GPS発見調査関連記事

GPS

ホーム > GPS発見調査関連記事 > GPS発信機をつけられたかもしれない
公開日: 2022/03/16
GPS発見調査関連記事
 公開日: 2022/03/16

GPS発信機をつけられたかもしれない

「GPS発信機はどこにつけてるの?」居場所がバレている気がする

GPS発信機は、子どもや認知症を患っている老人の見守りや、車やバイクなどの盗難・防犯対策といて便利な反面、知らない間に、所持品などに取り付けられ、その行動が筒抜けにされているケースも存在します。

GPSについて│目次

専門家
GPS発見調査
2022年3月16日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、GPSを悪用した位置取得でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

「GPS発信機」とは

GPSが置いてある場所

使いようによっては便利だが…

リアルタイムGPS機器は、片手に乗るほどのサイズで、強力磁石により、車の下部にも取り付け可能であり、内臓メモリーに自動で位置を取得し続けるため、いつどこに行ったかなども、後で確認することも可能です。

また、動きが止まった時や移動を開始した時にアラート通知する機能も搭載しており、取り付けた人物の全ての行動履歴を追跡可能とするものです。

ストーカーが悪用することも

仮に、一方的に思いを寄せている異性によってGPS発信機が取り付けられていたとしたら、不気味なことこの上ないですが、GPSを女性の車に設置し、位置情報を収集していた行為が、ストーカー規制法の「見張り」に当たるかどうか争われた裁判において、「GPSでの監視は“見張り”には当たらない」とする最高裁判決が出されました。

しかしながら、現在ではストーカー規制法が改正され、無断でGPS発信機を使用しての位置情報取得を規制対象に加えています。また、会社支給のスマホにGPSアプリをインストールし、外回り社員の行動を監視するブラック企業も存在することから、現状、自衛することが最も重要といえます。

GPS発信機を取り付けられやすい場所

自転車などを外置きしている人は注意!

GPS発信機を取り付けられやすい場所としては、玄関先や駐輪場に自転車やバイクを置いている場合や、月極駐車場や玄関先に車を駐車させている場合は、見知らぬ人物にGPS発信器を取り付けられる可能性が高いといえます。

また、知らない間にカバンなどに入れられている場合や、プレゼントにGPS発信機が内蔵されている場合、スマホにインストールされている場合も十分に考えられますので、日頃から、自分の乗り物や持ち物に対して、注意を払っておくことが重要です。

「車のチェックポイント!」
  • トランクの中
  • 座席シートの下
  • スペアタイヤが収納されている場所
  • ダッシュボードの中
  • ボンネットの中
  • 車の裏側(シャーシ)

ストーカーなどは車外にGPS発信機を設置する可能性が高く、鍵を持ち出せる家族は車内に設置される可能性が高いです。特にボンネットの中や車の裏側(シーシャ)部分は普段見ることもあまり少ないため、GPS発信機が設置されていても車の部品かもしれないと見逃してしまう可能性があります。

また車の裏側(シャーシ)部分は入り組んだ構造の車が多いので見つけるのは困難であることが考えられます。GPS発信機はマグネット式で設置されていることが多いため、車の「鉄部」に注目して探してみると自分でも見つけられるかもしれません。

「バイク・自転車のチェックポイント!」
  • メットインの中(バイク)
  • エンジン周辺(バイク)
  • ナンバープレートの裏(バイク)
  • サドルの裏(自転車)
  • フレーム(自転車)
  • かごの裏(自転車)

バイクや自転車は単純な作りで、隠してGPS発信機をつけることは難しく、案外簡単な場所に設置されていることが考えられます。よって見つけやすい場所に設置されていることを考えて、チェックポイントを確認してみましょう。

相手も分かりやすい場所に設置している場合は、よりGPS発信機は小型の物を使用し、短期間だけ設置される可能性が考えられます。普段の移動手段がバイクや自転車の方はチェックポイントを定期的に調べてGPS発信機が設置されていないか確認してみましょう。

「所持品のチェックポイント!」
  • カバンの中
  • 財布の中
  • ポーチの中
  • キーホルダー類
  • スマホケース
  • 人からの貰い物

持ち歩く荷物にGPS発信機チェックポイントはとにかく見覚えの無いものや人からの貰い物に注視してみましょう。最近では薄型のGPS発信機も存在するので、さまざまな場所に忍ばされていることを想定して考えた方が良いでしょう。

人から貰ったキーホルダーやぬいぐるみなどの中にGPS発信機が入れられていたり、見た目では分からないけど内部に組み込まれているケースもあるため人からの貰い物には十分に注意しましょう!

GPS発信機を発見するには

GPS発信機を取り付けられれば、ストーカー被害に遭う可能性が高まるばかりか、空き巣被害なども考えられます。当事務所などの探偵・調査会社に依頼することで、GPSを付けた人物を特定した上で、必要とあれば、警察への被害届提出を行うことも可能となります。

GPSに関するQ&A

Q

GPS発信機の目視でわかりますか?

A

光が漏れないように加工していますがわかります。GPS発信機の形や大きさはさまざまで、サイズは小型の物が多く、正方形や長方形の形が主流です。

Q

GPS発信機がつけられないような対策はありますか?

A

防犯意識を高める車に設置されないように、防犯カメラやドライブレコーダーで対策しましょう。他にも、GPSの電波を妨害する機器もありますのでご相談ください。

Q

GPSを付けた人物を特定したい

A

特定調査で可能です。GPSを取り付けにきたということは、いつかはGPSを外しにくる可能性があります。犯人がGPSを取り外しにきた時に、犯人を尾行して身元を割り出すことが可能です。

GPS発見調査サポート

一人で悩んでもなにも解決しません…
是非ご相談を!

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の相談室をご紹介します。
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、相談員との打ち合わせでご利用する相談室は、周囲に会話の内容が漏れないよう完全個室をご利用になれます。

また、完全個室は防音対策済みで、どんな些細な情報も外部に洩れることの無いよう、細心の注意を払っていますのでご安心下さい。GPS対策のご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。

新型コロナウイルス感染症対策について

相談室のご利用の際は正面入口にて「検温」「手指の消毒」「マスクの着用」をお願いしており、「検温」で37.5度以上の発熱があった場合や、「手指の消毒」「マスクの着用」に応じていただけない場合は、ご面談日を変更させて頂くことがあります。

恐れ入りますが、皆様のご理解・ご協力の程、お願い申し上げます。

まず、GPSについて相談することから始めましょう。

GPS発見相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、GPS悪用被害の状況、GPS対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop