集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 集団ストーカーとは?目的や手口について解説
公開日: 2022/09/22 最終更新日: 2023/01/20
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2022/09/22 最終更新日: 2023/01/20

集団ストーカーとは?目的や手口について解説

集団ストーカーの目的と手口

集団ストーカーは、別名「ギャングストーキング」とも呼ばれ、アメリカ発祥の犯罪です。

そのアメリカをはじめ、日本や中国韓国、カナダ、オランダ、ロシア、ポーランド、ベルギー、オーストラリアなどの国々ではギャングストーキングの被害者を支援するサイトがあるほどです。

集団ストーカーがいかに深刻な問題になっているかがおわかりいただけると思います。

ここでは集団ストーカーの目的と実際の被害事例を挙げて、集団ストーカーという犯罪を知っていただくと同時に、あなたの周囲でも似たようなことが起きていないかを確認してもらえればと思います。

被害事例とすり合わせ、「私も複数の人に監視されている」「自分の部屋だけ騒音がひどい」など不自然な現象が起きていたら、集団ストーカーのターゲットにされている可能性があります。

「何か変だな」と思うことがある方は、迷わず私どもの「対策専門窓口」にご相談ください。

⇒ 執筆者 / 監修者ページ  / 2022年12月1日 更新

※犯罪の性質上、未成年者及び現在心神耗弱状態の方は、「保護者の同意」および「親族の立ち合い」をお願いすることもあります。

目次

集団ストーカーとは何か?

集団ストーカーの特徴

集団ストーカーの特徴

集団ストーカーとは言葉のとおり「集団でストーカー」をする組織的な犯罪です。

集団ストーカーは本人が気がつくまで、何も仕掛けることはしないため、気づかないまま済んで行く人がいるくらいです。

都道府県の迷惑行為防止条例の改正や警察が「集団ストーカー」のことを認識してる背景から、以前に比べて加害行為を控える傾向が見受けられます。

しかも、加害行為をやってる人が通りすがりの通行人を演出するため、知らないうちに「盗撮されてるかもしれない」「監視されているかもしれない」と不安が大きくなりなります。

そんな状況で感情的な行動にでると、「あの人は異常者」「変わり者」「危険人物」と周囲にアピールをして、集団ストーカー被害を訴える人は頭がおかしいと認識させます。

このように精神的に追い詰める嫌がらせが集団ストーカーの手口になります。

集団ストーカーの目的とは

執着心が生む集団ストーカー

日本の集団ストーカーが嫌がらせなどの行動を起こす際、背後にはさまざまな利権や報酬などが複雑に絡み合っているため、「目的」を一本化するのは難しいのが現状です。

最も多いのが「宗教や新聞の勧誘を断った」ことがきっかけで集団ストーカーの被害に巻き込まれるケースです。

大雑把に言えば、集団でストーカー行為に及ぶのは、自分たちの言うことを聞かない者たちへの懲らしめや見せしめ、あるいは自分たちにとって都合が悪い人を排除するのが狙いだったりします。

特に宗教団体には「功徳を施す」という独特の思想があり、新興宗教のなかにはお布施がノルマに達しなかった代償として信者を集団ストーカーに参加担させたりするようなこともあるという話を耳にすることもあります。

集団ストーカーの目的

集団ストーカーは、主に以下のような目的でつきまといや嫌がらせなどの行為に及ぶものと考えられます。

  • 精神異常者に仕立てあげて破綻させる。
  • 金銭が絡んだストーカー行為。
  • 「自分の行為を正当化」する加害者が、ネットなどで調べたストーカー行為を行なう。

このような執着心が集団ストーカーを生んでいると言っていいでしょう。

集団ストーカーに加担する人たちには、何らかの理由があってメンバーに加わっているようです。考えられるのは次のようなケースです。

  • 個人的な理由で集団ストーカーの仲間入りをしている。
  • 報酬目当てや生活のための闇バイト。
  • 怨恨など、ターゲットにした相手を、社会的、経済的破綻させたい理由がある。

集団ストーカーは組織で動いているので、特殊詐欺など、嫌がらせの背後には何かしらの犯罪が隠れている可能性もあります。

孤立させようとする集団ストーカー

一人の力では必ず限界がくる

集団ストーカーは、ターゲットにした相手の職場やふだん買いものをしているスーパー、趣味や習い事で通っている教室など全ての行動範囲を網羅し、先回りをして嫌がらせをします。

まるで「いつも監視している」「お前には安らげる場所などない」と言わんばかりに、どこに行っても集団ストーカーが待ち構えていれば、「どうしていつも行き場所を知っているのか」と疑心暗鬼になり、最悪の場合、家族や友人でさえも「集団ストーカー」に加担しているのではないかと疑うことになるかもしれません。

このように、ターゲットを不安にさせ精神的に弱らせていくのが集団ストーカーの卑劣で狡猾なところです。

家族や友人を疑うようになったら「孤立」が待っているだけです。

そのような状況に陥らないようにするためにも、あなたを孤立させようとする集団ストーカーの狙いを理解していれば防げます。

積極的に交友を広げるのではなく「本当に信用できる人」を疑わず、どんなに疑わしいできごとが起きてもブレずに信じぬくことで回避できるので実践してください。

集団ストーカー被害の始まり

こんなことありませんか?

下記の事例は、集団ストーカーの被害に遭った方々の声をまとめたものです。

似たようなことが身の周りに起きていたら、集団ストーカーに巻き込まれている可能性を考えなければなりません。

  • 後をついてきている人がいることに気がついた。
  • 複数人で、なぜか自分のことを話していた。
  • 歩いていたり、車で走っていると、なぜか、不自然な集団に出くわすことが多い。
  • 駅のホームを見回すと、必ず一人か二人意識してこちらを見ている。
  • 自分の周りで起きていることが不自然に感じる。
  • 自宅の周りに、大声で話す人が集まるようになった。
  • ぞろ目ナンバーの車を頻繁に見るようになった。
  • 配達員と思われる自転車についてこられたが滅多にみないエリアで不自然だった。
  • 自宅周辺に路駐している車の中は見えないが不自然な光が出ていた。
  • お店や飲食店に入ると犯罪者を見るような目で冷たい態度をとられたことがある。
  • あきらかに近隣住民の態度が変わって不審者扱いされている。
  • 偶然と言われれば「反論できない」嫌がらせが増えた気がする。

集団ストーカーの主な手口

アンカリングについて

アンカリングは急に日常生活が変わったかのように、不審車両などを見かけるようになります。

アンカリングの初期段階は、恐怖心を植え付けるような行動を露骨に行ない徐々に被害をゆるくしていいます。

激しく、ゆるくをくりかけすことで、被害に遭ってると意識付けています。アンカリングとは、被害者であることを気づかせるサインです。

心理用語「意識付け」は、野球のサインのような仕草をしたり会話に本人しかわからない用語を入れた会話をします。

アンカリングは極力その人だけにしか見せないように使い、同じ仕草を使うとアンカリングされても「慣れ」てしまうため、無視されないように手法を変え行なってきますが、身の危険がない限りは自然に振る舞っておくとよいでしょう。

つきまとい行為

以前は露骨に「つきまとってる」と言わんばかりの行為をしていたが、迷惑防止行為条例の改正もあり、一定の距離を保ちながらつきまといをしています。

服装が黒づくめだったり、帽子を深くかぶってニヤニヤしながら後ろからくる加担者もいます。

しかし、逆に加担者が不審者として一般人から通報されるリスクがあるため、つきまとうというよりは「すれ違う」という行為に移行しています。

しかし、つきまといのマニュアルを変えることは難しく、加担者のリスクは増えてもつきまとい行為をやめない傾向があり、油断は禁物です。

すれ違うときにアンカリングされても、暴力行為をする事例はないため、決して被害者から感情的になったり暴力行為はしないでください。

同じグループの人間がつきまといをする場合、動画に複数撮影しておけば、継続した「つきまとい」の証明となり、撮影されたことに気がつけば目の前に現れることはまずないでしょう。

ノイズキャンペーン

集団ストーカーたちは音を敏感にさせるため、ワザと騒音を出します。

今までは周囲を気にせず騒音を出す傾向にあったが、周囲の人たちの警察の相談や通報、集合住宅の管理会社へクレームなどが増え、ワザと音を出す傾向が少なくなりました。

被害が悪化してる人の事例
  • 騒音によるイライラで興奮状態にさせ睡眠妨害にさせる
  • 自宅以外でも音で嫌がらせをされる
  • こちらの生活パターンを把握されて故意に行なわれている

仄めかし・ガスライティング

アンカリングや仄めかしをされると、周囲の人たちから「狙われてる」「全てが筒抜け」と思い込んでしまう傾向があり、被害者を自暴自棄にさせたり精神的な追い詰めます。

仄めかしの場合、過去の情報を繰り返し伝えることができるが未来をいい当てることはできません。

常に過去の思い出したくないできごとやトラウマにこだわっているため、どうしても意識してしまうので無視が難しい嫌がらせです。

集団ストーカーを早期に解決するには

実行犯の割り出しから

集団ストーカーに加わっているメンバーは、身元がバレるのを何よりも恐れます。

そのため、誰が嫌がらせに加担しているのかをターゲットや世間に知られないように、数ヵ月ごとにメンバーを入れ替えたり、他の地域へ派遣させたりする集団もいます。

集団ストーカーは、徒党を組まなければ何もできない小心者たちの集まりと言っても過言ではありません。

しかし、集団になったとき、組織的に動く彼らの結束力や団結力を甘く見てはいけません。

プロファイリングされている被害者

彼らはターゲットにした相手の家族構成や家庭環境、交友関係、職場環境などを徹底的に調べあげ、どのような嫌がらせをするのが最も効果的でダメージが大きいかを計算しています。

他の人ならほとんど気にならないようなことでも、ターゲットが不快に感じたり苦手にしたりしていることを執拗に繰り返して精神的な苦痛を与えようとします。

そのような集団ストーカーに1人で立ち向かおうとするのは無謀であり、危険でもあります。つきまといやストーカー行為をやめさせようとして躍起になればなるほど、嫌がらせはエスカレートしかねません。

多勢に無勢では太刀打ちできない場合がほとんどなので、私ども「対策専門窓口」をお頼りください。

集団に対抗する方法

ストーカー行為や嫌がらせをやめさせる第一歩として、対策専門窓口では、ストーカー集団を束ねている主犯格もしくは実行犯を割り出し、身元を特定します。

そのうえで、警察に被害届を出す、精神的苦痛を被ったとして損害賠償請求をする、訴訟を起こすなどの措置をとることもできますが、いずれの場合でも被害の実態を証明する証拠が必用になります。

証拠の収集および警察署や裁判所に提出する書類の作成も私ども対策専門窓口がお手伝いします。1人で悩んだり、集団ストーカーに立ち向かおうとしたりせず、まずは私たちに話を聞かせてください。

大切なのは集団ストーカーや嫌がらせをやめさせるだけでなく、二度とさせないことです。私どもと一緒に集団ストーカー問題を解決していきましょう。

集団ストーカー調査の概要について

集団ストーカーの証拠を徹底的に収集する

集団ストーカーによる嫌がらせをやめさせ問題を解決するには、嫌がらせの証拠を徹底的に収集することです。

損害賠償請求や訴訟をお考えの場合、加害者の「氏名」と「住所」が明らかでなければなりません。※住所とは「現在生活している場所」を指します。

また、証拠がない状況で被害を訴えても、周囲は理解してくれるどころか「嘘つき」「被害妄想」とみなされて孤立が進むだけです。

集団ストーカーによる嫌がらせ被害を証明することができれば、警察に被害届を提出するこが可能です。

誰が嫌がらせをしているのか、主犯格の特定から嫌がらせの実態を証明する証拠の収集など、専門的なことは私どもにお任せいただき、ご依頼者は普段どおりに生活してください。

集団ストーカーによる嫌がらせ問題を解決したい方は、ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口にお任せください。

集団ストーカー調査項目の事例

  • 張り込み調査
  • 聞き込み調査
  • 尾行調査
  • 風評調査
  • 証拠収集調査
  • 実態調査
  • 盗聴・盗撮調査
  • ハッキング調査
  • オンライン調査
  • 加害者の特定調査
  • 加害者の身辺情報の収集
  • 勤務先調査
  • 潜入調査
  • 各種測定調査

集団ストーカー調査の費用

当事務所の嫌がらせ調査は、基本料金132,000円から調査依頼を承っております。

嫌がらせ調査の依頼料の取り決めは、事前の情報量・信憑性、集団ストーカーの被害状況、取得する証拠及び情報の種類、難易度、調査期間(日数、時間数)、調査やサポート内容などに応じて費用が算出されるので、案件ごとに金額は異なります。

嫌がらせ調査の料金相場

集団ストーカーによる嫌がらせ調査の料金グラフ

集団ストーカーによる嫌がらせの過去の事例から、おおよそ132,000~600,000円前後の調査プランをお選びいただく方が多く見受けられます。

しかし、集団ストーカーによる嫌がらせ被害の状況に応じて料金が異なりますので、正式な金額は見積もりをお問い合わせください。

また、ご予算をお知らせいただけましたら、「必要な証拠」と「不必要な調査」を見極めたうえで、ご予算内で行なえる調査プランをご提案させていただきます。

調査の料金事例

下記に掲載された料金は、調査の料金事例であり、この料金で結果が保証されるものではありません。

難易度 ★★ 調査期間:5日(20時間)合計金額:180,000円
難易度 ★★★ 調査期間:10日(50時間)合計金額:500,000円
難易度 ★★★★ 調査期間:30日(80時間)合計金額:960,000円

集団ストーカー調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。

しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも必ず解決の道はあります。

下記項目に当てはまる方は、一度相談してみてはいかがでしょうか?お力になれるかと思います。

  • 一向に解決策がないまま苦痛な日々を送っている。
  • 毎日地獄のような生活から普通の日常生活が送れるようにしたい。
  • 問題の解決に向けて何かいい対策が見つかるのであれば相談したい。
  • 私を陥れて一番得する人間は誰なのか知りたい。
  • とにかく今の現状を本当に救えるのか知りたい。

最短で当日の面談が可能です

事務所にお越しになることができない方の為に、調査の専門家が無料にてご自宅またはご指定の場所へ伺います。各エリアの出張相談は、全て予約制です。

また、他社で断られた案件についても対応いたしますので、まずは無料相談をご利用ください。

調査に関するご相談・お見積もり・面談予約は、お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間(土日・祝日問わず)お受けしています。

被害の状況によっては、無料相談で解決する問題もあります。緊急性の高い方は、フリーダイヤルをご利用ください。嫌がらせ調査の担当者が対応いたします。

専門家への相談方法

不安に感じていることや悩み事、集団ストーカーによる嫌がらせの内容、集団ストーカー関する質問や要望など、下記のフォームからご相談が可能です。

ご相談内容が外部に漏えいすることはございません。また、匿名や公衆電話からのご相談もお受けしています。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop