探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > あまりに度がすぎるママ友の陰口│名誉棄損で訴えたい!
公開日: 2021/12/21 最終更新日: 2022/01/20
探偵ニュース
 公開日: 2021/12/21 最終更新日: 2022/01/20

あまりに度がすぎるママ友の陰口│名誉棄損で訴えたい!

ママ友とのお付き合いで、だんだんと相手の度が過ぎるようになり次第に陰口を叩かれるようになった人は少なくありません。関係がこじれてくると、名誉棄損で訴えたくなるほど相手の言動に傷つけられたときはこちらをお読みください。

目次│ママ友からの「風評被害」相談窓口

相談者
嫌がらせ調査
2021年12月21日 新規
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「委託員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、ストーカー・嫌がらせでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

嫌がらせサポートの体験レポート

当社で解決した方の体験談

女性
ご依頼者様: 40代/女性 会社員
ご依頼内容: 誹謗中傷調査
ご依頼理由: 引っ越して2年になるのですが、引っ越してすぐに仲良くしていたママ友との騒音問題で注意してから関係が悪化しました。生活音のレベルを超えていたので当たり障りのない程度の注意だったのですが、相手はどう受け取ったのか…。マンションなので、同じくらいの子どものママ友と話すことはいままで多かったのに、段々避けられるようになり、なにかが起きていると確信しました。悪評が流れていると気が付いたのは、同じマンションに住むママから「近隣トラブルを起こすのやめてください」とはっきり言われました。なんのことかわからないので聞き返すと「自分で考えて」といわれ、その後会っても挨拶なしです。原因が騒音であれば「いいがかり」なので、はっきりさせたいし分譲マンションを買って2年で引っ越ししたくありません。原因を調べてもらうことはできますか?
調査レポート: 今回は、騒音を注意したことによるママ友との関係悪化が原因で、根も葉もない噂が広がって近隣住民から悪者扱いされているかはっきりさせることが目的です。このケースでは、ご依頼者の味方がいればよいのですが引っ越して2年で交友関係がない状況で起きたトラブルなので、自分で聞込みするにも勇気がいるし、巻き込まれたくないという心理から住民から聞き出せない可能性が高いでしょう。当事務所では、井戸端会議の録音から第三者になりきった聞込みまで幅広く対応できます。状況によっては、騒音の当事者(ママ友)にも聞き出すことが可能です。

ママ友に陰口を言われるケース

ささいなことで陰口対象となることも

ママ友から陰口を言われるのは人それぞれ異なります。子どもが原因の場合、子ども同士のひと悶着やケンカ、いじめ、仲間外れがある場合には、当事者である子どもを超えた親に飛び火して揉め事が起きます。

親ネットワーク内でママ友から陰口を言われると同調者が出てきて、多勢に無勢の状況が意図的に作り出されます。

またママ友同士のなかで、すれ違いや勘違いを起こして関係性がぎくしゃくする。あるいは度が過ぎるお願い事の繰り返しがあり、最初は引き受けていたがある時点から断るようになったら陰口を言われるようになった人もいます。

火のない所に煙は立たぬということわざがあるように、何らかのきっかけがあることで陰口を言われることがあります。また単に最初から「気に入らないから」といった理由で陰口対象となってしまうこともあるでしょう。

ママ友からの嫌がらせ

ママ友に嫌がらせをされるきっかけとは?

嫉妬・妬み・嫉みはすべて女偏がつくことを心得よ

ママ友に嫌がらせをされるのは、自分にはない魅力を持っているという共通点があるようです。つまり、ママ友がする嫌がらせのほとんどが、やっかみであり嫉妬や妬みであるという見解がさまざまな情報として寄せ集められる傾向があります。

女性というのは嫉妬する生き物であり、それが言動化しやすいので、ママ友同士であれば自分たちだけのことではなく我が子同士の優劣をつけ合うことで他人の子もひがみ対象となってしまうので、ママ友と一緒に時間を過ごすことは嫌がらせのリスクが通常より二倍増しになっているといっても過言ではありません。

ママ友グループが辛い

ママ友からの嫌がらせ具体例

密接だと余計に感じる嫌がらせ

ママ友がする嫌がらせというのは、子ども同士や職場での嫌がらせと何も変わりません。ヒエラルキーがママ友の間であったり、何かと嫉妬される対象であったり、立場によって嫌がらせも変わってきますが首謀者がいて同調者がいるという構図は他の嫌がらせ被害と同じであることが大半です。

人によって受けている嫌がらせはそれぞれですので一概には言えませんが、グループを抜けづらいときに嫌がらせをされるとかなり応えるため精神的な問題を抱える人もいます。

ママ友からされる嫌がらせ事例
  • ママ友が外出時に自分の子どもを世話をするようなお願いが多く、「やってほしい」という要望の押し付けが負担に思うことが多い
  • 言った記憶すらないのに自分が誰かのことを悪く言ったデマがママ友の間で流れている
  • ママ友同士で入っているグループラインで自分が叩かれる、誹謗中傷めいたことを書かれる
  • 他のママ友が気づかないレベルの嫌がらせを特定の人から自分にだけされている
  • 自分の子どものことを他のママ友に遠まわしに悪口を言われている
  • そこまで余裕があるわけではないのに、自宅が立派に見えるためか毎回、何らかの援助を期待される
  • 時おり無視されるが、それがわざとだと感じている

ママ友からの嫌がらせに対処法はあるのか?

名誉棄損で訴えることが可能

ママ友から執拗な嫌がらせを受けた場合、LINEのやり取り、実際に会話しているところを録音するなどしてひどいことを言われた証拠を撮っておけば、後に名誉棄損で訴えることは可能です。

しかし、最近ではわかりづらい陰湿な嫌がらせも横行して遠まわしの回りくどい方法で嫌がらせをしてくることが多いです。それがわかりづらいもので録音では証拠がとれないが、実際には精神的に悩むほどの嫌がらせをされている場合は証拠撮りのプロに一度相談してみましょう。

ストーカーや嫌がらせはそれぞれ法的に解決できますので、諦めることはありません。特に第三者機関からの証拠は重要になってきますのでひとりで悩まないで専門家に相談しましょう。

流れ
無料相談

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop