ホーム > GPS発見調査関連記事 > GPS発見相談サポート > GPS発信機の装着を疑った場合の確認ポイント|プライバシー保護対策
公開日: 2023/06/19 最終更新日: 2024/04/17
GPS発見調査関連記事 - GPS発見相談サポート
 公開日: 2023/06/19 最終更新日: 2024/04/17

GPS発信機の装着を疑った場合の確認ポイント|プライバシー保護対策

GPS発信機の装着場所はどこ?居場所がバレているかもしれない…

GPS機能を同意を得ずに位置情報を取得して監視している行為は、プライバシー侵害やストーカー規制法に該当する行為となります。

GPS発信機は、子どもや認知症を患っている老人の見守りや、車やバイクなどの盗難・防犯対策といて便利な反面、知らない間に所持品などに取り付けられ、その行動が筒抜けにされている悪用したケースが存在します。

丸メガネに髭を生やしたハット姿の探偵

執筆者:藤井2023年6月19日更新

ストーカー・嫌がらせ調査歴5年。オンラインに関する嫌がらせ対策を専門とする。電子端末のデータを解析する「フォレンジック調査」では社内で右に出るものはいないと言われるために日々奔走中。

⇒ 監修者ページ

目次│

1- GPSについて

GPS 悪用

「GPS」とはアメリカが運用している「全地球衛星測位システム」のことで、グローバル・ポジショニング・システム(Global Positioning System)の頭文字を取ったものです。

GPSは24時間いつでも、地球上のどこにおいても、誰もが簡単に使用でき、しかも高精度に位置を測定できます。

GPSをつけられると

GPSを利用すれば尾行をする必要がなくなるため、相手にバレる心配がなく居場所を特定できます。

また、GPS発信機には、盗聴機能がついているタイプもあるので、これらのGPSを使うと、どこでどのような会話をしたかなど、より詳細な個人情報を得ることができることになり、犯罪者にはストーカー行為やつきまとい、行動監視するうえでの必需品になります。

GPSの欠点

GPSを取りつけられて居場所を知られても、衛星機能の精度が落ちる場所や気候条件があるので、知っておくのも対策の一つになります。

次のような場所などではGPSの精度が落ちます。

  • 高速道路などの高架下や高層ビルの間
  • トンネルなど電波が届きにくい場所
  • 悪天候など

2- GPS追跡アプリについて

スマートフォンを操作する4人の人

居場所の特定だけではない

GPS追跡アプリは、スマホの場所を確認することができるだけでなく、遠隔操作でさまざまなことができます。

スマホを乗っ取ることができ「通話の盗聴や録音」ができるだけではなく、アプリをインストールしたことがバレないように「見えない」ようにすることもできます。

ターゲットをGPS追跡して監視するためだけに使われていたGPS追跡アプリは、現在、色々な機能が加わり悪用されると筒抜けの状態になります。

GPS追跡アプリ悪用事例
  • 電話の通話内容を聞く・録音する
  • SNSを覗く
  • パスワードを盗む
  • 居場所を特定する
  • 見ただけではわからないように隠す

3- 使いようによっては便利だが…

GPSが置いてある場所

リアルタイムGPS機器は、片手に乗るほどのサイズで、強力磁石により、車の下部にも取り付け可能であり、内臓メモリーに自動で位置を取得し続けるため、いつどこに行ったかなども、後で確認することも可能です。

また、動きが止まった時や移動を開始したときにアラート通知する機能も搭載しており、取り付けた人物の全ての行動履歴を追跡可能とするものです。

ストーカーが悪用することも

一方的に思いを寄せている異性によってGPS発信機が取り付けられて位置情報を収集していた行為が、ストーカー規制法の「見張り」に当たるかどうか争われた裁判において、「GPSでの監視は“見張り”には当たらない」とする最高裁判決が出されました。

しかしながら、現在ではストーカー規制法が改正され、無断でGPS発信機を使用しての位置情報取得を規制対象に加えています。

また、会社支給のスマホにGPSアプリをインストールし、外回り社員の行動を無許可で監視するブラック企業も存在することから、特にスマホには注意が必要です。

4- GPS発信機を取り付けられやすい場所

車のボンネット内

車両を外置きしている人は注意!

GPS発信機を取り付けられやすい場所としては、玄関先や駐輪場、月極駐車場などは見知らぬ人物にGPS発信器を取り付けられる可能性が高いといえます。

他にも、所持品(カバン・靴)などに仕掛けられていたり、プレゼントにGPS発信機が内蔵されていた、スマホにインストールされていることも十分に考えられます。

日頃から、自分の乗り物や持ち物に対して、注意を払っておくことが重要です。

 
「車のチェックポイント!」
  • トランクの中
  • 座席シートの下
  • スペアタイヤが収納されている場所
  • ダッシュボードの中
  • ボンネットの中
  • 車の裏側(シャーシ)

ストーカーなどは車外にGPS発信機を設置する可能性が高く、鍵を持ち出せる家族は車内に設置される可能性が高いです。

特にボンネットの中や車の裏側(シーシャ)部分は普段見ることもあまり少ないため、GPS発信機が設置されていても車の部品かもしれないと見逃してしまう可能性があります。

また車の裏側(シャーシ)部分は入り組んだ構造の車が多いので見つけるのは困難であることが考えられます。

GPS発信機はマグネット式で設置されていることが多いため、車の「鉄部」に注目して探してみると自分でも見つけられるかもしれません。

「バイク・自転車のチェックポイント!」
  • メットインの中(バイク)
  • エンジン周辺(バイク)
  • ナンバープレートの裏(バイク)
  • サドルの裏(自転車)
  • フレーム(自転車)
  • かごの裏(自転車)

バイクや自転車は単純な作りなので隠してGPS発信機をつけることは難しく、案外簡単な場所に設置されていることが考えられます。

見つけやすい場所に設置されていることから、小型の物を使用し、短期間だけ設置される可能性が考えられます。

移動手段がバイクや自転車の方はチェックポイントを定期的に調べてGPS発信機が設置されていないか確認してみましょう。

「所持品のチェックポイント!」
  • カバンの中
  • 財布の中
  • ポーチの中
  • キーホルダー類
  • スマホケース
  • 人からの貰い物

持ち歩く荷物にGPS発信機チェックポイントは、とにかく見覚えの無いものや人からの貰い物に注視してみましょう。

最近では薄型のGPS発信機も存在するので、さまざまな場所に忍ばされていることを想定して考えた方が良いでしょう。

人から貰ったモバイルバッテリーやダウンジャンパーなどの中にGPS発信機が入れられていたり、見た目では分からないけど内部に組み込まれているケースもあるため、人からの貰い物には十分に注意しましょう!

GPS発信機を発見するには

GPS発信機を取り付けられれば、ストーカー被害に遭う可能性が高まるばかりか、空き巣被害なども考えられます。

GPS発見を専門的に調査できる探偵社に依頼することで、GPSを付けた人物を特定した上で、必要とあれば、警察への被害届提出を行うことも可能となります。

5- GPSに関するQ&A

Q

GPS発信機の目視でわかりますか?

A

光が漏れないように加工していますがわかります。GPS発信機の形や大きさはさまざまで、サイズは小型の物が多く、正方形や長方形の形が主流です。

Q

GPS発信機がつけられないような対策はありますか?

A

GPS発信機の検知や追跡を防ぐためには、いくつかの対策があります。例えば、電波遮断材を使用してGPS信号の受信を妨げることができます。また、金属製のケースやファラデーケージと呼ばれる電磁波を遮断する導電性のケースを使用することも有効です。さらに、GPS信号のジャミング装置を使用することも一時的に発信機の信号を妨害する手段となりますが、法律によって制限されている場合があります。

Q

GPSの利用には何が必要ですか?

A

GPSを利用するには、GPS受信機やGPS搭載デバイスが必要です。一般的にはスマートフォンや車のナビゲーションシステムなどがGPSを搭載しています。

Q

GPSを付けた人物を特定できますか?

A

GPS自体ではできませんが、特定調査で可能です。GPSを取り付けにきたということは、いつかはGPSを外しにくる可能性があります。犯人がGPSを取り外しにきたときに、犯人を尾行して身元を割り出すことが可能です。

Q

GPSの精度はどれくらいですか?

A

GPSの精度は一般的に5〜10メートル程度ですが、条件によっては精度が低下することがあります。建物や山などの障害物がある場所や、天候の影響を受けることがあります。

6- GPS発見調査サポート

一人で悩んでもなにも解決しません…
是非ご相談を!

GPS発見調査サポートは、GPS発信機の発見や特定を専門とするサービスです。

専門の調査員が最新の機器や技術を駆使し、不正なGPSの使用やプライバシー侵害を防ぐための調査を行います。

GPS発見調査サポートは、個人や法人がプライバシーを守るために頼ることができる頼もしいサポートです。

GPS発見調査に関しては車の状況を確認するために「無料出張相談」もご利用できますので、メールまたはお電話ください。

まず、GPSについて相談することから始めましょう。

GPS発見相談フォーム

GPS対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談