ホーム > ストーカー関連記事 > ストーカーレポート > 組織的ストーカーの対策:探偵サポートで理解と対応を円滑に
公開日: 2024/01/11
ストーカー関連記事 - ストーカーレポート
 公開日: 2024/01/11

組織的ストーカーの対策:探偵サポートで理解と対応を円滑に

組織的ストーカーの被害は深刻で複雑です。

組織的ストーカー問題を抱えてる被害者は、日々耐えながら仕事や家事を行なっていますが、我慢にも限界があり、いつかは壊れてしまいます。

専門の探偵サポートを利用することで、理解と対応が円滑に進み、被害の早期解決に繋がります。

当社の経験豊富なプロフェッショナルが、あなたの悩みを解決へと導きます。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2024年1月11日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、クライアントの安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

※犯罪の性質上、未成年者及び現在心神耗弱状態の方は、「保護者の同意」および「親族の立ち合い」をお願いすることもあります。

目次

1- 組織的なストーカーに向き合う前に知っておくべきこと

リラックスを奪う組織的ストーカーの被害

組織的ストーカーの被害者にとって、心身の休息が奪われることが一番の苦痛です。

家では「騒音」で居心地が悪くされ、外出時には「監視」や「つきまとい」によって安心できる場所がなくなります。

睡眠時さえ、睡眠妨害によって安らぎを奪われることがあります。

このような嫌がらせは、被害者の精神的ダメージを増し、思考停止に陥らせる恐ろしいものです。

組織的ストーカーの被害に立ち向かうためには、まず「効果的なリラックス方法」で心身を整えることが不可欠です。

この戦いの第一歩は、自分自身の健康を取り戻すことから始まります。

心地よい空間を作り、心を整える

組織的ストーカーの被害を受けている方にとって、最初に取り組むべきことは、自宅に「安心できる空間」を作ることです。対策は、この後でも適切に行えます。

なぜなら、組織的ストーカーとの対立には、冷静な判断力が必要であり、それには心が安定した状態であることが求められるからです。

最優先は、居心地の良い空間を作り、心身の回復に専念すること。

その後に、組織的ストーカーの具体的な対策を検討するのが理想的な進め方となります。

もし、状況が厳しく、引っ越しを考えるなどの対応が必要な方は、専門家に相談することも重要です。

2- メンタル強化の重要性

動じない心の鍛錬

組織的ストーカーが最も望まないのは、被害者が「嫌がらせに動じない」ことです。

対抗するよりも、この戦いが不毛で何も生むことがないと理解し、一人で向かう無謀さを避けることが大切です。

相手が多勢であるため、勝つ見込みはほぼありません。

仮に一人を倒しても、報復により嫌がらせは増すだけで、エネルギーの浪費となるでしょう。

無駄に力を使うと、最終的には途方に暮れるだけです。

全てを嫌がらせと結びつけずに冷静に判断

組織的ストーカーの嫌がらせは、しばしば「偶然」のように装います。

メンタルが不安定になると、全ての出来事が怪しく感じるようになり、不必要なストレスがたまることがあります。

嫌がらせを無視する心の強さを身につけることで、冷静な判断力が維持でき、自分の周りで起きていることを的確に見ることができます。

冷静に「効果的な対策」を選べるようになると、前進が可能になります。

感情的な行動をストーカー側は望んでいることを常に覚えておくことが重要です。

3- 組織的ストーカーの狙い

ターゲットにされた理由

ターゲットへの恨み

何らかの恨みを買ってしまい、ターゲットにされるケースです。

ほとんどの場合、過去のトラブルが原因ですが、加害者側の一方的な逆恨みであることが多いです。

金銭目的

ターゲットから金銭を巻き上げる目的で組織的なストーカーをして、ターゲットの情報を集めます。

そこから得た情報から空き巣、詐欺を働くといったケースも存在します。

富裕層や貯蓄が多い世帯がターゲットに狙われやすい傾向があります。

愉快犯

全くの赤の他人をターゲットにして、その人物が恐慌状態に陥り醜態や恐慌する様を見て楽しむことを目的としたケースです。

赤の他人であるため被害者との面識が全くないことが特徴です。

痴情のもつれ

上述の「桶川ストーカー殺人事件」のように、痴情のもつれがきっかけで組織的なストーカーを行なうケースです。

この事件ではターゲットは殺害されいますが、後述の理由から基本的に組織的なストーカーはターゲットに直接暴力を振るうことはありません。

組織的ストーカーの目的

第一段階:精神的に孤立させる作戦

組織的ストーカーのターゲットは、精神的に追い詰められ、統合失調症やうつ病などの心の病に陥ることが狙われます。

ターゲットが実際に統合失調症ではなくても、組織的ストーカーの隠れた活動は「統合失調症に伴う妄想」と周囲に誤解されることが多く、これによってターゲットはさらに孤立します。

この段階で社会的な信用を失い、生活の各面で圧迫されることも珍しくありません。

第二段階:疑心暗鬼に陥れ、誤った行動に誘導する

組織的ストーカーは、多くの人がターゲットのつきまといをするため、被害者は誰から追い詰められているのか判断が難しくなります。

第一段階で精神的に不安定にされた結果、疑心暗鬼に陥り判断力が低下します。

その状態で誤った判断を下し、無関係な人々を攻撃対象とすることがあるため、名誉棄損などの法的問題に巻き込まれることが多くあります。

第三段階(最終段階):社会的孤立と生活困難

最終段階では、被害者は命を奪われることはないものの、社会から孤立し、生活が非常に困難になるように追い込まれます。

組織的ストーカーの戦略は一般的には暴力を伴わないため、「暴行を加える」行為はほとんど見られません。

目的は被害者を自殺に追い込むか、社会から完全に引きこもらせることなので、暴行などの直接的な攻撃は不要なのです。

4- 進むために退くことの重要性

逃げないで戦う姿勢が大切

『逃げた者はもう一度戦える』(”He who fights and runs away, may live to fight another day.”)という言葉は、戦略的な視点から非常に重要な概念です。

以下、その考え方をわかりやすく説明します。

 

戦略的撤退

何事においても勝ち進むことだけが重要ではありません。時には、現状の進行方向が不利な場合に一時的に退くことで、より良い状況を作り出すことが可能です。

 

再評価の機会

退くことで、自分の立場や戦略を冷静に再評価する機会を得ることができます。その結果、より効果的な方針や手段を見つけ出すことができることが多いです。

 

精神的健康の維持

無理に進むことのプレッシャーは、精神的なストレスにもつながります。適切なタイミングで一歩引くことで、自分自身の精神的健康を維持し、長期的な目標に対しても冷静な判断が可能になります。

 

新しい視点の獲得

常に前進することで視野が狭まることがあります。一度距離を置くことで、全体の状況を客観的に捉え直し、新しい視点やアプローチを獲得することができます。

 

退くことは、単なる後退や敗北ではなく、より良い未来への戦略的な一手として理解するべきです。

組織的ストーカー行為を始めとした嫌がらせは、その行為の特殊性から、被害者がやみくもに立ち向かったり、引っ越しを繰り返しても大きな効果は挙げられません。

それどころか、状況次第ではかえって悪化するケースすら存在します。

被害に対し冷静に対処するためにも、まずは心と身体の落ち着きを取り戻す状態を確保する事が最優先と言えるのです。

5- 組織的ストーカーからの解放への道

組織的ストーカーから逃れるには、多くの事例では加害者が「自滅」するケースが一般的なのをご存知でしょうか?

以前は、無限に続く「いたちごっこ」のような調査対策が一般的でしたが、今日では「自滅させるための誘導対策」が主流になりつつあります。

組織的な特性を持つ犯罪、そして個人の力では対処しきれないほどの嫌がらせ。

これに対して、正面から戦うのではなく、違った視点での対策を試みることが有効です。

この「自滅誘導」は長期的な戦略を要するため、具体的なプランは担当者に直接お尋ねいただく必要があります。

記録に残す習慣から

私どもは「無料相談」を受けつけていますが、ご相談やご依頼の前に、まずは自分なりにわかる範囲で状況を整理してノートにまとめてみましょう。

例えば、どのようなときにどのような嫌がらせをされたのか、盗聴や盗撮をされた可能性の有無などです。

調査を依頼される際はその記録がベースになるので、私どもも嫌がらせの全体像の把握や調査着手しやすくなります。

ご相談当日の面談も可能

事務所にお越しになることができない方の為に、調査の専門家が無料にてご自宅またはご指定の場所へ伺います。

各エリアの出張相談は、全て予約制です。

また、他社で断られた案件についても対応いたしますので、まずは無料相談をご利用ください。

調査に関するご相談・お見積もり・面談予約は、お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間(土日・祝日問わず)お受けしています。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談