集団ストーカー関連記事

Group-Stalker

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > ご家族や友人が集団ストーカー被害者に…
公開日: 2022/03/08 最終更新日: 2022/11/25
集団ストーカー関連記事
 公開日: 2022/03/08 最終更新日: 2022/11/25

ご家族や友人が集団ストーカー被害者に…

家族や友人が集団ストーカー被害にあってしまったら

ご家族やご友人などの身近な人から「集団ストーカーの被害に遭っている」と告白されたら、おそらく、「集団ストーカー」とは何なのかも知らずに困惑するか、“気のせいだ”とばかりに突き放すような方もいらっしゃるかも知れません。

しかしながら、被害者の身に立てば、集団ストーカー被害を他人に相談することですら、非常に勇気のいることであり、その時点で、被害が大きくなっている可能性が高いといえます。

⇒ 執筆者 / 監修者ページ  / 2022年11月25日 更新

※犯罪の性質上、未成年者及び現在心神耗弱状態の方は、「保護者の同意」および「親族の立ち合い」をお願いすることもあります。

目次│家族や友人が集団ストーカー被害を受けていたら

ご家族や友人が集団ストーカーで悩んでいたら

1- まずは被害者の心に寄り添うこと

「様子がおかしい」と感じたら要注意

集団ストーカーの被害者は、「相談しても信じてもらえないのではないか」と感じ、独りで悩みをで抱え、苦しんでいます。

被害者自身が周りに心配をかけまいといつも通りにふるまっており、家族でも気が付きにくいため常に気にかけておくことが大切です。普段と様子がおかしい場合は特に注意が必要です。

相談されたら「理解する努力」を

集団ストーカーは不特定多数の人から、尾行や監視、仄めかし、つきまといなどにより、周囲から孤立させたり精神的に追い込んでいくことが目的です。

このような相談を無視することで、被害者は孤立を深めるばかりか、相談を受けた当人も「集団ストーカーの一味か」と疑われる事態になりかねません。

それだけ、集団ストーカーの被害者は、思い詰めているのです。

2- 身近な人だからこそ「味方」に

接し方を変えないことも重要

ご家族やご友人など身近な人こそ、被害者の親身になって守るべき存在です。被害を訴えられたら、味方であることを示し、これまで通り接することも重要です。

被害者は孤立を深めると、特定の音や匂い、特定のキーワードなどにも敏感になり、加えて、注意力も散漫になり、コミュニケーション能力も低下し、心身ともに疲弊した状態になります。

被害者の行動や言動に振り回される可能性もありますが、寛容な心をもって優しく接することが重要です。

被害者に心の安らぎを作ること

また、被害者にとって、心が安らぐ居場所を与えることも大切です。集団ストーカーの加害者は、身近な人とターゲットを切り離そうとします。

被害者の多くが、被害が周りに広がってはいけないと思い込み、自ら孤立化する傾向にあるからです。

まずは身近な人が、意識的につながりを保つことにより、被害者の精神状態を安定させることができます。集団ストーカーの被害は受けた被害者にしかわからないものです。

理解できない場合は「私にはよくわからないけど、ずっとあなたの味方だよ」という気持ちを持つことが、被害者を勇気付けることにもなります。

大切なのは、本人を否定せずに話を聞いてあげることです。

3-「集団ストーカー」の被害から逃れるために

見ず知らずの人物から狙われることも…

いまや、集団ストーカーの被害は、社会生活を営む全ての人を襲う犯罪行為といえます。そのきっかけは、会社でのトラブル、近隣トラブル、宗教などの勧誘を断ったことなどさまざまなケースが考えられます。

家柄など、被害者に直接、関係のないことも要因となり得ます。このような理由から、見ず知らずの人物から加害行為を受けることで、パニックに陥ることも無理はありません。

集団ストーカー被害を証明する

集団ストーカーは不特定多数の人物により嫌がらせ行為を行うため、その被害状況や加害者を特定することは、個人では不可能です。

当事務所など、探偵・調査会社に依頼することで、集団ストーカー被害を明らかにすることを可能とし、二次被害を防ぐことにもつながります。

裁判や調査でも認められる調査報告書

4- 相談されたときのアドバイス

行き過ぎると「加害者」に

集団ストーカーによる嫌がらせ被害を受けていると、怒りの感情が抑えきれず、加害者に報復しようと考えてしまう方もいます。

集団ストーカーの被害が証明できない状態で、犯人と思う人物に追及するようなことがあれば「不利」になることをしっかり伝えましょう。

追及の仕方によっては訴えられたり、しつこく追及すれば「迷惑行為」として警察に捕まってしまうおそれがあります。これでは「相手の思うツボ」と言い聞かせましょう。

過剰な反応も危険

集団ストーカーの証拠を捕らえようと、その様子を撮影しようとするなどの過剰な反応も、相手方からすれば、ターゲットを「盗撮犯」に仕立て上げることも可能です。

このことから、集団ストーカーの被害に遭っている証拠を自力で確保するのはかなりリスクがあり、当事務所ではおすすめしません。

5- 集団ストーカーコンシェルジュサポート

コンシェルジュの目的

集団ストーカーの被害に遭っている方、家族に被害者がいる方に、対策専門窓口では新たに「コンシェルジュサービス」を立ち上げました。

コンシェルジュは集団ストーカー問題の調査経験者が担当しているので、ご相談をいただいたら、被害状況に合わせ、どのような対応策を講じることができるかを一緒に考えます。

ご依頼者の負担が少しでも軽くなるように、また、1日も早く解決の糸口が見えるようにお手伝いをさせていただきます。

1人でも集団ストーカー被害の苦しみを理解してくれる人がいるだけで、これほど心強いことはありません。

理解者が見つからず、心細くて不安な方は、当対策専門窓口の「コンシェルジュサービス」をご利用ください。

コンシェルジュは集団ストーカー被害の苦しみやつらさをともに理解したうえで対応策を講じ、今の状況を変えるお手伝いをお約束します。

家族や友人が集団ストーカーの被害の解決には、真実を知ることが大切です。

集団ストーカー相談フォーム

集団ストーカーについて詳しくお聞きしたい方の専用相談フォームになります。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop