集団ストーカー関連記事

Group-Stalker

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーについてわかりやすく解説
公開日: 2022/11/25 最終更新日: 2022/12/05
集団ストーカー関連記事
 公開日: 2022/11/25 最終更新日: 2022/12/05

集団ストーカーについてわかりやすく解説

集団ストーカーについて

集団ストーカーに関する情報は、一般的に認知度は低く、ネットで検索するとさまざまな情報がでてきて、どれが真実なのか混乱されるかと思います。

集団ストーカーについて、「正しく理解すること」で、ネットの情報に振り回されず、必要以上に怖がらないで対応することができます。

⇒ 執筆者 / 監修者ページ  / 2022年11月25日 更新

※犯罪の性質上、未成年者及び現在心神耗弱状態のご相談者は、「保護者の同意」および「親族の立ち合い」をお願いすることもあります。

集団ストーカーの実態│目次

1-「集団ストーカー」とは

気のせい?集団ストーカーに狙われている?

「集団ストーカー」とは、複数の不特定多数の人物による嫌がらせ行為で、尾行や監視、つきまといなどで、ターゲットを精神的に追い詰める手口です。

見知らぬ人物が関わることで、異変の原因や被害の実態がつかみづらかったり、証拠を見つけづらいことが特徴といえます。

集団ストーカーの被害として、近隣や職場でのトラブル、家族間のトラブルなど身近なきっかけが原因で起きることが多く、また、元交際相手や以前所属していた会社が学校などの団体、宗教団体によるケースも報告されています。

その多くが、加害者からマインドコントロールされた実行犯によるものが多く、被害者のことを良く知らないまま、犯行に及ぶ例もあります。

単独犯との違い

一般的なストーカー被害との違いとしては、加害者が不特定多数でグループで攻撃してくることが挙げられます。この中には被害者と面識のない人物も含まれ、通行人や近隣住人などに見える人物が、ターゲットにだけ伝わる方法で嫌がらせ行為をしてきます。

これらは被害者だけが気付くよう行われるため、被害者本人のみならず、身近な人に相談しても「被害妄想」と思われがちです。

このような状況に追い込まれた末、“見えざる敵”に対峙せざるを得ない不気味さも併せて、精神的に孤立化されることこそが集団ストーカーの「狙い」でもあるのです。

2- アメリカにおける集団ストーカーのメディア報道

アメリカでのTI

アメリカ人は社会問題として認知済

アメリカの集団ストーカー犯罪は総称して「ターゲットにされた個人”Targeted Indivisuals”」、あるいは「ギャングストーキング”Gang Stalking”」、「スローキル”Slow Kill”」と呼ばれています。

アメリカのメディアは、”Targeted Indivisuals”について今まで何度も報道されています。

日本のように、「集団ストーカーという人は精神病」として言論統制されていることはありません。

アメリカでは”Targeted Indivisuals”という言葉を聴くと大概は「知っている」という反応になるようです。

それというのも、FOXやCNNなど大手のメディアで”Targeted Indivisuals”が社会問題として報道されていて、”Targeted Indivisuals”がアメリカでは世間に周知されています。

世間に周知させる運動をしやすいということでしょう。多くの人がデモに参加する、情報共有しやすい環境にあり、発言できるのがアメリカというわけです。

最近ではChange.orgなどで署名活動をしている方がおり、発起人はアメリカ人の女性で多くの方が賛同しています。

既に多くの被害者の方たちが団結しており情報共有しているのですから、メディアが注目して社会問題として報道するのは当然でしょう。

3- 日本の被害者は情報を有利に活用しよう

集団ストーカーを分かりやすく説明

昨今の情報戦は被害者が有利な立ち位置に

日本ではアメリカとは異なり、以前からインターネット上では否定的です。

掲示板で集団ストーカーについて相談すると「精神病だから病院へ行け」、集団ストーカーについての本が出版されるとコメント評価には「集団ストーカーという人は精神病で異常者」というレッテルが貼られます。

一昔前のインターネットはTwitterやYouTubeによるライブ配信がなく、質問箱が主流の時代では一方的に被害者を陥れるような発言で終了していることが多く見受けられました。

アメリカではそういう現象はないようです。但し、現在はリアルタイムによる発言が生きた情報として尊重され共有されるため、一方的に発言して終了するような情報筋の質の低下は終了していく傾向にあります。

今後は、リアルタイムで返信できる時代ですので「嘘」が見破れやすくなっています。嘘の情報拡散をすると、すぐに「あのアカウントは嘘情報だから気を付けて」と注意してくれる人がいます。

そのため情報共有が「生きた情報」となりやすく被害者にとって有利な時代になってきているかもしれません。

4- 気づかぬ間に被害者に…

集団ストーカーの手口は、巧妙化、多様化しており、ターゲットにされていることに気づかず、被害を自覚したころには深刻な状況になっていることもあります。

「仄めかし」「つきまとい」などは、当初は“気のせいかな?”と考えがちであることから、嫌がらせ行為のターゲットにされているという確証が持てないことがほとんどです。

「仄めかし」や「洗脳」の恐ろしさ

この他にも、徹底した監視行為やネット上のSNSなどを使った嫌がらせ行為も行い、ターゲットのメンタルを攻撃します。

被害者は、自分の周囲で起きていることの全てが怪しく感じ、不安に陥り、ストレスを溜め込んだ結果、精神疾患を発症することもあります。

そのため、日常生活生活の中で、多少なりとも違和感を感じることがあれば、「集団ストーカー」の被害を疑うべきでしょう。

5- 集団ストーカーの情報収集方法

嘘の情報を流し漏えいしているか確認する

集団ストーカーはターゲットにした相手の情報を盗聴や盗撮で入手したりもしますが、ターゲットと親しい人や身近な人から聞き込んだりすることもあります。

そういった意味では友人らから集団ストーカーに情報が伝わるのも誤りではないのですが、集団ストーカーは言葉巧みにSNSの「友だち」や「職場の同僚」に接触を図り、ターゲットの個人情報を引き出そうとします。

それを逆手にとって、あえて嘘の情報を流してみれば、集団ストーカーが誰に接近していたのかがわかります。

ただし、集団ストーカーの狙いや動きを探るのが目的とはいえ、嘘の情報を流すということは友人らを騙すことにもなるので、友人や同僚との信頼関係を損なうことのないよう慎重に事を運ぶ必要があります。

嘘の情報を流したり、自分から発信する情報を断ち切るなど、孤立の状態を作ることで情報漏えいを回避することができますが、相手も孤立することを望んでいる(相談相手を断ち切る)ので、自分から孤立することはおすすめできません。

真実を知らなければ何も変わらない

6- 集団ストーカーは「組織犯罪」

「犯罪」として認知されなければならない

「集団ストーカー」は、嫌がらせ行為などという軽いものではなく、「組織的犯罪」です。その規模の大小に関わらず、加害者は身元が発覚することを何よりも恐れます。

そのため、誰が嫌がらせに加担しているのかをターゲットなどに知られないように、メンバーを入れ替えたりして、発覚を逃れることもします。

集団ストーカーの加害者は実態を周知されることを非常に警戒しています。

SNSで拡散されることを意識してなのか、被害状況をSNSで書き込まれていないか、ネットストーキングをおこない、「火消し」作業を行っています。

迷惑防止条例の改正や、世間の危険運転や迷惑運転の目が厳しくなり、加害者側も無理をしない嫌がらせが増え、警察に通報しても「注意」で済まされてしまうことがあります。

大半は、集団ストーカー被害者の過剰反応としか見られないことが多いです。

完全に解決するまでサポート

「集団ストーカー」に対抗するためには独りで悩んだり、立ち向かおうとしたりせず、当事務所など、探偵・調査会社に依頼することで、現地での聞き込み・張り込み調査やオンライン調査によって、被害の状況や証拠、加害者の特定を可能とします。

加害者側も、ターゲットが探偵・調査会社に調査を依頼している間は、嫌がらせ行為を一時的に抑えるでしょうが、時間を置いて、再開させることも十分に考えられます。

当事務所では、二次被害を防ぐために、被害が完全になくなるまで、徹底的にサポートいたします。

7- 集団ストーカーQ&A

Q

集団ストーカーは解明できますか?

A

集団ストーカーそのものが解明されるとしたら、世界的なきっかけとなる発表がなされることでしょう。日本が単独でしているわけではありませんので、集団ストーカー存在そのものをあなたが解明しようとしても難しいでしょう。但し、あなただけの被害の問題を解決することは可能です。それには被害の証拠を撮る必要がありますがひとりでは困難ですので、一緒に立ち向かいましょう。

プロファイリングされている被害者

彼らはターゲットにした相手の家族構成や家庭環境、交友関係、職場環境などを徹底的に調べあげ、どのような嫌がらせをするのが最も効果的でダメージが大きいかを計算しています。

他の人ならほとんど気にならないようなことでも、ターゲットが不快に感じたり苦手にしたりしていることを執拗に繰り返して精神的な苦痛を与えようとします。

そのような集団ストーカーに1人で立ち向かおうとするのは無謀であり、危険でもあります。つきまといやストーカー行為をやめさせようとして躍起になればなるほど、嫌がらせはエスカレートしかねません。

多勢に無勢では太刀打ちできない場合がほとんどなので、私ども「対策専門窓口」をお頼りください。

8- コンシェルジュサービスについて

集団ストーカー・嫌がらせの被害に遭っている方々の理解者になるべく、対策専門窓口では新たに「コンシェルジュサービス」を立ち上げました。

コンシェルジュは集団ストーカー問題の調査経験者が担当しているので、ご相談をいただいたら、被害状況に合わせ、どのような対応策を講じることができるかを一緒に考えます。

ご依頼者の負担が少しでも軽くなるように、また、1日も早く解決の糸口が見えるようにお手伝いをさせていただきます。

先述したように、理解者や協力者、支援者が増えるのをストーカー集団は嫌がります。1人でもストーカー被害の苦しみを理解してくれる人がいるだけで、これほど心強いことはありません。

理解者が見つからず、心細くて不安な方は、当対策専門窓口の「コンシェルジュサービス」をご利用ください。

コンシェルジュは集団ストーカー被害の苦しみやつらさをともに理解したうえで対応策を講じ、今の状況を変えるお手伝いをお約束します。

まず、集団ストーカーについて知ることから始めましょう。

集団ストーカー相談フォーム

集団ストーカーについて詳しくお聞きしたい方の専用相談フォームになります。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop