探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 【集団ストーカー用語】必死に思い込ませる「自滅誘導」
公開日: 2021/07/15 最終更新日: 2021/07/09
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2021/07/15 最終更新日: 2021/07/09

【集団ストーカー用語】必死に思い込ませる「自滅誘導」

《必死に思い込ませる「自滅誘導」》
集団ストーカーはターゲットの人を「自滅」させることが目的で、工作してくると思ってまず間違いないでしょう。金銭的トラブル、人間関係のトラブル、仕事のトラブル、家族間のトラブル、恋愛や婚姻のトラブル、近所や地域のトラブル、あらゆることにおいて「自滅誘導」してきます。

目次│さらに詳しく知りたい

「自滅誘導」の目的

「自滅誘導」とは?

集団ストーカーはターゲットを「自滅」させることを目的とし、「自滅誘導」してきます。自滅誘導のよくある事件では、しつこい嫌がらせや心理的に追い詰める攻撃で逃げ場がなくなり、被害者が加害者に加害行為を行なってしまい「犯罪者」になってしまうケースです。

この「自滅誘導」は、嫌がらせの証拠収集をしっかり行ないやめさせることができれば防げます。第一に冷静になることができれば誰でも犯罪者になりたいとは思いませんし、「やられたらやり返す」みたいな発想には至りません。

被害者(当事者)が冷静になることが難しいのは十分に理解しています。そんな時こそ、専門家に相談することで冷静になれるきっかけになりますのでお気軽に無料相談を活用しましょう。自滅誘導には「自殺」も含まれますので、抱え込まずにすぐ相談ください。

「自滅誘導」とテクノロジー犯罪の関係性

「自滅誘導」の防御策

「自滅誘導」で使われるテクノロジー犯罪は、周波数を利用した「洗脳攻撃」のことです。脳は3Hz~50Hzの周波数に反応するのでこの範囲で人が感じるネガティブな周波数を流したり頭に話かけたりするなどさまざまな手法で洗脳することが可能です。

自滅しないためにも「いつでも相談できる環境」を整える必要があります。洗脳工作被害を訴えたとき、「気のせい、考えすぎ」「被害妄想」といったように受け流されたり、場合によっては精神疾患を疑われたりするケースが多く見受けられますが、気のせいで片づけようとする人は「テクノロジー犯罪」を知らないからだと思っていいかもしれません。

家族や友人に苦しみを打ち明けたいのであれば、あなたの話を信じてくれる人にしましょう。もし、誰も話を聞いてくれそうにないときは、私どもの「対策専門窓口」をお頼りください。無料相談およびコンシェルジュサービスを設けております。

「自滅誘導」関連ページ

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop