集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 「集団ストーカーとは」目的から被害内容まで解説!
公開日: 2021/03/20 最終更新日: 2021/10/07
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/03/20 最終更新日: 2021/10/07

「集団ストーカーとは」目的から被害内容まで解説!

集団ストーカー行為の被害にあっている場合は、盗聴やGPS監視、つきまといなどさまざまな手法で嫌がらせされている可能性が考えられます。被害を防ぐには、手口を知る事が必要です。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、集団ストーカー行為の調査に特化しており解決事例も豊富で、依頼人それぞれのお悩みに沿った解決方法をご提案することで、集団ストーカー行為の解決までスムーズに進めることを目指しております。

2021/10/7更新 集団ストーカー調査の記事作成者について

集団ストーカー探偵調査を10年以上の経験者の指導のもと、集団ストーカー相談専門スタッフが書きました。お悩みを打ち明けていただくことが、大きなトラブルへの発展を防ぎ、問題を解決する第一歩になります。

目次│集団ストーカー対策相談

集団ストーカーとは何か?

集団ストーカーの特徴

集団ストーカーとは言葉のとおり「集団でストーカー」をする組織的な犯罪です。集団ストーカーは本人が気が付くまで、何も仕掛けることはしないため、気付かないまま済んで行く人がいるくらいです。

都道府県の迷惑行為防止条例の改正や警察が「集団ストーカー」のことを認識してる背景から、以前に比べて加害行為を控える傾向が見受けられます。

しかも、加害行為をやってる人が通りすがりの通行人を演出するため、知らないうちに「盗撮されてるかもしれない」「監視されているかもしれない」と不安が大きくなりなります。

そんな状況で感情的になると、自分が「悪い人」「病人である」ことを周囲にアピールをしてきます。このように毎日、加害行為が行われる状況を作り出す「心理状態を利用した手法」が集団ストーカーの手口になります。

集団ストーカー被害とは

アンカリングについて

アンカリングは急に日常生活が変わったかのように、不審車両などを見かけるようになります。初期段階は恐怖心を植え付けるような行動を露骨に行い徐々に被害をゆるくしていいます。激しく、ゆるくをくりかけすことで、被害に遭ってると意識付けています。アンカリングとは、被害者であることを気づかせるサイン。

心理用語「意識付け」は、野球のサインのような仕草をしたり会話に本人しか分からない用語を入れた会話をします。アンカリングはその人だけにしか見せないように訓練されてるベテランの加害者を使うケースもあり、あまりにも同じ仕草を使うと、アンカリングされても「慣れ」てしまうため、無視されないように、手法を変え行ってきますが、身の危険がない限りは自然に振る舞っておくとよいでしょう。

つきまとい行為

以前は露骨に「つきまとってる」と言わんばかりの行為をしていたが、迷惑防止行為条例の改正もあり、一定の距離を保ちながらつきまといをしてる。服装が黒づくめだったり、帽子を深くかぶってニヤニヤしながら後ろからくる加担者もいる。しかし、逆に加担者が不審者として一般の人から通報されたり、警察にマークされるリスクがあるため、つきまとうというよりは道ですれ違うという行為に移行している。

しかし、つきまといのマニュアルを変えることは難しく、加担者のリスクは増えてもつきまとい行為をやめない傾向がある。すれ違うときにアンカリングされても、暴力行為をする事例はほとんどないため、決して被害者から暴力行為をしないこと。同じグループの人間がつきまといをする場合、動画に複数撮影しておくといい。半年から1年は被害者の前に現れることはない。

近所のつきまといが多い場合、近所の空き地に住み着いてる加担者が多い。車で被害者の近くの公園まできた。というケースもあり、近所でのつきまといは地域の人間がやるケースは少ない。(被害者が散歩するコースに、GPS機能を持った子供やお年寄りを利用してる。

電磁波を使用した嫌がらせ

集団ストーカー行為の中で、より代表的な行為が電磁波攻撃です。研究では電磁波は水、湿気に弱く、例え体内に照射しても、体内は水分でできてるため汗で蒸発してしまう。お風呂に浸かる、岩盤浴、ミストサウナで定期的に体をデトックスすることで、電磁波過敏症を緩和させることができる。

電磁波を照射して痛み、痒み、不穏感を感じさせる
  • 不眠症になりやすい
  • 電磁波過敏症になった
  • 体質や髪質などの変化に気が付く

ノイズキャンペーン

集団ストーカーたちは音を敏感にさせるため、ワザと騒音を出す。スーパー、飲食店、子供の声を利用する。今までは周囲のことをそっちのけで騒音を出す傾向にあったが、周囲の人たちの警察の相談や通報、集合住宅の管理会社へクレームなどが増え、ワザと音を出す傾向が少ないようだ。

被害が悪化してる人の事例
  • 脳を常に興奮状態にさせで睡眠妨害にさせる
  • 自宅以外でも音で嫌がらせをされる
  • こちらの生活パターンを把握されて故意に行われている

仄かし・ガスライティング

自分からマインドコントロールに陥る行為。アンカリングやつきまといをされると、周囲の人たちから狙われてると思い込んでしまう。そして、自暴自棄になり精神的な病気にさせる行為。仄かしの場合、過去の情報を繰り返し伝えるが仄かしで未来をいい当てることはない。常に過去の出来事にこだわっている加担者が多いため、過去のトラウマを当て付けに話してるだけで、仄かしに「フォーカス」しないようにする。

ガスライティング

ミスリードともいう。「加害者が被害者になる」「被害者が加害者になる」行為で、とにかく、どこに行ってもストレスを溜めさせること。どんな状況でも被害者を不利な立場に追い込むことを理由に職場、家庭でも行われる心理攻撃です。映画「ガス燈」で妻を精神異常と思わせるために、夫が周囲の物に小細工をして、あたかも「妻の勘違い」と指摘させて、自分から精神を崩壊する行為からガスライティングの名は来ています。

集団ストーカーの目的

集団ストーカーは組織犯罪

集団ストーカーに加担する人たちには、何らかの理由があってメンバーに加わっているようです。考えられるのは次のようなケースです。

  • 個人的な理由で集団ストーカーの仲間入りをしている
  • 報酬目当てや生活のための闇バイト
  • 怨恨など、ターゲットにした相手を、社会的、経済的破綻させたい理由がある

集団ストーカーは組織で動いているので、特殊詐欺など、嫌がらせの背後には何かしらの犯罪が隠れている可能性もあります。昨今話題の煽り運転や学級内・職場でのいじめなどは、集団ストーカーの動きと類似した点も多く、もしかしたら犯罪組織に動かされているケースもあるのかもしれません。

海外では集団ストーカーは「ギャングストーキング」と呼ばれ、頻繁にニュースや雑誌などの特集で取り上げられていますが、日本では集団ストーカーが大々的に取り上げてられる機会はまだ少ないようです。

そのため「集団ストーカー」が逮捕案件に通じる犯罪だということはもちろん、「集団ストーカー」そのものを理解している人もまだ少ないようです。

感情をコントロールする力が必要

集団ストーカーの目的は、ターゲットにした相手につきまとう、監視するなどの嫌がらせをすることですが、その他にも嫌がらせを繰り返してターゲットを感情的にさせたり怒らせたりして、被害に遭っているのに「嫌がらせの加害者に仕立てる」ようなこともするので、どのような嫌がらせをされても、決して反撃に出たり、攻撃的な行動を起こしたりしないようにしてください。

物理的な暴力とは違う心理的な虐待

集団ストーカーに加担している人は、主犯格に命令されて動いている「駒」に過ぎません。指示どおりに動きますが、危害を加えてくるようなことはありません。プライバシーを覗き込み、盗撮や盗聴を繰り返す集団ストーカーは人権を無視した犯罪です。個人に対し集団でさまざまな嫌がらせをしてくるので恐怖を感じたり不安になったりするかもしれませんが、1人で悩まず私ども「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」にご相談ください。

真実を知らなければ何も変わらない

集団ストーカーの犯罪が周知されつつある

手口が明らかになった集団ストーカー行為

集団ストーカーとは、集団で(もしくは組織的に)ガスライディングのような嫌がらせを仕掛ける、盗聴や盗撮をしなければわからないような個人の情報を「知っている」「秘密を握っている」と仄めかす、ターゲットにした相手が周囲や近隣住人に疎まれたり避けられたりするように仕向けて精神的に追い込んでいく犯罪を私たちは集団ストーカーと呼んでいます。

嘘の情報に惑わされないようにする

以前なら、集団ストーカーの被害を訴えても、ほとんどが統合失調症による幻覚・幻聴で片付けられてきました。しかし近年では、集団ストーカーは周知されようになり、「集団ストーカー」の調査を依頼される方が増えてきています。集団ストーカーはターゲットにした相手を陥れるため、「会社で不倫をしている」「万引で逮捕されたことがある」など嘘の情報を広めたり、近隣から不審人物と思われるような悪評を立てたりします。

根も葉もない噂や嘘が広がっていると感じたら、集団ストーカーによる嫌がらせを疑ったほうがいいかもしれません。彼らが流す「嘘の情報」に惑わされないように、冷静に対処しましょう。

集団ストーカーについては早期相談

集団ストーカーは統合失調症による妄想、思い込み、偶然などではなく「れっきとした犯罪」です。集団ストーカーは、嫌がらせに加担しているメンバーの身元がバレるのを極端に恐れるため、組織・集団の規模が小さいとネット上で誹謗中傷を繰り返す傾向があるので、どのような集団がネットストーキングをしているのかを探りたい場合は「オンライン調査」ができる探偵事務所を探す必要があります。

現地調査とネットを組み合わせる

オンライン調査には専門的な知識と技術が要るので、被害に遭った方が単独でストーカー集団の素性を暴こうとすると、全く無関係の人を「犯人」と決めつけるような誤りを犯しかねません。判断を誤ると解決までの道のりが遠くなることもあります。そのため、ネット上での誹謗中傷に気づき、誰かに批難されるようなことに心当たりがないときは、なるべく早い段階で専門家に相談し、アドバイスしてもらいましょう。

5つの安心保障

集団ストーカー対策が必要な方へ

集団ストーカー対策

集団ストーカーによる嫌がらせをやめさせ、問題を解決するには徹底した「証拠収集」が必要です。損害賠償請求や訴訟をお考えの場合、証拠がない状況で被害を訴えても、周囲は理解してくれるどころか「オオカミ少年(※1)」とみなされて孤立が進むだけです。

問題を解決したい方は私どもにお任せください。誰が嫌がらせをしているのか、主犯格の特定や嫌がらせの実態を証明する証拠の収集など、専門的なことは私どもにお任せいただき、ご依頼者は普段どおりに生活してください。

解決には協力者が不可欠

集団ストーカーの被害を訴えると、聞く耳を持とうとしない人は「統合失調症の妄想」や「思い込み」「ただの偶然」と決めつけることがあります。しかし、集団ストーカーは被害に遭った方の妄想や思い込みなどではなく、「れっきとした犯罪」行為です。

集団ストーカーは複数のメンバーで嫌がらせやつきまといなどの行動に出るため、どのくらいの規模、人員で動いているのかわからないと、誤って無関係の人を犯人と名指ししてしまう危険を伴います。早計な判断は解決までの遠回りになるので、勢いに任せるなど根拠のない行動は慎むようにしましょう。怪しいと思った人がいても、専門家に確認するようにしてください。

※1「オオカミ少年」:繰り返し嘘をついていると、やがて周囲の人から信用されなくなってしまう童話

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop