探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 法律 > 詐欺師に騙されたかも!《詐欺被害者に必要な情報》
公開日: 2018/11/09 最終更新日: 2019/11/10
探偵wiki法律
 公開日: 2018/11/09 最終更新日: 2019/11/10

詐欺師に騙されたかも!《詐欺被害者に必要な情報》

詐欺罪についてに関するページです。この記事では、詐欺罪が成立するポイントから、最近話題になっている詐欺をはじめ、さまざまな詐欺の手口や対策を詐欺被害対策窓口が解説します。

詐欺被害相談窓口

探偵が取り扱う詐欺被害サポート

さまざまな詐欺の手口

  • 結婚詐欺
  • 投資詐欺(FX・仮想通過)
  • 情報商材・副業詐欺
  • 出会い系詐欺
  • オークション詐欺
  • ワンクリック詐欺
  • 振り込め詐欺

詐欺解決に必要な調査

  • 交際相手の信用調査
  • 投資先の信用調査
  • 振込口座から所有者割出
  • 現住所から素行調査
  • 電話番号から所在地割出
  • サイト運営会社の信用調査
  • 詐欺師の尾行調査
詐欺被害に遭ったら

詐欺被害金の回収は、相手から無理矢理取り上げるなど強引な取り立てはできません。詐欺師の自発的な意思によって返金されることはほとんどなく、やり取りしている内に再び行方をくらますことになります。探偵事務所は詐欺被害金の回収はできませんが、居場所を特定したり強制的に資産を没収する資産を調べる事が可能です。

詐欺罪について

詐欺罪とは

詐欺罪(さぎざい)とは、加害者が被害者を欺いて、相手が財物を交付したくなる意思を起こさせる詐欺行為を行い、錯誤に陥らせ、財物を交付する行為で刑法 第246条に規定されています。振り込め詐欺などが想像しやすいでしょう。

刑法246条
  • 1.人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。
  • 2.前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。
詐欺罪した者に対して
  • 10年以下の懲役

詐欺罪が未遂の場合は?

詐欺罪は未遂でも処罰されます(刑法250条)。詐欺罪の未遂とは、「人から財産をだましとるために人をだます」ことで、だます行為をした時点で詐欺罪の未遂が成立し、罰せられることになります。詐欺未遂罪は親告罪ではありませんので、警察は犯罪事実を認知すれば捜査を尽くして送検しなければならないことになっています。
※親告罪(しんこくざい)とは、告訴がなければ公訴を提起することができない犯罪を指します。

詐欺に関連するQ&A

Q

先日知人にお金を貸しましたがそれから連絡も取れなくなり、教えてもらっていた住所、保証人として聞いていた実家の住所も虚偽でした。この場合詐欺行為に該当するのでしょうか?

A

詐欺罪に該当する可能性は十分に考えられます。電話に出ずに住所や保証人対象であった実家の住所まで虚偽しているわけですから元々返済意思がないと考えられます。また行方が分からなくなった人物を探し出す事も出来るのでまずは専門家に相談して詳しい状況を話して相談してみましょう。

Q

アダルトサイトから架空請求詐欺に遭いました。記載があった住所に行ってみましたがもちろん存在するはずもなく泣き寝入り状態です。この詐欺師集団を探し出す事は出来るのでしょうか?

A

探し出す方法はあります。詐欺に遭われている方が相手から渡されている情報はほとんど虚偽であるため個人では探し出す事は難しいでしょう。また些細な情報を基に調査を行うためなるべく分かる範囲の情報を基に専門家に話して相談してみましょう。

詐欺被害対策窓口に相談する

詐欺被害の対策は必ず専門家にご相談ください

詐欺被害の相談・調査依頼をお考えの方は、まず当サイトの(無料相談)のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。

詐欺被害対策は、一般的な探偵調査とは違い詐欺被害に関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵事務所であればどこでも解決できるわけではありません。他社で断られた相談、解決できなかった詐欺被害を歓迎します。柔軟な思考と、証拠を発見する力に自信があるからです。ご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。

詐欺調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop