ホーム > ストーカー関連記事 > 恋愛感情によるストーカー被害の実態と対策について
公開日: 2023/06/23
ストーカー関連記事
 公開日: 2023/06/23

恋愛感情によるストーカー被害の実態と対策について

歪んだ恋愛感情によるストーカー被害について

恋愛感情によるストーカー被害は、深刻な問題です。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、この現象の実態に迫り、被害者が直面する心理的な影響や日常生活への悪影響について探求します。

さらに、効果的な対策と予防策についても取り上げます。

恋愛感情によるストーカー被害への理解を深め、被害者の安全と心の健康を守るための情報を提供します。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2023年6月23日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、クライアントの安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

目次│

1- 恋愛感情によるストーカーとは

恋愛感情によるストーカーとは、一方の個人が他方の個人に対して強い恋愛感情を抱き、それに基づいてしつこく執着し、追跡や監視行為を行う行動パターンを指します。

加害者は被害者に対して一方的な愛情や所有欲を持ち、相手のプライバシーを侵害するため、被害者は精神的な苦痛や不安を感じることがあります。

恋愛感情によるストーカーは、加害者が自身の感情に執着し、被害者の意思や感情を無視する行動です。

加害者はしばしば被害者を追いかけたり、監視したり、連絡を執拗に送ったりします。

これにより、被害者は心理的なストレスや恐怖感、社会的な制約を経験することになります。

恋愛感情に基づくストーカー行為は、被害者の生活に大きな影響を与えるため、早期の対応と適切な支援が重要です。

法的措置や心理的サポートなど、複合的なアプローチが必要とされます。

2- 恋愛感情型ストーカーの特徴

恋愛感情型ストーカーには、一般的に以下のようなタイプが存在します。

拒絶に対する執着型

このタイプのストーカーは、被害者からの拒絶や終了の意思を受け入れず、執着心を持って追いかける傾向があります。彼らは自身の思い込みや妄想に基づいて、被害者との関係が続いていると信じ込んでいます。

 

恋愛幻想型

このタイプのストーカーは、被害者に対して強烈な恋愛感情を抱いており、その恋愛幻想を追い求めるためにストーキング行為を行います。彼らは被害者を理想化し、自身の幻想に基づいて関係を築こうとします。

 

復讐型

このタイプのストーカーは、被害者に対して何らかの怨みや憎悪を抱いており、復讐心からストーキング行為を行います。彼らは被害者に苦痛を与えたり、被害者の人生を台無しにすることで満足感を得ようとします。

 

制御型

このタイプのストーカーは、被害者を支配し制御することに快感を覚えます。彼らは被害者の行動や関係を監視し、自身の権力や支配力を示すことで満足感を得ようとします。

 

これらのタイプは一般的な傾向を示しており、個別のケースによって異なる要素が組み合わさることもあります。

3- 潜在化しているストーカー被害

恋愛感情が絡むストーカー

潜在化しているストーカー被害は、被害者がまだ明確なストーカー行為に直面していない状況を指します。

以下に、潜在化しているストーカー被害の一部を挙げます。

目が合う頻度の増加: 被害者が特定の人物と何度も目が合う状況が頻繁に起こるようになります。相手が被害者の行動パターンを意識的に把握しようとしている可能性があります。

 

付き纏いのような行動: 被害者が普段とは異なる場所で同じ人物を何度も見かけることがあります。相手が被害者の行動を追跡しているかのような行動をとっている可能性があります。

 

電話やメッセージの頻繁な送信: 被害者が知らない番号から頻繁に電話やメッセージを受けることがあります。相手が被害者とのコミュニケーションを意図的に増やそうとしている可能性があります。

 

監視の兆候: 被害者が自身の周りに監視カメラや盗聴装置などの兆候を発見することがあります。相手が被害者のプライバシーを侵害しようとしている可能性があります。

 

これらは潜在化しているストーカー被害の一例です。

被害者がこれらの兆候を感じる場合は、早期に警戒し、必要な対策を講じることが重要です。

4- 元配偶者・元交際相手のストーカー対策

ストーカーが元配偶者や元交際相手である場合、被害者が適切な対策を講じることが重要です。

以下にいくつかの対策を提案しますが、個々の状況によって異なるため、専門家や関係当局の支援を受けることをおすすめします。

警察への相談と被害届の提出

ストーカー行為は犯罪ですので、まずは警察に相談し、被害届を提出しましょう。警察の関与を得ることで、法的な保護や対応策のサポートを受けることができます。

 
別れた関係の明確化

元配偶者や元交際相手に対して、明確に関係の終了を伝えることが重要です。文書やメールで明確に別れたことを伝え、連絡を遮断するよう伝えましょう。

 
防犯対策の強化

自宅や職場のセキュリティを強化しましょう。セキュリティシステムの設置や監視カメラの利用、ドアや窓の補強など、物理的な対策を講じることが重要です。

 

これらの対策は一般的なアドバイスですが、個別の状況に応じて適切な対策を講じることが重要です。

被害者支援団体や専門家と協力し、適切な対応策を立てることをおすすめします。

5- ストーカー被害の相談窓口

ストーカーを“放置”は危険

恋愛感情が変容したストーカーの場合、その屈折した感情が、いつ爆発するかもわかりません。

大丈夫だろうと思って、放置しているうちに、事態は悪化しているかもしれないのです。

ストーカーの問題に直面しているのにも関わらず、独りで悩みを抱え込むことは危険極まりないといえます。

ストーカー被害に遭った場合、迅速に相談窓口に連絡し、適切なサポートを受けることが重要です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

ストーカー被害相談フォーム

ストーカー被害の状況、ストーカー対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談