ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 情報共有を妨害するための刷り込み
公開日: 2023/05/16
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2023/05/16

情報共有を妨害するための刷り込み

情報共有を妨害するための刷り込みは、特定の意見や情報を広めることで、人々の意見形成や情報の受け入れを歪める行為です。

これにより、公正な情報の流布や議論の多様性が妨げられます。

刷り込みによって情報共有が歪められることで、社会的な誤解や偏見が生じる恐れがあります。

情報の多角的な視点を持ち、情報の信頼性やバランスを確認することが重要です。

このような工作は情報共有を妨害することで、誰が利益を得るのか考えれば犯人側の目的が見えてきます。

⇒ 2023年5月16日更新 / 執筆者 / 監修者ページ

さらに詳しく知りたい方へ

1- 人の心理を逆手に操作する工作

有名人、たとえば政治家や芸能人、アーティスト、有名企業といった人たちの情報は、インターネットで盛んに情報のやり取りされる対象です。

芸能事務所では売り出すためにインターネットを含めたメディア全般で頻繁に出ますが、必ず「憧れ」や「褒める」対象の人物として魅力的な修飾句がつき、それを見た大衆からは魅力的な人物としての刷り込みが行なわれます。

その逆がイメージダウンでしょう。また掲示板などで相手を誹謗中傷することでそれを読んだ他の人たちに著しく本人の評価を低くさせます。

嫌がらせ目的の場合は、「嫌がらせ被害者」というワードを「自意識過剰」のワードを思い浮かべる大衆心理へと導くために多くのSNSで情報操作をします。

また嫌がらせ被害者同士が、インターネットを通じて情報共有をしないように分断させる工作も行なわれています。

嫌がらせする側とすれば、被害者がお互いに情報共有して「手口がバレる」ことを恐れています。

真実を知らなければ何も変わらない

2- 情報操作の目的

情報共有を妨害するための刷り込みは、意図的に誤った情報や偏った意見を広め、正確な情報の共有を阻害する目的があります。

インターネットは情報を得る場所で、誰もが検索をしたり、ニュースや芸能人の話を得たりすることができ、掲示板などでだれもが情報交換できます。

こうした情報を利用して大衆煽動をしていくのは嫌がらせに限らずさまざまな場面で利用されています。

情報操作が「一般の人が情報操作される?そんなことはない」という大衆心理を援用することで、多くの人を真実から別の方向へ煽動することが可能です。

ネット工作による情報操作には2パターン

大衆全般を何らかの情報を流布させたい場合と、有名人・無名人にかかわらずイメージダウンやイメージアップを目的として行われます。

また特定人物や企業を誹謗中傷をすることで、本人および周囲の立ち位置を抑揚させ誰かが利益を得るということです。

ネット工作による情報操作は誰かが主権を握り、利益より洗脳に近い情報の刷り込みとなります。

嫌がらせの手口を深い闇の中に葬られてしまう前に、「情報の発信」「情報の共有」を続けていくことが大切です。

嫌がらせに関する情報を見極めたい方は専門家にご相談ください。

3- 嫌がらせに関するページ

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談