集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー解決事例

Group-Stalker case

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカー解決事例 > 集団ストーカーは恐れるに足りない!正しい対策や心構えや打開策
公開日: 2022/03/05 最終更新日: 2022/12/14
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー解決事例
 公開日: 2022/03/05 最終更新日: 2022/12/14

集団ストーカーは恐れるに足りない!正しい対策や心構えや打開策

集団ストーカーの被害にあったらそう簡単には解決できない!被害者間で話し合った時に、「永遠に続く」という言葉に絶望を感じた人もいらっしゃるかもしれませんが安心してください。

こちらでご紹介する記事は、集団ストーカー打開策や心構えについて重要なポイントを解説していますので是非参考にしてください。

⇒ 執筆者 / 監修者ページ  / 2022年11月21日 更新

※犯罪の性質上、未成年者及び現在心神耗弱状態の方は、「保護者の同意」および「親族の立ち合い」をお願いすることもあります。

目次│集団ストーカー対策の相談窓口

集団ストーカーの正しい心構え

1- 集団ストーカー対策の基本は「無視」

難しく考えていませんか?

集団ストーカー対策の基本は無視です。

「対策が無視?」「無視できないから悩んでいるのでは」と思った方にわかりやすく説明すると、全ての加害に向き合っていては解決まで時間がかかりますし、1人では大変です。

無視できる範囲は無視でやりすごし、証拠として残せる嫌がらせ行為のみにフォーカスすることが解決までの最短ルートです。

集団ストーカーの加害行為に「アンカリング」という行為があります。これは、集団ストーカーが常に動きを「監視してる」と植え付けるために行っています。

集団ストーカーの被害に遭っている方で、下記のようなアンカリングはありませんか?

  • スマートフォンを向けられているが撮影していたかわからない。
  • なぜか意識してしまう「数字」や「色」を見る機会が増えた。
  • 自分のことを仄めかす人が増えている。
  • 同じタイミングで出てくる人が増えた。
  • 意識させようと「音」や「光」でアピールしてくる。

頻繁に見かけていれば、これは「変だ」と気付くようになります。しかし、相手の狙いが「意識付け」だとわかっているのであればその現状に慣れ、無視していればいいのです。

いちいちアンカリングに反応していたら身が持ちません。「変なことをやってる人」と思うことで、集団ストーカーに振り回されない対策となります。

慣れるまで時間がかかり難しいのですが、他人に「自分のこと」とわかる仄めかしが聞こえても「無関心」で通すことです。

アンカリングにむきになると、「自意識過剰」と思われたり、調査を行えば「ただの通行人」となり、振り回されてしまうからです。

「アンカリングを意識させてどうなの?」と考える自分を作ってみてください。アンカリングは全く意味がないモノとして判断する自分が確立します。

アンカリングに意識しないようになれば、その「意識付け行為」に意味がなくなり、アンカリングや仄めかし被害は収まります。

2- 集団つきまといに必要な心構え

集団で行なうつきまとい

複数人のつきまといは、ただつきまとうだけではなくターゲットの不安を煽るように仄めかしを行なったり、わざと携帯を向けたりする行動をとり、「どこにいってもつきまとわれている」心理を植え付けるため何度でも人を変えて行います。

集団ストーカーが行なうつきまといに必要な情報はある程度「マニュアル化」されていますので、つきまといもパターン化されてきています。

つきまといの目的が大方想定できるため、ある程度「つきまとい耐性」ができれば無視できる範囲として割り切ることも可能です。

この段階まできたら、集団ストーカー被害が激減するきっかけになります。

集団ストーカーが必死に不安にさせようとやっていることが「全て無駄」となり、自然となくなるか別の手口に移行するしかなくなります。

3- 集団ストーカー被害の対策事例

日々進化していく嫌がらせ

集団ストーカーは、「被害者が対策を練るほど、加害者も一歩上をいく行為をしてくる」「やられぱっなしになるほうがエスカレートするよりまし」という意見も聞きますが、結論からいうとどちらにしても被害は悪化します。

まず、その思考になった時点で危険信号だと思ってください。

「なぜ危険信号なのか?」それは、最初は抵抗していたことも次第に慣れてしまい、受け入れるように洗脳されかけていることに自分では気が付きづらいのです。

誰もが「嫌がらせを受け入れる」という選択肢は選ばないはずです。できれば、早急に解決させたいと思うことが正常です。もし当てはまる方がいたら「無料相談」から行動に移すべきです。

どのように対策が必要なのか
  • 無視する加害と対抗する加害をしっかり線引きする。
  • 集団ストーカーの加害は主に洗脳工作であって怖くないと認識する。
  • 慣れと無視を繰り返し証拠が取れるものだけにフォーカスする。
  • 専門家のサポートはメンタルサポートも含むことが理想。
  • 専門家に証拠収集や被害対策は任せて好きなことに意識を向ける。

こちらが提案する解決方法は、「全て任せる」以外はお勧めします。集団ストーカーは、「※ご依頼者の協力」がなければ解決は難しいからです。

※丸投げでは時間と費用がかかりおすすめできません。

相手がいることなので、「誘導」したり「仕掛け」をしたりさまざまな協力が必要になります。

集団ストーカーの解決方法も色々ありますが、ネットに書けば対策されて「いたちごっこ」になっているのが現状でしょう。

行動に移す前に大事なポイントだけ伝えておきます。
探偵なら解決できるではなく、集団ストーカーに理解があるから解決できる点は忘れないでください。

次の項目で「理解者」について詳しく解説します。

3-1 理解者が誰もいない

理解者がいないことは工作かもしれない

嫌がらせをされているのに、周囲に相談しても誰も理解してくれない。家族に相談したが、親身になって聞いてくれないこともあるかもしれません。

しかし、「理解を得られない」ことが、誰かしらに影響されてのことであれば、集団ストーカーの被害者である可能性が高いです。

もし、集団ストーカーの被害者でなければ、学校、職場、近隣住民で仲良くしてくれる人、味方になってくれる人、パイプ役になってくれる人が必ずいます。

あなたに嫌がらせをしてくる人を嫌だなと思えば、他の人もその人によくない感情を抱くことが多いのです。それがないのは、なんらかの根回しや工作があるのが集団ストーカーなのです。

自分には理解者がいない状況をチェックしよう

まず冷静に、自分に理解者がいない理由を探ります。的確に情報を把握することで自分に起きている嫌がらせの種類が集団ストーカーか、そうではないかを理解できるからです。

下記の項目をチェックして、1が多ければ集団ストーカーの被害者、2が多ければ個人か少人数による嫌がらせと見てもよいでしょう。

2が多くても、周囲にトラブルや被害が及ぶ確率が高かったり、それをきっかけに加害に寝返った理解者がいる場合は集団ストーカーである確率が高いです。

但し、他の項目が該当しなくても、いつも監視されている気がする、トラブルがなにかしらある場合、判断するには注意が必要です。

  • 1. 家族に相談したが理解は得られない
  • 2. 家族に相談して、理解は得られた
  • 1. 友人・知人に相談したが話は聞いているがそこまで親身ではない
  • 2. 友人・知人に相談して理解を得られた
  • 1. 学校で、理解者がいない・誰にも相談できない雰囲気がある(教員も信頼できない)
  • 2. 学校で、自分と嫌がらせ加害者の間を橋渡し・対策してくれる教員や友人がいる
  • 1. 職場で、理解者がいない・誰にも相談できない雰囲気がある(職場全体が嫌がらせにかかわっている気がする)
  • 2. 職場で、上司あるいは同僚に相談したところ理解者が得られて気軽に相談できる人がいる・役割の配属配置もしくはシフトで加害者と鉢合わせしない組み合わせにしてくれる配慮がある
  • 1. 近所で、理解者がいない・誰にも相談できない雰囲気がある(近所全体が嫌がらせにかかわっている気がする)
  • 2. 近所で、長あるいは近くの住民に相談したところ理解者が得られて気軽に相談できる人がいる・地域会議などで配属配置変換により当事者同士が顔合わせをしないような配慮がある
  • 1. 通学・通勤ルートあるいは自宅から出た外出先のいたるところで、不審人物を見かける。
  • 2. 通学・通勤ルートあるいは自宅から出た外出先で人につきまとわれていることはないと言い切れる
  • 1. メインの嫌がらせ(学校や職場、近隣住民とのいざこざ)以外で、近所の人が随分な確率で自分のタイミングにあわせて行動していると思う。玄関のドアを開けたときに、車両や人が通りすぎたり、近所の人が近くにいるタイミングの頻度が高い
  • 2. メインの嫌がらせ(学校や職場、近隣住民とのいざこざ)以外で、近所の人が随分な確率で自分のタイミングにあわせて行動していると思うことはない
  • 1. 誰なのかは分からないが、SNSで悪口や誹謗中傷を拡散されている。自分を装い第三者を誹謗中傷するような書き込みがあり、書かれた人と自分の関係が悪化していたことがある
  • 2. 上記の経験がまったくない

3-2 理解してくれる人とは?

理解者は多い方がいい

嫌がらせの加害を理解してくれる人は、あなたを心から心配している家族や友人、あなたと同じような経験をした人ならわかってくれるでしょう。

特に集団ストーカーは理解されないために、日本では「集団ストーカーをいう人は精神病」とされ、警察に相談しても「精神科」をすすめてくることがあります。

しかし、警察へ被害届を出すことは忘れないようにしましょう。証拠を残すことに積極的になってください。

SNSを利用するケース

Twitterなどで被害状況を日々綴っていき、そこで同じような被害者と繋がっていくのはよいと思います。

自分が発信したことは自分がフォローしている人たちも読むことができ、多くの人の目に入ります。

そうすると、多くの人が嫌がらせについて知ることができます。あなたが勇気を出して発信して、たくさんの人をフォローしているだけで自分の書いたことを読む人が多くなるのです。

アメリカでは集団ストーカーが社会問題として一般社会で認知されていますが、日本ではまだ多くは知られていません。

リアルタイムでの嫌がらせについて「つぶやき」をする人が多ければ多いほど、周囲に認知する健全な第一歩となります。

3-3 孤立しなければ集団ストーカーは恐れるに足りない

解決できないのは「孤立」してしまうから

集団ストーカーに関する情報は、インターネットの普及で共有しやすい環境になりました。

元集団ストーカーの加担者だった人が、集団ストーカーのマニュアルをブログで拡散、暴露したり、集団ストーカーの手口が明らかになってきました。

集団ストーカーとは呼ばない犯罪も、複数による嫌がらせ、職場内の「モラハラ」「エレハラ」等を訴える人が多くなっています。

集団ストーカーは「指示されて」加害を行なった人たちばかりで、誰も自ら犯罪者になろうという人はいないでしょう。

集団ストーカーで悩んでる方は、決してこの犯罪は簡単に解決できるものではないと知っています。しかし、皆さんの考え方や協力で、被害を無くすことはできます。

解決するまで時間がかかることもあります。そんな時でも相談できる環境や、集団ストーカー対策を考える人との交流や、家族のつながりを絶やさず持ち続けてください。

相談する環境に私たち「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」がその1つの選択肢に入っていれば幸いです。

4-1 探偵社が導き出した真実

真正面から真実を認識する前に

これから話すことは、もしかすると「思っていたことと違う」回答を得るかもしれません。

しかし、真実を知ることはご自身の被害を解決することだと思って読み込んで下さい。

現在、周囲に味方は少ない状態かもしれませんが、ここの頁にたどり着いたのも幸運だと思って真実を真正面から受け止めて冷静になっていただければ幸いです。

そして、この頁をお読みいただき、実際に行動をしていただくことによって解放への道筋、いわば法的手段で解決へ至る平安の訪れが待っているのです。

4-2 法的措置を講じたい方へ

冷静になってみよう

あなたが集団ストーカーに遭遇していることは「自明の理」と冷静に判断されている方にお伝えしたいことは、人間の勘とはかなりの確率で合っていることが多いです。

但し、問題は集団ストーカーに遭遇していることがわかっているが、どうやって解決したらいいのかが見えず、誤った道へ行く人が大半ということです。

そして、自分で解決してみようと証拠をとる努力はされるものの、第三者の証拠ではないため「本人が撮った証拠は捏造したものではないか?」という問いに正当性を与えられず、自己満足の世界で終わってしまうという罠に陥る人もいるということです。

これでは集団ストーカーを解決することはできません。どうやって解決するかまずは以下を熟読いただき、ご自身なりに判断していただければ見える道が出てくるはずです。

4-3 迷路の打開策 ~前提~

集団ストーカー終わらせよう

直球は罠にはまる

犯行側も対策を取るため大きな声では言えませんが、この頁にたどり着いた方のみが知りえる情報になります。一般的に集団ストーカーの被害に遭遇している方は声高に集団ストーカーをSNSで人に伝えようとします。

しかし、解決する場合は意外にこれが逆効果を起こすことすらあります。

もちろん集団ストーカーをSNSで声高に拡散していくことは今後の社会のためにも重要です。但し、あなた個人で集団ストーカーを解決し終わらせたいというのであれば、次の話に耳を貸していただきたいのです。

まず社会的にSNSで集団ストーカーについて情報を拡散することと、自分の周囲から集団ストーカーを完全になくしていくことは別の次元の話と認識してください。

現在の日本の法律では集団ストーカーそのものを規制する刑法がないこと、集団ストーカーは現在も「存在しない」ことになっていることはご存知かと思います。

つまり、集団ストーカーとして加害に参加している者たちを全員逮捕することは個人的には困難な話になってくるということです。

4-4 迷路の打開策 ~中盤~

必ず終わらせます

気を付けるべき罠とは?

なぜ被害者が集団ストーカーそのものを対象とすると大概迷宮入りになってしまうのかは、そもそも日本を含めて世界中でも存在する犯罪なのに国家的に認められていないためです。

それを基に法律も作られているため、嫌がらせやつきまといの対象者の証拠をつきとめることで、やっと被害者は加害側を法律の土俵にあげることが可能になります。

法律で裁けない嫌がらせに執着していると、いつまでたっても問題は解決できないというのが残念ながら現状の集団ストーカーの問題となっています。

ですので、大義の意味としての集団ストーカーそのものを法律で罰したいという気持ちは分かりますが、現状では法律の整備がなされていないために裁けないのです。

しかし、嫌がらせやつきまといについて主犯格の人物を的確に見つけ証拠をそろえれば、犯罪の日の目を見ることを嫌がるのがこの犯罪の慣わしですから、適切に証拠をとれる探偵社であれば集団ストーカーは終焉できることになります。

4-5 迷路の打開策 ~終盤~

探偵社選びについて

しかし、そうはいっても探偵事務所選びにも再び落とし穴があります。あれもこれも調査しましょうでは、「振り回されて終わり」という結末が見えてしまいます。

犯行側も頭を使いますので、調査期間は犯行しないことが多く「精神的な負担」「金銭的な負担」がのしかかり、心が折れてしまう人もでてしまうほどです。

そのようなことにならないために、解決させるために必要な重要ポイントをお伝えします。

  • 短期的な調査プランはリスクがあるので「長期サポート」について確認する。※調査期間を区切らない
  • 被害状況を正確にまとめて「証明しやすい被害」のみに特化して調査する。※集団にフォーカスしない
  • 直接交渉する際は「立会人」として同席できるか。※単独で交渉に臨むのは危険
流れ
無料相談

5- 集団ストーカーQ&A

Q

相談にのってくれる人はいますが、なんだか信頼できません。

A

自分の直感を信じるのも大切です。工作によっては、わざと話を聴く役をつくり、ターゲットの気持ちを探ってプロファイリングしようとする場合もあります。不自然に親しくしてくる人には、話半分で本当のことを話さないのも必要です。

Q

学生~就職後も、長年いじめに遭遇してきましたが、家族も相手にしてくれません。結局、今は引きこもりになっています。

A

結論から申し上げますと解決できます。長年、集団ストーカーの被害に遭っていらっしゃる方に共通しているのは、就職しても意味の分からない嫌がらせを受け、転職を繰りかえし、精神的にきつくなって引きこもるケースがありますが、その姿こそ犯人の望む姿なのです。もし、立ち上がる気力が残っているのであれば一度ご相談ください。今の環境を変えるには「行動のみ」です。

Q

リアルな人間関係は相談しないほうがいい?

A

信頼のおける人なら積極的に相談してください!少しでも理解者を増やすことを加害側は恐れています。理解者が増えれば増えるほど、加害側は嫌がらせをしづらくなります。そのため理解者は見せしめとして被害者になることすらあります。

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー対策相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、集団ストーカー被害の状況、集団ストーカー対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop