探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 【ハラスメント用語】パーソナルハラスメント
公開日: 2021/09/09 最終更新日: 2021/09/10
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2021/09/09 最終更新日: 2021/09/10

【ハラスメント用語】パーソナルハラスメント

個人の個性などをあげつらうことで自分を上に見せ、被害者を下に見せるための話題にして相手を蔑視するように周囲へ吹聴することで、被害者の名誉を著しく傷つけられてしまいます。これをパーソナルハラスメントと呼びます。

さらに詳しく知りたい

パーソナルハラスメントの具体例

個人の個性が標的にされてしまう

パーソナルハラスメントは個人のしぐさや癖、話し方、名前などの「本人の個性」を否定したり、卑下する行為です。家族、学校、職場など、あらゆる場所で起こり得ます。陰口を言いふらしてもパーソナルハラスメントに該当します。

また、場を盛り上げるために外見を揶揄することは、たとえ面白く言ったとしても言われた本人は不愉快です。「チビ」、「デブ」、「ハゲ」、「メガネ」、「貧乳」などのように相手の個性を否定的に強調したあだ名はパーソナルハラスメントとなります。

自分の言動が、気づかないうちに誰かを非常に不愉快な気持ちにさせているかもしれません。社会的通年では「~地域出身の人は、〇〇だ」と地域性を取り上げて卑下することもパーソナルハラスメントにあたるでしょう。

パーソナルハラスメントとは?

パーソナルハラスメントはいじめとして見られる

人の個性に対し悪意を持って強調したり、面白おかしく言うことは、発言者は何とも思っていなくとも、言われた本人は誹謗中傷と捉えてしまいます。

大抵の場合、コンプレックスを拡散したり、悪意を持ってモノマネされるなど、された本人は極めて不愉快に感じるでしょう。本人はその場で言った人に言い返すことはせずに、一緒になって笑っていたからといって同調していたわけとは限りません。

人の個性を口にするのは細心の注意を払うことが人間関係を保つうえでのマナーです。親睦が浅い人や、非常に親しい仲であったとしても変わりません。何気ない会話のつもりでも、度が過ぎるとパーソナルハラスメントとなり、自分自身が加害者になる可能性があります。

パーソナルハラスメントは訴えることができる

パーソナルハラスメントを受けた人は、侮辱罪や名誉棄損で相手を訴えることが可能です。SNSでのパーソナルハラスメントも不法行為となりますので、人の個性や特徴をあげつらうような発言には充分注意しましょう。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop