集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー解決事例

Group-Stalker case

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカー解決事例 > 集団ストーカーはいつ終わる!?現状を見据えた対策について
公開日: 2022/03/22 最終更新日: 2022/12/05
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー解決事例
 公開日: 2022/03/22 最終更新日: 2022/12/05

集団ストーカーはいつ終わる!?現状を見据えた対策について

一回のみの嫌がらせならまだしも、何年経っても終わらない集団ストーカーの嫌がらせは、「いつ終わる?」との質問が多くいただきます。確実に言えることは、「気付いた時に行動する」ことが被害が少なく解決しやすいベストなタイミングです。

これを機に、集団ストーカーから逃れる方法を見つけ出して被害に遭う前の生活に戻るようにこころがけましょう。

⇒ 執筆者 / 監修者ページ / 2022年12月5日 更新

※犯罪の性質上、未成年者及び現在心神耗弱状態の方は、「保護者の同意」および「親族の立ち合い」をお願いすることもあります。

目次│集団ストーカー探偵相談窓口

1- 集団ストーカーが終わるタイミング

集団ストーカーはいつ終わる?

必ず終わりがくる集団ストーカー

集団ストーカーの被害者には、3パターンに分けられます。

  • 短期的に集中して嫌がらせを行ないターゲットの反応次第では終わるパターン
  • 中期的にさまざまな嫌がらせを行ない目標が達成して終わるか、加害者側の都合で終わるパターン
  • 長期間さまざまな嫌がらせを行ないターゲットが破綻するまで追い詰めるため終わりが見えない

まず、一番多いのが短期的に終わる嫌がらせとなります。このケースは嫌がらせに気が付かないで終わることもあり、「最近変なことばかり起きる」と感じる程度で、気にしなければ終わります。

嫌がらない反応は、加害者側も面白くないのでしょう。そもそもターゲットにした理由も「懲らしめてやりたい」程度で、そこまで執着しないので集団ストーカーと認識する方は少ないです。

中長期で見える集団ストーカー被害

集団ストーカー被害者が一番つらい時期が中期(おおよそ半年から二年程度)のケースです。ある程度の執着心があるので、ターゲットが嫌がることを事前に下調べしていますので、「集団ストーカーに狙われてるかもしれない」「なにかが起きているはず」と気付くまで継続して行います。

この時期は、何が起こっているのかもわからない状況が続き、精神的にも不安定になり身体の不調で気付くことがあります。

見えない嫌がらせと、わかりやすい嫌がらせを交互に使い分け、自分が被害者である確信がまだ持てないため、相談しても説得力にかけて誰も理解してくれない状況になりやすいのです。

長期化すると被害者もなれてしまう

長期化したケースの特徴は、被害者も「またやってるよ」と驚かなくなります。一種の洗脳に近い状況で、嫌がらせ被害を完全に忘れることができないので、どこかストレスを感じながら生活しています。

加害者側も引くに引けない状況で「我慢比べ」に似たイメージを持たれますが、悪質な嫌がらせには必ず我慢の限界がきます。

そのような状況になったら、環境を変えるタイミングで全てに決着をつけると覚悟を決めて行動に移さないと、「嫌がらせされる生活」から抜け出せなくなってしまいます。

集団ストーカーによる被害が大きくなる前に、早期に解決することが必要となってきます。

2- ストーカー規制法改正後でも変化はなし?

集団ストーカーと法律

法規制をすり抜ける集団ストーカー

本来、ストーカー規制法は集団ストーカーによって起きた「桶川ストーカー事件」がきっかけで制定されました。ただし、この事件は加害者が被害者の元交際相手ということから、恋愛感情から始まったストーカー行為のみが対象でした。

集団ストーカーの被害者たちのSNSなどを見ると「ストーカー規制法改正後の規制では、集団ストーカーたちのストーカー行為は対象外となり、被害が変わらない」という意見が見られます。

被害者のなかにはGPSで24時間365日居場所を把握さていたり、無線、スマートフォンの通話アプリで情報を拡散されているなど、難しいつきまとい行為が以前より目立つようになったという報告か多く目立ちました。

法改正でも集団ストーカーに対して効果がない!?

仄めかしによるメッセージには、「ストーカー規制法が改正されても、自分たちはノーダメージだし、警察に捕まらない」という意図が込められている場合があります。

最近では、被害者自ら選挙に出馬して、演説のなかに集団ストーカーテクノロジー犯罪の撲滅を掲げる方もいます。Twitterのスペースの参加者に対して集団ストーカー、ギャングストーキングの周知活動が行なわれています。

集団ストーカーをネットで知ったというユーザーも多く、被害者にとって心強い環境が整ってきているのかもしれません。また、ストーカー規制法の恋愛対象を外すべきという政治家の一部で声が出ているので、今後の政治の動きに注目したいところです。

2-1 GPS悪用も規制!集団ストーカーが追尾する意味

SNSで以前より集団ストーカーのワードが拡散され、認知している人が増加しています。それでも、GPSを使って追尾する意味はあるのでしょうか?

生活に困窮して加担するケース

普通の住民がいきなり、特定の人につきまとい、尾行や嫌がらせをするなど、何かしらの大義名分がなければできません。また、生活になんらかのメリットがないと誰も参加しません。

それか、法律が改正されたこと、加害者側に都合が悪い情報を内部に知らせない。つまり、情報統制させられてる可能性も考えられます。

宗教が絡んで加担するケース

加害者に宗教的な思想が入れば「自分たちは正義でやっている」「こうしたほうがいいと言われたからやる」「こうすることで幸せになる」という認識になります。

しかし、2019年の参議院選で、ある政党の演説に集団ストーカーについて言及したことや、その犯罪を認識してる政党が出はじめたことで徐々に後退してるのかもしれません。

2-2 法律を無視してまでも被害者を追っている意味

GPSは万能ではない

リスクを冒してでも自分の生活を守る人が増えている

コロナ禍で行動制限がされているにもかかわらず、つきまといをしていることに何の意味がるのでしょうか?感染するリスクを負ってまでやらなければいけない意味とは何でしょうか?

通常では考えられない思想と思考に加担者たちは侵されている可能性が高いです。

宗教系の集団ストーカー加害者を除けば、コロナ渦によるリストラ、倒産で増加した失業者を加害側に引き込むことで、対価と引き換えに集団ストーカーに加担させる動きもあるでしょう。

たとえそれが、赤の他人を傷つけるようなことであってもです。

GPSですべてを把握することはできない

GPSだけでは被害者の行動全てを把握することはできません。GPSはときに、実際の場所から離れた場所を示すこともあるので「人」が現地で確認する必要があります。

また、待ち伏せはできるけど、実際に旅行先のホテルに泊まれるかどうかは加害者側も運しだいなところもあります。

それに、コロナ禍になり、オンラインで話す機能が増えていろいろ情報をつかんでも、具体化するまでにかなりの時間を割いてしまいます。

集団ストーカー被害者ができることは、加害者の持っている情報を過去の情報にする、つまり、新しい情報を与えないことです。

3- 集団ストーカーから身を守る

一人の力では必ず限界がくる

集団ストーカーは、ターゲットにした相手の職場やふだん買いものをしているスーパー、趣味や習い事で通っている教室など全ての行動範囲を網羅し、先回りをして嫌がらせをします。

まるで「いつも監視している」「お前には安らげる場所などない」と言わんばかりに、どこに行っても集団ストーカーが待ち構えていれば、「どうしていつも行き場所を知っているのか」と疑心暗鬼になり、最悪の場合は家族や友達でさえも「集団ストーカー」に加担しているのではないか疑うことになるかもしれません。

このように、ターゲットを不安にさせ、精神的に弱らせていくのが集団ストーカーの卑劣で狡猾なところです。

家族や友人を疑うようになったら「孤立」が待っているだけです。そのような状況に陥らないようにするためにも、あなたを孤立させようとする集団ストーカーから身を守る方法を私ども「対策専門窓口」と一緒に考えて対応しましょう。

記録に残す習慣から

私どもは「無料相談」を受けつけていますが、ご相談やご依頼の前に、まずは自分なりにわかる範囲で状況を整理してノートにまとめてみましょう。例えば、どのようなときにどのような嫌がらせをされたのか、盗聴や盗撮をされた可能性の有無などです。

調査を依頼される際はその記録がベースになるので、私どもも嫌がらせの全体像の把握や調査着手しやすくなります。

真実を知らなければ何も変わらない

3-1 マインドコントロールを解く

集団ストーカーから逃れるために

疑いを持ってみる

集団ストーカーは精神的な嫌がらせを行ない、ターゲットの活動範囲を縮小するために、大勢の加担者を使って異常な世界を作り上げるように仕向けます。

そうすると普段気にしなかったようなことも、徐々に不信感を抱くようになり、家族や友人ですら拒絶しだし、集団ストーカーが作り上げる世界に引き込まれてしまうのです。

この段階で立ち止まることができれば、「集団ストーカーの目的」や「仕掛けた罠」が見えるようになります。

そのためには、日本の法律や迷惑防止条例を知り、いつでも証拠収集ができるように冷静でいることが必要です。

集団ストーカーの被害は、「洗脳工作」です。犯人を特定することが難しいと思ってしまうのも一種の洗脳なのです。

難しく考えていませんか?

集団に対して1人で立ち向かえば難しいですし、全ての証拠取得を目指せば膨大な時間がかかってしまいます。

冷静になることができれば、今起きている被害の優先順位を決めて証拠収集を行なえば難しくはないのです。

まずはマインドコントロールから解放させることを第一に考えましょう。おのずと集団ストーカーから離れていき、平穏な生活を取り戻すことができるでしょう。

1人では難しいことは、無理に抱え込まずに気軽にご相談してください。

3-2 思考の罠に陥らないために

解決には第三者を立てる

声高は必要でも解決とは別のことと考える

志の高い被害者ほど色々調べて声高に集団ストーカー周知をSNSで人に伝えようとします。

これらの活動は社会的に集団ストーカーを知らない人々の興味を引いて、啓蒙させることに非常に有効で今後もされるべきです。

しかし、自分の集団ストーカーの問題を解決するには、これだけでは不十分むしろ逆効果になることもあります。

なぜなら証拠とは本人が撮った証拠の場合、捏造の可能性もあるとされるからです。

本人が撮った証拠では犯行側はいくらでも言い逃れでき、主犯格を見つけたとしても常に監視されている場合、相手を捕まえることは困難でしょう。

そのような理由から、第三者による証拠収集という視点が非常に重要になってきます。

現在の日本の法律では集団ストーカーそのものを規制する刑法がない、すなわち集団ストーカーは現在も「存在しない」ことになっているからです。

それは加害に参加している者たちを全員逮捕することは困難ということを暗に示唆しています。

3-3 生活リズムを変えない

つきまといや盗撮を恐れて外出しないという選択をする方もいますが「逆効果」です。

引きこもる行動は、集団ストーカーを常に意識した生活となり、ますます深みにはまります。いつも通りの生活を心がけて、意識を向けないようにしましょう。

証拠収集など自分では難しいことは、専門家に任せてしまいましょう。

集団ストーカーと向き合う考え方

ご自分の中で、集団ストーカーにたいしての考え方を少し変えるように意識して考えるようにしてください。

自分の集団ストーカーを終わらせるために「これだったら証明できる」被害だけに特化して、あれもこれも考えて難しくしないようにしましょう。

ご自身が被害者から解放され充実した日常を送れるようになって、余裕ができてから今までできなかったことや成し遂げられなかったことなどをすすめても遅くはありません。

よく集団ストーカーは、「トカゲのしっぽ切り」で解決には至らないという意見を聞きますがそんなことはありません。

あなたにたいする集団ストーカーを終わらせるには充分な証拠になります。

但し、やり方を間違えると「言いがかり」として片づけられ、ご自身の立場を悪くする方向に進んでしまうので、日常生活では意識しすぎないようにしてください。

余裕があるときや、タイミングがあえば証拠収集をするレベルでいいのです。 まずはご自身の生活を第一に考えて、チャンスが来たら行動する勇気が少しだけ必要なだけです。

4- 集団ストーカーの現状を見据えた対策

一人では解決が難しい

集団ストーカーは、あなたの周囲で常にあなたが嫌がることや嫌がるきっかけづくりをしていることは、被害者であるご自身が一番よく分かる現象でしょう。

それと同時に社会的に集団ストーカーが人々の認識されてくるようになってきましたが、完全な解決へはいまだ至っていないためまだ被害者の方は気持ちを引き締めていましょう。

集団ストーカーは現実に存在しているのですが、組織が大きい場合、個人で相手にするということは現時点では厳しいです。

探偵にできることは主犯を見つけ出し、証拠とともに事実を突きつけやめさせることです。

それにより、相手との話し合いに探偵が介在することでご依頼したあなたの被害は終焉する仕組みになっています。

なぜかというと集団ストーカーは表にその姿が暴露されることを最も嫌がるため、一度ばれたら滅多に再発しないからです。

4-1 集団ストーカーがエスカレートするポイント

集団ストーカーがエスカレート

エスカレートする理由

集団ストーカーの嫌がらせがエスカレートする場合は、相手の都合が悪い時にエスカレートすることが多くあります。

被害者は、監視・盗撮されていることに気付いているため、加害者を注意したら被害が酷くなると思い、なかなか行動に出る被害者はいません。

基本的に集団ストーカーは、組織(グループ)で個人を狙いますので、個人的な感情によって加害がエスカレートすることはありません。

エスカレートしたケース
  • 加害が失敗した場合、再度加害を成功させようと試みるので卑劣な手法をする
  • ターゲットだけでなく、ターゲットの関係者を巻き込んだ嫌がらせをする
  • 偶然を装った「接触」が増え、身の危険を感じるまで続いた
長期間に及ぶケースも

集団ストーカーの嫌がらせ期間が長いほど、エスカレートしている可能性もあるので、監視やつきまといに気づいたり不審な行動をする人物を見つけたりしたら警察に連絡しましょう。

嫌がらせ行為は「ストーカー規制法」違反に該当するので、警察も対処してくれるはずです。

集団ストーカーが危害を加えてくるようなことは滅多にありませんが、万が一のことを考えてあまり深追いしないほうが無難です。

4-2 エスカレートしたときの対処法

警察についてきてもらう

もし、集団ストーカーの嫌がらせがエスカレートして恐怖感を感じたら、警察に通報してありのままの状況を伝えてください。

「怖いから自宅まで付いてきてください」といえば、警察も対応してくれますので、相手に決して1人で立ち向かうようなことはしないでください。

例えば、集団ストーカーのように、つきまとう者が毎回異なり、被害者と何ら関係性がない人ばかりの場合、警察もマークしづらく調査できません。

個人や少人数による嫌がらせだと、同一人物による行為とみなして、加害側へ注意喚起くらいはしてくれますし、交番へ連行してくれる可能性があります。

同じ被害者や協力者を得た時に嫌がらせがエスカレートするケース

主に集団ストーカーに見られる傾向ですが、加害者は絶対に被害者同士が関わらないように警戒して先回り行動をします。

SNSのツールで近くの被害者同士が会った場合、情報が共有されるので、被害者同士を引き離す手段を選びます。

情報が共有されると、「同じ手口じゃない?」と被害者が安堵されますし、情報共有により証拠を撮りやすくなるからです。

それだけではなく家庭・近所・職場・学校で自分は集団ストーカーを受けていることを周囲に相談して相手から理解を得られたとします。

それにより、二次被害・三次被害として相談を受けた人も集団ストーカーの嫌がらせに巻き込まれる可能性もあり、同じような被害に遭遇する事例があります。

だからといって、「被害者がふえるから自分は誰にも言うまい」と思ってしまうと、それこそ加害側の思惑どおりになります。

黙ってしまうのではなく、誰に相談することから始めましょう。1人で抱え込んでもメリットはないことを知ってください。

4-3 証拠がなければ誰も事実は分からない

気をつけないといけないのは基本的に証拠がなければ、相手を加害側にすることは困難ということです。証拠がないと、あなたが話していることが事実か嘘か誰にも分からないのです。

警察は「現行犯逮捕だったらできるので不審者がずっと自宅に停車していたらすぐ110番してください」これは警察からするとせめてもの力添えをしたい言葉の表れなのです。

私どものような第三者機関を入れて証拠をとり加害者側と話合うことで、集団ストーカーによる加害でも、個人や少人数による嫌がらせでも嫌がらせは終焉することが可能です。

警察を味方に

もし警察が事件として捜査できないことがわかっても、がっかりすることはありません。警察ではあなたへの対応方法も、一律です。

仮にあなたに対応した警察の人があなたに起きている嫌がらせを「個人的に対応してあげたい」と思ったとしても、基準に順ずるしかないからです。

どうしても調査には棲み分けが生じてきてしまうことをご理解ください。この点を理解することなく嫌がらせを終わらせる機会を逸した方が多いのです。

外側の圧力で嫌がらせを終わらせるのは昨今ではひとつしかありません。事前に証拠をとれる調査ができるのは探偵事務所になります。

裁判や調査でも認められる調査報告書

5- 集団ストーカーの実態調査について

当事務所は、集団ストーカーの実態調査に特化した探偵社です。先の先を読んだ調査やサポートに対応しています。

集団ストーカーから逃れるには、嫌がらせの証拠を徹底的に収集することです。集団ストーカーによる被害を証明することができれば、警察に被害届を提出するこが可能です。

集団ストーカーの実態調査項目の事例

  • おとり調査
  • 張り込み調査
  • 聞き込み調査
  • 尾行調査
  • 風評調査
  • 証拠収集調査
  • 実態調査
  • 盗聴・盗撮調査
  • ハッキング調査
  • オンライン調査
  • 加害者の特定調査
  • 加害者の身辺情報の収集
  • 潜入調査
  • 各種測定調査

5-1 探偵を利用する前に確認すべきポイント

集団ストーカーの被害者が探偵業界を熟知していれば、調査能力や実績を見極めて選べばいいと思いますが、多くの方はよく分からないと思います。

では、探偵や興信所業界(調査能力・実績等)をよく知らない多くの方々は、どのような基準で選べばいいのでしょうか?

  • 調査員の実務経験(経験年数)を確認
  • 調査員に解決事例(成功事例)を確認
  • どのようなプランで解決まで導けるのか

ここで注意しなければならないのは、ホームページ上の「相談実績〇〇件」「解決実績〇〇件」「〇〇を解決しました」など、何の裏付けもない抽象的な「実績」や「解決例」は参考にしないでください。

少なくとも、裏付けのない「解決実績〇〇件」などの謳い文句は本気にしないで、直接担当者に「どのように解決させるか」聞いてみてください。

探偵選びは無料相談をフル活用する

探偵事務所に求められているのは、「解決力」です。この解決力については、無料相談の段階である程度は判断できます。

まずは、無料相談をフル活用して「情報をアップデート」し、情報弱者にならないようにしましょう。

探偵の選び方は、情報収集以外は直感でしかありません。最後までお付き合いできる探偵を探してください。

1日で解決できる問題ではないことから、中長期になっても最後まで被害者に寄り添う責任感が解決に導くので、会社の姿勢も含め見極める必要があります。

5-2 集団ストーカーのご相談・調査依頼方法

最短で当日の面談が可能です

事務所にお越しになることができない方の為に、集団ストーカーの実態調査の専門家が無料にてご自宅またはご指定の場所へ伺います。各エリアの出張相談は、全て予約制です。

また、他社で断られた案件についても対応いたしますので、まずは無料相談をご利用ください。

集団ストーカーの実態調査に関するご相談・お見積もり・面談予約は、お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間(土日・祝日問わず)お受けしています。

被害の状況によっては、無料相談で解決する問題もあります。緊急性の高い方は、フリーダイヤルをご利用ください。調査の担当者が対応いたします。

流れ
無料相談

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop