ストーカー関連記事

Stalker

ホーム > ストーカー関連記事 > 尾行されている気がする‐つきまとい・尾行者を特定する【尾行者特定調査】
公開日: 2022/09/19
ストーカー関連記事
 公開日: 2022/09/19

尾行されている気がする‐つきまとい・尾行者を特定する【尾行者特定調査】

尾行

尾行されている気がする!つきまとい・尾行者を特定する【尾行者特定調査】に関する情報をお伝えしています。

尾行者特定調査は、自分が尾行されている状況で「誰が?」「目的は?」と不安を抱えている状況をはっきりさせる調査です。

自分で相手を尾行したとしても、顔がバレているため失敗する可能性は高いです。「尾行されているかもしれない」と不安に思われた方は、解決方法をご参考にしてください!

専門家
尾行者特定調査
2022年9月19日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、尾行やつきまといでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

目次

尾行者特定調査について

尾行者特定調査とは

尾行とは、対象者の行動を探ったり監視するためにターゲットのあとをつけることです。誰が尾行しているのかを特定することを、「尾行者特定調査」といいます。

尾行されているかまたは監視されているかを調べて、尾行されている場合は、尾行している人の特定を行ないます。

尾行する側(加害者)はプロも含まれるの、浮気調査などの一般的な尾行調査より人数が必要とされます。

徒歩での尾行

本人と近すぎず遠すぎない距離を保ち、直線で離れてカーブで近づきながら大体50~80メートルを目安に尾行します。

自分で尾行されているか確認したい場合は、曲がり角を曲がったらすぐに隠れてみてください。曲がり角に不審な人物が確認できたら尾行を疑ってもよいでしょう。

車両での尾行

車両での尾行には、状況に応じて対象車両のすぐ後ろを走って行なう場合や、他人の車を1~2台はさんで慎重に行なう場合があります。

常に後方に位置すると対象者からはバックミラーで確認できてしまうので、あたかも一般車であるかのようにカモフラージュして尾行します。

自分で尾行を確認する場合は、黄色信号が点滅している時に加速して通過する、行き止まりにわざと入るなどをして確認してみてください。

※GPSなど使用して尾行されている場合、上記パターンは通用しません。

尾行する人の目的

尾行の多くは情報収集を目的とするが稀に嫌がらせも…

尾行される理由の多くは「浮気・不倫している」「結婚相手の親に信用されていない」「別れた恋人から恨みをかっている」「仕事での敵が多い」「会社に不正取引を疑われている」「嫌がらせ・迷惑行為」などがよくある理由としてあげられます。

尾行の目的が、浮気問題や結婚前調査などで交友関係を調べるために尾行されているのであれば、尾行される時間帯は限られてきますので、本人は尾行される理由を把握しているはずです。

まったく心当たりがないこともある

尾行されている理由がわからない場合、つきまとうことで「不安」にさせることを目的としたり、「常に知っておきたい」という欲望が行動にでてしまうこともあります。

この場合、「いつか終わる」と先延ばしにせず、少しでも不安を感じたら私ども「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」にご相談ください。

尾行者特定調査の相談事例

当てはまったら要注意

  • 尾行している人を特定して目的を確認したい。
  • 公的機関に尾行されているかもしれない。
  • 妻が浮気調査を探偵に頼んだかもしれない。
  • 自宅の前に見慣れない人をよく見かける。
  • 誰かに監視されていると思えることがあり気になって不安。
  • 別れた彼氏が友人を使って尾行しているかもしれない。
  • 勤務先周辺に不審人物が張り込みをしていた。

尾行者特定調査の費用について

事案に見合ったプラン作成

当事務所の尾行者特定調査は、基本料金132,000円から調査依頼を承っております。

尾行者特定調査の依頼料の取り決めは、事前情報の量、取得する情報及び証拠の種類、調査期間(日数、時間数)、調査内容に応じて費用が算出されるので、案件ごとに金額は異なります。

また、尾行の事実が確認できた場合、尾行者の身元確認や必要な情報収集を行ないます。

尾行を追求しても否認されたりごまかされた場合は、尾行していることを証明する必要があります。

証拠に基づき相手に事実を認めさせることで、初めて問題解決に向かいます。

まずは、調査目的を具体的にお聞かせいただき、その事案に見合った調査プランを作成することが大切です。

取得できる情報の事例

探偵調査で取得できる情報を一部ご紹介いたしますが、下記の調査は正当な理由がないと依頼をお受けすることはできません。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 連絡先
  • 勤務先
  • 家族に関する情報
  • 生活状況の確認

尾行者特定調査の料金相場

尾行者特定調査の料金グラフ

尾行者特定調査(尾行の事実確認・尾行者に対する情報収集を含め)の過去の事例から、おおよそ132,000~600,000円前後の調査プランをお選びいただく方が多く見受けられます。

また、尾行者が複数いる場合は費用がかかりますので、まずは現在に至るまでの経緯や被害状況をお聞かせください。

ご予算をお知らせいただけましたら、ご予算内で行なえる最良の調査プランをご提案させていただきます。尾行者特定調査の正式な金額は見積もりをお問い合わせください。

3つの料金プランからお選びいただけます!

1.成功報酬プラン

尾行者特定調査の成功報酬プランは、どのような調査結果を成功とするか、ご依頼者と話し合ったうえで、証拠を取得できるまで調査いたします。

※着手金が発生いたしますので、詳細は担当者にお申し付けください。

2.コミコミプラン

コミコミプランは、調査時間やかかる経費が想定できないときに使われます。コミコミプランにすると、時間と経費を気にしないで調査をご依頼いただけます。

難易度が高い調査であれば割安になる可能性もあります。

3.時間料金制プラン

時間料金制プランは、多くの探偵事務所が採用している料金システムで、調査内容に関わらず「調査員1名につき、1時間あたり○○○円」と料金が決まっているプランです。

調査対象者の行動パターンや移動手段などをある程度把握できている方に、推奨している料金プランです。

コミコミプランに含まれている項目

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両
  • その他・諸経費

尾行者特定調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。

しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はあります。困ったときにはお気軽にご相談ください。

ご相談から調査の流れまで

尾行されている気がする、ハッキリさせたい、尾行している相手を特定したいとお考えでしたら、ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口にお任せください。

当事務所はストーカー・嫌がらせ対策に特化した探偵社です。被害の状況を詳しくお聞かせいただけましたら、被害状況に適したアドバイスや調査をご提案させていただきます。

尾行者特定調査に関するご相談・見積作成・面談のご予約は、お問合せフォーム・電話・メール・ラインにて24時間(土日・祝日問わず)お受けしています。

お急ぎの方は、フリーダイヤルをご利用ください。尾行者特定調査の担当者が対応いたします。

流れ
無料相談

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop