ホーム > ストーカー関連記事 > ストーカー解決事例 > 恐怖の実話│ストーカーによる偶然の一致とつきまとい被害体験談
公開日: 2023/07/05 最終更新日: 2023/12/13
ストーカー関連記事 - ストーカー解決事例
 公開日: 2023/07/05 最終更新日: 2023/12/13

恐怖の実話│ストーカーによる偶然の一致とつきまとい被害体験談

恐怖の実話では、車両ストーカーによる不気味な出来事と被害体験に焦点を当てます。

この実話では、被害者が偶然の一致と思える出来事に遭遇し、それがつきまとい被害へと繋がっていく様子が描かれます。

その結果、恐怖や不安に襲われた被害者の心情と、ストーカーが取った対策についても探っていきます。

この実話を通じて、ストーカーによる嫌がらせの深刻さと被害者が直面する困難な状況を理解することができるでしょう。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2023年7月5日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、クライアントの安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

目次│

1- 偶然を装うつきまとい被害体験談

「つきまとい被害体験談」では、被害者が日常生活で特定の人物による不気味なつきまといを経験する様子が描かれます。

ほとんどが、「最初は偶然の一致だと思っていた」との認識から徐々に確信に変わります。

女性
ご依頼者様: 30代/女性 会社員
ご依頼内容: つきまとい調査
ご依頼理由:

私は最近、不気味な出来事に悩まされています。日常的に通勤する際、同じルートで移動しているのですが、最近になって特定の人物が私の周りに現れるようになりました。

初めは単なる偶然だと思っていましたが、その人物は私が着用しているアクセサリーまで身に着けていたのです。それだけでなく、私が行くカフェや休憩場所でも彼女を見かけることがあります。

このような出来事により、私は不安や恐怖感に襲われています。もし彼女が私をつきまとっているのであれば、どのような理由があるのか、どうして私をターゲットにしたのか知りたいと思っています。

このような状況について、私はどのように対処すればよいのでしょうか?調査や対策のアドバイスをお願いします。私の安全とプライバシーを守るために何ができるのでしょうか?

女性
ご依頼者様: 40代/女性 
ご依頼内容: つきまとい調査
ご依頼理由:

最近、日常生活の中で不特定多数の人が私の周りに頻繁に現れるようになりました。最初は単なる偶然だと思っていたのですが、私が行く場所や予定に驚くほど頻繁に現れるのです。

さらに不審なことは、私の興味や関心事に関連するトピックや話題について詳しく知っているような様子です。意図的に仄めかされたこともあります。

これらの出来事により、私は不安やストレスを感じ、日々不安な生活を送っていて疑心暗鬼になり人との付き合いもうまくいきません。

私はこのようなつきまとい被害から身を守るために、どのような対策を取るべきでしょうか?また、証拠を集めるためにどのような行動をとればよいのか、アドバイスをいただきたいです。

2- 偶然だとつきまといにならないのか

ストーカー 偶然?

偶然に何度も見かけることがつきまといとなるかどうかは、具体的な状況や行動のパターンにより異なります。

一般的には、偶然見かけることはたまたまの出来事であり、つきまといとは異なります。

特定の人物との一時的なすれ違いであり、短期間や限られた場所で起こることは珍しくありません。

偶然見かけるは、単なる共通の場所や興味の一致などから生じることが多いです。

ただし、以下のような要素が絡む場合は注意が必要です。

頻度とパターン
同じ人物が短期間に頻繁に見かける場合や、特定の場所やイベントでの偶然に出会いが継続的に起こる場合は、注意が必要です。パターン化された場合は、つきまといの可能性が高まります。

個人情報の把握
他人があなたの個人情報に精通しているような場合、例えばSNS上での情報共有やハッキング、他の人からの情報漏洩などがある場合は、注意が必要です。このような状況では、再会が偶然ではなく意図的なものである可能性があります。

嫌がらせのサイン
再会の度に不快な行動や嫌がらせを受ける場合は、つきまといの可能性があります。例えば、嫌がらせの言葉や行動、プライバシーの侵害などがある場合は、注意が必要です。

偶然に何度も見かけることがつきまといとなるかどうかを判断する際には、状況を客観的に評価し、パターンや不自然な要素に注目することが重要です。

もし心配な状況が続く場合は、警察や嫌がらせの専門家に相談することを検討しましょう。

3- つきまといが起きる環境チェック

つきまといが起きる可能性が高い環境をチェックするために、以下の要素を考慮してみましょう。

パターン化されているか?:特定の人物が頻繁に現れ、一定のパターンやルーティンを持って見かけることがあるかどうかを確認してください。短期間での頻繁な目撃や、予測可能な行動パターンが見られる場合は注意が必要です。

不審な接触や観察:つきまといをしている人物があなたを不審に接近したり、あなたを観察しているような行動が見られるかどうかを確認してください。特定の場所での待ち伏せや、あなたの行動を詳細に把握しているような様子が見受けられる場合は、つきまといが疑われます。

周囲の証言や感覚:あなたの周囲の人々に、「不審人物の目撃情報」「不審人物の聞込み」などなかったか確認してください。また、自身の直感や不安感に耳を傾けることも重要です。

これらの要素を考慮しながら状況を分析し、つきまといが起きている可能性を判断することが重要です。

つきまといとは

つきまといとは、特定の人や場所に対して執拗(しつよう)についていくことを指します。

しつこく接近し、ストーカーのように相手の行動を監視したり、追いかけたりする行為が特徴です。

つきまといは相手に対して不安や恐怖を与えるだけでなく、プライバシーの侵害や心理的な負担をもたらす可能性があります。

法律的にも問題とされ、被害者は警察に相談することが重要です。

また、つきまとわれた場合は、周囲の人々に相談し、自己防衛策を考えることも大切です。

4- つきまとい対策について

つきまといはさまざまな場所で起こる可能性があります。

自宅周辺、勤務先、通勤時、買い物をしているときにも、つきまとい行為をされているかもしれません。

自宅周辺で起きるつきまといチェック

自宅を加害者に知られてしまうと郵送物の盗難や盗聴など、執着のひどい嫌がらせをされる可能性も高く、非常にやっかいです。

つきまとい行為をエスカレートさせない為には、「自宅の防犯対策を徹底する」ことをおすすめします。

防犯対策は、想定されるつきまとい犯の動線上に防犯カメラの設置し、補助錠や防犯フィルム、人感センサーなどでつきまといしにくい環境を作ることです。

 
勤務先で身に覚えのない風評被害はありませんか?

勤務先では、同僚にプライベートを仄めかされたり、職場の外で待ち伏せされるたり、上司への評価を下げ、居場所を奪うために嫌がらせを行ないます。

職場の責任者への相談は必須ですが、相手は部外者なので侵入は防げても周辺をうろつくことは禁止できないので、何かあったときに駆け込める場所を確保しておいてください。

 
偶然を装ったつきまといに騙されない

通勤に電車を使っていれば毎日のことなので、何か対策をとろうとしても限られてきます。

今後つきまとい行為がエスカレートしたときのために早い段階から自分でしておかなくてはならないのが、「被害の記録」になります。

被害の記録とは、「被害を受けた日時」「被害の詳細な内容」「相手に関して知っている情報・特徴」になります。

それらをつきまといされた日に記録するようにしましょう。

5- インターネットを利用したつきまとい

インターネットを利用したつきまといは、オンラインストーキングとも呼ばれ、インターネット上のプラットフォームやソーシャルメディアを通じて行われる行為です。

被害者の個人情報や写真を収集し、追跡したり、メッセージやコメントで嫌がらせや脅迫を行ったりすることがあります。

さらに、GPS情報や位置情報を利用して被害者の居場所を特定しようとすることもあります。

オンラインストーカーは匿名性を利用して被害者を監視し、精神的な苦痛や不安を与えることがあります。

被害者はセキュリティ対策を強化し、プライバシー設定を確認する必要があります。

また、つきまといを経験した場合は、信頼できる人に相談し、必要に応じて警察に通報することが重要です。

現地調査とネットを組み合わせる

オンライン調査には専門的な知識と技術が要るので、被害に遭った方がつきまといの素性を暴こうとすると、全く無関係の人を「犯人」と決めつけるような誤りを犯しかねません。

判断を誤ると解決までの道のりが遠くなることもあります。

そのため、ネット上での誹謗中傷に気づき、誰かに批難されるようなことに心当たりがないときは、なるべく早い段階で専門家に相談し、アドバイスしてもらいましょう。

6- つきまといに関する相談について

つきまといに関する相談は重要であり、被害者は早めに対処する必要があります。

まずは信頼できる人に相談し、被害の詳細を共有しましょう。警察に通報することも重要です。

オンラインストーキングの場合は、プライバシー設定を確認し、セキュリティ対策を強化することが必要です。

証拠を集めることも大切であり、削除せずに保存し、自己防衛のために、自分の行動やルーティンを変えることも考えてください。

つきまといに立ち向かう際は、被害者の安全とプライバシーを守るために適切な対策を講じることが不可欠です。

必ず解決の道はありますので、困ったときにはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

つきまとい相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、つきまとい被害の内容、つきまといに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談