ストーカー関連記事

Stalker

ホーム > ストーカー関連記事 > 恋愛感情によるストーカー被害について
公開日: 2021/01/08 最終更新日: 2021/06/10
ストーカー関連記事
 公開日: 2021/01/08 最終更新日: 2021/06/10

恋愛感情によるストーカー被害について

「なんで気づけなかった…」 歪んだ恋愛感情によるストーカー被害について
元交際相手や一方的に好意を持たれていた相手から思い通りに行かなかった歪んだ恋愛感情が思わぬ方向へ展開してしまいストーカーになってしまうことがあります。「なんで自分がこんなことに…」「交際する前からなんで気づけなかったのか…」などさまざまな状況を後悔したくなります。そこで、ストーカー問題を解決すべくストーカー規制法についてや恋愛感情からストーカーになる人の特徴、恋愛感情からのストーカー被害の事例や対策についてお伝えしますので、ぜひ参考にしてみて下さい!

恋愛感情によるストーカーについて│目次

恋愛感情によるストーカー被害解決

ストーカーを取り締まる法律「ストーカー規制法とは?」

「ストーカー規制法」とは、ストーカー加害者を取り締まる法律です。「ストーカー規制法」が法律として定められたのは2000年11月24日、この法律が定められたのはれ異常な交際関係の末、被害者が殺害された「桶川ストーカー殺人事件」という事件が背景にありました。当時、警察がストーカーに被害者やその家族の告訴にたいして民法の訴訟だと何の動きもできないことを理由に捜査を断っていた事実があるからです。「ストーカー」が法律で制定されるようになったことで、ストーカー加害者を裁くことが出来るようになりました。ではどのような行為が「ストーカー規制法」に該当するのか確認してみましょう。

どこから「ストーカー」になるのか?

「ストーカー規制法」は特定の人に対する恋愛や好意の感情をみたす目的、あるいはそれが拒絶された場合に怨みを晴らす目的で、特定の人やその家族に対して行う行為を「ストーカー規制法」で取り締まることが出来ます。この「ストーカー規制法」の規制の対象になる行為は(1)「つきまとい等」(2)「ストーカー行為」の2つになります。主にターゲットに対してのつきまとい、監視行為、待ち伏せなどを何度も繰り返し行うことがストーカー規制法に該当します。
ストーカー規制法に該当する行為について
  • つきまとい(尾行)行為。
  • 行動を監視している内容を告げる。
  • 拒否しているのに会うことや復縁の要求をする。
  • 自宅、職場、学校などで待ち伏せ、うろつきをする。
  • 何度も繰り返し電子メールや電話をする。

ストーカー改正法の内容

「ストーカー規制法」は主に恋愛や交際など男女の関係に特化した内容を主体とした規制でした。しかし、恋愛や交際以外のストーカーも規制をするべきでは?という声もあがり具体的に形になった一歩が2021年2月のストーカー改正法ともいえます。改正法ではGPSに特化したストーカーを規制しますが、位置情報を取得した場合、禁止命令を出さなくても警察が検挙できる可能性があるとしています。ストーカーにはつきまとい行為が多くされますが、つきまとい行為そのものを規制する場所を「自宅や勤務先など」の現行法に「現に所在する場所の付近」が追加されました。これにより被害者の自宅付近に車で被害氏の位置情報を取得している行為者を逮捕することが可能となりました。
ストーカー改正法に該当する行為
  • 相手の承諾なしにGPS等を車などに設置する行為。
  • 相手のスマートフォンから位置情報を取得する。
  • 「現に所在する場所の付近」でのつきまといの行為。
  • 手紙など文書の連続送付(新たな規制対象)。
  • GPS機器は位置情報記録・送信装置の技術進歩で新しい手段が出現しても対応可能。

恋愛感情からストーカーになりやすいタイプとは?

「依存体質」な人
「依存体質」な人はもっともストーカーになりやすいと言われています。依存体質な人は、コミュニティが狭く、人付き合いが苦手な人が多いため、異性との出会いもなく別れたあとにも諦めが悪く、ストーカーに発展しやすいです。
  • 人付き合いが苦手で人と接する機会が少ない。
  • ネガティブ思考である。
  • 自分に自信が無い。
  • 言い訳が多く、人のせいにする。
  • 束縛が激しい。
「怒りやすい」人
「怒りやすい」人というと、知っている方は「桶川ストーキング殺人事件」のストーカーAを思い出す人も結構いるのではないでしょうか?ストーカーになりやすい怒りやすい人とは、他人に受け入れられなかったり自分の考えを否定されたと思いこむと感情が爆発してエネルギーが怒りに召喚するタイプです。自分を否定されたと思うことで逆上するので相手は機嫌を損ねないように付き合わないといけないので表面上の関係にとどまります。すると、このタイプの人は相手からなおさら自分を真から受け入れられないとして泥沼化のストーカーに発展しやすいです。
  • 短気。
  • 相手よりも自分の意思を常に尊重。
  • 感情の制御が不能なときがある。
  • 相手を自分に従わせて当然論理。
  • 自分の意見については他論完全論破傾向にある。
「感情的」になりやすい人
「感情的」になりやすい人は自分勝手な考えを人に押し付けて、思い通りに行かないことがあると力ずくでも意見を押し通そうとするので、ストーカーに発展する可能性があります。
  • 余裕が無くていつもイライラしている。
  • 暴力的な言動や行動がある。
  • 人の話しを聞かない。
  • 自分の価値観しか認めない。
「自己愛」が強い人
いつでも自分の考え、行動が正しいと思い、たとえ自分に非があったとしても認めることをしないタイプの人はストーカーとしての素質があるので注意が必要です。
  • 自分を振ったことが許せない。
  • 振られたのは「本人の意志では無く、誰かに言われからだ」などと考える。
  • 人の気持ちに興味が無く、考えることをしない。
  • 自分に絶対の自信を持っている。
「仕事ができる」人
仕事の段取りや根回しがうまく会社などで上昇傾向にある人は、仕事が自分通りに順調に進むのと同じように、自分が好きになった相手が同じように自分を好きになってくれないと気が済まないため無理強いでも相手を自分のシナリオ通りになるように方向づけしていく傾向になります。
  • 強引に誘うが相手に有無を言わせない。
  • 父性が働いて頼まれていなくても相手を守ろうとする。
  • 相手の人生を自分の思う方向へエスコートする。
  • 自分に絶対の自信を持っている。
まとめ
上記で記載した内容はあくまでストーカーになりやすいタイプですが、上記のタイプに当てはまらなくとも「まさかあの人が…」なんてことも考えられます。交際する際などは外見だけでなく内面を知った上で交際することをお勧めいたします。

恋愛感情によるストーカーについて詳しく知りたい!

恋愛感情によるストーカーについての知識

ストーカー被害の中で一番多いケースは恋愛関係からストーカー被害に発展するケースです。自分がもしこんな被害にあったらどうしたらいいのか事前に知っておくことも大切ですし、今被害にあわれているかたはどんな解決方法があるのか、どうしたら解決出来るのか?恋愛感情によるストーカー被害について気になる部分をご紹介しますので是非参考にして下さい!

恋愛感情によるストーカー被害の事例

恋愛ストーカーに関する被害事例を紹介します。これから記載されている内容の被害事例と近い、または同じ状況である人は非常に危険な状況ですので、細心の注意を払い解決を目指すために行動しましょう!
  • ポストに汚物を入れられていた。
  • 手紙が何度も投函されている。
  • 自分のことを監視している内容のメールや手紙が送られてくる。
  • 自宅周辺で待ち伏せ、うろつきをする。
  • ネットや職場で事実ではない悪評を言いふらされた。
  • 無言電話が頻繁になるようになった。
  • 深夜にインターフォンを鳴らしてくる。

ストーカー被害確認サポート

一人で悩んでもなにも解決しません…
是非ご相談を!
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の相談室をご紹介します。 ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、相談員との打ち合わせでご利用する相談室は、周囲に会話の内容が漏れないよう完全個室をご利用になれます。また、完全個室は防音対策済みで、どんな些細な情報も外部に洩れることの無いよう、細心の注意を払っていますのでご安心下さい。個人情報の漏えい対策のご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。
新型コロナウイルス感染症対策について
相談室のご利用の際は正面入口にて「検温」「手指の消毒」「マスクの着用」をお願いしており、「検温」で37.5度以上の発熱があった場合や、「手指の消毒」「マスクの着用」に応じていただけない場合は、ご面談日を変更させて頂くことがあります。 恐れ入りますが、皆様のご理解・ご協力の程、お願い申し上げます。
ストーカーの被害状況について相談することから始めましょう。

恋愛感情によるストーカー被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、ストーカー被害の状況、ストーカー対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。
お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop