探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 【いじめ用語】サイバーいじめ
公開日: 2021/09/01
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2021/09/01

【いじめ用語】サイバーいじめ

サイバーいじめとは、誰が行っているのか分からないため、また規制が充分ではないため容易に起こりやすい現象となっています。匿名性や機密性が高くターゲットの個人情報を盗んでいくだけではなく嫌がらせをしてターゲットを不快な思いをさせるのが特徴です。

さらに詳しく知りたい

サイバーいじめとは

舵取りの行方を見据える

SNS等では匿名性や秘匿性があるため気軽にコメントする人が増えてきました。サイバーいじめは、情報発信者のSNSに心外となるコメントを書いたりします。

また情報発信者ではない人をターゲットにする場合もあります。人それぞれによってサイバーいじめは形を変えていきますが、基本的に相手を精神的に陥れることが共通しています。

本名なき集団による同調圧力といういじめがサイバーいじめとして最近台頭する傾向にあります。気を付けることは、どのような目的で同調圧力をしようとしているのか、マウントの仕方を客観的に研究していくことで加害相手の本質が見えることがあります。

サイバーいじめの種類

インターネット上での嫌がらせともいうべきサイバーいじめは種類があります。次のようなものになります。

炎上

インターネット上のコメントなどで誹謗中傷する・攻撃する内容が多数集中すること。炎上による被害はターゲットになったひとりにたいし、長期にわたり過激な内容が続くことにより精神的に病み自殺を考えるきっかけを与えてしまうこと。

誹謗中傷

根拠のない悪口を周囲に言いふらすこと。誹謗中傷による被害は、ターゲットのあることないことを他人に言いふらされるため真実解明の糸口を聴かされる人たちに与えるスキがなく同調圧力によって収められてしまい、ターゲットひとりが四面楚歌になりやすい点。

なりすまし

インターネット上で第三者にたいし、本人にすり替わって他人が発言する・画像を投稿すること。なりすましによる被害は、他人にすり替わられた本人が第三者のことを書いた件で誤解を生じたり損害を生じたりする。

暴露

ターゲットのプライベートな内容を会社や学校など社会的な場で悪意的に開示されること。暴露による被害は、画像などを拡散されることも多く、情報が拡散された後は拡散される以前の関係を保てなくなること。

仲間はずれ

学校や会社など集団や団体あるいは2~3人程度のグループにおいて特定にひとりだけ選択して意図的に疎外すること。仲間外れによる被害は、全員に必要な情報がひとりだけに行き渡らないため、疎外されたひとりが集団と足並みが揃わないため社会的生活に影響をきたす点。

ネットストーキング

インターネット上で相手につきまとう行為全般をいう。主にSNSでの動画コメント、つぶやきコメント、ブログコメント、メールコメントなどで足跡を残す者やひたすらターゲットの個人情報を盗んでターゲットの本名や住所割り出しして物理的にもつきまとう準備をする者などを言う。

ネットストーキングの被害は、ターゲットへのファンによる心地よい声援などと異なり「アンチ」や粘着コメントによる精神的苦痛をもたらし、個人情報を晒す危機の点。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop