ホーム > 騒音調査関連記事 > 騒音調査相談サポート > 原因不明のラップ音が…引っ越しても鳴りやまない騒音被害
公開日: 2023/06/09 最終更新日: 2024/03/29
騒音調査相談サポート騒音調査相談サポート
 公開日: 2023/06/09 最終更新日: 2024/03/29

原因不明のラップ音が…引っ越しても鳴りやまない騒音被害

原因不明のラップ音は霊現象ではなく、故意に作られた現象である可能性があります。

もしそのような場合は、どのように対処すればよろしいのでしょうか。

ストーカー・嫌がらせ対策を専門窓口では、故意に行なわれている騒音問題の解決事例もあり、ご依頼者それぞれの被害内容に沿った解決プランをご紹介することで、トラブル解決までスムーズに進行いたします。

丸メガネに髭を生やしたハット姿の探偵

執筆者:藤井2023年6月9日更新

ストーカー・嫌がらせ調査歴5年。オンラインに関する嫌がらせ対策を専門とする。電子端末のデータを解析する「フォレンジック調査」では社内で右に出るものはいないと言われるために日々奔走中。

⇒ 監修者ページ

騒音対策の相談窓口

騒音の嫌がらせ

騒音被害の相談事例

隣人の騒音-「騒音おばさん」を例に-

隣人等の騒音が頻発し、嫌がらせとも思われるほど強調して継続的に騒音が行なわれる場合は、計画的かもしれませんので、一度警察に相談したり、手紙であらかじめ隣人からこういうことを受けていることを警察に通報するのもいいかもしれません。

男性
ご相談者様: 50代/男性 会社員
ご相談内容: 部屋中のラップ音と音声の調査
ご相談理由:

以前に住んでいたアパートで四六時中、上の階から「キリキリ」「カンカン」電気ノコギリで作業しているような音が聞こえて、住めない状態に陥ったため、更新を機にマンションの最上階の角部屋に引っ越しました。鉄筋コンクリートのマンションなので、あまり騒音という音が無く、平穏に暮らしていたのですが、私どものフロアは隣が空室で、隣の部屋に一人暮らしの男性が越してきて挨拶にきました。「夜勤の仕事で明け方に帰宅するのでご迷惑をかけるかもしれません。」と良識がある方が引っ越してきたんだと安心していたのです。何日かして、室内からラップ音がし始め、夜中に誰もいないはずの隣の部屋から、パイプを金属で叩いてる音がしたり、話声がはっきり聞こえました。急いで外にでて声が聞こえた部屋を眺めたのですが、部屋は真っ暗で、人のいる気配がありません。今も以前のような騒音が続いており、マンションの管理会社に注意喚起をしてもらいましたが、効果がなく、何故か、家の前にゴミが放置してありました。警察に相談しても仕返しが怖くて何もできません。どうかアドバイスをお願いします

専門家のアドバイス:

状況から見ると、相談者が気が付かないようにして故意に騒音を出してる可能性はあります。音を聞かないとなんともいえませんが、マンションの構造上の問題である可能性も否定できません。明け方の時間帯に対象者が帰宅しているか裏付けをとるため、調査する必要があるかもしれません。騒音の原因を追究するために、音の測定を行ない、異常な数値がマンション内にないか、その騒音を相談者以外の住人が耳にしているのかなど聞き込み調査次第で、対策法方法が変わってきます。できるアドバイスとしては、「音の発生した時間帯」「音の種類」などメモをとり、ビデオカメラやICレコーダーで騒音を録音することをおすすめします。

部屋中の騒音の正体はラップ音?

ラップ音とは?

ラップ音というのは誰もいない部屋や何も存在しない空間から音が発生し鳴り響く現象です。

心霊現象の一つと言われていますが、賃貸の部屋の構造などに欠陥がある場合、頻発して軋る音が出ることもあります。

あるいは新築住宅でもラップ音のようなものが聞こえる場合もあります。

例えば住宅を建てる際、骨格となる柱に使う材木はある程度乾かしたものが用いられます。

中には乾燥が不十分なために月日の経過による乾きが進行し、木材が乾燥する時の割れにより「ミシミシ」などの音が室内に響くこともあります。

嫌がらせの可能性も

嫌がらせの手法として、科学技術でラップ音を出すことも可能です。

部屋の中に自分にしか聞こえないような機械音や、やたらと外の音が大きく聞こえるというのも嫌がらせかもしれません。

その場合は賃貸仲介者や不動産屋にまず相談してみたほうがいいでしょう。

ただし、どうしても自宅の問題ではないと思うなら嫌がらせの可能性を疑ってみてもよいでしょう。

嫌がらせの疑いがあるラップ音には、次のような例があります。

  • 部屋の壁や天井が”パシッ”と音がするが一度や二度ではなく多発する。
  • 車が通行する頻度が以前に比べて増え、またドアの開閉音が頻発する。
  • 騒音のタイミングが一度途切れても継続的にあり、部屋中のラップ音が頻発する。

ラップ音や騒音対策

騒音の実態を確かめる

どうしても部屋の欠陥では説明できないような、不可思議な音が出てくることがあります。

嫌がらせの場合には傾向があり、シーンとしているときに突如断続的にラップ音がする、または寝るためにベッドや布団に入りしばらくすると、ラップ音が睡眠妨害するように断続的に何度も聞こえるなどです。

「ラップ音に反応しなければ、そのうちラップ音が軽減された」方もいらっしゃいます。

ただ、ラップ音が改善されても次は別の要因がでてくることがあります。

そのあと、ラップ音が復活するなど臨機応変に加害が繰り返されますので注意が必要です。

ラップ音は常に音が鳴るわけではなく、かなりの長期間に及ぶことから他の要因を含めて専門家に調査してもらったほうが解決に一番早いのです。

生活騒音に対する規制は?

生活騒音について、法律や条例による規制基準はありません

日常生活を営む上で発生する音に対して規制基準を設定すると、必要以上に個人の行動を制限する可能性があるためです。

近隣住民の騒音に関しては、社会通念上の受忍限度の範囲内かどうかの問題になります。

しかし、どの程度の被害が受忍の限界であるかの判定は非常にむずかしく、勝訴したとしても損害賠償請求の金額は低額になる可能性があります。

騒音被害を証明する

騒音の原因を調べる

騒音が意図的な嫌がらせ行為であれば、嫌がらせ行為者の特定を行います。

相手の情報を把握すれば、その相手が「できること」「できないこと」をある程度予測することができます。

相手の情報を多く把握することは、あなたの漠然とした不安や恐怖をぬぐい去ってくれるはずです。

原因追求のために騒音調査を行なう

快適な生活環境を阻害する騒音や振動のことを指し、同じ音であっても人により不快と感じるかどうかは違います

音を出している人にとっては騒音でなくても、周辺の人にとっては騒音であったりします。

騒音による睡眠妨害・聴力障害など身体被害を防止したい、また騒音被害を法的に対応したい方に向けて、型式承認番号をとった計量法騒音計を使用して調査を行います。

原因特定と解決案

騒音対策窓口の場合、探偵という業務上、騒音調査依頼の大半が意図的な嫌がらせ行為です。

そのため、原因の特定を行なうのと同時に、犯人の特定を行ないます。

測定結果はあくまでも騒音の証明であって、対策窓口で行なうのは不法行為による損害賠償請求を含めた違法行為の被害解決を目的とした調査になります。

感情的に反応しない

迷惑な騒音をだす相手に対して、感情的に反応するのは逆効果です。

相手はそれに対してまた更なる騒音をだしてくる可能性が高くなります。

なぜなら、迷惑行為者はあなたのその感情的な反応によって、更なる迷惑行為をする口実を得るからです。

迷惑行為者の思考は、何があっても「自分は正しくて相手が悪い」のです。

感覚公害をご存知ですか?

感覚公害は、社会においてごくありふれた公害ですが、その反面、感覚公害がもたらす健康に対する被害は比較的軽視されがちな傾向があります。

感覚公害(低周波・騒音・振動・悪臭)を我慢することで下記の変化が生じたら、早急に原因を調べることをお勧めします。

  • 生理的影響(内分泌系の影響等)
  • 身体症状(頭痛・動悸・耳鳴り等)
  • 自律神経系の影響(難聴・電磁波過敏症)

騒音調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。

しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見えて困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので困ったときにはお気軽にご相談ください

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

騒音調査相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、騒音の被害内容、騒音調査に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談