ストーカーのアンカリングをする加担者がショッピングモールや何かのイベントの会場に大量に動員して、嫌な思いをしたという被害者が大勢います。その理由として、

  • 精神的に参ってる時に大量動員させる
  • 誰かに助けを求める時に、助けを求めても無駄と強制的に意識せる意味がある
  • 加担者が嫌がらせ行為に出される予算内で嫌がらせをするため

被害者を家に閉じ込めるためとか、加害行為をしやすくするためなど理由は様々ですが、加害組織の都合と予算の都合で何ヶ月に一回ペースで大量動員を行うとのこと。加担者を大量にイベント会場に配置させるには、参加費として加担者にお金を払わないといけないため回数が少ない。

大量動員させるもう1つの理由として、無理やり、被害者と家族・友達などの関係を断絶させること。仲良く家族と話してる時は、ただ通り過ぎるだけで加害行為は行いません。被害者が楽しいかったり嬉しいという気持ちが強いと加害行為を控える傾向があります。

加担者が通行人として被害者やその家族を囲い、意図的に家族と口喧嘩をさせるような行為を行って、被害者がイライラさせる手法を取ることもあり、楽しいはずの旅行やイベントが、大量動員の加担者によって「台無し」になり、孤立させようと仕向けるのです。

大事なポイントとしては、「家族や友達の交流を続けること」で、孤立を防ぎアンカリング行為は意味のないものとなり、自己防衛につながります。

一般の人を加担者に見せ自暴自棄にさせる

意識しないようにしても難しい

アンカリング効果に、たまたま起きたことや偶然の一般の人があたかも自分に攻撃してるように思えることがあります。全く加害行為と関係ない一般の人を「加担者」に見せることは、常にアンカリングをうけている被害者は冷静さを失わずに状況を判断することが難しく、周りにいる人物全てが怪しく見えてしまうのです。

アンカリング被害にあっても決して自暴自棄にならないように、集団ストーカーについての知識を調べたり、同じ境遇にあう人のブログを見たり、自分なりの対策を考えることも必要かもしれません。

大量動員されてもプロの加担者はほんの数人、あとは被害者の周りを歩いてるだけです。被害者によっては故意にぶつかってくる人もいますが、その時は警察に連絡するなど積極的に対応してください。

挑発にのらずに、家族や友達に協力してもらいその場を離れたり、道路の脇によったりしてその場をしのいでください。それでも加害行為をしてくる場合は専門家を利用するのも対策の1つです。

アンカリングに関連するQ&A

Q

アンカリング対策とは

A

アンカリングには無視が一番良いが、無視できない場合は「記録を取る」ことをおすすめします。アンカリングによる被害は、自分で立証することが困難なケースが多く、また判断が難しく間違った判断は解決から遠のくため必ず専門家にご相談ください。くれぐれも注意してほしいのは、「相手と同じ行動をする」ことでやり返した気持ちになりますが、相手からしたら「意識付け成功」と思うだけです。

Q

アンカリング効果とは?

A

アンカーという基準によって無意識のうちに判断が左右されてしまいます。アンカリング効果は、嫌がらせだけではなくビジネスでも活用されています。人間は突然起こった出来事や、想定できない出来事に対して大きな注目を向けてしまう生き物です。アンカリングで刷り込まれた情報を鵜呑みにせずに、自分で考えて自分で行動することが大切なのです。

アンカリングについての相談窓口

嫌がらせ専門対策室とは

アンカリング対策の依頼は必ず専門家にご相談ください。

嫌がらせ専門対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず当サイトの(無料相談)のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。アンカリング対策は、一般の探偵調査とは違いアンカリング対策に関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵社であればどこでも解決できるわけではありません。

難しい事件を歓迎します。

他社で断られた相談、解決できなかったアンカリング対策を歓迎します。柔軟な思考と、証拠を発見する力に自信があるからです。ご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。きっとお力になれると思います。

まず、現状について相談することから始めましょう。

ストーカー・嫌がらせ被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop