ストーカー関連記事 - ストーカーレポート

Stalker report

ホーム > ストーカー関連記事 > ストーカーレポート > 集団ストーカーの現象と対策│わかりやすく解説
公開日: 2023/08/15 最終更新日: 2023/10/12
ストーカー関連記事 - ストーカーレポート
 公開日: 2023/08/15 最終更新日: 2023/10/12

集団ストーカーの現象と対策│わかりやすく解説

集団ストーカーについて

集団ストーカーに関する情報は、一般的に認知度は低く、ネットで検索するとさまざまな情報がでてきて、どれが真実なのか混乱されるかと思います。

集団ストーカーについて、「正しく理解すること」で、ネットの情報に振り回されず、必要以上に怖がらないで対応することができます。

⇒ 執筆者 / 監修者ページ  / 2023年8月15日 更新

※犯罪の性質上、未成年者及び現在心神耗弱状態のご相談者は、「保護者の同意」および「親族の立ち合い」をお願いすることもあります。

集団ストーカーの実態│目次

1-「集団ストーカー」とは

「集団ストーカー」は、多くの不特定の人々による嫌がらせで、ターゲットを精神的に追い詰めます。尾行、監視、つきまといなどの行為が繰り返されます。

見ず知らずの人々が加害者となるため、被害の原因や実態を把握するのが困難で、証拠を掴むことも難しいのが特徴です。

この被害は、近所や職場のトラブル、家庭内の問題、勧誘への拒否など、日常生活の中で突然発生することが多いです。

驚くべきことに、集団ストーカーの中には、指示に従って行動する人々もおり、被害者のことを全く知らないまま犯行に加わることもあるのです。

集団と単独ストーカーの違い

集団ストーカー被害は一般的なストーカーと異なり、多数の不特定の人々によって攻撃される点が特徴です。

これには、被害者と面識のない通行人や近隣住人なども含まれる場合が多く、ターゲットにだけわかる方法で嫌がらせが行われます。

このため、被害者だけが気付く形で実行され、他人には「被害妄想」と誤解されることが一般的です。

この不気味な状況が、被害者を精神的に孤立化させる効果を狙って行われることが多いので、その“見えざる敵”に対して戦わなければならないという恐怖感も手伝い、恐ろしい被害形態となるのです。

2- アメリカにおける集団ストーカーのメディア報道

アメリカでのTI

アメリカでの集団ストーカーの認知

アメリカでは集団ストーカー犯罪は「ターゲットにされた個人(“Targeted Individuals”)」や「ギャングストーキング(“Gang Stalking”)」「スローキル(“Slow Kill”)」として一般に知られています。

大手メディアであるFOXやCNNなどによって多く報道され、アメリカ人の間では一般的に「知っている」という反応が得られるほど周知されています。

このため、日本のように「精神病」とされるような言論統制は存在しません。

アメリカでは多くの人々がデモに参加するなど情報を共有しやすい環境があり、言論の自由が保障されているため、集団ストーカー問題に対しての社会的な認識も高まっています。

最近では「世界最大のオンライン署名サイト“Change.org”」での署名活動も展開されており、アメリカ人女性が発起人となり、多くの人々が賛同している状況です。

被害者同士の団結と情報共有が進んでおり、社会問題としての報道も活発であるため、世間への周知が進展しているのがアメリカの現状です。

3- 日本の被害者は情報を有利に活用しよう

集団ストーカーを分かりやすく説明

被害者にとって有利な情報の時代

日本では、アメリカとは違い、インターネット上で集団ストーカー被害について話すと否定的な反応が多いのが現状です。

例えば、掲示板で相談すると「精神病だから病院へ行け」などと言われることが一般的です。

また、関連する本が出版されると、被害者に対して「精神病で異常者」とのレッテルが貼られることもしばしばあります。

しかし、今の時代は変わりつつあります。

アメリカと異なり、日本ではこれまで一方的に被害者を陥れるような発言が多かったのですが、現在はリアルタイムの発言が尊重されるため、情報の質が上がりつつあります。

嘘の情報はすぐに見破られ、「あのアカウントは嘘情報だから気を付けて」と注意されることも多いのです。

このように、情報共有がリアルタイムで行われるようになったことで、被害者にとって有利な状況が生まれつつあります。

これからは、真実の情報が即座に共有され、被害者の声もより広がる時代になるでしょう。

情報の正確な取り扱いが重視される今、被害者は自分の立場を強化できるチャンスが増えています。

4- 集団ストーカーに対する情報収集方法

偽情報を使って情報漏洩の源を見つける

集団ストーカーがターゲットとする個人の情報は、盗聴や盗撮だけでなく、親しい人々からも得られることがあります。

友人や同僚からの情報漏洩は珍しくありません。

集団ストーカーは、ターゲットのSNSの「友だち」や「職場の同僚」に巧みな言葉で接近し、個人情報を引き出そうとすることがあります。

これに対処する方法として、偽情報を流すことで、集団ストーカーが誰に接近していたのかを特定することができるかもしれません。

しかし、この方法には注意が必要です。

嘘の情報を流す行為は友人や同僚を欺くことにもなりえるため、信頼関係を損なう恐れがあります。

そのため、慎重に計画して実行する必要があります。

また、情報の流し方によっては、孤立する可能性もあるので、それも考慮する必要があります。

相手があなたを孤立させようとしている場合もあるため、自分から孤立するのは推奨されません。

このような戦術は、相手の動きを探る上で有効な場合もあるかもしれませんが、実行には慎重さと周囲の人々との信頼関係の確保が必要となるでしょう。

5- 集団ストーカーQ&A

Q

集団ストーカーは解明できますか?

A

集団ストーカーの現象は世界中で起きている問題であり、日本だけの事象ではありません。そのため、この現象全体を解明するのは非常に困難です。しかし、自分自身の被害に対処することは可能です。被害の証拠を集めるのは一人では大変なので、共に取り組む方が効果的でしょう。私たちが一緒に立ち向かうことで、この問題を解決する手がかりを見つけることができるかもしれません。

完全に解決するまでサポート

「集団ストーカー」への対応は個人での悩みや対立では解決しません。

当事務所などの探偵社に依頼することで、現地での聞き込みや張り込み調査、オンライン調査などを通じて、被害の実態や証拠収集、加害者の特定が可能になります。

加害者側も、調査が行われている間は一時的に嫌がらせを抑えることがあるかもしれませんが、時間が経つと再び始める可能性もあるため注意が必要です。

当事務所の特徴は、二次被害を防ぐために、被害が完全になくなるまでの徹底的なサポートです。

どんな状況でも、最後まで被害者の味方として対応いたします。

まず、集団ストーカーについて知ることから始めましょう。

集団ストーカー相談フォーム

集団ストーカーについて詳しくお聞きしたい方の専用相談フォームになります。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 English