ホーム > ストーカー関連記事 > ストーカーレポート > 集団ストーカーとは何か?その手口と目的に迫る
公開日: 2024/01/08 最終更新日: 2024/03/29
ストーカーレポートストーカーレポート
 公開日: 2024/01/08 最終更新日: 2024/03/29

集団ストーカーとは何か?その手口と目的に迫る

手口と目的

「集団ストーカー」という言葉は、一般に「ギャングストーキング」とも呼ばれ、アメリカで生まれた犯罪の形態です。

アメリカだけでなく、日本、中国、韓国、カナダ、オランダ、ロシア、ポーランド、ベルギー、オーストラリアなど、多くの国でギャングストーキングの被害者を助けるためのサイトが存在しています。

集団ストーカーの手口は非常に巧妙で、通常のストーカー行為よりも被害者の精神的なダメージが大きいとされています。

では、どのような目的で行われるのか、またその手口は何か。この問題について深く探求し、その本質に迫りたいと思います。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2024年1月8日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、クライアントの安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

※犯罪に関連する調査の際、依頼者が未成年者や心神耗弱状態の方の場合、安全と信頼を確保するために、「保護者の同意」や「親族の立ち合い」をお願いすることがあります。調査は慎重に行われ、関係者の権利とプライバシーが守られるよう努めています。

目次

1- 集団ストーカーとは何か?

集団ストーカーの特徴

集団ストーカーとは、その名の通り「複数人によるストーカー」です。

集団ストーカーの加害者たちは、対象者が気づくまで行動を起こさないため、被害にあっていることに気づかない人もいます。

都道府県の迷惑行為防止条例の強化や警察の認識が高まることで、加害行為が以前より控えられるようになってきました。

しかし、加害者が通行人を装うこともあるため、「盗撮されているかも」「監視されているかも」といった不安が募ることがあります。

このような不安が高まると、被害者は感情的になりがちです。

そうすると加害者は、「あの人は異常だ」「変わり者だ」「危険だ」と他人に印象づけ、集団ストーカー被害を訴える人を非理性的に見せかけます。

このように、精神的な追い詰める手法が集団ストーカーの典型的な手口となっています。

2- 集団ストーカーの目的とは

親がらせの目的と手口

集団ストーカーの目的は複雑で多岐にわたりますが、以下に主な目的を要約します。

 

懲罰と見せしめ

集団ストーカーは、自分たちの言うことを聞かない人々への懲罰や見せしめとして行われることがあります。

 

精神的な追い詰め

被害者を精神異常者に仕立て上げ、社会的に破滅させることが目的であることも多いです。不安や恐怖を煽り、絶えず監視されていると感じさせることで、精神的に追い詰める手口が一般的です。

 

金銭的な利益

金銭が絡んだストーカー行為も存在します。報酬目当てや生活のための闇バイトとして、集団ストーカーに参加する人々もいるとされています。

 

排除と抑圧

自分たちにとって都合が悪い人物の排除や、反抗する者への抑圧も目的とされることがあります。特定の宗教団体などが、信者に対するコントロール手段として使用する場合もあるようです。

 

犯罪の隠蔽

集団ストーカーは、他の犯罪活動を隠蔽する目的で組織されることもあると考えられます。特殊詐欺などの犯罪が背後に隠れている可能性も指摘されています。

 

以上のような目的に基づき、集団ストーカーは行われることがあります。

組織の背後にある利権や報酬、個人の動機などが複雑に絡み合っており、一概に一つの目的で行われるものではないため、理解と対応が非常に難しい問題とされています。

3- 集団ストーカー被害のはじまりとサイン

これらの兆候に気づいたことはありませんか?

集団ストーカーの被害は次のような形で始まることが多いです。

以下の事例は、被害者の体験談からまとめたものです。

これらの状況に似た事象が自分の身の回りで起きているなら、集団ストーカーのターゲットになっている可能性があると警戒すべきかもしれません。

  • 人が後ろからついてきていると感じた。
  • 自分について複数人が話しているのを聞いた。
  • 歩いている際や車を運転していると、不自然に集まる集団と遭遇することが多い。
  • 駅のホームで、明らかに自分を見ている人がいる。
  • 周囲の出来事が不自然に感じること。
  • 自宅近くで大声で話す人々が集まり始めた。
  • 特定のナンバーの車を頻繁に見かけるようになった。
  • 配達員らしき人物が、滅多に見ないエリアで不自然についてきた。
  • 自宅周辺に不審車を見かける機会が増えた。
  • お店やレストランで犯罪者のような目で見られ、冷たくあしらわれた。
  • 近隣住民の態度が一変し、不審者として扱われ始めた。
  • 「偶然」の嫌がらせが増えたと感じる。

4- 集団ストーカーの主な手口

アンカリングの解説

アンカリングとは、突然日常生活で不審な車両などを目にする現象で、被害者に気づかせるサインの一種です。

この手法の初期段階では、被害者に恐怖を感じさせる露骨な行動が行われ、その後、被害行為が徐々に軽減されます。

被害者に激しい行動と軽い行動を繰り返させることで、自分がターゲットであるという認識を植え付けるのです。これがアンカリングの本質です。

心理用語としての「意識付け」は、特定の仕草や会話に被害者だけが理解できる用語を挿入する方法を指します。

アンカリングは通常、被害者にだけ認識できるように行われ、同じ仕草が繰り返されると「慣れ」てしまう可能性があるため、効果が無視されないよう手法が変化します。

しかし、生命の危険がない限り、被害者は自然に振る舞うことが最良でしょう。

追跡行為について

かつては露骨な「つきまとい」行為が一般的でしたが、法律の改正などにより、今では加害者たちは一定の距離を保ちつつつきまとうようになっています。

加害者の中には黒づくめの服装をして、帽子を深くかぶりながら不気味に笑う者もいるとされます。

しかし、つきまといが露骨すぎると加害者自身が不審者として通報されるリスクもあるため、多くは「すれ違う」程度の行為に留めているようです。

それでも、つきまといの手法を大きく変えるのは困難で、被害者への追跡行為は続いており、油断は禁物と言えるでしょう。

すれ違う際にアンカリングされることがあっても、暴力行為へ発展することはまれなため、被害者が感情的になることや自ら暴力を振るわないように注意が必要です。

同じグループからのつきまといが続く場合は、動画による記録が役立つこともあります。

被害者が撮影していることに加害者が気づくと、目の前に現れることは少なくなるでしょう。

サウンド・キャンペーン

サウンド・キャンペーンとは、集団ストーカーたちが被害者の音に対する感受性を高めるために意図的に騒音を発生させる行為です。

以前は加害者たちが遠慮せずに騒音を出すことが一般的でしたが、警察への通報や集合住宅の管理会社へのクレームの増加などにより、意図的な騒音の発生が減少しています。

被害が悪化している人々の事例

  • 騒音によるイライラが興奮状態につながり、睡眠を妨げられる
  • 自宅だけでなく、外出先でも音による嫌がらせを受ける
  • 被害者の生活パターンが把握され、故意に騒音が発生させられる

このノイズキャンペーンは、被害者を精神的に追い詰める効果的な手段とされており、その対処が求められる深刻な問題となっています。

ほのめかし・心理操作(マインドコントロール)の手法

アンカリングと同様に、ほのめかしや心理操作(マインドコントロール)は被害者を混乱させ、精神的に追い詰める手法です。

これによって、被害者は「自分が狙われている」「周囲の人々が全てを知っている」と感じ、自暴自棄に陥ることがあります。

ほのめかしの手法では、被害者の過去の情報やトラウマを繰り返し取り上げることが多いです。

これらの記憶は被害者にとって非常に感受性が高く、意図的に無視することが困難であるため、非常に効果的な嫌がらせとなっています。

このようなほのめかしや心理操作(マインドコントロール)の手法は、被害者の感情をコントロールし、無力感や恐怖を増幅させることを目的としています。

精神的な健康を蝕む深刻な問題であるため、適切な対処とサポートが求められます。

5- 集団ストーカーの早期解決への道

加害者の特定から始める

集団ストーカーに関与する人々は、自身の正体が露見することを最も恐れています。

加害者が特定されるのを防ぐため、数ヶ月ごとにメンバーを交代させたり、異なる地域へ派遣するなど、さまざまな工夫を凝らしています。

集団ストーカーは、単独での行動は少なく、徒党を組まなければ何もできない小心者の集まりとも言えます。

それでも、彼らが集団として結束した際の動きや力強さは侮れず、その団結力が時には被害者を追い詰める原因となることもあります。

早期に問題を解決するためには、加害者の特定と対処が不可欠であることを念頭に置く必要があります。

被害者へのプロファイリング

集団ストーカーの犯人たちは、ターゲットとなる被害者の家庭環境、交友関係、職場の状況などを詳細に調査します。

これにより、どのような嫌がらせが最も影響を与え、精神的にダメージを与えられるかを冷酷に計算しています。

被害者が不快に感じる事柄や苦手なことを見抜き、それを執拗に繰り返すことで、他の人には気にならないようなことでも精神的な苦痛を与えるのです。

集団ストーカーに一人で対抗しようとすることは非常に危険で、嫌がらせは逆にエスカレートすることがあります。一人での対抗は無謀とも言えるでしょう。

一人で戦うのではなく、プロの力を借りて安全に対処することが重要です。

6- 集団ストーカー調査の概要について

集団ストーカーの嫌がらせの解決の鍵

集団ストーカーの嫌がらせを停止させ、問題を解消するためには、関連する証拠を精密に収集することが不可欠です。

損害賠償や訴訟を検討する際には、加害者の「氏名」および「現在居住している住所」が必要となります。

証拠が不足している状態で被害を訴えると、周囲からの支援や理解を得られず、「虚偽の告発」「被害妄想」といった誤解を招くことがあるため、孤立化が進んでしまうこともあります。

嫌がらせの被害が明確に証明できれば、警察への被害届提出が可能になります。

加害者の特定や嫌がらせの具体的な証拠収集など、専門的な作業は私たちにお任せください。

ご依頼者は日常生活を送りつつ、ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口にて問題解決を進められます。

集団ストーカー調査項目の事例

  • 張り込み調査
  • 聞き込み調査
  • 尾行調査
  • 風評調査
  • 証拠収集調査
  • 実態調査
  • 盗聴・盗撮調査
  • ハッキング調査
  • オンライン調査
  • 加害者の特定調査
  • 加害者の身辺情報の収集
  • 勤務先調査
  • 潜入調査
  • 各種測定調査

集団ストーカー調査の費用

当事務所の嫌がらせ調査は、基本料金132,000円から調査依頼を承っております。

嫌がらせ調査の依頼料の取り決めは、事前の情報量・信憑性、集団ストーカーの被害状況、取得する証拠及び情報の種類、難易度、調査期間(日数、時間数)、調査やサポート内容などに応じて費用が算出されるので、案件ごとに金額は異なります。

嫌がらせ調査の料金相場

集団ストーカーによる嫌がらせ調査の料金グラフ

集団ストーカーによる嫌がらせの過去の事例から、おおよそ132,000~600,000円前後の調査プランをお選びいただく方が多く見受けられます。

しかし、集団ストーカーによる嫌がらせ被害の状況に応じて料金が異なりますので、正式な金額は見積もりをお問い合わせください。

また、ご予算をお知らせいただけましたら、「必要な証拠」と「不必要な調査」を見極めたうえで、ご予算内で行なえる調査プランをご提案させていただきます。

調査の料金事例

下記に掲載された料金は、調査の料金事例であり、この料金で結果が保証されるものではありません。

難易度 ★★ 調査期間:5日(20時間)合計金額:180,000円
難易度 ★★★ 調査期間:10日(50時間)合計金額:500,000円
難易度 ★★★★ 調査期間:30日(80時間)合計金額:960,000円

7- 集団ストーカー調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。

しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも必ず解決の道はあります。

下記項目に当てはまる方は、一度相談してみてはいかがでしょうか?お力になれるかと思います。

  • 一向に解決策がないまま苦痛な日々を送っている。
  • 毎日地獄のような生活から普通の日常生活が送れるようにしたい。
  • 問題の解決に向けて何かいい対策が見つかるのであれば相談したい。
  • 私を陥れて一番得する人間は誰なのか知りたい。
  • とにかく今の現状を本当に救えるのか知りたい。

最短で当日の面談が可能です

事務所にお越しになることができない方の為に、調査の専門家が無料にてご自宅またはご指定の場所へ伺います。各エリアの出張相談は、全て予約制です。

また、他社で断られた案件についても対応いたしますので、まずは無料相談をご利用ください。

調査に関するご相談・お見積もり・面談予約は、お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間(土日・祝日問わず)お受けしています。

被害の状況によっては、無料相談で解決する問題もあります。緊急性の高い方は、フリーダイヤルをご利用ください。嫌がらせ調査の担当者が対応いたします。

専門家への相談方法

不安に感じていることや悩み事、集団ストーカーによる嫌がらせの内容、集団ストーカー関する質問や要望など、下記のフォームからご相談が可能です。

ご相談内容が外部に漏えいすることはございません。また、匿名や公衆電話からのご相談もお受けしています。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談