集団ストーカー関連記事

Group-Stalker

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーについて
公開日: 2020/12/19
集団ストーカー関連記事
 公開日: 2020/12/19

集団ストーカーについて

集団ストーカーについて詳しく解説します!

集団ストーカーに関する情報は、一般的に認知度は低く、ネットで検索するとさまざまな情報がでてきて、どれが真実なのか混乱されるかと思います。集団ストーカーについて、「正しく理解すること」で、ネットの情報に振り回されず、必要以上に怖がらないで対応することができます。

集団ストーカーの実態│目次

集団ストーカーについて

集団ストーカーとは

迷惑防止条例違反はもとより、法律違反ギリギリのグレーゾーンでの悪質な行為(嫌がらせなど)が増加傾向にあります。不特定多数のグループがターゲットの行く先々で待ち伏せをしたり、ありとあらゆる手段で車両や自転車のあとをつけたりします。集団ストーカーの特徴は「日常のなかの嫌がらせ」です。ターゲットがいないとき、彼らは人並みに紛れているので、街なかではただの通行人に過ぎません。しかし、ターゲットが現れると、彼らはターゲットにだけわかるような行動を起こします。

例えば、ターゲットとのすれ違いざまに咳をしたり、携帯を向けたりというような行為です。他の人にそのような行動を取ることはないので、ターゲットだけがおかしな現象に出くわしたり、目撃する機会が多くなります。家族や友人に相談しても「気のせい」「神経質」などと言われ、気がついたときには理解を求めることが困難な環境を作られてることがあります。

しかも、加害行為をやってる人が通りすがりの通行人なため、自分のことなど知る由もない人物である以上、知らないうちに不安が大きくなり、自分のことを見えない「誰か」に監視されてると思わせます。このように毎日、加害行為が行われると、情緒不安定となり、ただの通行人までもが怪しく思えてしまいます。

情緒不安定にさせるさまざまな行為

この他にも、集団ストーカーは仕事の妨害をしたり、異常なまでのノイズキャンペーン(わざと騒音を出す嫌がらせ)を起したりします。お年寄りや子供、ベビーカーを使って故意にぶつかり、トラブルを起こすコリジョンキャンペーンという手法を使うグループもあります。近所の井戸端会議を装ってターゲットの悪評を広めたり、インターネットで拡散したりして地域のコミュニティからの孤立をさせることもあります。

その他にも騒音被害、電磁波被害、異臭被害、盗聴、盗撮被害が複数重なっている被害に加えて、個々の弱点や性格を細かく分析して、偶然を装った嫌がらせを集団ストーカーと呼んでいます。集団ストーカーは家の前に張り込み、ターゲットが家を出る瞬間に車両のクラクションやスマートフォンのアラームで仲間に知らせ、集団で嫌がらせをする傾向があります。

集団ストーカーの原因

集団ストーカーはさまざまな利権が複雑に絡み合った「複合体」と言われています。

  • 宗教トラブル
  • 地域のトラブル
  • ターゲットを組織から排除するため

集団ストーカーをやるメンバーの中には闇バイトなども含まれていて、彼らはターゲットのプロフィールや人物像を知らされず、指示されたとおりの行動に出ます。そのため、加害者の特定が大変難しいのが特徴です。大人数でバスや電車、新幹線を乗り継いで跡をつけたり、ときには飛行機での移動まで追尾したりする他(偽のツアーを装い、先回りしてターゲットを待ち伏せ)するなど、大がかりな嫌がらせをすることもあります。

集団ストーカーの弱点

集団ストーカーをするには、それなりの予算と人材を確保しなければならないため、集団や組織の規模が小さければ人材を「使い回し」することになります。マスクにサングラスをしたり、服装を替えたり、状況によっては髪をそめたり短く切ったりとさまざまなカモフラージュを試みますが、人数が少ない分、ターゲットに見破られるリスクも生じます。また、予算が少なければターゲットを追尾する人や車両も減らさなければならなくなります。

集団ストーカーは「犯罪」として認知されなければならない

集団ストーカーの加害者は実態を周知されることを非常に警戒しています。SNSで拡散されることを意識してなのか、被害状況をSNSで書き込まれていないか、ネットストーキングをおこない、「火消し」作業を行っています。迷惑防止条例の改正や、世間の危険運転や迷惑運転の目が厳しくなり、加害者側も無理をしない嫌がらせが増え、警察に通報しても「注意」で済まされてしまうことがあります。大半は、集団ストーカー被害者の過剰反応としか見られないことが多いです。

集団ストーカーについてもっと詳しく知りたい!

集団ストーカー調査で解明したこと

このページでは、集団ストーカー調査・分析に関するより詳細な情報をご提供します。

集団ストーカーコンシェルジュサポート

コンシェルジュの目的

コンシェルジュは皆さんの理解者となるべきに立ち上げました。集団ストーカー被害者と接してわかったことは、被害者がネットの情報を鵜呑みにしてしまい、被害と関係のない状況でも、「これは加害行為だ!」と思い込んでしまう傾向になりやすいのです。そんな状況を経験したことで、「第三者の冷静な状況把握」がとても大切であることを知りました。集団ストーカー被害は個々に内容が違うため、被害者同士の情報共有(成功例や失敗例)が時に被害を悪化させるリスクもありました。

コンシェルジュは、集団ストーカーに関する経験が豊富である「理解者」であり、集団ストーカー犯罪が表に出ることをサポートする「協力者」でもあります。1人で悩まずにお気軽にご相談ください。

まず、集団ストーカーについて知ることから始めましょう。

集団ストーカー相談フォーム

集団ストーカーについて詳しくお聞きした方の専用相談フォームになります。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop