集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 嫌がらせ調査を依頼する際に確認するポイント!
公開日: 2018/10/06 最終更新日: 2021/07/08
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2018/10/06 最終更新日: 2021/07/08

嫌がらせ調査を依頼する際に確認するポイント!

嫌がらせ調査を依頼する際に確認するポイントをお伝えします。嫌がらせ調査をお考えの方は下記の解決方法をご参考ください。

嫌がらせ調査を依頼する時に必要なこと

嫌がらせ調査を依頼する前に

嫌がらせ調査を探偵に依頼することは、とても勇気がいることです。警察に相談しても、受け入れてくれなかった「事例」を探偵に相談することは「最後の手段」であり、もし受け入れてくれなかったらという不安が覆っているはずです。

嫌がらせ相談室の問い合わせで、「嫌がらせ」の事例は年々増加しており、単なるセクハラ・パワハラ・ご近所トラブルの個人対個人ではなく集団で嫌がらせをするケースが増えています。そこで、このページでは嫌がらせ調査を依頼する際に、必要なことをまとめてみました。

皆さんが安心して探偵社に依頼できるように、相談から調査報告、報告後のケアまできちんとサポートできるパートナーを見つけられるようにサポートさせて頂きます。

どのワードで検索する・ホームページを見る

嫌がらせ探偵社を探す

「嫌がらせ 探偵」「嫌がらせ 調査」と検索して、一番上に掲載されている探偵社にアクセスしたくなります。最近では、SEO対策だけには多額のお金を費やして見た目だけは実績があり信頼できそうなホームページに仕上げていることが多いのです。

特に「集団ストーカー」について実績のある探偵会社は数ある探偵業界のなかでもほんの数社であるといっても過言ではありません。

集団ストーカーの証拠を取得するには必ずそれなりの経験が必要となります。集団ストーカー被害者のSNSを拝見すると「探偵に依頼しても無駄」という話がよく出てきます。ある意味本当の話である意味誤った解釈になっています。

それは被害者の方が依頼した探偵社が実績や経験不足である場合、もしくは加害側に加担実績のある探偵に依頼してしまった可能性もあります。

なんでも利用してくる

加害側は被害者の検索結果を工作することだって可能なのですから検索上位に偽探偵社があがることだってないとは言い切れません。あなたが「探偵」になろうとして「探偵会社設立」でネット検索してみると探偵の会社を設立することがいかに容易か分るでしょう。

探偵社に電話の無料相談をした際に必ず質問してほしい項目があります。「本当に加害が終了できる証拠をとれるのか?(裁判で勝つレベル)」と「加害が再発したら請求なしに加害が終わるまでストップしてくれるのか?」の2点になります。

自信をもって「YES」といえない探偵社ならやめたほうが無難です。

次に、電話する前にホームページで確認すべき5つの項目を確認してください。

  • 1.自分が住んでる地域が担当区域に入っているか
  • 2.探偵業の届出の有無、所在地が掲載されてるか
  • 3.料金体制や明確な料金表が掲載されているか
  • 4.面談を探偵社内、もしくは出張面談をしてくれるか
  • 5.調査後のアフターケアやその後の対策を考えているか

1.2はホームページの会社概要に必ず掲載されないといけない項目です。探偵業の届出が掲載されてない探偵は違法な活動している可能性があるので危険です。ホームページをクリックしたら、最初に探偵社の「会社概要」を確認するようにしてください。

3は探偵社によりますが、料金体制が掲載されていれば、探偵社選びの参考になります。交通費と出張費込みの料金プランもあれば、別途で支払うプランなのかが分かれば、料金プランから選ぶという選択肢が増えます。また、追加料金などのトラブルを回避することができますので、料金表は是非確認してください。

4.5は、電話した後や面談時、ホームページの雰囲気から読み取るものです。近年は私たちと探偵社がごく身近になってきました。依頼した調査の報告書を渡して終わりというカタチもあれば、その後のアフターケアとして、その後の自己で対策できるアドバイスや、その後の状況を報告できる環境を整える探偵会社も増えています。

それは、2次被害を防ぐもしくは、探偵社が後ろについているという、相手側に抑制力を見せつけることで「見えない壁」を作り、ご依頼者がいつでも異変を感じたらすぐに連絡できるような体制にしておくことで心のケアが可能になります。

被害内容を親身になって聞いてくれるか

担当者の見極めも必要

上記の5と被りますが、アフターケアを重視している探偵社は、どんな相談でも親身になって真剣に聞いてくれます。ホームページが自問自答であたたかい雰囲気がある場合も、4.5を重視して見てください。嫌がらせ調査に関しては、探偵社優先ではなく、依頼者を優先することが何より大切なことです。

そして担当者が決まったら、安心して面談へ進みましょう。面談の前に自分ができることとしては、嫌がらせの内容についてノートにまとめることで担当に効率よく伝えることができます。

嫌がらせが始まったきっかけや心当たり、いつからどの場所でどのような嫌がらせを受けてるいるのかについて、一日のタイムライン上の嫌がらせ内容等を予めノートにまとめてご持参ください。写真があれば添付して、担当が見て今の状況を理解できるように、自分なりの資料を作っておくと調査の結果を左右する極秘資料となります。

はじめて調査相談する方へ

探偵事務所に相談したいけどなんとなく不安

ストーカー・嫌がらせ「対策専門窓口」にご相談いただく際は、たとえ話しづらいことでも、嫌がらせの内容をありのまま教えてください。誰にも知られたくない、話したくないと思うようなことほど、解決のきっかけになる重要な情報だったりします。

ご依頼者から伺ったお話が外部に漏れることは決してありません。また、調査が終了した後も経験豊富なスタッフがサポートするので安心して「対策専門窓口」をご利用いただけます。

調査を依頼するのは初めてという方こそ、当事務所をご利用いただきたいと思います。調査の流れや調査方法など、初めての方にもご理解いただけるように丁寧な説明を心がけています。どうぞお気軽に私どもの対策専門窓口」をご利用ください。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口が幅広く扱う調査項目の一覧をご紹介します。

ストーカー
電磁波測定調査
盗聴、盗撮発見、調査・対策
ネットリサーチ調査
騒音調査
異臭調査
ハラスメント調査
GPS発見調査
いじめ調査

嫌がらせ調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop