ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > SNSを使ったつきまとい行為について
公開日: 2023/05/16
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2023/05/16

SNSを使ったつきまとい行為について

SNSを使ったつきまとい行為は、インターネット上で他人を追跡し、執拗に監視し、嫌がらせを行う行為を指します。

SNSの普及により、個人の情報や活動が容易にアクセス可能になり、つきまとい行為が増えています。

これにより被害者はプライバシーの侵害や心理的な苦痛を経験することがあります。

SNSを利用する際には、個人情報の管理やプライバシー設定の確認、不審な行動やメッセージへの注意が重要です。

また、被害に遭った場合は信頼できる人や関係当局に相談し、適切な対策を講じる必要があります。

⇒ 2023年5月16日更新 / 執筆者 / 監修者ページ

さらに詳しく知りたい

1-「ネットストーカー」の放置は危険

ネットストーカーの放置は非常に危険です。ネットストーカーはインターネットを利用して被害者を追いかけ、嫌がらせや監視を行います。

被害者はプライバシーの侵害や心理的な苦痛を経験し、その結果として安全や安心感が損なわれる可能性があります。

放置することで被害はさらに悪化する可能性が…

彼らは被害者を支配しようとし、暴力的な行動に発展する場合もあります。そのため、ネットストーカーに対しては早期の対策を講じることが重要です。

被害者はまず、信頼できる人や関係当局に相談し、サポートを受けるべきです。さらに、証拠を集めて報告し、法的な措置を取ることも検討されるべきです。

また、自身のオンラインプライバシーの管理やセキュリティ対策の強化も重要です。

ネットストーカーの放置は被害を拡大させる可能性があるため、被害者は真剣に対処する必要があります。

2- 自撮り画像から身元特定されることも

自撮りにご注意

自撮り画像から身元特定されることがあります。

特にSNSなどのオンラインプラットフォームで自撮り画像を公開する場合、顔や周囲の環境などが画像に映り込むことで個人の情報が漏れる可能性があります。

身元特定の危険性は、顔認識技術や画像検索エンジンの進歩により高まっています。

他のオンラインプロフィールや公開情報との組み合わせによって、身元特定されるリスクが増加することもあります。

身元特定されることで、プライバシーの侵害やセキュリティ上の問題が発生する可能性があります。個人情報保護の観点から、自撮り画像の公開や共有には注意が必要です。

自撮り画像を公開する際には、以下のような対策を講じることが重要です。

プライバシー設定の確認: ソーシャルメディアなどのプラットフォームでプライバシー設定を確認し、適切に設定することで限定的な公開範囲を設けることができます。
顔や個人識別情報の隠蔽: 自撮り画像を投稿する際には、顔や個人識別情報をぼかしたり、修正したりすることで身元特定のリスクを軽減することができます。
情報の選択的な公開: 自撮り画像を投稿する際には、環境や背景に個人情報が映り込まないように気をつけることが重要です。
オンラインプロフィールの管理: 自撮り画像を公開する前に、他のオンラインプロフィールや共有情報との関連性や相互作用についても注意を払うことが重要です。

自撮り画像からの身元特定を避けるためには、個人の情報保護意識とセキュリティ対策を重視することが重要です。

自身のプライバシーとセキュリティを守るために、注意深く行動しましょう。

3- ストーカー規制法以外の犯罪に該当するケースも

SNSを使ったつきまとい行為が、ストーカー規制法上の罪以外の犯罪に該当するケースもあります。

ネットストーカーの行為が、ストーカー規制法を適用するための要件を満たしていなくても、それ以外の犯罪に該当すれば、その罪名を適用して犯人を逮捕することが可能となります。

代表的な例が「脅迫罪」「侵入罪」「侮辱罪」などです。

危害を加える予告や誹謗中傷、バカにする記述などが該当します。

脅迫罪

ストーカーが被害者に対して脅迫行為を行う場合、脅迫罪に該当する可能性があります。脅迫は、人の生命や身体の安全を脅かす行為や、財産を奪うなどの違法な要求をする行為を指します。

 

侵入罪

ストーカーが被害者のプライバシーを侵害するために侵入行為を行う場合、侵入罪に該当する可能性があります。これには、被害者の住居や個人的な空間への不正な侵入が含まれます。

 

侮辱罪

侮辱罪に該当する行為は、個人や団体に対して誹謗中傷や侮辱的な表現を行うことや、名誉や尊厳を傷つけるような言動をとることです。一般的には、公共の場やインターネット上での侮辱的な発言、差別的な表現、嫌がらせの行為などが侮辱罪に該当する場合があります。

 

これらの犯罪は、ストーカーが行う行為の一部であり、被害者の安全と権利を侵害するものです。被害者は、自身の安全を確保するために適切な法的手続きを踏むべきです。

4- 相手を刺激せずに証拠を保存することは必須

相手を刺激せずに証拠を保存することは、嫌がらせや侮辱行為などの被害を受けている場合に非常に重要です。

証拠は、被害の立証や法的手段を取るために不可欠です。

以下にいくつかの方法を紹介します。

スクリーンショットや画像保存

嫌がらせのメッセージや投稿をスクリーンショットするか、画像として保存することで証拠を確保できます。重要な情報が含まれる場合は、画像の日時や関連する情報も記録しておくと良いでしょう。

 
メッセージや通話の保存

嫌がらせのメッセージや通話を保存するために、メールやメッセージアプリの保存機能を利用しましょう。必要に応じて、重要な情報や証拠となるメッセージのコピーを取ることもおすすめです。

 
日記や記録の作成

被害の詳細を日記や記録として書き留めることも効果的です。具体的な出来事や日時、関与した人物などを記録しておくと、後で証拠として役立ちます。

 
第三者への報告

被害を受けた場合は、信頼できる第三者や関係当局に報告することも重要です。被害を証明するための証拠を共有し、サポートやアドバイスを受けることができます。

 

証拠を保存する際は、相手を刺激せずに慎重に行うことが重要です。

個人の安全や法的なプロセスを考慮しながら、証拠の確実な保存を心掛けましょう。

5- SNSを使ったつきまといに関連するQ&A

Q

SNSを使ったつきまとい行為とは具体的にどのようなものですか?

A

SNSを使ったつきまとい行為は、被害者のSNSプロフィールや投稿を執拗に監視し、追跡する行為を指します。これには、被害者へのメッセージの大量送信、コメントやいいねの乱用、プライベートな情報の収集、投稿内容の不正な利用などが含まれます。

Q

SNSを使ったつきまとい行為の被害者はどのような苦痛を経験するのですか?

A

SNSを使ったつきまとい行為の被害者は、プライバシーの侵害や恐怖感を抱くことがあります。彼らは追いかけられている感じや嫌がらせを受けているという心理的な負担を抱えることがあります。また、社会的な妨害や人間関係への悪影響も生じる可能性があります。

Q

SNSを使ったつきまとい行為が深刻化した場合、どのような対策を取るべきですか?

A

深刻なSNSを使ったつきまとい行為に対処するためには、以下の対策を検討することが重要です。被害の深刻さに応じて、警察や弁護士に相談することを検討してください。他にも、SNSアカウントのプライバシー設定を最大限に強化し、不審なアクセスや追跡を防ぐようにしましょう。重要なことは、深刻なSNSを使ったつきまとい行為に対して一人で立ち向かう必要はないということです。専門家やサポートシステムに支援を求め、自身の安全と精神的な健康を守るための適切な措置を講じることが大切です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談