集団ストーカー関連記事

Group-Stalker

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーについてわかりやすく解説
公開日: 2022/03/11 最終更新日: 2022/03/16
集団ストーカー関連記事
 公開日: 2022/03/11 最終更新日: 2022/03/16

集団ストーカーについてわかりやすく解説

集団ストーカーについて

集団ストーカーに関する情報は、一般的に認知度は低く、ネットで検索するとさまざまな情報がでてきて、どれが真実なのか混乱されるかと思います。集団ストーカーについて、「正しく理解すること」で、ネットの情報に振り回されず、必要以上に怖がらないで対応することができます。

集団ストーカーの実態│目次

集団ストーカーを分かりやすく説明

「集団ストーカー」とは

加害者の正体とは

集団ストーカーの被害例として、近隣や職場でのトラブル、家族間のトラブルなど身近なきっかけが原因で起きることが多く、また、元交際相手や以前所属していた会社が学校などの団体、宗教団体によるケースも報告されています。

その多くが、加害者からマインドコントロールされた実行犯によるものが多く、被害者のことを良く知らないまま、犯行に及ぶ例もあります。

単独犯との違い

一般的なストーカー被害との違いとしては、加害者が不特定多数でグループで攻撃してくることが挙げられます。この中には被害者と面識のない人物も含まれ、通行人や近隣住人などに見える人物が、ターゲットにだけ伝わる方法で嫌がらせ行為をしてきます。

これらは被害者だけが気付くよう行われるため、被害者本人のみならず、身近な人に相談しても「被害妄想」と思われがちです。

このような状況に追い込まれた末、“見えざる敵”に対峙せざるを得ない不気味さも併せて、精神的に孤立化されることこそが集団ストーカーの「狙い」でもあるのです。

エスカレートする攻撃の手口

放置することでエスカレート

被害者がこうした攻撃によって、精神的に参ってくるのと見計らって、集団ストーカーは加害行為をエスカレートさせていきます。

被害者が音に敏感になるよう仕向ける「ノイズキャンペーン」、光に敏感になるよう仕向ける「ブライティング」、通行妨害や進路妨害である「コリジョンキャンペーン」などです。

これらは、偶然を装うことも十分可能な行為なので、犯罪として立証できません。これに付け込んだ嫌がらせ行為なのです。さらに、放置することによって、盗聴や盗撮、電磁波による嫌がらせなどの「テクノロジー犯罪」に発展していくこともあります。

被害を立証するためには

こうした「犯罪ギリギリ」の行為を繰り返すことによって、ターゲットをメンタルから崩壊させる「集団ストーカー」の嫌がらせ行為を立証することは、自分ひとりでは不可能です。

しかしながら、一方で、被害を理解し、守る存在が現れることが、彼らにとっては嫌がらせ行為を行う上で、大きな障害となるのです。

「集団ストーカー」の被害に遭っていると気付いた時点で、当事務所などの探偵・調査会社に依頼することで、主犯格の特定や証拠の確保を通して、警察への被害届の提出や、損害賠償請求、場合によっては直接交渉の場に同席するなどのお手伝いをし、アフターフォローを通じて、再発防止までサポートいたします。

集団ストーカーコンシェルジュ

コンシェルジュの目的

集団ストーカー・嫌がらせの被害に遭っている方々の理解者になるべく、対策専門窓口では新たに「コンシェルジュサービス」を立ち上げました。

コンシェルジュは集団ストーカー問題の調査経験者が担当しているので、ご相談をいただいたら、被害状況に合わせ、どのような対応策を講じることができるかを一緒に考えます。

ご依頼者の負担が少しでも軽くなるように、また、1日も早く解決の糸口が見えるようにお手伝いをさせていただきます。

先述したように、理解者や協力者、支援者が増えるのをストーカー集団は嫌がります。1人でもストーカー被害の苦しみを理解してくれる人がいるだけで、これほど心強いことはありません。

理解者が見つからず、心細くて不安な方は、当対策専門窓口の「コンシェルジュサービス」をご利用ください。

コンシェルジュは集団ストーカー被害の苦しみやつらさをともに理解したうえで対応策を講じ、今の状況を変えるお手伝いをお約束します。

まず、集団ストーカーについて知ることから始めましょう。

集団ストーカー相談フォーム

集団ストーカーについて詳しくお聞きした方の専用相談フォームになります。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop