ハラスメント調査関連記事

Harassment

ホーム > ハラスメント調査関連記事 > ハラスメントの種類について
公開日: 2021/01/07 最終更新日: 2022/08/26
ハラスメント調査関連記事
 公開日: 2021/01/07 最終更新日: 2022/08/26

ハラスメントの種類について

ハラスメント(Harassment)はどこでも起こりうる問題です!

ハラスメント問題は、万が一起きた場合に備え、その対応策を万全にしておくことは自分の身を守るうえで必要です。それでもハラスメント問題が起きたときは、事実確認や証拠収集を、迅速におこなう必要があります。

ハラスメントの種類について│目次

専門家
ハラスメント相談
2022年3月17日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、ハラスメントでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

ハラスメントの種類

ハラスメントの種類

ハラスメントについて

ハラスメントとは、相手の意に反する不快な感情を抱かせる行為であり、「嫌がらせ」を指します。ハラスメントを行った側に嫌がらせをするつもりがなくても、相手に苦痛を与える、傷つける、不利益を与える行為などはハラスメントになります。

セクシャリティハラスメント(通称:セクハラ)

性的嫌がらせのことで、職場の上下関係を利用して立場の弱い人を対象に性的な言動や行動を繰り返し、労働環境を悪化させるものです。

パワーハラスメント(通称:パワハラ)

上司・部下。先輩・後輩の立場を利用して職場、部活のなかで、殴る・蹴る・叩く・罵声を浴びせる身体的・精神的な攻撃に加え無理難題の業務の押し付けをさせる行為です。

モラルハラスメント(通称:モラハラ)

外部から見えない嫌がらせのことで、職場では仕事の評価が認めてもらえなかったり、仕事を回してくれないという職場の環境で理不尽な態度をしめさせる行為です。

エレクトロニックハラスメント(通称:エレハラ)

エレクトロニック・ハラスメントとは、電磁波・レーザー・超音波などのエネルギー波を利用し、人体へ照射攻撃を行ってターゲットに痛みや不快感、その他の疾患を引き起こしたりするなど、身体的・精神的に害を与える犯罪のことです。ほかにも「電子ハラスメント」とも呼ばれています。

リストラハラスメント(通称:リスハラ)

リストラ対象者に急な転勤、人事異動で臨まない部署に異動させる行為です。

キャンパスハラスメント(通称:キャンハラ)

大学で起こるハラスメントの1つで、教授から無理難題のレポートを提出やセクハラ行為、学生同士の無視やいじめの総称です。

アルコールハラスメント(通称:アルハラ)

一気飲みの強要。飲み会のなかで罰ゲームの範囲の度を超えてる行為を指します。その行為には、お酒が飲めない人への配慮がない場合アルハラに入ります。

スモークハラスメント(通称:スモハラ)

喫煙者が非喫煙者に行なう嫌がらせの1つ。タバコの煙をあえて特定の人に向けて、タバコの匂いが服につく・目が痛くなる・咳が止まらないなど精神的な苦痛を与えます。

ソーシャルハラスメント(通称:ソーハラ)

主にTwitterやFacebookなどのSNSに職場の上下関係が持ち込まれたり、監視行為によってストレスの原因になることです。

以上、調査依頼の多い9種類のハラスメントです。

ハラスメントは人権侵害

ハラスメントは「人権侵害」であり、本人同士や周りの人間を含め解決していく必要がある重大な問題です。

特にパワハラなどは、組織内でハラスメント問題が起きてもトップの「鶴の一声」で無かったことになるリスクもあり決定的な証拠が必要となります。

そのリスクを被害者が退職することで問題解決する流れができているため、違法でもやむなしという風習ができやすく、理不尽な対応されても被害者にも生活があるため、泣き寝入りするケースが後を絶ちません。

そのほかにも、復讐されるのでないかという恐怖心もあり一人でハラスメント問題を向き合うことが難しいのです。

ハラスメント問題の裏は、組織の権力争いや組織内の昇進するかしないかの嫉妬心や、キャリアを邪魔するために行なうことが多いです。

組織という閉塞時な空間で行なわれているので、「組織の常識 一般の非常識」になっている問題点をひも解くには、被害者自ら証拠を収集する必要があるのです。

裁判や調査でも認められる調査報告書

ハラスメント被害サポート

一人で悩んでもなにも解決しません…
是非ご相談を!

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の相談室をご紹介します。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、相談員との打ち合わせでご利用する相談室は、周囲に会話の内容が漏れないよう完全個室をご利用になれます。

また、完全個室は防音対策済みで、どんな些細な情報も外部に洩れることの無いよう、細心の注意を払っていますのでご安心下さい。

個人情報の漏えい対策のご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。

新型コロナウイルス感染症対策について

相談室のご利用の際は正面入口にて「検温」「手指の消毒」「マスクの着用」をお願いしており、「検温」で37.5度以上の発熱があった場合や、「手指の消毒」「マスクの着用」に応じていただけない場合は、ご面談日を変更させて頂くことがあります。

恐れ入りますが、皆様のご理解・ご協力の程、お願い申し上げます。

まず、ハラスメントについて知ることから始めましょう。

ハラスメント被害相談フォーム

ハラスメントについて詳しくお聞きした方の専用相談フォームになります。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop