ネットリサーチ調査関連記事 - ネットリサーチ調査レポート

Net-Research report

ホーム > ネットリサーチ調査関連記事 > ネットリサーチ調査レポート > 掲示板やSNSでの個人情報晒しやなりすまし被害事例集
公開日: 2021/11/23 最終更新日: 2022/02/28
ネットリサーチ調査関連記事 - ネットリサーチ調査レポート
 公開日: 2021/11/23 最終更新日: 2022/02/28

掲示板やSNSでの個人情報晒しやなりすまし被害事例集

掲示板サイトは一昔前の情報源と思われがちですが、いまだ参考にしている人もいます。SNSに比べると主流ではなくなりましたが、ある意味ではSNSを活用していない方はそういったスタイルなのかもしれません。個人情報が書かれてしまうのはネット社会ではつきものでしょう。

目次│オンライン監視サポートのご案内

相談者
ネット被害調査
2021年11月23日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、ネット被害でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

ネット被害相談事例集

全国から寄せられるネット被害

相談者
ネットでずっと笑われている
東京都40代女性
よくTwitterを使っているんですが、フォローしているつぶやきがわたしを嘲笑しているものが多いです。内容はわたししか知らないようなことを仄めかしているような感じがするのでとても気持ち悪いです。

相談者
ネットで嫌がらせを受けています
富山県60代女性
集団ストーカーの被害に遭っており、インターネットを通して活動していたのですが、近ごろネット上での誹謗中傷が悪化し、わたしが加害者であるかのようなことを言われる始末です。

相談者
誹謗中傷が続いている
静岡県50代男性
ネット掲示板で自分の悪評を書かれ続けており、困っています。心当たりはあるのですが、まったく実態が掴めていない現状です。最近は周囲でつきまといを受けており、出先でしょっちゅう似たような人を見ます。

ネット上ではあらゆる手段を使って情報をかすめ取り、悪用しようとするネットユーザーがいます。

自分は大丈夫だろうと思っていても、水面下では情報を奪い取ろうと悪意あるユーザーが罠を張っている可能性もあるため、油断できません。このような状況下で何を心がければよいのでしょうか?

ネットに晒される場面とは

個人情報

事件の関わりで個人情報が漏えいする場合も

掲示板サイトは一昔前の情報交換サイトですが、今でも一部の限られた方が使用しているようです。現在はSNSの方が活発に情報交換されるため、掲示板サイトは主流でないのでしょう。

犯罪や事件など情報を知っている人は、正義感から真実をネット上で公開して自分も危険な目に遭うのを承知しながらも、情報を書くことがあるからです。

ただし、なんの関わりもないのに情報がネット上にある場合はサイバー警察へ相談してみましょう。

個人レベルで印象操作をする存在

高度ななりすましをどのようにして行なうのか?

ネット社会では個人の発信する情報が拡散し瞬く間に定着します。ポイントは、発信された情報は真偽に関わらず誰かが見ることです。

有名なネット嫌がらせ行為である「なりすまし」は、ネット掲示板ができたころから無くなることなく使われ続けています。「なりすまし」は本人になりすまして公序良俗に反する行為をして、本人の印象が悪くなるように仕向けることです。

ただし、なりすまし行為は昔に比べると知る方も多くなり、レベルの低いなりすまし行為はすぐにバレてしまうこともあります。本人以外気づかないレベルの高度ななりすましもあり、そういった発言を本人がしていると周りが騙され当の本人の印象が著しく悪くなります。

もしも、そのような被害に遭われた場合は、個人情報がどこからか洩れている可能性が高いです。また、多くの情報漏えいがあった場合は複数犯で行なわれている可能性もあります。

ネット叩き戦術

掲示板やSNSを使った攻撃もあります。主に投稿した内容に対し以下のようなレスポンスをすることで、精神的にダメージを与えます。

  • いちいち揚げ足を取る
  • 矛盾を徹底的に指摘する
  • マウントを取る

ネット上にはこのような行為がいたるところで見られますが、特に嫌がらせの手段として有効な手段です。高度になると無関係な人には意味が通じないようにして、本人には通じるように仄めかす形でネット叩きをするケースもあります。

ネット被害に遭ったら

ネット監視

個人情報を消せても書かれた原因を消すことはできない

掲示板サイトで自分の個人情報を書かれないようにするには、日ごろから誤解を招くような言動は慎むことが大事です。場合によっては前述の章のように証拠隠滅のために人を雇うケースもあります。

しかし、実際に書かれた通りに何か人を侵害した結果の出来事もしくは事件を起こした場合には、加害行為そのものを隠ぺいできるものではありません。

もしも、自分のことで根も葉もない偽情報が書かれた場合、サイバー警察へ連絡しましょう。警察が動いてもらえないならサイト管理者へ連絡したり、探偵事務所へ依頼するなども現実的な対処かもしれません。

私ども対策専門窓口では、嫌がらせの犯人を特定したうえで弁護士の紹介も可能です。

ネットリサーチ調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

ネットリサーチ相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、ネットリサーチに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop