集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 「集団ストーカーとは」目的や手口について
公開日: 2022/03/10 最終更新日: 2022/05/24
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2022/03/10 最終更新日: 2022/05/24

「集団ストーカーとは」目的や手口について

集団ストーカー行為の被害にあっている場合は、盗聴やGPS監視、つきまといなどさまざまな手法で嫌がらせされている可能性が考えられます。集団ストーカーによる嫌がらせ被害を防ぐには、手口を知る事がとても重要です。ここでは、集団ストーカーの目的や手口についてご紹介します。

目次│集団ストーカー対策相談

集団ストーカーの目的と手口

専門家
集団ストーカー相談
2022年3月10日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、集団ストーカーでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

集団ストーカーとは何か?

集団ストーカーの特徴

集団ストーカーとは言葉のとおり「集団でストーカー」をする組織的な犯罪です。集団ストーカーは本人が気が付くまで、何も仕掛けることはしないため、気付かないまま済んで行く人がいるくらいです。

都道府県の迷惑行為防止条例の改正や警察が「集団ストーカー」のことを認識してる背景から、以前に比べて加害行為を控える傾向が見受けられます。

しかも、加害行為をやってる人が通りすがりの通行人を演出するため、知らないうちに「盗撮されてるかもしれない」「監視されているかもしれない」と不安が大きくなりなります。

そんな状況で感情的な行動にでると、「あの人は異常者」「変わり者」「危険人物」と周囲にアピールをして、集団ストーカー被害を訴える人は頭がおかしいと認識させます。

このように精神的に追い詰める嫌がらせが集団ストーカーの手口になります。

孤立させようとする集団ストーカー

一人の力では必ず限界がくる

集団ストーカーは、ターゲットにした相手の職場やふだん買いものをしているスーパー、趣味や習い事で通っている教室など全ての行動範囲を網羅し、先回りをして嫌がらせをします。

まるで「いつも監視している」「お前には安らげる場所などない」と言わんばかりに、どこに行っても集団ストーカーが待ち構えていれば、「どうしていつも行き場所を知っているのか」と疑心暗鬼になり、最悪の場合、家族や友人でさえも「集団ストーカー」に加担しているのではないかと疑うことになるかもしれません。

このように、ターゲットを不安にさせ、精神的に弱らせていくのが集団ストーカーの卑劣で狡猾なところです。

家族や友人を疑うようになったら「孤立」が待っているだけです。そのような状況に陥らないようにするためにも、あなたを孤立させようとする集団ストーカーの狙いを理解していれば防げます。

積極的に交友を広げるのではなく、「本当に信用できる人」を疑わず、どんなに疑わしい出来事が起きてもブレずに信じぬくことで回避できるので実践してください。

集団ストーカー被害の始まり

こんなことありませんか?

下記の事例は集団ストーカーの被害に遭った方々の声をまとめたものです。似たようなことが身の周りに起きていたら、集団ストーカーに巻き込まれている可能性を考えなければなりません。

  • 後をついてきている人がいることに気が付いた。
  • 複数人で、なぜか自分のことを話していた。
  • 歩いていたり、車で走っていると、なぜか、不自然な集団に出くわすことが多い。
  • 駅のホームを見回すと、必ず一人か二人意識してこちらを見ている。
  • 自分の周りで起きていることが不自然なことが増えた。
  • 自宅の周りに、大声で話す人が集まるようになった。
  • ぞろ目ナンバーの車を頻繁に見るようになった。
  • Uberの配達員と思われる自転車についてこられたが滅多にみないエリアで不自然だった。
  • 自宅周辺に路駐している車の中は見えないが不自然な光が出ていた。
  • お店や飲食店に入ると犯罪者を見るような目で冷たい態度をとられたことがある。
  • あきらかに近隣住民の態度が変わって不審者扱いされている。
  • アレルギーとは無縁だったのに、最近電磁波過敏症と思われる症状がでている。
  • 携帯電話の誤作動やバッテリーの減りが早く遠隔操作でもされているのではと疑っている。
  • 偶然と言われれば「反論できない」嫌がらせが増えた気がする。

集団ストーカーの主な手口

アンカリングについて

アンカリングは急に日常生活が変わったかのように、不審車両などを見かけるようになります。初期段階は恐怖心を植え付けるような行動を露骨に行ない徐々に被害をゆるくしていいます。

激しく、ゆるくをくりかけすことで、被害に遭ってると意識付けています。アンカリングとは、被害者であることを気づかせるサインです。

心理用語「意識付け」は、野球のサインのような仕草をしたり会話に本人しか分からない用語を入れた会話をします。

アンカリングは極力その人だけにしか見せないように使い、同じ仕草を使うとアンカリングされても「慣れ」てしまうため、無視されないように、手法を変え行ってきますが、身の危険がない限りは自然に振る舞っておくとよいでしょう。

つきまとい行為

以前は露骨に「つきまとってる」と言わんばかりの行為をしていたが、迷惑防止行為条例の改正もあり、一定の距離を保ちながらつきまといをしています。

服装が黒づくめだったり、帽子を深くかぶってニヤニヤしながら後ろからくる加担者もいます。しかし、逆に加担者が不審者として一般人から通報されるリスクがあるため、つきまとうというよりは「すれ違う」という行為に移行しています。

しかし、つきまといのマニュアルを変えることは難しく、加担者のリスクは増えてもつきまとい行為をやめない傾向があり、油断は禁物です。

すれ違うときにアンカリングされても、暴力行為をする事例はないため、決して被害者から感情的になったり暴力行為はしないでください。

同じグループの人間がつきまといをする場合、動画に複数撮影しておけば、継続した「つきまとい」の証明となり、撮影されたことに気が付けば目の前に現れることはまずないでしょう。

電磁波を使用した嫌がらせ

集団ストーカー行為の中で、より代表的な行為が電磁波攻撃です。

電磁波を照射して痛み、痒み、不穏感を感じさせる
  • 不眠症になりやすい。
  • 電磁波過敏症になった。
  • 体質や髪質などの変化に気が付く。

ノイズキャンペーン

集団ストーカーたちは音を敏感にさせるため、ワザと騒音を出します。今までは周囲を気にせず騒音を出す傾向にあったが、周囲の人たちの警察の相談や通報、集合住宅の管理会社へクレームなどが増え、ワザと音を出す傾向が少なくなりました。

被害が悪化してる人の事例
  • 騒音によるイライラで興奮状態にさせ睡眠妨害にさせる
  • 自宅以外でも音で嫌がらせをされる
  • こちらの生活パターンを把握されて故意に行なわれている

仄めかし・ガスライティング

アンカリングや仄めかしをされると、周囲の人たちから「狙われてる」「全てが筒抜け」と思い込んでしまう傾向があり、被害者を自暴自棄にさせたり精神的な追い詰めます。

仄めかしの場合、過去の情報を繰り返し伝えることができるが未来をいい当てることはできません。常に過去の思い出したくない出来事やトラウマにこだわっているため、どうしても意識してしまうので無視が難しい嫌がらせです。

集団ストーカーの目的

集団ストーカーは組織犯罪

集団ストーカーに加担する人たちには、何らかの理由があってメンバーに加わっているようです。
考えられるのは次のようなケースです。

  • 個人的な理由で集団ストーカーの仲間入りをしている。
  • 報酬目当てや生活のための闇バイト。
  • 怨恨など、ターゲットにした相手を、社会的、経済的破綻させたい理由がある。

集団ストーカーは組織で動いているので、特殊詐欺など、嫌がらせの背後には何かしらの犯罪が隠れている可能性もあります。

昨今話題の煽り運転や職場でのいじめなどは、集団ストーカーの動きと類似した点も多く、もしかしたら犯罪組織に動かされているケースもあるのかもしれません。

海外では集団ストーカーは「ギャングストーキング」と呼ばれ、頻繁にニュースや雑誌などの特集で取り上げられていますが、日本では集団ストーカーが大々的に取り上げてられる機会はまだ少ないようです。

そのため「集団ストーカー」が逮捕案件に通じる犯罪だということはもちろん、「集団ストーカー」そのものを理解している人もまだ少ないようです。

感情をコントロールする力が必要

集団ストーカーの目的は、ターゲットにした相手につきまとう、監視するなどの嫌がらせをすることですが、その他にも嫌がらせを繰り返してターゲットを感情的にさせたり怒らせたりして、被害に遭っているのに「嫌がらせの加害者に仕立てる」ようなこともするので、どのような嫌がらせをされても、決して反撃に出たり、攻撃的な行動を起こしたりしないようにしてください。

物理的な暴力とは違う心理的な虐待

集団ストーカーに加担している人は、主犯格に命令されて動いている「駒」に過ぎません。指示どおりに動きますが、危害を加えてくるようなことはありません。

プライバシーを覗き込み、盗撮や盗聴を繰り返す集団ストーカーは人権を無視した犯罪です。個人に対し集団でさまざまな嫌がらせをしてくるので恐怖を感じたり不安になったりするかもしれませんが、1人で悩まず私ども「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」にご相談ください。

集団ストーカー調査のご相談・依頼方法

集団ストーカーの被害証明は専門家に

集団ストーカーによる嫌がらせをやめさせ、問題を解決するには徹底した「証拠収集」が必要です。損害賠償請求や訴訟をお考えの場合、証拠がない状況で被害を訴えても、周囲は理解してくれるどころか「嘘つき」「被害妄想」とみなされて孤立が進むだけです。

問題を解決したい方は私どもにお任せください。誰が嫌がらせをしているのか、主犯格の特定や嫌がらせの実態を証明する証拠の収集など、専門的なことは私どもにお任せいただき、ご依頼者は普段どおりに生活してください。

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談
5つの安心保障

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、集団ストーカーの被害内容、集団ストーカーに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop