集団ストーカー解決事例

Group-Stalker case

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカー解決事例 > 集団ストーカーはいつ終わる!?
公開日: 2021/03/26 最終更新日: 2021/06/05
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー解決事例
 公開日: 2021/03/26 最終更新日: 2021/06/05

集団ストーカーはいつ終わる!?

一回のみの嫌がらせならまだしも、何年経っても終わらない集団ストーカーの嫌がらせは、「いつ終わる?」との質問が多くいただきます。確実に言えることは、「気付いた時に行動する」ことが被害が少なく解決しやすいベストなタイミングです。今回は、「集団ストーカー」の終わりについてご説明いたします。

目次│集団ストーカー探偵相談窓口

集団ストーカーが終わるタイミング

必ず終わりがくる集団ストーカー

集団ストーカーの被害者には、3パターンに分けられます。

  • 短期的に集中して嫌がらせを行ないターゲットの反応次第では終わるパターン
  • 中期的にさまざまな嫌がらせを行ない目標が達成して終わるか、加害者側の都合で終わるパターン
  • 長期間さまざまな嫌がらせを行ないターゲットが破綻するまで追い詰めるため終わりが見えない

まず、一番多いのが短期的に終わる嫌がらせとなります。このケースは嫌がらせに気が付かないで終わることもあり、「最近変なことばかり起きる」と感じる程度で、気にしなければ終わります。嫌がらない反応は、加害者側も面白くないのでしょう。そもそもターゲットにした理由も「懲らしめてやりたい」程度で、そこまで執着しないので集団ストーカーと認識する方は少ないです。

中長期で見える集団ストーカー被害

集団ストーカー被害者が一番つらい時期が中期(おおよそ半年から二年程度)のケースです。ある程度の執着心があるので、ターゲットが嫌がることを事前に下調べしていますので、「集団ストーカーに狙われてるかもしれない」「なにかが起きているはず」と気付くまで継続して行います。

この時期は、何が起こっているのかもわからない状況が続き、精神的にも不安定になり身体の不調で気付くことがあります。見えない嫌がらせと、わかりやすい嫌がらせを交互に使い分け、自分が被害者である確信がまだ持てないため、相談しても説得力にかけて誰も理解してくれない状況になりやすいのです。

長期化すると被害者もなれてしまう

長期化したケースの特徴は、被害者も「またやってるよ」と驚かなくなります。一種の洗脳に近い状況で、嫌がらせ被害を完全に忘れることができないので、どこかストレスを感じながら生活しています。加害者側も引くに引けない状況で「我慢比べ」に似たイメージを持たれますが、悪質な嫌がらせには必ず我慢の限界がきます。

そのような状況になったら、環境を変えるタイミングで全てに決着をつけると覚悟を決めて行動に移さないと、「常に嫌がらせさせる生活」から抜け出せなくなってしまいます。集団ストーカーによる被害が大きくなる前に、早期に解決することが必要となってきます。

集団ストーカーの目的

集団ストーカーは組織犯罪

集団ストーカーに加担する人たちには、何らかの理由があってメンバーに加わっているようです。考えられるのは次のようなケースです。

  • 個人的な理由で集団ストーカーの仲間入りをしている
  • 報酬目当てや生活のための闇バイト
  • 怨恨など、ターゲットにした相手を、社会的、経済的破綻させたい理由がある

集団ストーカーは組織で動いているので、特殊詐欺など、嫌がらせの背後には何かしらの犯罪が隠れている可能性もあります。昨今話題の煽り運転や学級内・職場でのいじめなどは、集団ストーカーの動きと類似した点も多く、もしかしたら犯罪組織に動かされているケースもあるのかもしれません。

海外では集団ストーカーは「ギャングストーキング」と呼ばれ、頻繁にニュースや雑誌などの特集で取り上げられていますが、日本では集団ストーカーが大々的に取り上げてられる機会はまだ少ないようです。

そのため「集団ストーカー」が逮捕案件に通じる犯罪だということはもちろん、「集団ストーカー」そのものを理解している人もまだ少ないようです。

感情をコントロールする力が必要

集団ストーカーの目的は、ターゲットにした相手につきまとう、監視するなどの嫌がらせをすることですが、その他にも嫌がらせを繰り返してターゲットを感情的にさせたり怒らせたりして、被害に遭っているのに「嫌がらせの加害者に仕立てる」ようなこともするので、どのような嫌がらせをされても、決して反撃に出たり、攻撃的な行動を起こしたりしないようにしてください。

物理的な暴力とは違う心理的な虐待

集団ストーカーに加担している人は、主犯格に命令されて動いている「駒」に過ぎません。指示どおりに動きますが、危害を加えてくるようなことはありません。プライバシーを覗き込み、盗撮や盗聴を繰り返す集団ストーカーは人権を無視した犯罪です。個人に対し集団でさまざまな嫌がらせをしてくるので恐怖を感じたり不安になったりするかもしれませんが、1人で悩まず私ども「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」にご相談ください。

集団ストーカーから自分を守る

一人の力では必ず限界がくる

集団ストーカーは、ターゲットにした相手の職場やふだん買いものをしているスーパー、趣味や習い事で通っている教室など全ての行動範囲を網羅し、先回りをして嫌がらせをします。

まるで「いつも監視している」「お前には安らげる場所などない」と言わんばかりに、どこに行っても集団ストーカーが待ち構えていれば、「どうしていつも行き場所を知っているのか」と疑心暗鬼になり、最悪の場合は家族や友達でさえも「集団ストーカー」に加担しているのではないか疑うことになるかもしれません。

このように、ターゲットを不安にさせ、精神的に弱らせていくのが集団ストーカーの卑劣で狡猾なところです。

家族や友人を疑うようになったら「孤立」が待っているだけです。そのような状況に陥らないようにするためにも、あなたを孤立させようとする集団ストーカーから身を守る方法を私ども「対策専門窓口」と一緒に考えて対応しましょう。

記録に残す習慣から

私どもは「無料相談」を受けつけていますが、ご相談やご依頼の前に、まずは自分なりにわかる範囲で状況を整理してノートにまとめてみましょう。例えば、どのようなときにどのような嫌がらせをされたのか、盗聴や盗撮をされた可能性の有無などです。調査を依頼される際はその記録がベースになるので、私どもも嫌がらせの全体像の把握や調査着手しやすくなります。

犯罪を見過ごしてしまうリスク

現在起きていることを妄想だと信じている「被害者」は、「加害者」からしたら何をしても大丈夫だと思いエスカレートしながら「どこまで大丈夫なのか」試されてしまいます。

エスカレートしてもやり方は変わらず、日常生活に紛れ込む「ガスライティング」「ほのめかし」「アンカリング」を少し過激にして、意識させるように仕向けてきます。意識させる理由は、完全に妄想だと思い込んでしまうと嫌がらせを受け入れてしまうので、嫌がらなくなります。

加害者側は、嫌がらせを行なう理由の1つに「嫌がる反応をみる」ことに執着する人がいます。反応しないとエスカレートし、反応すると喜びまた同じことを繰り返す、無限ループの状況なのです。そのうちに、加害者が作り出すループから抜け出せないとあきらめて、仕事や仲間を捨てて外部との接触を嫌う生活をします。

完全に孤立した状況から元の生活に戻すのは大変なので、妄想かもしれないと思った段階で相談する必要があります。

依頼前に確認すべき2つのポイント

集団ストーカーには調査力が重要です

集団ストーカーの被害者が探偵業界を熟知していれば、調査能力や実績を見極めて選べばいいと思いますが、多くの方はよく分からないと思います。では、探偵や興信所業界(調査能力・実績等)をよく知らない多くの方々は、どのような基準で選べばいいのでしょうか?

  • 調査士の実務経験(経験年数)を確認する。
  • 調査士に解決事例(成功事例)を確認する。
  • どのようなプランで解決まで導けるのか。

ここで注意しなければならないのは、ホームページ上の「相談実績〇〇件」「解決実績〇〇件」「〇〇を解決しました」「お客様の声」など、何の裏付けもない抽象的な「実績」や「解決事例」は参考にしないでください。少なくとも、裏付けのない「解決実績〇〇件」などの謳い文句は本気にしないで、直接担当者に「どのように解決させるか」聞いてみてください。お金の話はその次です。

集団ストーカー調査の依頼は必ず専門家に!

集団ストーカーの相談・調査依頼をお考えの方は、当サイトのご利用をお勧めします。近年は探偵事務所が激増していると言われますが、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分だった」「高額な調査料金を請求された」など、調査のクオリティやサービスにご不満をお持ちの方も多くおられるようです。

集団ストーカー調査は、犯罪手口の特殊性などから専門的な知識と経験が必要になるため、探偵社であればどこでも対応・解決できるわけではありません。他社で断られたご相談や、解決できなかった調査のご依頼を歓迎します。ご相談はメールまたはお電話をいただければと思います。私どもの経験と実績をご信頼ください。お力になれるよう尽力いたします。

集団ストーカー対策が必要な方へ

集団ストーカー対策

集団ストーカーによる嫌がらせをやめさせ、問題を解決するには徹底した「証拠収集」が必要です。損害賠償請求や訴訟をお考えの場合、証拠がない状況で被害を訴えても、周囲は理解してくれるどころか「オオカミ少年(※1)」とみなされて孤立が進むだけです。

問題を解決したい方は私どもにお任せください。誰が嫌がらせをしているのか、主犯格の特定や嫌がらせの実態を証明する証拠の収集など、専門的なことは私どもにお任せいただき、ご依頼者は普段どおりに生活してください。

解決には協力者が不可欠

集団ストーカーの被害を訴えると、聞く耳を持とうとしない人は「統合失調症の妄想」や「思い込み」「ただの偶然」と決めつけることがあります。しかし、集団ストーカーは被害に遭った方の妄想や思い込みなどではなく、「れっきとした犯罪」行為です。

集団ストーカーは複数のメンバーで嫌がらせやつきまといなどの行動に出るため、どのくらいの規模、人員で動いているのかわからないと、誤って無関係の人を犯人と名指ししてしまう危険を伴います。早計な判断は解決までの遠回りになるので、勢いに任せるなど根拠のない行動は慎むようにしましょう。怪しいと思った人がいても、専門家に確認するようにしてください。

※1「オオカミ少年」:繰り返し嘘をついていると、やがて周囲の人から信用されなくなってしまう童話

集団ストーカーに関連するQ&A

Q

集団ストーカーは解決できる?

A

解決できます。方法は2通りあって、1つは警察に被害届を出すことです(状況によっては所轄の警察署長から「警告」「禁止命令」を出してもらうこともできます)。もう1つは主犯格を突き止め、嫌がらせをやめてもらうよう直接交渉することです。いずれの場合でも嫌がらせを証明する証拠が必要になります(ご依頼をいただければ私どもが証拠の入手、被害届を提出する際の書類の作成もお手伝いいたします)。また、主犯格と直接交渉する際は、被害に遭った方が単独で交渉に臨むのは危険なので、警護を兼ねて私どもの調査員が「立会人」として同席いたします。その他にも集団ストーカーによる嫌がらせが理由で体調を壊した、精神的な苦痛を被ったとして主犯格を訴える、損害賠償を請求するなどの方法もありますが、こちらは弁護士に訴訟準備等の依頼をしていただくことになります。

Q

集団ストーカーの被害にあっていますけど、信じてくれますか?

A

もちろんです!まずは現状をお聞かせください。集団ストーカーの嫌がらせや被害を訴えたとき、「気のせい、考えすぎ」「被害妄想」といったように受け流されたり、場合によっては精神疾患を疑われたりするケースが多く見受けられますが、気のせいで片づけようとする人は「集団ストーカー」を知らないからだと思っていいかもしれません。家族や友人に苦しみを打ち明けたいのであれば、あなたの話を信じてくれる人にしましょう。もし、誰も話を聞いてくれそうにないときは、私どもの「対策専門窓口」をお頼りください。無料相談およびコンシェルジュサービスを設けております。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop