探偵wiki - 探偵用語

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 【いじめ用語】アメリカの”反いじめ法”
公開日: 2022/04/12 最終更新日: 2022/05/25
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2022/04/12 最終更新日: 2022/05/25

【いじめ用語】アメリカの”反いじめ法”

アメリカでは日本と同様に未成年者にいじめが多く、いじめを取り締まる「反いじめ法」が制定されました。

日本には残念ながらアメリカの「反いじめ法」がありません。

しかしながら、今後は「反いじめ法」と類似の法律が制定されていくかもしれません。

今、我が子が辛い目に遭っているからと言って、泣き寝入りする必要もないため証拠はとれる時に撮っておきましょう。

専門家
いじめについて
2022年4月13日
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では「いじめ 」に関するさまざまな用語を掲載しています。ストーカー・嫌がらせ対策のスタッフが体験して得た情報も公開しているので、いじめでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

さらに詳しく知りたい

【いじめ用語】アメリカの反いじめ法

「反いじめ法」について詳しく解説

いじめで罰金が課される国もある

「反いじめ法」はアメリカだけではなくカナダやフィリピンでも類似システムが採用されています。

特にアメリカが制定された「反いじめ法」(Anti-bullying Law)を見ていきましょう。

「反いじめ法」は5歳から25歳のいじめにあった人に適用され、いじめた人に対して”いじめた回数”によって罰が異なるシステムで、それぞれの州ごとに異なります。

例えばカリフォルニア州のカースン市ではいじめをした者に対して一回目は約1万円の罰金、二回目は約2万円の罰金、三回目については刑事犯として取り扱うこととなり、軽犯罪が適用されます。

カリフォルニア州のいじめはスマホなどからも安全を脅かすようないじめを行った場合、刑務所あるいは約10万円の罰金あるいはその両方によって取り締まられます。

他州も同様な処置を行うのが散見されます。いじめを行う加害側が何度でも同じことをする特性を裏手に取ったアメリカらしい合理的なシステムと言えるでしょう。

また日本では未成年ということでいじめっ子がテレビやニュースなどで名前や住所が明かされることはありません。

アメリカではその点、被害者の味方の人たちが加害者の写真や個人情報を自由に報道関係に持ち込むことが多いです。

それだけではなく多くの児童が加害者として法廷に立つ裁判がかなりあるようです。ある程度個人情報がふせられたとしても、加害児童の裁判中の様子がテレビ中継されることもあります。

有名になった加害児童が世間から完全に秘密にされることは皆目不可能です。「反いじめ法」はサイバーいじめにも適用されます。

いじめ解決に探偵が尽力できること

第三者であることの強み

いじめは当事者同士の言い分では、どちらかあるいは両方が本当のことを言っていないのではないのでは?と疑問に思われたり、本当のことを言ってないのでは?と勘繰られることすらあります。

また知っている人の目の前では、加害側は被害者に対して何もしないことが大半です。人の目に触れない場所、もしくはインターネットやSNSで加害活動をしていることが大半です。

その場合は、被害者が加害的な言動を取られたSNS上の記録をスクリーンショットに収めたり、加害行為があった場所で録音をする必要があります。

いじめの被害の証拠がとれれば、いじめた側や学校に証拠を見せることにより、加害側の親にも認識させることによって慰謝料請求することが可能になります。

裁判や調査でも認められる調査報告書

いじめ調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

いじめ相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、いじめの内容、いじめに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop